はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

桂文朝

二代目 桂文朝 師のこと

php今日は文朝師です。個人的にはとても好きでした!!

物凄く有名という訳ではありませんが、春風駘蕩としたほんわりした温かさでどんな噺でも演じてしまう器用さと堅実さを併せ持っていました。

経歴
二代目桂 文朝(かつら ぶんちょう、1942年3月31日〜2005年4月18日)

1952年7月 – 2代目桂小南(当時は山遊亭金太郎)に入門。前座名は山遊亭タア坊。
1955年 – 山遊亭金時に改名。
1959年1月 – 二ツ目昇進。桂小西
1970年4月 – 真打昇進。2代目桂文朝を襲名。
1984年1月 – 桂文生、桂南喬とともに落語芸術協会を脱退し、落語協会に移籍。
2005年 – 癌のため死去。享年63。

珍しいのは協会を移籍していることです。この当時、芸協では新作派が持て囃され古典派は肩身が狭かったそうです。そこで、三人とも師匠小南師の許可を取って落語協会に移籍しました。ただ、その時の芸協の幹部は快く思わなかった様で、三人を「裏切り者」と最後まで呼んでいた師匠もいたそうです。
特に文朝師は「芸協の志ん朝」とアダ名された程の期待がありましたから尚更です。
落語協会に移籍しても若手の信望が厚く、多くの若手に噺を教えましたが、最後まで弟子は取りませんでした。

出囃子 『外記猿』 ダイナミックでスリリングな出囃子です。

個人的には特に好きな師匠なのですが、その中でも子供が出てくる噺は抜群でした。
噺の中に登場する子供(金坊、定吉など)の描写は特に素晴らしかったです。

生前、扇橋、小三治、文朝の三人で落語の会を開いていました。その高座を小三治師が高座の袖から毎回見ていて「この人は上手だな〜」と何時も感心していたそうです。

小南師に入門したのですが、当時小南師は未だ二ツ目で弟子は取れません。文朝師も当時は十歳の小学生でした。そこで小南師は自分の師匠の名人三代目金馬師に預けたのです。文朝師は毎日学校から帰ると金馬師の家に通ったそうです。夏休みは泊まっていたとか? ですから文朝師は金馬師と小南師の二人の落語のエッセンスを受け継いでいるのです。CDも多く発売されています。

お薦め演目
初天神 真田小僧 明烏 寝床 居酒屋 居残り佐平次 茶の湯 花見の仇討ち 悋気の独楽 ほか多数

あなたは「おしくら」の意味を知っていますか?

691deade8e204148b9686da860a81f2c今日は「三人旅」より「おしくら」です。

上方落語の「東の旅」「西の旅」シリーズに相当する、江戸っ子の「三人旅」シリーズです。
以前はかなり噺があった。と言われていますが、現在では発端・神奈川(別名 びっこ馬)と「鶴家善兵衛」
京見物(「東男」「三都三人絵師」「祇園祭」「およく」の4つに別れます)だけが残っています。

明治の三代目蝶花楼馬楽師と四代目橘家円喬師が得意としたそうです。
馬楽師は行きを中山道でいくので、多少違っています。
今でも中山道での噺として演じる噺家さんもいます。
通常はこの「おしくら」は小田原の噺として演じられます。

ある男が無尽に当たり思わぬ大金が入ったので、友達二人を誘い、伊勢参りに行く事にします。
途中で疲れて馬に乗ったら馬子さんにからかわれたり、馬子さんから頼まれた鶴屋善兵衛と言う宿に泊まったりします。
さてその晩、飯盛女の事を尋ねると女中さんが2人しか居ないといいます。
後一人何とかならないか、と云うと「居ることは居る」といいます。
「居れば良いんだよ」「でもちょっと年増ですが・・・」「年増結構!でいくつだ?」「去年米の祝いをしました」
「え〜なんだそりゃ」と思ったものの、一人だけ場所が離れだと聞き、これを源ちゃんにあてがわせ様とします。
それを知らない源ちゃんは、江戸の粋な年増と聞き、それを選んで仕舞います。
さてそれから、源ちゃんにどんな悦楽の一夜が訪れるたのか?

「三人旅」の中でも艶笑色の強い噺です。
戦後では金馬師、圓生師や、小さん師が有名でした。
上方落語では『浮かれの尼買い』という題名ですね。

「飯盛女」とは、宿屋が本業の宿泊のほかに、夜のサービスを行う、という体裁でした。
やっぱり色んなとこをおしくらするからでしょうねえ(^^)続きを読む

まだ寒いけどもう出しますこの噺

apr07051今日は季節的には少し早いですが、先日寄席で聴いたので「長屋の花見」です。

元々は上方落語の演目で「貧乏花見」で明治37年ごろ、三代目蝶花楼馬楽師が東京に移し、
明治38年3月の、日本橋常磐木倶楽部での第一次の第四回落語研究会に、二つ目ながら「隅田の花見」と題したこの噺を演じました。
これが事実上の東京初演で、大好評を博し、以後、この馬楽の型で多くの演者が手掛けるようになりました。

上方のものは、筋はほぼ同じですが、大家のお声がかりでなく、長屋の有志が自主的に花見に出かけるところが、
江戸と違うところですし、持っていくごちそう?や酒?も自らが誂えて持って行きます。

どの演者でも、「長屋中歯を食いしばる」の珍句は入れますが、これは馬楽師が考案したくすぐりです。
馬楽--四代目小さん--五代目小さんと受け継がれていった噺です。
今でも柳家始め多くの噺家さんが演じています。

雨戸まで外して焚き付けにするという貧乏長屋の店子連中に大家さんからの呼び出しがかかります。
すわ、店賃の催促かと思いのほか「そうじゃあない。花も見頃、今日は貧乏を追い出すために皆で花見に行こう」と大家さん。

酒も肴も用意したというので、店子連中は「花見だ花見だ」「夜逃げだ夜逃げだ」などといいながら上野の山へ向かいます。
満開の桜がならぶ上野の山。店子連中は、毛氈とは名ばかりのむしろを敷いて、物乞いの真似をしようとしたり、ほかの花見客が落とした食べ物を拾おうとしたりの大騒ぎ。

そのうちに、大家さんが用意した酒と肴で宴がはじまるが、じつはこれ本物ではありません。
お酒は番茶を水で割ったもの。かまぼこは大根の漬け物で、卵焼きは沢庵という始末。
「かまぼこ」を薦められた店子は「ちかごろ歯が弱くなったから食べづらい」とこぼしたり、「卵焼き」を食べようとする店子は「尻尾じゃないところをくれ」などと言い出す始末。
薄い番茶を「灘の酒」に見立てて飲み出すが、アルコール成分がないから酔おうにも酔えません。
そのうちに「灘の酒」を飲んでいた一人が、変なことを言い出します。
「大家さん、近々長屋にいいことがあります」
「そんなことがわかるかい?」
「酒柱が立ちました」

このほか、上方のサゲを踏襲して、長屋の一同がほかの花見客のドンチャン騒ぎを馴れ合い喧嘩で妨害し、
向こうの取り巻きの幇間が酒樽片手になぐり込んできたのを逆に脅し、幇間がビビって
「ちょっと踊らしてもらおうと」
「うそォつけ。その酒樽はなんだ?」
「酒のお代わりを持ってきました」
とサゲる噺家さんもいます。

この噺の問題点は舞台を上野としている処ですね。
江戸時代は上野の山は寛永寺の敷地内だったので、花見と言っても飲食や歌舞音曲は禁止です。
許されたのは明治からですので、明治期とするかですが、余りうるさく言わないで、楽しんだ方が良いですね。
昔のお客は、飲食や歌舞音曲が許されていた向島や飛鳥山じゃ臨場感に乏しいと感じたのでしょうね。続きを読む

明烏を聞いて当時の若者はどうしたのだろう?

oomon今日は文楽師の十八番「明烏」です。

実際の心中事件から題を得て作られた、新内の「明烏夢淡雪」から人物だけを借りて作られた噺で、
滝亭鯉丈と為永春水が「明烏後正夢」と題して人情本という、今でいう艶本小説として刊行。第二次ブームに火をつけると、これに落語家が目をつけて同題の長編人情噺に仕立てました。
その発端が現行の「明烏」です。

文楽師は寄席でトリを取ると初日は必ずと言って良い程この噺を掛けたそうです。
源兵衛が甘納豆を食べる場面では、寄席の売店で甘納豆が売り切れたというエピソードが残っています。

日向屋の若旦那である時次郎は、一部屋にこもって難解な本ばかり読んでいるような頭の固い若者で、
息子の時次郎の将来を心配した親父さんが、源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。
日帰りのお参りではなくお篭もりするようにと、お賽銭として、銭も沢山持たせます。
 
吉原の大門を鳥居だと言い、巫女さんの家だと偽って女郎屋に連れ込むが、そこは店に入るととうとうバレてしまいました。
こんなところにはいられないからと、若旦那が一人で帰るというのを、吉原の決まりとして大門で通行が記録されているので、三人連れで入って一人で出ると怪しまれて大門で止められると嘘で説得して、無理矢理に一晩つきあわせます。
 翌朝になって、若旦那が起きてこない。花魁は口じゃ起きろ起きろというが足で押さえていると、布団の中でのろけている。ばかばかしくなった二人が先に帰ろうと言うと、先に帰れるものなら帰りなさい。
「大門で止められます」

文楽師亡き後、色々な噺家さんが演じていますが、極め付きは志ん朝師でしょうね。
私なんか正直、志ん朝師の方が文楽師より良いぐらいですが、古い落語ファンの方に云わせると
「文楽の方が遥かにいい!」そうです。
実際の吉原を知らないのは辛いですねえ・・・反論出来ませんね。

続きを読む

落語の泥棒

5744bf70今日は泥棒の噺です。
泥棒の親分が新米を呼んで、お前は泥棒に向いてないからやめた方がよいと説教すると、まじめに悪事に励みますと言う。
 じゃ、まず空き巣の修行から始めろ。もし、見つかったら、出来心でしたと謝るんだ。
 何軒目かで空き家を見つけて忍び込むと、越中褌以外何にもない家だった。おじやの食い掛けを食っているところに、八公が帰って来たので隠れた。泥棒が入ったと言えば店賃を延ばしてくれるだろうと、八公が一計を案じて大家さんに言うと、盗難届けを出すことになった。
盗られたものは、布団が一組、黒羽二重の紋付き、麻蚊帳、総桐の箪笥が一竿。
 
そんなに盗っちゃいねえと縁の下から泥棒が出て来た。見つかってしまったので、出来心ですと謝って許してもらった。
 大家が八公に向かって、ところでお前は何だってあんなにたくさんのものを盗られたって嘘を吐いたんだ。
「へへへ、大家さん、ほんの出来心で」

この噺の中で大家さんが盗まれた品物を詳しく聞いていると、何でも「うらは花色木綿、丈夫で暖か」八五郎が返し、泥棒が出て来て「裏に逃げる」「裏は花色木綿」と下げると題が「花色木綿」になります。

まあ、肩のこらない楽しい噺ですね。噺で泥棒の名前を聴く演出もあるそうですが、この時知り合いの噺家の名前を言ったりして受けを狙う演出もあります。

落語に出てくる泥棒はまぬけで愛すべき空き巣の失敗をおおらかに笑う噺が多く、いかにのどかな江戸時代でも犯罪の実態は陰惨なものが多かったことを考えれば、落語の泥棒は、むしろ、こういう泥テキばかりなら良い、という庶民の願望なのでしょうね。
続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ