はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

立川志の輔

このほうが幸せ?

komamonoya今日はですねえ「小間物屋政談」です。

講談「万両婿」を人情噺に翻案したものと云われています。
現林家正雀師はこの演題で演じています。
一時、講談をやっていた志ん生師もこの頃覚えたのか演じていました。
志ん生師は政談の部分をやらずに「小間物屋小四郎」と言う演題でも演じていました。
現在の型は、圓生師が四代目小金井蘆洲の世話講談「万両婿」を新たに仕立て直し、オチもつけたものと云われています。

京橋の相生屋小四郎は小金も出来たので上方に行ってこちらの物を売り、上方で仕入れたものを江戸で売ってみたいので、上方に仕入れの旅に出るという。女房”おときさん”を大家さんに頼んで出掛けました。

箱根の山で、道を外れて山肌に降りると襦袢一枚の男が木に縛られていた。聞くと、湯治の途中追い剥ぎに遇ったので、助けてくれと言う。江戸一番の小間物屋、芝神谷町の若狭屋甚兵衛で、全て持ち去られてしまった。小四郎は自分の着替えの着物一式に一両を貸し与え、住所と名前を書いて渡し、別れました。

小四郎は上方へ。若狭屋は江戸への帰路小田原の宿に入るが、小田原の宿・布袋屋で客死してしまいます。
持っていた書付から小四郎の留守宅へ知らせが入ったのですが、知らせを受けて小田原に向かった大家も、小四郎の着物を着た死体に何の疑いを持たないままその骨を持ち帰ります。

葬儀も終わって三五日目、大家が縁談を持ち込見ますが、未亡人となったおときは、早いと断リます。
処が大家は、早いほうがイイと、大家の強引な勧めで断り切れず、小四郎のいとこの三五郎と夫婦になりました。仲の良い夫婦となります。

しばらくして小四郎が江戸へ帰ってきました。そして表の戸をせわしなくたたく者がいます。
不審に思ってお時が出てみると、なんと死んだはずのもとの亭主・小四郎の姿。
てっきり幽霊と思い、ぎゃっと叫んで大家の家に駆け込みます。

事情を聞いた大家が、半信半疑でそっとのぞいてみると、まさしく本物。
本人は上方の用事が長引いて、やっと江戸へ帰り着いてみると自分が死人にされているのでびっくり仰天。
小田原の死体が実は若狭屋甚兵衛で、着物は小四郎が貸した物とわかっても、
葬式まで済んでしまっているからもう手遅れだと言います。

お時も、いまさら生き返られても、もとには戻れないと、つれない返事。
完全に宙に浮き、頭に来た小四郎が奉行所へ訴え、名奉行大岡越前守さまのお裁きとなります。

事情を聞いた奉行は、小四郎は若狭屋甚兵衛の後家で、お時とは比較にならない、良い女のおよしと夫婦となり、若狭屋の入り婿としてめでたく収まります。
「このご恩はわたくし、生涯背負いきれません」
「これこれ。その方は今日から若狭屋甚兵衛。もう背負うには及ばん」

背負い小間物屋とは、白粉、紅、櫛、笄(こうがい)その他、婦人用品を小箪笥の引き出しに分けて入れ、得意先を回るのですが、その扱う品物は色々なモノもあったそうです。
続きを読む

「大正製薬 天下たい平! 落語はやおき亭」について

今日はこの四月から始まった新番組「大正製薬 天下たい平! 落語はやおき亭」について少し。
40


この番組も早、ひと月がたちました。
歌丸師のインタビュー等があって、同局の落語DEデートと違いを出す方針の様ですね。
演目的には4月はこ小さん師と金馬師ですか、今月に入って、歌丸師と昨日の圓蔵師ですね。
昭和の名人達は落語DEデートで取り上げてるので、むしろ今の噺家さんや古くても小さん師ぐらいまでが、いいのでは無いでしょうかね。(^^)

来週は二代目・桂小南 「ぜんざい公社」
再来週は十代目・金原亭馬生 「松山鏡」だそうです。
小南師の「ぜんざい公社」は最後の女の役人がいかにも役人ぽくて笑ってしまいます。
十代目・金原亭馬生 「松山鏡」は貴重だそうです。聴かねばww

落語DEデートもこの番組も関東ローカルなんですかね?
落語の番組って多いですよね。
全国展開していたのが爛漫ラジオ寄席でしたが、これも関西では放送されていませんでした。
きっと今年の冬からの放送もそうでしょうね。
ウケないからなんでしょうかね?

落語DEデートはゲストによりますが、上方落語が掛かります。
文枝師や松鶴師、三代目文我師なんてのも放送されましたね。
あの番組の一つの面白さに、殆ど落語を知らない女の子に志の輔師がどの様にして説明するのか?
と言う楽しみも」あります。(え、ちがう!そうかな?)

たい平師はあそこの一門では珍しく古典落語の可能性を感じさせてくれる噺家さんなので、これからの番組に期待したいです。

Radikoが関西の放送局が聴けていた頃はABCやMBSの落語放送を聴けて幸せでしたね。
震災の影響でしたがね・・・・




続きを読む

志の輔師の「メルシーひな祭り」

1b51e463.jpgもうすぐ雛祭りですねえ。
女の子のいるみなさん、雛人形かざりましたか?
嫁に行かしたく無いから飾らないとかwあるかもしれん。

で、今日は志の輔師の「メルシーひな祭り」です。
その昔、ニコに”英”さんがうpした様ですが、
これはそれとは関係有りませんw
長い噺ですね。
でもね今でこそ日本の文化が持てはやされていますが、
この噺が出来た頃はどうだったのでしょうかね?
そんな事考えると、志の輔師の新作を創る時の時代を見る目
と言うんですか、才能に頭が下がりますね。
古典は普通ですけどねw
期限は何時ものように一週間です。

http://firestorage.jp/download/cc115c8f9148540f5a59a95bc40be022909509a9

志の輔師匠の「だくだく」

347af1ac.jpg今日は志の輔師匠の「だくだく」です。
聴いて貰えれば分かりますが、サゲがオリジナルと違います。
その結果”だくだく”じゃ無くなってます。
面白いとは思いますが・・・・

談志師匠が以前「ウチの弟子はやたらとサゲを変えたがる。変えりゃ
良いと思ってる節がある」
と何かで言っていましたがねww

でもね、志の輔師のこの噺はこのサゲに変えたのは、
もうズーッと前の事なんです。
私は10年以上前にこの噺聴いていて、その時と同じですね。
いわば確信犯なわけですw

志の輔師匠って才能豊かな噺家さんだと思います。
個人的にどうかと問われれば、「普通かな」とww
私の場合、好きと評価するとは違う時もあるのでね。
もちろん嫌いではありませんので、
志の輔ラジオなんかはできるだけ
聴きますしね。
5段階評価で好き具合を表すと3.5かなww
皆さんはどうですか?

何時もの様に期限は一週間です。
https://www.webfile.jp/dl.php?i=840544&s=ef5a65aca166fb85f06c

面白かった「志の輔ラジオ/らくごdeデート」

え~、日曜日は大抵仕事が忙しいので、朝早くから起きています。
そんな時聴いているのが、文化放送の「志の輔ラジオ/らくごdeデート」
なのです。
日曜と言うと有難い宗教の話が多いのですが、(5時台)
それが終わると、こんな時間なのに落語が始まりますw
それも女優さんをゲストに読んでトーク混じりで放送すると言う
夜放送しても良いと思うような内容です。

ニコにうpしてた頃もここからよくうpしてましたw
噺の部分だけカットしていたのですが、
今日の放送はトークの部分も面白かったので、
うpしました。
ここを覗かれる方のほとんどはこの番組を知ってると思いますし、
実際聴いて居ると思いますが、・・・・

噺は三代目金馬師の「狂歌家主」です。
「掛取り」と少し噺の展開が違っています。
そこも聴きどころですw
それに加えて、前段の志の輔師と片桐はいりさんのトークも
面白かったので、聴いてみて下さい。
二人で昇太さんの事を話していますw

https://www.webfile.jp/dl.php?i=827212&s=08c20155ebf77d895da2

期限は何時ものように一週間です。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ