はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:立川談志

『山号寺号』 今日はこの噺です。先日寄席で市馬師が歌入で演じていました。 【原話】 かなり古い噺で、かの京都で辻噺をしていた、初代露の五郎兵衛師までさかのぼります。 最近では八代目柳枝や談志師が演じていました。 記録的には1707年の「露休置土産」の「はやるもの…
>>続きを読む

『九州吹き戻し』 時候柄この噺を取り上げます。被災された地域の皆様にお見舞い申し上げます。 【原話】 原話や、成立過程などはいっさい不明だそうです。 記録上は。、初代志ん生師(1809-56)が得意にしていたそうです。 おそらく、天保の頃だと思われます。 その志ん生師…
>>続きを読む

明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m さて、落語四天王もいよいよ最後の立川談志師です。暮れの「赤めだか」見ました? 正直、原作の方が面白かったですね。 ビートたけしさんの談志師はちょっと滑舌が悪かったですね。晩年は兎も角、談…
>>続きを読む

え〜夏になると毎年扱ってるのですが、今年も聴いて戴きます。 談志師で「妲己のお百」です。 ・あらすじ 実は「妲己のお百」とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の”こさん”として女主人になっている。 そこへ元は芸者で目を患っている”みねき”ちが、娘”およ…
>>続きを読む

今日は立川談志師の三回忌ですね。 今週と来週ラジオ日本で深夜に特番が組まれています。 「ラジカントロプス2.0」と言う番組です。 番組HRより 11月18日(月)、25日(月)は2週連続特別企画を放送します。11月21日で立川談志師匠は三回忌を迎えます。そこで、生前、談志師…
>>続きを読む