はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:青菜

『青菜』  え〜ゴールデンウイークに入りましたので、やっぱり「青菜」をやらないと駄目な気がします。 【原話】 1778年の「当世話」からです。元は上方落語。それを三代目 小さん師が東京に輸入しました。 【ストーリー】 さるお屋敷で仕事中の植木屋、一休みで主人から…
>>続きを読む

 暫く更新をサボっていて申し訳ありません。 今日は「青菜」を取り上げてみたいと思います。 るお屋敷で仕事中の植木屋、一休みで主人から「酒は好きか」と聞かれます。 もとより酒なら浴びるほうの口。そこでごちそうになったのが、上方の柳陰という「銘酒」だが、これは…
>>続きを読む

今日は、柳橋師について書いてみたいと思います。 もう過ぎてしまいましたが、16日は命日でした。 明治32年(1899年)10月15日 - 昭和54年(1979年)5月16日) 東京都文京区出身 本名、渡辺金太郎、 出囃子は『大阪せり』。 日本芸術協会を創設し、44年もの間、会長を務めま…
>>続きを読む

連日お化けの噺を取り上げているので、今日は小休止で「青菜」です。 夏の暑い盛りの噺かと思っていたら、本当は初夏の噺ですが、そこはまあお許しを・・・ さるお屋敷で仕事中の植木屋、一休みで主人から「酒は好きか」と聞かれます。 もとより酒なら浴びるほうの口。そ…
>>続きを読む

え〜昨日16日は五代目小さん師の命日でしたね。 我町の師匠小袁治師は墓参りに行かれたそうです。 きっと一門賑やかだったでしょうね。 丸9年たったのですね・・・早いなぁ〜 で、同じく16日は六代目春風亭柳橋先生の命日でもありました。 噺家さんの命日って同じ日と言うの…
>>続きを読む