らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:湯屋番

IMG_6240『湯屋番』
今日は「湯屋番」です。若旦那の妄想ににわか雨が降る描写があるので、夏でも良いだろうと思いました。

『原話』
江戸時代から続く古い話で、明治の、初代三遊亭圓遊師(鼻の圓遊)が得意としていたそうです。
出て来る湯屋の名が柳家は「奴湯」三遊亭は「桜湯」となっています。
最も最近は「松の湯」だとか勝手な名前を付ける噺家さんもいます。
上方でも仁鶴師が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じています。

『演者』
三遊、柳家に関わらず広く演じられています。

『ストーリー』
勘当になった若旦那が知り合いの職人の家で居候になっています。しかし、このままではいけないと湯屋(銭湯)に働きに行くことになり出かけて行きます。
紹介の手紙を見せて働くことになり、運良く番台に座る事が出来ます。
そこで、若旦那は妄想に取り憑かれ、楽しい白日夢を見るのですが、
妄想が過ぎて、番台からオチたり、お客は面白がって顔を軽石でこすってしまったり大変です。
終いにはお客の履物が無いと言う苦情が上がります。
すると、「そこの柾目の通った下駄を履いてお帰りなさい」
「あれは、誰のだい?」「あそこで体を洗ってる方のです」
「どうすんだ?」「順に順に履かして最後は裸足で帰します」

【注目点】
初代圓遊(鼻の圓遊)師が改作したのが「桜風呂」
四代目小さん師が改作したのが「帝国浴場」です。

『能書』
この若旦那の妄想にお客を引きずり込むのが大事なんですが、
最近の若手の中には「それが難しいんですよね」等と言う噺家さんもいます。
だったら、ヤメちまえと思ったりしますねホント、情けないですね。

『ネタ』
現在は勘当は法律上は出来ませんが、江戸時代はちゃんと法に則って勘当と言う制度がありました。
WiKiから引用しますと
親類、五人組、町役人(村役人)が証人となり作成した勘当届書を名主から奉行所(代官所)へ提出し(勘当伺い・旧離・久離)、奉行所の許可が出た後に人別帳から外し(帳外)、勘当帳に記す(帳付け)という手続きをとられ、人別帳から外された者は無宿と呼ばれた。これによって勘当された子からは家督・財産の相続権を剥奪され、また罪を犯した場合でも勘当した親・親族などは連坐から外される事になっていた。
許す時はこれの逆を行う訳ですが、勘当の宣言のみで実際には奉行所への届け出を出さず、戸籍上は親子のままという事もあったという。

正式には旧離(久離)勘当とも呼ばれていました。何かの噺の中でも「旧離切っての勘当で・・・」と言う下りがありましたね。
落語の噺の中で、若旦那がこの旧離勘当になつたのは「船徳」の徳さんだけですね。
後の、この「湯屋番」「紙屑屋」「唐茄子屋政談」は単に勘当の宣言のみですね。
ですから、回りの者が何か真面目に仕事をしていれば、そのウワサが親の耳に入り、勘当が許されるかもしれないと思い、仕事の世話をする訳ですが、「船徳」の徳さんは本当の勘当なので、自分から仕事を見つけるのですね。そうしないと食って行けませんからね。ある意味真剣なんですよね。

yuyaban_e今日は「湯屋番」を取り上げてみたいと思います。

その前に、昨日は更新をお休みして仕舞いました。
仕事で土、日とほぼ徹夜に近い状態で仕事をしていた上に、その他にも家族の事で忙しかったので、
正直、手が廻りませんでした。告知すれば良かったですね・・・反省します。

圓菊師匠がお亡くなりになられて、噺家の死と言う事について少し考えていたのですが、
圓菊師はお弟子さんが皆、真打になり、責任を果たしたので、立派な大往生だと思います。
今日、音源を紹介するのは、期待されながら自ら命を断った、四代目三木助さんです。
そこで演目は「湯屋番」にしました。

江戸時代から続く古い話で、明治の、初代三遊亭圓遊師(鼻の圓遊)が得意としていたそうです。
出て来る湯屋の名が柳家は「奴湯」三遊亭は「桜湯」となっています。
最も最近は「松の湯」だとか勝手な名前を付ける噺家さんもいます。
上方でも仁鶴師が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じています。

実家を勘当になってしまった若旦那は知り合いの職人の家で居候になっています。しかし、このままではいけないと湯屋(銭湯)に働きに行くことになりました。若旦那の目的は言うまでもなく女湯を覗くことです。ところが、いざ番台に坐ってみると肝心の女湯には一人も客が入っていませんでした。しかし、それで挫ける若旦那ではなく、番台をやっていることも忘れて、どんどん自分勝手な妄想に耽っていきます。その妄想の中では若旦那は色っぽい年増の女に惚れられ、二人は深い仲になるのですが……。

若旦那が自分の妄想にはまり、その世界にどんどん埋没していくのですが、この型が現在では分かり難くなっていると言う説や「湯屋」「風呂屋」「銭湯」等がどんどん無くなっていく状態では理解されにくい等、ネガティブな事が書かれていますが、面白い噺には違いが無いので、演者の力量で解決すると私は思います。
それだったら、古典落語そのものが今では全く通じなくなっているハズですしね。

若旦那の妄想の世界に、お客さんを引きずり込む事が出来たら成功ですね。
失敗すると、シラケてしまいますが。(^^)

勘当ついて少し書いてみます。
現在は勘当は法律上は出来ませんが、江戸時代はちゃんと法に則って勘当と言う制度がありました。
WiKiから引用しますと
親類、五人組、町役人(村役人)が証人となり作成した勘当届書を名主から奉行所(代官所)へ提出し(勘当伺い・旧離・久離)、奉行所の許可が出た後に人別帳から外し(帳外)、勘当帳に記す(帳付け)という手続きをとられ、人別帳から外された者は無宿と呼ばれた。これによって勘当された子からは家督・財産の相続権を剥奪され、また罪を犯した場合でも勘当した親・親族などは連坐から外される事になっていた。
許す時はこれの逆を行う訳ですが、勘当の宣言のみで実際には奉行所への届け出を出さず、戸籍上は親子のままという事もあったという。

正式には旧離(久離)勘当とも呼ばれていました。何かの噺の中でも「旧離切っての勘当で・・・」と言う下りがありましたね。
落語の噺の中で、若旦那がこの旧離勘当になつたのは「船徳」の徳さんだけですね。
後の、この「湯屋番」「紙屑屋」「唐茄子屋政談」は単に勘当の宣言のみですね。
ですから、回りの者が何か真面目に仕事をしていれば、そのウワサが親の耳に入り、勘当が許されるかもしれないと思い、仕事の世話をする訳ですが、「船徳」の徳さんは本当の勘当なので、自分から仕事を見つけるのですね。そうしないと食って行けませんからね。ある意味真剣なんですよね。

続きを読む

6e6f5c4b756a今日は「湯屋番」です。
江戸時代から続く古い話で、明治の、初代三遊亭圓遊師(鼻の圓遊)が得意としていたそうです。
出て来る湯屋の名が柳家は「奴湯」三遊亭は「桜湯」となっています。
最も最近は「松の湯」だとか勝手な名前を付ける噺家さんもいます。
上方でも仁鶴師が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じています。

最近は噺家さんに云わせると「通じなくなった噺」なのだそうです。
番台がもう通じないそうで、最近の銭湯はカウンター式なので、番台が判らないと言う・・・
そもそも銭湯とか湯屋とかが通じない若者もいるとか・・・
その様な事を若い噺家さんばかりか中堅の真打までもがラジオ等で語っていますが・・・・

冗談じゃない!自分の芸の無さを棚に上げてんじゃねえ!と啖呵の一つも言いたくなります。
話の筋は、勘当になった若旦那が知り合いの職人の家で居候になっています。しかし、このままではいけないと湯屋(銭湯)に働きに行くことになり出かけて行きます。
紹介の手紙を見せて働くことになり、運良く番台に座る事が出来ます。
そこで、若旦那は妄想に取り憑かれ、楽しい白日夢を見るのですが、
妄想が過ぎて、番台からオチたり、お客は面白がって顔を軽石でこすってしまったり大変です。
終いにはお客の履物が無いと言う苦情が上がります。
すると、「そこの柾目の通った下駄を履いてお帰りなさい」
「あれは、誰のだい?」「あそこで体を洗ってる方のです」
「どうすんだ?」「順に順に履かして最後は裸足で帰します」

とこのような噺ですが、この若旦那の妄想にお客を引きずり込むのが大事なんですが、
最近の若手の中には「それが難しいんですよね」等と宣うヤツもいます。
だったら、ヤメちまえと思ったりしますねホント、情けないですね。

私なんか、子供の頃でも「廓噺」聴いてもそれなりに楽しんでいましたがねえ・・・・

勘当ついて少し書いてみます。
現在は勘当は法律上は出来ませんが、江戸時代はちゃんと法に則って勘当と言う制度がありました。
WiKiから引用しますと
親類、五人組、町役人(村役人)が証人となり作成した勘当届書を名主から奉行所(代官所)へ提出し(勘当伺い・旧離・久離)、奉行所の許可が出た後に人別帳から外し(帳外)、勘当帳に記す(帳付け)という手続きをとられ、人別帳から外された者は無宿と呼ばれた。これによって勘当された子からは家督・財産の相続権を剥奪され、また罪を犯した場合でも勘当した親・親族などは連坐から外される事になっていた。
許す時はこれの逆を行う訳ですが、勘当の宣言のみで実際には奉行所への届け出を出さず、戸籍上は親子のままという事もあったという。

正式には旧離(久離)勘当とも呼ばれていました。何かの噺の中でも「旧離切っての勘当で・・・」と言う下りがありましたね。
落語の噺の中で、若旦那がこの旧離勘当になつたのは「船徳」の徳さんだけですね。
後の、この「湯屋番」「紙屑屋」「唐茄子屋政談」は単に勘当の宣言のみですね。
ですから、回りの者が何か真面目に仕事をしていれば、そのウワサが親の耳に入り、勘当が許されるかもしれないと思い、仕事の世話をする訳ですが、「船徳」の徳さんは本当の勘当なので、自分から仕事を見つけるのですね。そうしないと食って行けませんからね。ある意味真剣なんですよね。続きを読む

a3b878be.jpg去年のこの日(9/19)も三平師匠の記事を書きました。あんまり追加して書くことは無いのですがね。(^^)
1946年2月、東宝専属である父正蔵に入門し東宝名人会の前座となる。父の前座名柳家三平を貰い、芸名を林家三平と名づけられる。この名を生涯名乗り続けることになります。
1946年4月、父親の独演会で初高座。
1947年 秋、東宝名人会において二つ目に昇進。
1949年10月20日、 父正蔵死去、このため、演芸界では身寄りが無くなります。
そのため、4代目月の家圓鏡(後の7代目橘家圓蔵)門下に移ります。
落協では、東宝名人会で、二つ目であった事は取り消され、改めて前座からやり直す事になります。
1951年3月、二つ目昇進。1955年、出口一雄により、KRテレビ(現:TBS)『新人落語会』(後に『今日の演芸』と番組名変更)の司会者に抜擢される。三平大ブームが巻き起こります。
1957年10月中席、上野鈴本演芸場で、2代目三遊亭歌奴(現3代目三遊亭圓歌)と共に、二つ目身分のままでトリを取ります。
1958年10月、真打昇進。

子供の頃ですか、東京タワーから毎日やってる番組がありまして、その司会をしてましたね。
もう私が物心ついた時は、大スターでしたね。ホント凄い人気者でTVに出ない日はありませんでした。
でも、私はこの頃は、歌奴(現圓歌師)さんが好きでしたね。

1979年正月、脳溢血で倒れ東京逓信病院に入院。一週間の昏睡の後、右半身が麻痺し、言語障害が生じたがリハビリを重ね、10月に奇跡の復帰しました。
この頃は毎日の様に上野の山に散歩をしてまして、声を掛けたりして実に気さくな方でした。
他愛ない事ですが、話なんかもしました。(^^)

1980年9月20日肝臓癌のため亡くなりました。享年54。早かったですねえ。ホント!

現在、三平師匠の事を「昭和の爆笑王」だとか言われていますが、当時を知る者として、これは凄い違和感を感じますね。
と言うのも、当時は其の様な感覚は無く、いわば「いつもの三平さんのギャグ」的な受け取らえ方で、皆が皆大笑いの渦に巻き込まれていた訳では無かったからです。
TV等では漫談ばかりでしたが、ラジオ等ではたまに古典も演じていました。
今でも「清書無筆」「犬の目」「源平盛衰記」「たらちね」等が残っています。
今、聴いてみると上手くはないけど、これはこれで三平落語になってると思います。


続きを読む

83e2a7832abf9a37ed69be9a260c8b9b


今日はですね、若旦那噺の王道、「湯屋番」です。
江戸時代から続く古い話で、明治の、初代三遊亭圓遊師(鼻の圓遊)が得意としていたそうです。
出て来る湯屋の名が柳家は「奴湯」三遊亭は「桜湯」となっています。
最も最近は「松の湯」だとか勝手な名前を付ける噺家さんもいます。
上方でも仁鶴師が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じています。

実家を勘当になってしまった若旦那は知り合いの職人の家で居候になっています。しかし、このままではいけないと湯屋(銭湯)に働きに行くことになりました。若旦那の目的は言うまでもなく女湯を覗くことです。ところが、いざ番台に坐ってみると肝心の女湯には一人も客が入っていませんでした。しかし、それで挫ける若旦那ではなく、番台をやっていることも忘れて、どんどん自分勝手な妄想に耽っていきます。その妄想の中では若旦那は色っぽい年増の女に惚れられ、二人は深い仲になるのですが……。

若旦那が自分の妄想にはまり、その世界にどんどん埋没していくのですが、この型が現在では分かり難くなっていると言う説や「湯屋」「風呂屋」「銭湯」等がどんどん無くなっていく状態では理解されにくい等、ネガティブな事が書かれていますが、面白い噺には違いが無いので、演者の力量で解決すると私は思います。
それだったら、古典落語そのものが今では全く通じなくなっているハズですしね。

若旦那の妄想の世界に、お客さんを引きずり込む事が出来たら成功ですね。
失敗すると、シラケてしまいますが。(^^)

ここで勘当ついて少し書いてみます。
現在は勘当は法律上は出来ませんが、江戸時代はちゃんと法に則って勘当と言う制度がありました。
WiKiから引用しますと
親類、五人組、町役人(村役人)が証人となり作成した勘当届書を名主から奉行所(代官所)へ提出し(勘当伺い・旧離・久離)、奉行所の許可が出た後に人別帳から外し(帳外)、勘当帳に記す(帳付け)という手続きをとられ、人別帳から外された者は無宿と呼ばれた。これによって勘当された子からは家督・財産の相続権を剥奪され、また罪を犯した場合でも勘当した親・親族などは連坐から外される事になっていた。
許す時はこれの逆を行う訳ですが、勘当の宣言のみで実際には奉行所への届け出を出さず、戸籍上は親子のままという事もあったという。

正式には旧離(久離)勘当とも呼ばれていました。何かの噺の中でも「旧離切っての勘当で・・・」と言う下りがありましたね。
落語の噺の中で、若旦那がこの旧離勘当になつたのは「船徳」の徳さんだけですね。
後の、この「湯屋番」「紙屑屋」「唐茄子屋政談」は単に勘当の宣言のみですね。
ですから、回りの者が何か真面目に仕事をしていれば、そのウワサが親の耳に入り、勘当が許されるかもしれないと思い、仕事の世話をする訳ですが、「船徳」の徳さんは本当の勘当なので、自分から仕事を見つけるのですね。そうしないと食って行けませんからね。ある意味真剣なんですよね。

私が思うに、志ん生師は其の様な経過で、勘当された徳さんが面白くするためとは言え、
あのような弱腰の船頭には成るはずが無いと思ったのでは無いでしょうか?
だから、「お初徳兵衛」は演じても「船徳」は演じなかったのでは無いか?と言うのが私の考えです。
話が脱線してしまいました。(^^)続きを読む

このページのトップヘ