はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

立川談志

落語四天王 4 立川談志

FAD23725明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

さて、落語四天王もいよいよ最後の立川談志師です。暮れの「赤めだか」見ました? 正直、原作の方が面白かったですね。
ビートたけしさんの談志師はちょっと滑舌が悪かったですね。晩年は兎も角、談春師の入門の頃は良かったと記憶してるのですが、存在感は確かにありましたね。でも他の俳優さんでも見たかったです。

4.【五代目(七代目)立川談志】1936年1月2日 – 2011年11月21日
いよいよ立川談志師です。世間では色々と言われておりますが、ここは私個人が思って来た事を中心に書かせて戴きます。
ご批判もあろうかと思いますが、そこは平にお許しを……

・「出囃子」
「木賊刈り」

・「芸風」
落語協会脱退前と後に分ける必要があると思います。協会に居る頃は本格派でした。江戸前の噺を追求していたと思います。粋な芸風を目指していたと言い換えても良いと思います。
この頃は落語は「業の肯定」であると言っていました。
それが脱退後は「イリュージョン落語」を標榜してから本筋とは離れて行きました。尤もそれは自身でも判っていたらしく、晩年は度々「自分は逸れちゃったから」と語っていました。

・「芸歴」
1952年年4月、五代目柳家小さんに入門。小よし
1954年3月、 二つ目昇進し柳家小ゑん この名前を本人は結構気に入っていたみたいです。       曰く「粋な名前」だと……
1963年4月、立川談志を襲名し、真打に昇進
1983年  落語協会脱退「落語立川流」を設立、小さん師より破門される。
・「エピソード」
もうね、色々とありすぎて全ては書けないのですが、目立った所から……

圓生一門の脱退騒動では談志師が陰で暗躍していたと言われています。色々な噂がありますが、本当のところは判りません。
協会を脱退したのは弟子の真打昇進試験の事がらみでした。これが理由と言うより切っ掛けとなった感が強いですね。
「落語立川流」を創設して自分が家元となり弟子から上納金を取るようになりました。これも前代未聞でしたが、真打昇進時にお祝いとして返してくれたみたいです。
自分に意見を言ってくれる人が居なくなったので段々と芸の方向が本筋から離れて行きます。「粗忽長屋」を「主観長屋」と改題して演じていました。ある時、志ん朝師に「俺の『主観長屋』は良いだろう!」と言った所。志ん朝師が「なに言ってるの普通に出来ないからでしょ」と言い返されたそうです。
このように非常に志ん朝師を意識していたと思います。方向が違ってしまったのは根底に「自分は本筋では志ん朝に叶わない」と言う想いがあったからだと個人的には思っています。
つまり、それだけ志ん朝師を高く評価していたと思います。
「金の取れる芸は志ん朝だけ」と言っていた事が現していると思います。
恐らく談志師は志ん朝師をライバルと目していたのでは? と思うのです。
反骨精神に富んでいる反面、とても人情家の一面もあったそうです。基本的には「とても優しい人だった」と語る人も大勢います。
個人的にですが、仕事の関係で接した事がありますが、きちんとした常識のある優しい方でマスコミのイマージとは大分違うと思いました。
また、これも個人的にですが、落語を評論させたら右に出る者がいないと思います。それだけ落語の本質を見抜いていました。著作も非常に多く、そのどれもが落語をとても愛していた事が本当に良く判ります。
恐らく落語評論家としてでも超一流だったと思っています。

・「得意演目」
居残り佐平次、浮世床、小猿七之助、蝦蟇の油、紙入れ、九州吹き戻し、金玉医者、
蜘蛛駕籠、慶安太平記、源平盛衰記、紺屋高尾、黄金餅、五貫裁き、権助提灯
権兵衛狸、西鶴一代記、鮫講釈、三軒長屋、三方一両損、持参金、、品川心中、芝浜
寿限無、清正公酒屋、疝気の虫、粗忽長屋(主観長屋)、ぞろぞろ、代書、妲己のお百
田能久、短命、付き馬、つるつる、鉄拐、道灌、富久、二階ぞめき、人情八百屋、鼠穴
野晒し、文七元結、へっつい幽霊、松曳き、饅頭こわい、木乃伊取り、三方原軍記、やかん
幽女買い、夢金、鼠穴、よかちょろ、らくだ

☆特に「鼠穴」は良かったです!!

「妲己のお百」

a1297175え〜夏になると毎年扱ってるのですが、今年も聴いて戴きます。
談志師で「妲己のお百」です。

・あらすじ
実は「妲己のお百」とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の”こさん”として女主人になっている。
そこへ元は芸者で目を患っている”みねき”ちが、娘”およし”を預けにくる。”こさん”の勧めで”みねきち”は医者にかかって泊まりの養生をすることになったが、そのあいだに”こさん”は一芝居打って”およし”を吉原に売り飛ばしてしまった。
 いったん美濃屋に戻った”みねきち”は「”およし”に会いたい」と言うが、こさんは適当な言い訳で誤魔化して先延ばしにする。再び目が悪くなり、物音がする度に”およし”のことを言うので、バレる前に昔の仲間の重吉を雇って殺してしまうことにする・・・

悪い女ですねえ、自分の事しか考えていないという性格で、この後の殺しの場面は凄い迫力があります。
談志師匠怪談噺として、音源を残してくれていますが、さすがに良いです。
最も最後に照れるのがいいですね。ここに談志師の本来の人間性が垣間見れる気がします。

妲己のお百とは
「妲己」は中国殷王朝末期の妃で、悪女の代名詞的存在とされました。狂言作者・河竹黙阿弥の「妲己のお百」で知られる吉原の遊女、毒婦のお百が生まれました。秋田藩佐竹家の御家騒動に絡んで夫の那珂忠左衛門は斬罪となり、彼女はその後転変の人生を送ります。その転変ぶりは「秋田杉直物語」や「増補秋田蕗」などで彼女の性格を拡大して描かれ、京・大阪・江戸をへめぐった淫婦として、妲妃の名前を冠して講談「妲妃のお百」となり、歌舞伎化されました。

稀代の悪女って事なんですね。
続きを読む

今日は談志師の命日ですね

ed370120今日は立川談志師の三回忌ですね。

今週と来週ラジオ日本で深夜に特番が組まれています。
「ラジカントロプス2.0」と言う番組です。
番組HRより
11月18日(月)、25日(月)は2週連続特別企画を放送します。11月21日で立川談志師匠は三回忌を迎えます。そこで、生前、談志師匠と深い御つきあいがあった春風亭小朝師匠、そして、立川談志師匠の直弟子の立川左談次師匠、立川ぜん馬師匠をゲストに、「立川談志三回忌特別番組」をお送りします。談志師匠を偲んで、天才噺家談志師匠の芸、今だから話せる意外な師匠の素顔など。

ネットでも聴けます。興味のある方はこちらから
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/radio.php

で今日は最後の演目と言われた「蜘蛛駕籠」です。
元は上方落語の「住吉駕籠」で、住吉大社が舞台ですが、明治時代に3代目柳家小さん師が東京に持ち込み舞台を鈴が森に変えて演じました。

鈴が森で客待ちをしている駕籠(かご) 屋の二人組。
ところが、前棒がおめでたい野郎で、相棒がはばかりに行っている間に、茶店のおやじをつかまえて
「だんな、へい駕籠」と遣る始末です。
次に来たのが身分のありそうな侍で、「ああ駕籠屋、お駕籠が二丁じゃ」「へい、ありがとう存じます」
「前の駕籠がお姫さま、後ろがお乳母殿、両掛けが二丁、お供まわりが四、五人付き添って」
と言うから、てっきり上客と思い、喜び勇んで仲間を呼びに行きかけたら
「そのような駕籠が通らなかったか」・・・
その次は酔っぱらい。
女と茶屋に上がり、銚子十五本空にして、肴の残りを竹の皮に包んで持ってきたことや、
女房のノロケをえんえんと繰り返し、おまけにいちいち包みを懐から出して開いてみせるので、
駕籠屋は閉口。
今度は金を持っていそうなだんなが呼び止めるので、二人は一安心。
酒手もなにもひっくるめて二分で折り合いがつき、天保銭一枚別にくれて、
出発前にこれで一杯やってこいといってくれたので、駕籠屋が大喜びで姿を消したすきに、なんともう一人が現れて、
一丁の駕籠に二人が乗り込みます。
帰ってきた駕籠屋、やせただんなと見えたのにいやに重く、なかなか棒が持ち上がらないので変だと思っていると、中からヒソヒソ話し声が聞こえるから、簾をめくるとやっぱり二人。
文句を言うと、江戸に着いたらなんとでもしてやるからと頼むので、しかたなくまたヨロヨロと担ぎ出します。
ところが、駕籠の中の二人、相撲の話になり、ドタンバタンと取っ組み合いを始めたからたまららない。
たちまち底が抜け、駕籠がすっと軽くなります。
下りてくれと言っても、修繕代は出すからこのままやれ、オレたちも中で歩くからと、とうとう世にも不思議な珍道中が出現します。
これを見ていた子供が、
「おとっつぁん、駕籠は足何本ある?」
「おかしなことォ聞くな。前と後で足は四本に決まってる」
「でも、あの駕籠は足が八本あるよ」
「うーん、あれが本当のクモ駕籠だ」

籠の底が抜けて、客が歩く部分の原話は享保12年の笑話本「軽口初賣買」中の「乗手の頓作」ですが、
実在した大坂・船場の豪商で奇人として有名だった河内屋太郎兵衛の逸話をもとにしたものともいわれます。

雲助は芝居や時代劇では悪く描かれていますが、事実は落語の様に善良な人が多く、米朝師も噺の中で、
「こういう(住吉街道のような人通りの多い)ところの駕籠屋は、街中の辻駕籠同様、いたってタチがよかったもので」と語っています。
続きを読む

暑い!怪談噺を聴こう!

90629e88-s今日は怪談噺「妲己のお百」を談志師で聴いて戴きます。
去年もやったんですが、年に一度位はこう云う趣向も良かろうと思いましてね。

実は「妲己のお百」とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の”こさん”として女主人になっている。
そこへ元は芸者で目を患っている”みねき”ちが、娘”およし”を預けにくる。”こさん”の勧めで”みねきち”は医者にかかって泊まりの養生をすることになったが、そのあいだに”こさん”は一芝居打って”およし”を吉原に売り飛ばしてしまった。
 いったん美濃屋に戻った”みねきち”は「”およし”に会いたい」と言うが、こさんは適当な言い訳で誤魔化して先延ばしにする。再び目が悪くなり、物音がする度に”およし”のことを言うので、バレる前に昔の仲間の重吉を雇って殺してしまうことにする・・・

悪い女ですねえ、自分の事しか考えていないという性格で、この後の殺しの場面は凄い迫力があります。
談志師匠怪談噺として、音源を残してくれていますが、さすがに良いです。
最も最後に照れるのがカワイイです(^^)

妲己のお百とは
「妲己」は中国殷王朝末期の妃で、悪女の代名詞的存在とされました。狂言作者・河竹黙阿弥の「妲己のお百」で知られる吉原の遊女、毒婦のお百が生まれました。秋田藩佐竹家の御家騒動に絡んで夫の那珂忠左衛門は斬罪となり、彼女はその後転変の人生を送ります。その転変ぶりは「秋田杉直物語」や「増補秋田蕗」などで彼女の性格を拡大して描かれ、京・大阪・江戸をへめぐった淫婦として、妲妃の名前を冠して講談「妲妃のお百」となり、歌舞伎化されました。

稀代の悪女って事なんですね。

※ 本日上方落語の笑福亭松喬師がガンのためお亡くなりになられました62歳でした。
若すぎますね。これから大輪の華が咲くという時期でしたのに……
心よりご冥福をお祈り致します。南無……続きを読む

かつぎ屋

images皆様、あけましておめでとう御座います。本年も宜しくお願い致します。
と言う事で、お目出度い噺を。
今日は「かつぎ屋」です。
これは元は「しの字嫌い」が変形したものと言われています。
最古とみられる原典は、寛永5年刊の安楽庵策伝著「醒睡笑」巻一の、「祝ひ過ぎるも異なもの」と題した一連の小咄と言われています。

呉服屋の五兵衛だんなは、大変な縁起かつぎ。
元旦早々、番頭始め店の者に、
「元旦から仏頂面をしていては縁起がよくない」
「二日の掃き初めが済まないうちに、箒(ほうき)に触るのはゲンが悪い」
と、うるさく説教してまわるうち、飯炊きの作蔵がのっそりと現れた。

「魔除けのまじないになるから、井戸神さまに橙(だいだい)を供えてこい」
と、言いつける。
「ただ供えるんじゃない。歌を添えるんだ。
『新玉の年立ち返るあしたには若柳水を汲みそめにけり、これはわざとお年玉』。
いいか」
間もなく、店中で雑煮を祝う。
そこへ作蔵が戻ってきた。
「ご苦労。橙を供えてきたか」
「りっぱにやってきたでがす」
「何と言った」
「目の玉のでんぐりげえる明日には末期の水を汲みそめにけり、これはわざとお入魂」
「ばか野郎」

ケチを付けられて、だんなはカンカン。
そこで手代が、餅の中から折れ釘が出てきたのは、
金物だけに金がたまるしるしと、おべんちゃら。

作蔵が、またしゃしゃり出た。
「そうでねえ。身上を持ちかねるというこんだ」
そうこうするうち、年始客が来だしたので、
だんな自ら、書き初めのつもりで記帳する。

伊勢屋の久兵衛というと長いからイセキュウというように、
縮めて読み上げるよう言いつけたはいいが、
アブク、シブト(死人)、ユカンなど、縁起でもない名ばかり。
それぞれ、油屋久兵衛、渋屋藤兵衛、湯屋勘兵衛を縮めたものだから、
怒るに怒れない。

そこへ現れたのが、町内の皮肉屋・次郎兵衛。
ここのだんながゲンかつぎだから、
一つ縁起の悪いことを並べ立て、嫌がらせをしてやろうという趣向。

案の定、
友達が首をくくって死んだので弔いの帰りだの、
だんながいないようだが、元旦早々おかくれになったのは気の毒だだのと、好き放題に言った挙げ句、
「いずれ湯灌場で会いましょう。はい、さようなら」
だんなはとうとう寝込んでしまう。

なお悪いことに、ゲン直しに呼んだはずの宝船絵売りが、値段を聞くと一枚シ文、百枚シ百文と、シばかりを並べるので、いらないと断ると、「あなたの所で買ってくれなきゃ、一家で路頭に迷うから、
今夜こちらの軒先を借りて首をくくるから、そう思いねえ」と脅かされて、踏んだり蹴ったり。

次に、また別の宝船屋。
今度は、いろいろ聞くと家が長者町、名は鶴吉、子供の名は松次郎にお竹と、うって変わって縁起がいいので、だんなは大喜び。
たっぷり祝儀をはずむ。
「えー、ごちそうに相なりまして、お礼におめでたい洒落を」
「うん、それは?」
「ご当家を七福神に見立てましょう。
だんなのあなたが大黒柱で大黒様、お嬢さまはお美しいので弁天さま」
「うまいねえ、それから?」
「それで七福神で」
「なぜ?」
「あとは、お店が呉服(五福)屋さんですから」

正月になると、宝船売りが、七福神の乗った船の図に、廻文歌
「長き夜のとをのねぶりの皆目覚め波のりぶねの音のよきかな」
を書き添えた刷り物を売り歩きました。

そんな事も入ってる噺なので、お正月向きですね。

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ