はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

素人鰻

素人鰻と金さん

aa573da95667f178e6a15289762f7f73今日は土用丑の日にちなんで「素人鰻」です。

原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。
何と言っても文楽師の名演が光ります。

元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店を探していると「神田川の金」という、ひいきにしていた鰻さきの職人に出会います。
金さんの勧めで鰻屋を開業することにしました。いわゆる士族の商法というやつですね。
腕がいいが、酒癖の悪い金さんですが、酒を断って店を手伝うというので殿様も安心です。

さて、最初は良かったのですが、開店の日に祝いの酒だと主人の友達が金さんに飲ませたところ、だんだん悪い酒癖が出てきて暴れ出し、店を飛び出してしまいます。
翌日、職人がいなくなって困っていると、金さんは吉原から付き馬を引いて帰ってきた。
昨日のことは、何も覚えていないという。
黙って遊び代を払ってやると、今度は金さんは酒を飲まず一生懸命働きだし、腕はいいので店も順調になります。

主人はすっかり喜び、ある日閉店の後、酒を出してやるが飲まないで寝てしまう。
ところが家の酒を盗み飲みして、またもや悪口雑言の末、店を飛び出してしまう。次の日も同じで、
仏の顔も三度やらでもう帰って来ません。

困った主人は仕方なく自分で鰻をさばこうとし、捕まえにかかるが捕まらない。
糠をかけたりしてやっと一匹捕まりかかるが指の間からぬるぬると逃げて行くきます。
なおも鰻を追って行く主で、それを見て女房がどこへ行くのかと声をかけます。
「どこへ行くか分かるか。前に回って鰻に聞いてくれ」

昭和29年に芸術祭賞を受けた噺です。
ふだんは猫のようにおとなしい神田川の金が、酒が入りだんだんと酔っていき、ついには虎になり悪口雑言の大暴れをするくだりがこの噺の眼目ですね。
その豹変ぶりが物凄いですね。
この噺の元は、三遊亭円朝の「士族の商法(御膳汁粉)(素人汁粉)」だと云われています。
上方落語の「鰻屋」とは成立が違います。

この噺の職人金さんは、実在の人物で、「神田川」に居た職人で、中々腕の良い職人で、
「金が居るなら今日は鰻を食べて行こう!」
と言う客が曳きも切らずに訪れたと言うくらいの名人だった様です。
当時の食通の間では、”金”と追えば”神田川の金”だったと言う事です。
榎本滋民さんが、「素人鰻」の解説で言われていたので、本当なのでしょう。知らなかったなあ・・・・
続きを読む

素人鰻と金さん

aa573da95667f178e6a15289762f7f73今日は「素人鰻」です。

原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。
何と言っても文楽師の名演が光ります。

元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店を探していると「神田川の金」という、ひいきにしていた鰻さきの職人に出会います。
金さんの勧めで鰻屋を開業することにしました。いわゆる士族の商法というやつですね。
腕がいいが、酒癖の悪い金さんですが、酒を断って店を手伝うというので殿様も安心です。

さて、最初は良かったのですが、開店の日に祝いの酒だと主人の友達が金さんに飲ませたところ、だんだん悪い酒癖が出てきて暴れ出し、店を飛び出してしまいます。
翌日、職人がいなくなって困っていると、金さんは吉原から付き馬を引いて帰ってきた。
昨日のことは、何も覚えていないという。
黙って遊び代を払ってやると、今度は金さんは酒を飲まず一生懸命働きだし、腕はいいので店も順調になります。

主人はすっかり喜び、ある日閉店の後、酒を出してやるが飲まないで寝てしまう。
ところが家の酒を盗み飲みして、またもや悪口雑言の末、店を飛び出してしまう。次の日も同じで、
仏の顔も三度やらでもう帰って来ません。

困った主人は仕方なく自分で鰻をさばこうとし、捕まえにかかるが捕まらない。
糠をかけたりしてやっと一匹捕まりかかるが指の間からぬるぬると逃げて行くきます。
なおも鰻を追って行く主で、それを見て女房がどこへ行くのかと声をかけます。
「どこへ行くか分かるか。前に回って鰻に聞いてくれ」

昭和29年に芸術祭賞を受けた噺です。
ふだんは猫のようにおとなしい神田川の金が、酒が入りだんだんと酔っていき、ついには虎になり悪口雑言の大暴れをするくだりがこの噺の眼目ですね。
その豹変ぶりが物凄いですね。
この噺の元は、三遊亭円朝の「士族の商法(御膳汁粉)(素人汁粉)」だと云われています。
上方落語の「鰻屋」とは成立が違います。

この噺の職人金さんは、実在の人物で、「神田川」に居た職人で、中々腕の良い職人で、
「金が居るなら今日は鰻を食べて行こう!」
と言う客が曳きも切らずに訪れたと言うくらいの名人だった様です。
当時の食通の間では、”金”と追えば”神田川の金”だったと言う事です。
榎本滋民さんが、「素人鰻」の解説で言われていたので、本当なのでしょう。知らなかったなあ・・・・

続きを読む

絶滅危惧種になる噺

an115え〜更新が遅れまして、申し訳ありません。只今我町は4年ぶりの本祭の真最中でして、私も睦の世話人をしているので、仕事と両方で手一杯なので、
更新している暇がありませんでした。多分明日も遅れます。

先日、「ニホンウナギ」が絶滅危惧種」に認定されたそうですが、天然の鰻なんてのはかなり前から絶滅を言われていたのですが、遅きに失した感がありますね。

鰻は養殖がほとんどでしたが、最近では稚魚が取れないので、値段も高くなってます。
高騰している原因は不漁の他に、今盛んに反日暴動をしている赤い国の高所得者が食べ始めたからです。
「鰻の蒲焼は美味しい!」と知ってしまったからです。

ついこの間まで、「生で魚を食べるのは野蛮人」とか言ってた癖に、今では鮨や刺身は世界的な料理です。
教える必要なんて無かったんですよ。
別に日本料理が世界的な料理になる必要は無いと思ってました。
あいつらが食べだせばアッと云う間に食いついくすのは目に見えていました。
大体、机以外の四足は皆食べる。という国民ですから、上品な日本人ではかないません。
「何でも欲しがる駄々っ子。中国」という処でしょうか。
盗人国家、中華人民共和国ですね。

え〜マクラが長すぎましたがww
この噺は、原話は、安永6(1777)年に刊行された『時勢噺綱目』の一遍である「俄旅」です。
元は上方落語で、東京の「素人鰻」とは別物です。

男が知人に、タダ酒が飲める鰻屋の話をします。、
先日、蒲焼を注文したのですが、お新香と酒だけを持ってきます。
その鰻屋は最近開店した店ですが、開店早々板前が不在となっており
鰻を出せない時は酒代をもらわないというので、そのまま帰ってきたというのです。
今日もどうやら板前がいない様なので、ただ酒を誘いに来た、というのです。
そこで、2人はタダ酒目当てでその鰻屋に行き、親父に鰻をさばいてもらおうと、
素手で鰻を捕まえるよう言いつけますが、
親父は中々捕まえられません。
鰻に糠をかけてやっと捕まえますが、今度はぬるぬるして手から飛び出しそうです。
親父はなおも逃げる鰻を、手を前に前に出して押さえ込むが掴まりません。
鰻の行く方に歩き出し、玄関を出ようとするので、「おいおい、何処に行くんだ。」
 「前に回って鰻に聞いてくれ」

主に柳家の噺家さんが演じます。志ん生師もこちらでした。
柳家ですが小三治師は「素人鰻」のほうを演じます。
志ん朝師は両方ですね。

そうそう、皆さんが鰻を食べた時に、身が厚くて鰻自身の幅が狭いなら、ヨーロッパ鰻(フランス鰻)ですね。
これも今から20年くらい前でしょうか、現れました。
一匹で「ニホンウナギ」の様に何人前も取れないし、蒸したり焼いたりするのに時間が掛かるので、
人気が上がりませんでした。
でもやがて、無いものはしょうがない。という事でこちらの鰻も普及しました。
今度はアフリカ鰻だそうです。大丈夫かな〜?続きを読む

実在した「神田川」の金

aa573da95667f178e6a15289762f7f73今日は「素人鰻」です。
原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。
何と言っても文楽師の名演が光ります。

元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店を探していると「神田川の金」という、ひいきにしていた鰻さきの職人に出会います。
金さんの勧めで鰻屋を開業することにしました。いわゆる士族の商法というやつですね。
腕がいいが、酒癖の悪い金さんですが、酒を断って店を手伝うというので殿様も安心です。

さて、最初は良かったのですが、開店の日に祝いの酒だと主人の友達が金さんに飲ませたところ、だんだん悪い酒癖が出てきて暴れ出し、店を飛び出してしまいます。
翌日、職人がいなくなって困っていると、金さんは吉原から付き馬を引いて帰ってきた。
昨日のことは、何も覚えていないという。
黙って遊び代を払ってやると、今度は金さんは酒を飲まず一生懸命働きだし、腕はいいので店も順調になります。

主人はすっかり喜び、ある日閉店の後、酒を出してやるが飲まないで寝てしまう。
ところが家の酒を盗み飲みして、またもや悪口雑言の末、店を飛び出してしまう。次の日も同じで、
仏の顔も三度やらでもう帰って来ません。

困った主人は仕方なく自分で鰻をさばこうとし、捕まえにかかるが捕まらない。
糠をかけたりしてやっと一匹捕まりかかるが指の間からぬるぬると逃げて行くきます。
なおも鰻を追って行く主で、それを見て女房がどこへ行くのかと声をかけます。
「どこへ行くか分かるか。前に回って鰻に聞いてくれ」

昭和29年に芸術祭賞を受けた噺です。
ふだんは猫のようにおとなしい神田川の金が、酒が入りだんだんと酔っていき、ついには虎になり悪口雑言の大暴れをするくだりがこの噺の眼目ですね。
その豹変ぶりが物凄いですね。
この噺の元は、三遊亭円朝の「士族の商法(御膳汁粉)(素人汁粉)」だと云われています。
上方落語の「鰻屋」とは成立が違います。

この噺の職人金さんは、実在の人物で、「神田川」に居た職人で、中々腕の良い職人で、
「金が居るなら今日は鰻を食べて行こう!」
と言う客が曳きも切らずに訪れたと言うくらいの名人だった様です。
当時の食通の間では、”金”と追えば”神田川の金”だったと言う事です。
榎本滋民さんが、「素人鰻」の解説で言われていたので、本当なのでしょう。知らなかったなあ・・・・
続きを読む

実在した落語の人物

645da455.jpg落語の「素人鰻」に”神田川の金”なる人物が出て来ます。
というより主役に近い人物ですが、
今迄この人物は誰かモデルの様な人が居て、
それを、誇張したのだと思っておりました。
しかし、なんと実際に「神田川」に鰻裂きの職人で、
”金さん”と言う人が
本当に居たと言う事です。
しかも、落語と同じ様に中々腕の良い職人で、
「金が居るなら今日は鰻を食べて行こう!」
と言う客が曳きも切らずに訪れたと
言うくらいの名人だった様です。
当時の食通の間では、”金”と追えば”神田川の金”だったそうです。

古いビデオを見ていたら、榎本滋民さんが、「素人鰻」の解説で言われて
いたので、本当なのでしょう。知らなかったなあ・・・・

調べれば、この様な例はまだまだ、あるかもですね。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ