はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

百川

百川という噺

kandamaturi 今日は、CM落語の原点ともいう噺の「百川」(ももかわ)です。

・【原話】
実在の江戸懐石料理の名店・百川が宣伝のため、実際に店で起こった事件を落語化して流布させたとも、創作させたともいわれます。
似たような成り立ちの噺に「王子の狐」があります。こちらも料理屋「扇屋」の宣伝とも云われています。

・【ストーリー】
 田舎者の百兵衛さんが、料亭、百川に奉公に上がったのですが、初日のお目見えから、羽織りを来たまま客の注文を聞くことになりました。
 向かった先は魚河岸の若い衆の所です。最初に
「儂、シジンケ(主人家)のカケエニン(抱え人)だ」と言いましたが、田舎訛りなので河岸の若い衆は「四神剣の掛合人」と勘違いします。

昨年のお祭りで遊ぶ銭が足りなくなり「四神剣」を質に入れたことについて、隣町から掛合いに来たのだと。
その後、言葉の行き違いで、百兵衛がクワイの金団を丸呑みする事になり、何とかこれをこなします。
再び呼ばれ、本当の事が判り、常磐津の歌女文字師匠に「若い衆が今朝から四、五人来てる山王祭」と伝えるように言われたが、名前を忘れたら「か」が付く有名な人だと云われます。

長谷川町まで行って「か」の有名な人だと訪ねると、鴨池医師だと教えられ「けさがけで四、五人きられた」と伝えたので、先生は慌てて往診の準備に取替かかります。
とりあえず、伝言を貰って帰ってきて伝えるのですが、若い衆は何だか判りません。
 その内に、鴨池医師が来て様子が判ると「お前なんか、すっかり抜けている抜け作だ」と怒鳴られます。
しかし、百兵衛さん「抜けてるって、どの位で」「どの位もこの位もねえ、端から終いまでだ!」
そんなことはねえ、カモジ、カメモジ・・・ハア抜けてるのは一字だけだ!」

・【演者】
この噺は圓生師が存命の頃は圓生師にトドメを指すと云われていた噺です。
当時でも、志ん生師や馬生師が演じ、録音も残っています。
現在では志ん朝、小三治師を始め多くの噺家さんが演じています。
正直、圓生師を凌ぐ噺家さんは居ないと言うのが私の感想です。

・【注目点】
 文字で書いてるとピンと来ませんが、実際に音で聴くと、その可笑しさが感じられる噺です。
また、江戸の祭りの風習が噺の中に出て来るので、その意味でも楽しいです。

・『能書』
料亭「百川」は日本橋浮世小路にあった店で、江戸でも有数の料理屋で、向島にあった「八百善」と並んで幕末のペリーの来航の際には、料理の饗応役を御仰せつかり千人分の料理を出したそうです。その時の値段が一人前3両だったとも言われています。
献立は今でも残っていて、私も見た事がありますが、今の人の口に合うかどうか……。
一つだけ、良いなと思ったのは、「柿の味醂漬け」と言うもので、果物の柿を皮を剥いて、本味醂を掛けたものです。
これは中々乙な味がしました。かの池波正太郎先生もお気に入りだったそうです。

・『ネタ』
よく、江戸の三大祭と云いますが、実際は「江戸の二大祭り」です。と言うのも、江戸の祭りで、神田明神の「神田祭」と、赤坂日枝神社の「山王祭」が江戸の二大祭りなのです。
 それは何故かと言うと、この二つの祭りだけが、将軍家から祭りの支度金として百両を賜ったからです。
 その為、この二つの祭りの山車や神輿は江戸城内に入る事が許されました。その山車や神輿を将軍が上覧をしました。
ある記録によると、未明に山下御門に山車や神輿が集まり、江戸城内に入場して練り歩き、将軍が上覧して、最後の山車が常盤橋御門から出て行ったのが日が暮れた頃だったと言います。
それぐらい盛大に行われたので、この二つの祭りは交互に隔年で行われる事になりました。

 神田祭は、江戸幕府開府以前に徳川家康が会津征伐において上杉景勝との合戦に臨んだ時や、関ヶ原の合戦においても神田大明神に戦勝の祈祷を命じ、神社では毎日祈祷を行っていたそうです。、9月15日の祭礼の日に家康が合戦に勝利し天下統一を果たしたのでそのため特に崇敬するところとなり、神田祭は徳川家縁起の祭として以後盛大に執り行われることになったと言います。

山王祭は、江戸の町の守護神であった神田明神に対して日枝神社は江戸城そのものの守護を司ったために、幕府の保護が手厚かったので将軍も上覧をしたと言うことです。

百川はCM落語

IMG_3722_thumb今日は「百川」です。

実在の江戸懐石料理の名店・百川が宣伝のため、実際に店で起こった事件を
落語化して流布させたとも、創作させたともいわれます。
似たような成り立ちの噺に「王子の狐」があります。こちらも料理屋「扇屋」の宣伝とも云われています。

料亭「百川」は江戸でも有数の料理屋で、向島にあった「八百善」と並んで幕末のペリーの来航の際には、料理の饗応役を御仰せつかり千人分の料理を出したそうです。その時の値段が一人前3両だったとか・・・
献立は今でも残っていて、私も見た事がありますが、今の人の口に合うかどうか・・・・
一つだけ、良いなと思ったのは、「柿の味醂漬け」と言うもので、果物の柿を皮を剥いて、本味醂を掛けたものです。
これは中々乙な味がしました。かの池波正太郎先生もお気に入りだったそうです。

 田舎者の百兵衛さんが、料亭、百川に奉公に上がったのですが、初日のお目見えから、羽織りを来たまま客の注文を聞くことになりました。
「儂、シジンケ(主人家)のカケエニン(抱え人)だ」と言いましたが、田舎訛りなので河岸の若い衆は「四神剣の掛合人」と勘違いします。

昨年のお祭りで遊ぶ銭が足りなくなり「四神剣」を質に入れたことについて、隣町から掛合いに来たのだと。
その後、言葉の行き違いで、百兵衛がクワイの金団を丸呑みする事になり、何とかこれをこなします。
再び呼ばれ、本当の事が判り、常磐津の歌女文字師匠に「若い衆が今朝から四、五人来てる」と伝えるように言われたが、名前を忘れたら「か」が付く有名な人だと云われます。

長谷川町まで行って「か」の有名な人だと訪ねると、鴨池医師だと教えられ「けさがけで四、五人きられた」と伝えたので、先生は慌てて往診の準備に取替かかります。
とりあえず、伝言を貰って帰ってきて伝えるのですが、若い衆は何だか判りません。
 その内に、鴨池医師が来て様子が判ると「お前なんか、すっかり抜けている抜け作だ」と怒鳴られます。
しかし、百兵衛さん「抜けてるって、どの位で」「どの位もこの位もねえ、端から終いまでだ!」
そんなことはねえ、カモジ、カメモジ・・・ハア抜けてるのは一字だけだ!」

この噺は圓生師が存命の頃は圓生師にトドメを指すと云われていた噺です。
当時でも、志ん生師や馬生師が演じ、録音も残っています。
現在では志ん朝、小三治師を始め多くの噺家さんが演じています。
正直、圓生師を凌ぐ噺家さんは居ないと言うのが私の感想です。

個人的にですが、私はこの百兵衛さんは最後の事件は確信犯だと思っています。
判っていて、あるいは途中で気がついていたのに、わざと間違えたふりをして
歌女文字師匠の代わりに鴨地先生を呼んできたのではないかと思うのです。
何故か、その前の慈姑(くわい)のきんとんを飲み込んだ後の台詞で、
「もうこの家には長いできねえ」と言ってるので、
次の日あたりにはオサラバする気だったかもです。
その前に、茶目っ気を出して、河岸の若い衆をからかったのでは・・・なんて思うのです。
んな馬鹿な・・と言うのが普通の見方でしょうが、どうしても私はそう考えて仕舞います。続きを読む

落語「百川」について

今日は、落語「百川」について書いてみたいと思います。
過去に、馬生師と右朝師の「百川」を取り上げたのですが、
今日は噺そのものについて考えてみました。
6892c4ad.jpg


圓生師匠が大層得意にしていた噺で、若い頃から盛んに演じていたそうですね。
当時の人々は評論家を始め皆、「百川は圓生にとどめをさす」と言っていたそうです。

噺としては、料亭百川に来た奉公人の百兵衛さんが、その訛りから来る勘違いで、騒動を起こすと言う
噺ですが、その百兵衛さんが田舎者と言う視点で描かれていて、ひどく馬鹿にした描き方をすることが多いのが
私としては気になります。
圓生師の話しぶりには少し其の様な点もあった様な気がします。
実際に起った話しだと、枕で噺家さんが語ってから噺に入りますが、
私は昨年でしたか、2月にさん喬師で聴きました。
さすがに客席から「師匠、まだ2月だよ」と声が掛かりましたが、
「5月の祭りの相談をするのだから、今じぶんから相談してないと困るでしょう」
そう言って噺に入って行きました。
でもねえ、これは4月から5月に聴きたいですね。

此処から先は私の独断と偏見それも半端ない偏見で書きますが・・・(ネタバレあり)
最後の「かもじ」と「かめもじ」の間違いですが、私は百兵衛さんが、
判っていて、あるいは途中で気がついていたのに、わざと間違えたふりをして
歌女文字師匠の代わりに鴨地先生を呼んできたのではないかと思うのです。
何故か、その前の慈姑(くわい)のきんとんを飲み込んだ後の台詞で、
「もうこの家には長いできねえ」と言ってるので、
次の日あたりにはオサラバする気だったかもです。
その前に、茶目っ気を出して、河岸の若い衆をからかったのでは・・・なんて思うのです。
んな馬鹿な・・と言うのが普通の見方でしょうが、
こんな視点で噺を聴くと新鮮に感じますよ・・・なんて(^^)

続きを読む

落語と料理

今日、病院に行って来ました。
角膜の剥離した所はほぼ完全に塞がったそうです。
これからは、水晶体の濁りを取り除く方へ重点が置かれるそうです。
しかし、濁りは完全には取り除けないだろうと言う事でした。
角膜ヘルペスの薬で良くなったのに、培養検査からはヘルペスが
検出されなかったそうです。担当の医師の他にも何人かの医師に
見て貰ったのですが、全員はっきりとは原因がわからず、ある医師は
冗談で、「なにか取り付いたみたいだね」と言う始末で、
担当の医師は「ヘルペスの薬で回復したのだから」とあくまでも
”角膜ヘルペスである”と言う立場でした。完治は遠いなあ・・・

さて
落語には色々な料理や食べ物が出て来ますが、
同じ食べ物でも、江戸時代と今では食べ方が随分違う物があります。
たとえば、「鰹」です
当時は、和辛子をつけて食べていました。辛子の辛さを謳った川柳等も残っています。
今は生姜かニンニクでしょう。一度試した事がありましたが私の口には合いませんでした。
 河豚等も当時は味噌汁にしていた様で、刺身で食べる事は江戸では無かった様です。
 
また、味覚等も今とは少し違っていた様で、落語「百川」で有名な百川が、
幕末にぺりー一行に供応の料理を出したのは有名ですが、当時の献立を今見ると、
正直あまりご馳走の感じはしません。
その献立の中で、一つだけ感心を引くものがありました。
柿の味醂掛け回しと言うモノで、果物の柿の皮を剥いて、一口に切り味醂を掛けて食べる
と言う料理で、作家の池波正太郎さんも、絶賛していました。
私も試しに作って食べましたが、正直、”結構いける”と思いました。
只、現代の味覚ではなく、もっと古いなにかを呼び覚ませる様な感覚でした。
 興味のある方は試しては?甘いのに酒の肴に丁度良いと思います。
まあ、日本料理は全て酒の肴としての料理なんですよね。おかずではなく
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ