はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:長屋の花見

『長屋の花見』 今日、隅田川の汐入の辺りに植えられている緋寒桜が満開でした。ソメイヨシノももうすぐ開花するでしょうね。という訳でこの噺です。 【原話】 元々は上方落語の演目で「貧乏花見」です。それを明治37年ごろ、三代目蝶花楼馬楽師が東京に移し、明治38年3月…
>>続きを読む

『長屋の花見』 【原話】 元々は上方落語の演目で「貧乏花見」です。それを明治37年ごろ、三代目蝶花楼馬楽師が東京に移し、明治38年3月の、日本橋常磐木倶楽部での第一次の第四回落語研究会に、二つ目ながら「隅田の花見」と題したこの噺を演じました。 これが事実上の東…
>>続きを読む

いくらか温かくなって来た気がします。またすぐに寒くなると判っているのですが、暖かくなるとこの噺を聴きたくなります。 と言う訳で「長屋の花見」です。 さて、解説をする前に…… 落語ファンにとってはお馴染みで「落語研究会」の司会を担当していた元TBSアナウンサー山…
>>続きを読む

急に暖かくなった?ので今週の末には桜が東京でも咲くそうです。 それにしても早いと感じますね。 ですので、「長屋の花見」です。 元々は上方落語の演目で「貧乏花見」で明治37年ごろ、三代目蝶花楼馬楽師が東京に移し、 明治38年3月の、日本橋常磐木倶楽部での第一次の第…
>>続きを読む

今日は季節的には少し早いですが、先日寄席で聴いたので「長屋の花見」です。 元々は上方落語の演目で「貧乏花見」で明治37年ごろ、三代目蝶花楼馬楽師が東京に移し、 明治38年3月の、日本橋常磐木倶楽部での第一次の第四回落語研究会に、二つ目ながら「隅田の花見」と題し…
>>続きを読む