はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

瀧川鯉昇

「二番煎じ」と言う噺

206c91bb今日は「二番煎じ」です。
元は、元禄3年(1690年)に出版された江戸の小咄本『鹿の子ばなし』に掲載された「花見の薬」を上方で同時期に改作し、夜回りの話とした『軽口はなし』の「煎じやう常の如く」だそうです。
大正時代に五代目三遊亭圓生師が東京へ移したといわれています。
上方では初代、二代目桂春團治師、二代目露の五郎兵衛師らが、東京では、六代目柳橋先生や八代目可楽師らが得意としました。

町内の旦那衆が火事を防ぐため、火の番の夜回りをすることになりました。
番小屋に集まり、集まった顔ぶれを二組に分け、交代で町内の見廻りをはじめます。
凍てつくような江戸の冬。金棒は冷たくて握れず、拍子木を打つのに懐から手を出すのも一苦労。
「火の用心」の声も北風に震えるようです。やがて番小屋に戻り、囲炉裏を囲む旦那衆。

すると、禁じられている酒を持ってきた人がいたり、猪鍋の用意をしてきた者がいたりして・・・
役人に見つかると面倒なため、酒を土瓶に移し、煎じ薬と称してそっと宴をはじめます。
猪鍋で楽しく酒を飲んでいると、番小屋の戸をたたく音がする。役人が見回りに来たのです!
一同はあわてて酒や鍋を隠し、役人を迎え入れます。

役人は「変わった事は無いかな?」等と聞きますが、気もそぞろ。
「あー、今わしが『番』と申したら『しっ』と申したな。あれは何だ」
「へえ、寒いから、シ(火)をおこそうとしたんで」
「土瓶のようなものを隠したな」
「風邪よけに煎じ薬をひとつ」

役人、にやりと笑って
「さようか。ならば、わしにも煎じ薬を一杯のませろ」
しかたなく、そうっと茶碗を差し出すとぐいっとのみ
「ああ、よしよし。これはよい煎じ薬だな。
ところで、さっき鍋のようなものを」

「へえ、口直しに」
「ならば、その口直しを出せ」
もう一杯もう一杯と、
酒も肉もきれいに片づけられてしまう。
「ええ、まことにすみませんが、煎じ薬はもうございません」
「ないとあらばしかたがない。拙者一回りまわってくる。二番を煎じておけ」

江戸の冬は今よりも寒かったということで、地軸が今の位置とずれているのだそうです。
その関係でしょうか。雪がたくさん降ったのだそうです。
元禄の頃の記録で年間30日以上積雪があったそうです。
ですから、積もらなくても雪が降るのは珍しくなかった様です。
私が子供の頃でも、池や水たまり等に氷が張るのは毎日の事でした。

自身番については、町内の防火のため、表通りに面した町家では、必ず輪番で人を出し、
火の番、つまり冬の夜の夜回りをすることになっていましたが、それは建前で、ほとんどは「番太郎」と呼ぶ番人をやとって、火の番を代行させることが黙認されていたのです。
ですが、この「番太郎」が中々仕事をしなかったそうで・・・

二番煎じとは、漢方薬を一度煎じた後、さらに水を加え、薄めて煮出したものです。
金気をきらい、土瓶などを用いました。

この噺は、北風の吹く江戸の夜空が目に浮かぶような感じが出れば、良いでしょうね。
そこに、熱々のぼたん鍋(しし鍋)と熱燗ですかねえ、これは応えられませんね。(^^)続きを読む

今は使われなくなってしまったもの。

72a50a7b今日は夏の噺「へっつい幽霊」です。

元々は『かまど幽霊』という上方落語だったそうで、大正初期に3代目三遊亭圓馬師が東京に持ち込んだそうです。
6代目三遊亭圓生師や3代目桂三木助師の演じる型と古今亭や柳家の噺家さんが演じる型とあります。

道具屋にへっついを買いに来た客が、気に入って3円で買って行った。その夜の2時頃、表の大戸を激しく叩く音がする。開けると昼間へっついを買い求めた客で「買ったへっついを引き取って」という。道具屋の決まりで半値の1円50銭でなら引き取る。
それからと言うもの昼間はお客がついて買ってゆくが夜中になると引き取ってくれと言う繰り返し。
とうとうお客がつかなくなってしまった。原因を聞き出すと、夜中にへっついから幽霊が出ると言う。
困った道具屋はいくらか金をつければ売れるんじゃ無いかと思い相談をしてると、裏の長屋のはばかりでそれを聞いた熊さんが名乗り出た。家まで担いでゆくので、隣の伊勢屋の若旦那と一緒に担いで行く途中で端をぶつけて、欠いてしまい、そこから金の包が出て来る。
数えてみると300両あり山分けするが、ふたりともすぐ使ってしまう。
その夜にへっついから、くだんの幽霊が出てきて事情を説明する。
熊さんは何とか金は工面するからと、その場は幽霊をなだめる。
次の日、熊さんは若旦那の実家に行って、事情を話し300両を工面してくる・・・・
とここまで噺を持ってくるのが、圓生師や三木助師の方です。
古今亭や柳家の噺はもっと単純で、道具屋から熊さんがへっついを気に入って買って来て、その夜にすぐ幽霊が出てきます。
どちらかと言うとこちらの方が単純な筋ですが、後半の幽霊との博打のい場面に重点が置かれています。
上方流れの圓生、三木助型か江戸風の古今亭、柳家型かですね。後者は30分以内で語れるので、寄席等でも掛けられますね。
ちなみに談志師は柳屋ですが、圓生三木助型です。なぜか?(三木助師にあこがれがあるのかも)
この型も色んな事が噺の中に入ってきて面白いですが、長くなり、また力量も問われるので、トリネタでしょうね。
登場人物も増えてきますし、若旦那の遊びっぷりも描写しなくてはなりませんね。
また、全体的笑いが多いのも三木助圓生型の特徴ですね。

へっつい(竃)と言うのはかまどの事ですが、今やこの”かまど”も解らなくなってきましたね。
続きを読む

芸協の実力者 瀧川鯉昇師

rakugo-dl-00137s落語協会から続いたので、今日は芸術協会の実力者、瀧川鯉昇師匠です。

1953年静岡県浜松市生まれ、本名は山下 秀雄と言います。
1975年4月、8代目春風亭小柳枝に入門、柳若(りゅうじゃく)となる。
1977年師匠が廃業した為、柳昇門下となる。
1980年2月、二つ目昇進。愛嬌(あいきょう)となる。
1990年5月、真打昇進。春風亭鯉昇となる。
2005年1月、亭号を改め、「瀧川鯉昇」となり現在に至る。

江戸っ子の啖呵を切る様な調子ではなく、飄々とした独自のテンポが楽しい師匠です。
マクラ等は自分の事や世間話に言葉遊びを散りばめたり、噺の伏線をはったりといった部分が強く、まくらから噺のサゲまで言葉とくすぐりを綿密に選択していると言われています。

奇人変人といわれた8代目小柳枝師の弟子であった為、前座時代に食べられる草を積んで、実際に師匠と一緒に食べていたそうです。でも本人は落語家の修行は皆、こういう事をするのだと思っていたそうです。

「瀧川」という亭号は、元々、音曲師の初代瀧川鯉かんが滑稽本作者の滝亭鯉丈と知り合ったことをきっかけとして名乗り始めたそうです。
鯉昇師は昭和初期から途絶えていたこの亭号を継ぎ、現在は瀧川一門を築きあげています。

高座に上がると、その特徴ある目で客席を見渡します。この時すでに鯉昇師のつかみにハマってしまっているのです。
そこに脱力系の言葉が発せられて、一気に鯉昇ワールドに連れていかれます。

ファンの間では「時そば」が有名で、進化していってるのです。
最近では「これが時そばかな?」というまで進化しています。
寄席で聞く機会も多いと思うので、是非鯉昇ワールドを体感してください。
続きを読む

素人鰻の親父さんは何処へ行く?

rakugouna


え〜お暑い日々が続いていますが、如何お過ごしですか?
塩分と水分は大目にとりましょうね(^^)

この間「鰻の幇間」を書いたのですが、今日は「鰻屋」です。
神田川の金なる人物が出て来るのが「素人鰻」でこちらは出てきません。
と言うより見方を変えた噺ですねえ。

 酒好きの留さんがボッートしているので、兄貴分が飲みに連れて行くというと、いい返事が返ってこない。
 聞くと、先日半公が同じ事を言ったので、付いて行く事になった。田原町まで行って、歩き始めると寿司屋があった。
「好きか。分かればいいんだ」と言って、素通りし天麩羅屋の前まで来てしまった。「天麩羅は好きか。それが分かればいいんだ」と同じ事を言って素通りしてしまった。焼鳥屋も同じように通過して、デンキブランが有る前まで来ると、入るかと思ったら、スーッと信号を渡ってしまった。ぶつぶつ言いながら吾妻橋を渡り、それでも酒を飲ませてくれると思って付いて行くと、正面のビール会社には入らず左に曲がって、土手伝いに行って左に曲がり、土手下に出た。「好きなだけ呑め、この川の水が”隅田川”と言う名の酒だと思って呑め」悔しいから3杯飲んでしまったと言う。だからイヤダと。
そんな事ではなく、カドに新しく出来た鰻屋で、一杯いこう。こないだ、そこで飲むと香々とお酒が互い違いに出てきて鰻が出て来ない、文句を言うと店の者が「どうしても鰻が食べたいですか」と言ったので、当たり前だ、と言うと丸焼きの鰻が出てきた。
文句を言っていると主人が出てきて「職人が出掛けて鰻が割けません」と言う。
帰るからお勘定というと、鰻も出せなかったのでお代はいりません、と言う事でタダで帰ってきた。
だから、そこに行こう、今日は職人が居ないから。
そこで二人は出かけるのですが・・・・・

「素人鰻」といえば黒門町ですが、小三治師も演じています。
これは神田川の金さんの酒を飲んで豹変する様がキモですねえ。
「素人鰻」が店側から見た鰻屋の騒動ですが、この「鰻屋」は舞台は同じなのですが、お客側から見た設定になっています。
オチも当然同じです。
古今亭、柳家はこの筋書きで進みます。ですから、志ん生師も小さん師もお客の立場で話が進みます。

商売柄鰻はよく出しますが、食べておくなら今のうちです。ホント!
後何年かで、我々の口には入らなく成るかもしれません。
食べられても、昔の様に高級な食べ物になってしまうでしょう。
値段も文字通り、”うなぎのぼり”に上がっています。
原因は稚魚のしらす鰻が殆ど取れなくなっている事です。
海の温度の変化らしいのですが、それが原発の高温の排水も絡んでいると言うウワサも聴きました。

後100年もしたら”へっつい”とか”かまど”とかと同じ様に鰻重が判らない世代が出てきて、この噺も解らなくなるなんて・・・悪夢ですな。
そうならない様にしたいものです。
柄にも無いこと書いちゃったwww続きを読む

浅草演芸ホール5月下席3日目

38e3f4eb.jpg


子供の頃、今の圓歌師が、歌奴だった頃子供ながらも「粋でいい名前だなぁ〜」と密かに思ってました。(ませたガキだね)(^^)
それが圓歌になって、「何だか偉そうな名前になちゃったんだなぁ〜」と思った事を思い出しました。
そんな訳で、圓歌一門が登場する浅草に行きました。行ったら、歌之介師匠休みで、代バネはしん平師でした。

午前中は用事があったので、それを済ませて行くと、丁度我町の師匠小袁治師が高座に上がった処でした。
演目は「紀州」で、何か時間が押してるにも関わらず、ゆっくりと演じてました。
今日のお客は反応が良い客で、きっと噺家さんがここで笑って欲しいと思った処で笑う客だと思いました。
こうゆう日はえてして、噺家さんがいい高座を努めてくれるモノです。

駒三師が「親子酒」でこれがよかったですねえ。父親が粋な酒飲みなんですよね。これは初めてでした。
扇橋師の時、前座さんが座布団を普通の位置よりマイクに近づけて敷いいていたのが可笑しかった。(^^)
演目は「穴泥」でした、ちゃんと演じてましたよ。
そして市馬師が「粗忽の釘」でこれがまたよかったです。ここまででもう儲け物。
行水のシーンで「とんこ節」を歌いました。(ヤッパリネ)
紙切りの正楽師の後は若圓歌師でした。何か漢字にまつわる話しでしたが、落語や漫談と言うより講演みたいな感じでしたね。客席は湧いてましたが・・・・
次は夜の部の川柳師が登場で「ガーコン」いやその声の大きい事。元気いっぱいです。もう絶叫でした。
ここで仲入り、客席は二階まででいっぱいです。
食いつきは、最近TVにでてる歌橘さんで、「子ほめ」ちゃんと一席やりました。
それから歌司師が漫談、圓窓師が季節的には?の「雛鍔」これを時間が押してるにも関わらずたっぷり演じましてねえ後が大変でしたねwww
トリはしん平師で「お血脈」これが声が大きくてねえ・・・マイクいらないんじゃないのと言う感じでしたね。
噺は面白かったですよ。ん、ホント!

時間が押してるので、すぐ夜の部が始まります。
夜の部は二階が閉められ一階のみの営業です。その為立ち位置も無いくらいの満員です。
前座さんが、林家扇(はやしや せん)さんで、初めてみた!「真田小僧」でしたが、人の入れ替わり中でほとんど誰も聴いてなかったなぁ〜。
まあ、前座の割には目線の使い方はちゃんとしてましたね。
初音家佐吉さんが「たらちね」、蜃気楼龍玉さんが「ぞろぞろ」でこれは、拾い物!
故八代目正蔵師の型で、きっちりと演じてました。中々よかったです。
ベテラン春風亭栄枝が漫談、三桝家小勝師が漫談(こないだと全く同じでした)
そして、九代目正蔵ことこぶ蔵くんが登場!
(菖蒲浴衣はやめてほしいなと何時も感じます。)
演目は今日も新作で「読書の時間」これは三枝師の作で、王楽さんでニコで見ましたね。
噺事態が面白く出来てるので、笑いは取ってました。それだけ(笑い
「新作で逃げてる」と言う声は今日もよく聞きましたね。みんな古典を期待してるんですよ”正蔵”には。ねえ。
ここで体力の限界とガッカリで帰宅しました。

追伸・・・今日でブログを初めてから1000日だって、livedoorが教えてくれました。(^^)続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ