はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:素人鰻

『素人鰻』 東京の淺草では四万六千日でほおずき市ですね。そこで、この噺です。 【原話】 原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。 【ストーリー】 元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店…
>>続きを読む

『素人鰻』 今日は土用丑の日が近いのでこの噺です。 【原話】 原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。 【ストーリー】 元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店を探していると「神田川の金…
>>続きを読む

今日は土用丑の日にちなんで「素人鰻」です。 原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。 何と言っても文楽師の名演が光ります。 元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店を探していると「神田…
>>続きを読む

今日は「素人鰻」です。 原話は噺本『軽口大矢数』(安永2年:1773年)の『かば焼』、または『大きにお世話』(安永9年:1780年)の『蒲焼』からです。 何と言っても文楽師の名演が光ります。 元旗本の武士がしる粉屋をやろうと店を探していると「神田川の金」という、ひい…
>>続きを読む

え〜更新が遅れまして、申し訳ありません。只今我町は4年ぶりの本祭の真最中でして、私も睦の世話人をしているので、仕事と両方で手一杯なので、 更新している暇がありませんでした。多分明日も遅れます。 先日、「ニホンウナギ」が絶滅危惧種」に認定されたそうですが、天…
>>続きを読む