はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

猫の皿

「猫の皿」という噺

猫の皿2『猫の皿』
今日はこの噺です。分類上は春の噺になるそうです。

【原話】
滝亭鯉丈(りゅうてい・りじょう、?〜1841)が文政4(1821)年に出版した滑稽本「大山道中膝栗毛」中の一話です。もしかしたら鯉丈自身も高座で演じたかかも知れません。

【ストーリー】
果師 と呼ばれる古美術商。あるとき地方の茶店でとんでもないお宝を発見すします。茶店で飼われている猫の餌用の皿が、何と絵高麗の梅鉢の茶碗だったのです。
江戸の蒐集家にかなりの高値で売れると踏んだ古美術商、
茶店の親父が、その皿の真価などは知る由もなかろうと、言いくるめて、これを買い叩こうと企みます。
「ご亭主の飼い猫がどうにも気に入った、是非わたしに引き取らせてはくれないか」
ともちかけて、猫を三両で買い取ると、
「皿が違うと餌も食いにくかろう」
と猫の皿も一緒に持ち去ろうとする。すると亭主は古美術商を遮り、猫だけを渡して皿は取り返すと、店の主が
「これは絵高麗の梅鉢の茶碗でございますから」
そう言ったので驚いた古美術商が
「それを知っているのなら、何でその名品で猫に餌をやっていたのだ」と訊きます。主曰く
「はい、こうしておりますと、時々猫が三両で売れます」

【演者】
五代目古今亭志ん生師や三代目三遊亭金馬師がよくやったそうです。今でも小三治師を始め色々な噺家さんが演じます。

【注目点】
上方では故桂米朝師が初めて演じたそうです。師は「上方落語には古美術の名品が出て来る噺が余りなく、『はてなの茶碗』も本物では無い。噺の成立と言う点で違いがあるのかも知れない。と語っていました。

『能書』
舞台は江戸時代、で、当時、古美術商には果師 と呼ばれる連中がいて、
地方に出かけてお宝を見つけては所有者を言葉巧みに騙して安値で買い叩き、それを江戸に持ってきて今度は大変な高値で蒐集家に売りつけるという、ずる賢い連中の事で、そうそういっも上手く行く訳が無く、今回の旅では良いモノがありませんでした。

『ネタ』
この噺の演題は、志ん生師以前には、「猫の茶碗」が一般的でしたが、
絵高麗は皿なので、志ん生師が「猫の皿」に変えました。

猫の皿と言う噺

猫の皿2今日は「猫の皿」です。
原作は、滝亭鯉丈(りゅうてい・りじょう、?〜1841)が文政4(1821)年に出版した滑稽本「大山道中膝栗毛」中の一話です。もしかしたら鯉丈自身も高座で演じたかかも知れません。

舞台は江戸時代、で、当時、古美術商には果師 と呼ばれる連中がいて、
地方に出かけてお宝を見つけては所有者を言葉巧みに騙して安値で買い叩き、それを江戸に持ってきて今度は大変な高値で蒐集家に売りつけるという、ずる賢い連中の事で、そうそういっも上手く行く訳が無く、今回の旅では良いモノがありませんでした。

そんな古美術商の一人が、あるとき地方の茶店でとんでもないお宝を発見する。茶店で飼われている猫の餌用の皿が、何と絵高麗の梅鉢の茶碗だったのです。

江戸の蒐集家にかなりの高値で売れると踏んだ古美術商、
茶店の親父が、その皿の真価などは知る由もなかろうと、
言いくるめて、これを買い叩こうと企みます。

「ご亭主の飼い猫がどうにも気に入った、是非わたしに引き取らせてはくれないか」ともちかけて、猫を三両で買い取ると、
「皿が違うと餌も食いにくかろう」と猫の皿も一緒に持ち去ろうとする。すると亭主は古美術商を遮り、猫だけを渡して皿は取り返すと、
「これは絵高麗の梅鉢の茶碗でございますから」。
驚いた古美術商が「それを知っているのなら、何でその名品で猫に餌をやっていたのだ」と訊く。
亭主「はい、こうしておりますと、時々猫が三両で売れます」

この噺の演目は、志ん生師以前には、「猫の茶碗」が一般的でしたが、
絵高麗は皿なので、志ん生師が「猫の皿」に変えました。

かつては、五代目古今亭志ん生や三代目三遊亭金馬がよくやったそうです。
続きを読む

そうは問屋が卸さない

猫の皿2今日は「猫の皿」です。
原作は、滝亭鯉丈(りゅうてい・りじょう、?〜1841)が文政4(1821)年に出版した滑稽本「大山道中膝栗毛」中の一話です。もしかしたら鯉丈自身も高座で演じたかかも知れません。

舞台は江戸時代、で、当時、古美術商には果師 と呼ばれる連中がいて、
地方に出かけてお宝を見つけては所有者を言葉巧みに騙して安値で買い叩き、それを江戸に持ってきて今度は大変な高値で蒐集家に売りつけるという、ずる賢い連中の事で、そうそういっも上手く行く訳が無く、今回の旅では良いモノがありませんでした。

そんな古美術商の一人が、あるとき地方の茶店でとんでもないお宝を発見する。茶店で飼われている猫の餌用の皿が、何と絵高麗の梅鉢の茶碗だったのです。

江戸の蒐集家にかなりの高値で売れると踏んだ古美術商、
茶店の親父が、その皿の真価などは知る由もなかろうと、
言いくるめて、これを買い叩こうと企みます。

「ご亭主の飼い猫がどうにも気に入った、是非わたしに引き取らせてはくれないか」ともちかけて、猫を三両で買い取ると、
「皿が違うと餌も食いにくかろう」と猫の皿も一緒に持ち去ろうとする。すると亭主は古美術商を遮り、猫だけを渡して皿は取り返すと、
「これは絵高麗の梅鉢の茶碗でございますから」。
驚いた古美術商が「それを知っているのなら、何でその名品で猫に餌をやっていたのだ」と訊く。
亭主「はい、こうしておりますと、時々猫が三両で売れます」

この噺の演目は、志ん生師以前には、「猫の茶碗」が一般的でしたが、
絵高麗は皿なので、志ん生師が「猫の皿」に変えました。

かつては、五代目古今亭志ん生や三代目三遊亭金馬がよくやったそうです。

続きを読む
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ