はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

桂枝雀

私的枝雀論

82250b58今日は桂枝雀師について、極々私的な思いを書いてみたいと思います。以前書いたものに補正しました。

枝雀師匠と言えば、派手な身振り手振りで陽気な高座が思い浮かんで来ます。
見ていてとても楽しい高座です。
余りにも楽しいので見過ぎると中毒になる危険もありますw

私は落語を聴くときは、仕事をしながら聴く事が多ので、自然と音のみが多くなります。
落語を流しながら調理の仕込みをしたり片付けをしながら聞いたりなんて事をよくします。

ですから枝雀師匠の落語も同じ様に聞いていました。
他の師匠と違って、枝雀師はTV等で、映像を先に見ていたので、音声のみを聞いた時は
印象が随分違うのに驚きました。

音声のみで聞いて居ると枝雀師の噺は映像の時とは真逆に感じてしまいました。
物凄く静かで、どちらかと言うと静の部分が強調され、しつこいと感じていた語り口は逆にあっさりと感じ、
全体的に、静かな語り口にさえ感じてしまうのです。

さらに聴きこんでいくと、年代もありますが、
私がニコにうpした「三十石」等は後半は苦しんでいる様に聞こえます。
落語を語りながらも師匠は泣いて苦しんでいる様な気さえしました。

映像でも最後の方の高座は正面を切れていませんが、
音声のみを聞いて居ると師匠はもっと早くから苦しんでいた様に感じます。

ここから先は私の独断と偏見で書きますが、(すでにそうなっているってw)
枝雀師は弟弟子の吉朝師と言うこれまたもの凄い噺家さんがいましいた。
彼の高座を見てその本格ぶりと自分のTV向けの高座を比較し、
本来の自分のやりたい高座とのギャップに苦しんでいたのでは無いでしょうか?
人気があって面白くても、演目としての深みが無い・・・・
其の様に考えていたとしても不思議じゃ無いと思います。
真面目な師匠はその辺を考え過ぎてしまったのかと・・・・

「天神山」等はあえてサゲを付けずに演じてみたり色々工夫はしていましたが、悩みすぎたんでしょうね、なんせ人気が凄すぎた!

米朝師に「自分が行き詰まったら、『たちきり』がまだあるぞ、と言ってください」と言っていたそうです。
その事からも、もっと人情噺の方向も探っていたと思われます。

それと、本格的な落語ファンから見れば、米朝師の落語を継ぐのは吉朝師だと思っていたハズです。
ならば、自分はどう将来レベルアップしなくてはならないのか、
そんな事を考えてしまったのかなあ〜と思っています。

TVと芸のギャップに悩んだのは小圓遊師も同じですね。

「バカ言ってんじゃねえよ!」
と思った方もおいででしょうが、独断と偏見でかきましたw

昇華した枝雀師匠を聞いてみたかったなあ・・・・
続きを読む

犬が主人公?の噺

1c78fddcaad44305d671-1024今日は「鴻池の犬」です。

原話は、安永2年(1773)刊の笑話本「聞上手」中の「犬のとくゐ」です。
この原話を含む笑話本は、江戸のものですが、落語としては上方で、「鴻池の犬」として磨かれました。
東京には、明治30年ごろ、初代三遊亭円左師が持ち込みました。
のちに三代目三遊亭円馬が「大どこの犬」と改題して東京風に演じ直し、
鴻池を岩崎、犬が最初に拾われる場所を、大坂南本町から江戸日本橋石町と変えました。
その後、八代目正蔵師が「おおどこの犬」として高座に掛けていました。
現在でも結構高座に掛けられています。

商家の軒先に捨て犬があり、それを 丁稚が世話をするなか、黒、白、ぶちの3匹のうち、黒犬を欲しいという男からの申し出があります。
日を改めて吉日に来たその男が持参したのは、鰹節、酒、反物の数々。 これを犬には不相応として断る主人。
しかし男曰く、自分は鴻池善右衛門の使いであり、そこで飼っていた黒犬が死んで以来、かわいがっていた子供が気落ちしており、そのため見つけたこの黒犬がぜひとも欲しいと言うのです。
いわば養子にもらうための贈り物、という経緯に主人も納得し、輿に乗せられもらわれて行く黒犬です。

鴻池宅では医者が付き、広い敷地に豪勢な餌で大きく育った黒犬は、やがてクロと名付けられ、
「鴻池の大将」として近所のボス犬となります。

ボスとして犬同士のケンカの仲裁などをする日々のなか、近辺で見慣れない痩せ細った犬が、地回りの犬にいじめられ、追われて鴻池宅前まで逃げて来ます。
追っ手の犬達を諭しながら、事情を聞くクロ。
痩せ犬の生い立ちを聞けば、3匹の兄弟で捨てられていたが、船場、南本町の池田屋で拾われて育ち、
兄弟のうち黒犬はもらわれ、白犬は死に別れたとのこと。
そこでクロと痩せ犬は生き別れた兄弟であることが判明、クロが面倒を見ることになります。
ある日、「来い来い来い……」の声がする方へ、クロが行って戻ると、鯛の焼き物、う巻きなどをもらって来ます。
再び「来い来い来い……」の声があるが、今度はしょんぼりして戻って来る。 弟が尋ねると、
クロが「ぼんに『しー来い来い来い』言うて、おしっこさしてたんや」。

現在の上方の型は米朝師が5代目松鶴師の速記から起こしたもので、実際の高座は見ていないそうです。

鴻池家の発祥は、山中鹿之助の次男が伊丹の鴻池村で、諸白を使った三段仕込み製法に成功し、
清酒の技法を確立し、この酒を江戸に下らせて大成功を収めました。
それにあやかり、姓を”鴻池”と改めたと言う事です
その後、海運業に進出する傍ら、明暦2年(1656)、大坂内久宝寺町に両替屋を開き、延宝2年(1674)、
現在の大阪市東区今橋2丁目に本拠を移しました。
以来、大名貸しや新田開発などで巨富を築き、「今橋の鴻池」といえば、全国どこでも富豪の代名詞で通るほどになりました。

続きを読む

大変なモノを飲み込んでしまった男の噺

990912-005今日は志ん生師もよくやったと言う「義眼」です。

ある男、
目の具合がどうも良くないので、医者に相談するが、ますます見えなくなるばかり。
眼科の先生もしまいには面倒くさくなり、えいとばかり悪い方の目をスッポリ抜き取り、
代わりに義眼をはめ込んでごまかしてしまった。
「あー、どうです具合は?……そりゃよかった。それから、入れた方の目は夜は必要ないンだから、取りましてね、枕元に水を置いて、浮かべときなさい。そうすりゃ長持ちするから」

当人すっかり喜んで、その夜、吉原のなじみの女郎のところへ見せびらかしに行く。
男前が上がったというので、その晩は大変なモテよう。

さて、こちらは隣部屋の客。反対に相方の女が、まるっきり来ない。
女房とけんかした腹いせの女郎買いなのに、こっちも完璧に振られ、ヤケ酒ばかり喰らい、クダを巻いている。
「なんでえ、えー、あの女郎は……長えぞオシッコが。牛の年じゃあねえのか?」
「それにしても、隣はうるさいねえ。え、『こないだと顔が変わった』ってやがる。」
「七面鳥のケツじゃあるめえし、え、そんなにツラが変わるかいッ!こんちくしょうめ!」

焼き餠とヤケ酒で喉が渇き、ついでにどんなツラの野郎か見てやろうと隣をのぞくと、
枕元に例の義眼を浮かべた水。
色男が寝ついたのを幸いに忍び込んで、酔い覚めの水千両とばかり、ぐいっとのみ干したからたまらない。
翌日からお通じはなくなるわ、熱は出るわで、どうにもしようがなくなって、医者に駆け込んだ。

「あー、奥さん、お宅のご主人のお通じがないのは、肛門の奥の方に、何か妨げてるものがありますな」
サルマタを取って、双眼鏡で肛門をのぞくなり先生、「ぎゃん」と叫んで表へ逃げだした。
男の女房が後を追いかけてきて、「先生、いったいどうなさったんです」
「いやあ驚いた。今、お宅のご主人の尻の穴をのぞいたら、向こうからも誰かにらんでた」

とまあ、いかにも落語らしい落語と言う感じですねえ。楽しい〜(^^)
楽しいナンセンスにあふれた展開、オチの秀逸さで、落とし噺としては、かなりイケてますね。

意外にも、明治の大看板で人情噺の大家・初代三遊亭円左師が得意にしていたそうです。
それを大正の爆笑王・柳家三語楼師がさらにギャグを加え、オチも「尻の穴ににらまれたのは初めてだ」
から、よりシュールな現行のものに変えました。
そして志ん生師へと伝わっのですね。

志ん生師の音源は調べたら、「講談社DVDBOOK・志ん生復活!落語大全集」第5巻に収録されていますね。

続きを読む

枝雀師匠の音源

fd4ab443.jpg今日は、toshiさんからリクエストのあった枝雀師匠の噺です。
全部は無かったので、「ふたなり」「延陽伯」「鐵砲勇助」「いらちの愛宕参り」の四席をうpしました。
「権兵衛狸」もあったと思うのですが、チョツト見つからないので・・・
今日から仕事が立て込んでいるので、暇になったら探してうpします.

期限は何時ものように一週間です

http://firestorage.jp/download/f0a4e997114f5772b2e86972d8ddeac5a531008f

またまた枝雀師匠

日曜日からお席亭のtwitterに更新が無いので、
何かあったのではと思いましたが、
御祖父様がお亡くなりになられたそうで、
心よりお悔やみを申し上げます。

身内とか家族の葬儀って色々やることがあるので
結構大変なんですよね。
体自体は動かさなくても、色々決めなければならない事が多くてね。
体自体は結構消耗しますね。
その時は気が張ってるので感じませんが、後で来ます!
お席亭も気をつけて下さいね。

で、先日関西の知人に「猪の酒」の件で連絡をした時に、
「何か珍しい枝雀師の音源を頂戴!」
とねだった処、短いのをくれました。
曰く、枝雀寄席の冒頭の挨拶替わりの処だそうです。
何が入っているかはお楽しみと言う事で、
数だけなら5本入っています。
聴いてみて下さい。

https://www.webfile.jp/dl.php?i=797204&s=6d552b81732ae245c701

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ