はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:落語協会

img_4 今日は「噺の解説」は一休みして普段、思ってる事を書いて見たいと思います。
 それでお前の考えは間違ってるとか、勘違いしてるなどご意見がありましたらコメントを戴けると嬉しいです。
 
 ブログには書かなくなりましたが、普段から寄席や落語会に行っています。芸協の芝居だったり、落語協会の芝居だったり様々ですが、書き忘れましたが、寄席の興行の事を「芝居」と呼びます。落語協会の芝居だったら、その寄席の10日間の興行を指します。

 面白いのは協会が違うとその寄席のプログラム的なものも違って来るという事ですね。一番違うのは、これは私が感じた事ですから皆さんに当てはまるという事ではありませんが、笑いに対する考えがこの2つの協会では違っている気がします。
 落語協会の方では、あくまでも落語で笑って貰う。という考えが浸透してる気がします。そして江戸前を重視してること。言い換えれば粋を目指してる噺家さんが多く居ると感じます。
 
 対する芸協ですが、こちらは兎に角、お客さんに楽しんで帰って貰おうという考えが見える事ですね。少々泥臭くても良い。笑わなければ、お客さんの脇の下をくすぐってでも笑って貰う……。そんな考えが見て取れます。確かに江戸前を意識してる噺家さんもいますが、自分なりの個性を打ち出してお客さんを自分の世界に引き込む噺家さんも居ます。後者の代表が桃太郎師と寿輔師ですね。この二人は芸協の看板という事もありファンも多いです。その下ですと遊雀師ですね。この方は芸協に移ってから弾けましたね。良かったと思います。あと若手では個人的に期待してるのが遊馬師ですね。かっての市馬師を彷彿させるものを感じます。それと芸協には今、寄席で一番好きな茶楽師もいますね。この人は粋な語り口をするので好きですね。

 落語協会には才能のある噺家さんが大勢いますね。三三師、一之輔師、白酒師を始め若手でも有望な噺家さんが育っています。
 落語協会の芝居でたまにですが、噺家さんが噺を投げてしまってる時がありますね。一時はこれ芸協が多かったのですが、末広亭の席亭の意見により改革が行われ今では殆どなくなりました。でも落語協会の方では未だに偶にありますね。見ていてはっきりと判ります。私が判るぐらいですから殆どの方は気が付くでしょうね。すぐには修正できなくても。これは良くないですね。

 立川流はたまにですが見に行きます。見ていて気がつくのは柳家の噺家さんだなと感じる事ですね。これは理屈では無いと思います。総帥の談志師が柳家小さん一門でしたから。当たり前なんですね。それでも個性的な方が育っていますね。
 圓楽一門会ですが、正直、少し小粒ですかね。若手の噺家さんで、噺を聴いていて底が見える方がいますね。これはプロとしてどうなのかと言う感じですね。それでも兼好師を始め素敵な噺家さんも居ますね。

 ま、こんな感じです。独断と偏見ですので、余り気にしないでください。次回からは噺の解説に戻ります。

 3820ff9443508b1858f3f4daa031172c長い間、更新を休んでいました。申し訳ありませんでした。
 そろそろ再会したいと思っていたら、なんと、入船亭扇橋師匠がお亡くなりになられました!
 体調がすぐれず、高座を休んでいましたが、復帰なされるものと思っていました。
例えは悪いですが歌丸師のように、不死鳥のように蘇ってくれると思っておりました。
 謹んでご冥福をお祈りします……師匠ありがとうございました! いっぱい楽しませて戴きました!
 決して師匠の高座は忘れません……むこうで、三木助師と小さん師が待っていますね……

 でも、おかしいのはこの事が落語協会のHPに載っていない事です! 全くおかしいでしょ!!

 何時まで工事中なんでしょうか?

PS……その後情報が載りましたが、何か遅い気がします。新と言い、情報が制限されていた感がありますね。

本日(25日)開催の通常総会において、落語協会の新しい人事が発表されました。

え〜お久しぶりでございます。
暫くお休みいたしていましたが、そろそろ復帰しようと思います。そこで今日発表された落語協会の人事について、
思う処があり記事にしてみました。
toppage
当期役員 (任期:平成26年6月25日より2年間)
会長 柳亭市馬
副会長 林家正蔵
常任理事 柳家小さん・三遊亭圓丈・柳家さん喬
理事 古今亭志ん輔・入船亭扇遊・金原亭馬生・三遊亭歌る多・三遊亭吉窓
五明楼玉の輔・林家たい平・柳家喬太郎・鏡味仙三郎
監事

外部監事
柳家さん八・柳家権太楼

友原征夫(会計士)
最高顧問 三遊亭圓歌・鈴々舎馬風
顧問

外部顧問
三遊亭金馬・柳家小三治

寺脇研(京都造形芸術大学 芸術学部教授)
相談役 橘家圓蔵・三遊亭圓窓・入船亭扇橋・林家こん平・桂文楽・林家木久扇

と言うものですが、市馬さんおめでとうございます〜! 問題は副会長です。
この人だけは駄目と思っていましたが、恐れていた事が実現してしまいました。
だって、市馬さんの次がこぶ蔵だなんて……悪い夢でも見ている様です。
先月の「かわら版」のインタビューがこの人だったのも、伏線があったのですね。

実は、最近の浅草では落語協会の芝居ですが雰囲気が緩みぱなしです。
酷い! 真剣さが足りない感じですね。皆、だらだらと噺をしています。
他の寄席では真剣にやってるなら、それでも良いのですが……
このままでは芸協にその地位を脅かされてしまうと思います。続きを読む

130322_1855~01今日は休みでしたので、ゆっくりと寄席に行きたかったのですが用事が重なってしまい、少ししか見られませんでした。

駆けつけると。夜の部は始まっていて、小辰さんが「狸札」をやってました。中々筋がよさそうです。
次が扇里さんで「一目上がり」でした。
されから、とんぼ・まさしの漫才です。
印象に残りませんでした。関西から来たそうですが、これでは関西では通じないでしょうね。
次が川柳師で「昭和歌謡史」本人は乗っていたけど、噺は冴えませんでしたね。
続いて、燕治さんの「出来心」で、イイ出来でした。
夢葉さんの漫談の様な手品の後は待っていました、志ん輔師の登場で演目は「宮戸川」でした。
これがいい出来でした。おじさんの処ではテンポを落とし、じっくりと夫婦の会話を聴かせるし、若い二人の会話はテンポよく聞かせます。
中々のいい出来で、志ん朝師とも違う噺を完全に拵えましたね。残念なのは最後まで聞けなかった事ですね。

白鳥さんは「シンデレラ伝説」でご機嫌を伺いますが、なんか前聴いた時と若干違う気がするのですが・・・
きっと進化してるのでしょうね。

子猫さんが器用にものまねをして、仲入りは権太楼師で季節柄「人形買い」でした。
正直、期待してませんでした。この噺は三木助師や圓生師で散々聞いているので、とても比べられないと思ったのです。
だからでしょうか、権太楼師は噺の焦点を定吉と松つぁんのやりとりに合わせ、これが成功して爆笑編に仕上がっていました。筋やくすぐりを知っていますが、思わず大笑いして仕舞いました。
これと、志ん輔師が聞けただけでも、今日は来たかいがありました。
ここで今日は用事があった為帰りましたが、満足度は高かったです。続きを読む

4cca5763今日は休みなので、久々に寄席に行ってきました。
もう随分行っていないです。暮れは痛風で歩く事ができず、1月は仕事で行けず。やっと行ける様になったら、腰をヤラれてまた行け無いと言った有様です。
実は大分良くはなりましたが、今日なんかの天気の悪い日は痛いですね。
で、無理をしない程度にしました。なんたって浅草は椅子が酷いですから(^^)

夜の部、前座は、小はぜくんで「たらちね」でした。一応下手ながら聴ける水準です。
次が真打昇進が決まってる小駒さんです。演題は「鷺取り」でした。
まあ、これで真打?と言いたくなりました。途中で噺を投げたのが丸わかりでした。
いくら、浅草の客が携帯を鳴らし放題でもねえ・・・

次は菊志んさんの代演で志ん丸さんで「孝行糖」でした。「商売往来」からきちんと演じていましたね。
この人はちょっとエキセントリックな処がありますが、今日はちゃんと演じていました。

ホームランさんの漫才の後は、志ん馬師で「手紙無筆」でした。かなりきっちり演じたのに下げが冗談落ちになっていましたね。寄席でこの噺を冗談落ち以外で聞いた事がありません。

その次は百栄さんで「桃太郎」です。この人も古典というとこれ1本ですね。

和楽社中の太神楽の後は金時さんで「締め込み」です。
此の噺、こんな助が演じる噺ではありません。
きちんと演じれば30分は掛かる噺です。
途中で端折るのか?と思いましたが、きちんと演じてくれました。
中々良かったです。
その理由は次の歌笑師が短くやるので、その分も頼んだそうです。
兄が作った「純情詩集」でした。

ロケット団の爆笑漫才の後は、扇遊師の代演で仲入りの正朝さんです。
演目は「祇園祭」でした。これも江戸を立つ処から演じて、きっちりとやってくれました。
この噺は現在の寄席で演じられる型にしたのはこの方です。
師匠の柳朝師のアドバイスを取り入れて今の型にしました。
当然得意演目なので、それは出来が良かったです。
近くにいた女の子が「落語ってこんなに面白いんだ」と言っていたのが印象的でした。

仲入りの後は志ん陽さんで「熊の皮」でした。
此の演目、きっと得意なんでしょうね。でも飽きました。
別のを聞いてみたいですね。この前TVの収録で「壺算」を聞いて良かったので尚更です。

ここで腰が限界になり帰りました。
まあ、今日はきちんと演じた演者が多かったので、満足でしたね。
続きを読む

このページのトップヘ