はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

桂小南

フグは食べたし・・・

fc-topimg今日は「ふぐ鍋」です。
原作は十返舎一九で、落語にしたのは2代目林家染丸師だそうです。

ある商家の旦那が、一杯やろうと支度をしていたところに、
知り合いの男が顔を出した。
旦那「ちょうど飲もうと思っていたところだ…相手になってくれ」と男を誘う。
愛想のいい男は、旦那、おかみさん、女中、はては飼い猫にまでヨイショして、 出された地酒や、塩辛の味も褒め上げる。

そうこうするうちに、かねて用意の鍋が、良い具合に煮立ってきた。
「これは何の鍋でしょう?」と客人…旦那『これはテツだ』
「テツと言いますと?」…『河豚だ』

答えを聞くと、男の様子は一変…当たるのが怖いから、一口も食べようとしない。
旦那も旦那で、先に食べるのは怖い…
お互いに薦め合うが…どちらも先に食べるのはイヤで…
箸は進まない。

ちょうどその時、勝手口に物貰いがやってきた。
『そんなら、あいつに食べさせて、具合を見てやれ』
旦那は、物貰いに河豚鍋を食べさせて、安全かどうか確認することを思いついた。
『そら…よろしいな』と、少し分け与える。

頃合い由と…様子を見にやると…何でもない…
まずは大丈夫と、二人で鍋を平らげた。と、そこへ物貰いがやってきて…
「旦那さん方…大丈夫ですか? …大丈夫な・よ・う・で…なら、ゆっくり頂きます」

とまあ皮肉なオチですが、昔は素人でも調理できたのでかなり中毒が多かったそうです。
で、上方では「鉄砲」とも言いまして、当たったら死ぬ、と言う事だそうです。

この度ふぐ免許が無くてもふぐを飲食店で販売できる様になりました(東京都)
これは講習会を受けて、届けが必要です。
しかも捌いたのを購入して加工販売するだけです。

最も江戸時代、ふぐは刺身じゃなく鍋で食べられていました。
しかも味噌仕立てが多かったそうです。

先日、浅草で三遊亭遊史郎さんでこの噺を聴きました。続きを読む

フグは食べたし・・・

fc-topimg今日は「ふぐ鍋」です。
原作は十返舎一九で、落語にしたのは2代目林家染丸師だそうです。

ある商家の旦那が、一杯やろうと支度をしていたところに、
知り合いの男が顔を出した。
旦那「ちょうど飲もうと思っていたところだ…相手になってくれ」と男を誘う。
愛想のいい男は、旦那、おかみさん、女中、はては飼い猫にまでヨイショして、 出された地酒や、塩辛の味も褒め上げる。

そうこうするうちに、かねて用意の鍋が、良い具合に煮立ってきた。
「これは何の鍋でしょう?」と客人…旦那『これはテツだ』
「テツと言いますと?」…『河豚だ』

答えを聞くと、男の様子は一変…当たるのが怖いから、一口も食べようとしない。
旦那も旦那で、先に食べるのは怖い…
お互いに薦め合うが…どちらも先に食べるのはイヤで…
箸は進まない。

ちょうどその時、勝手口に物貰いがやってきた。
『そんなら、あいつに食べさせて、具合を見てやれ』
旦那は、物貰いに河豚鍋を食べさせて、安全かどうか確認することを思いついた。
『そら…よろしいな』と、少し分け与える。

頃合い由と…様子を見にやると…何でもない…
まずは大丈夫と、二人で鍋を平らげた。と、そこへ物貰いがやってきて…
「旦那さん方…大丈夫ですか? …大丈夫な・よ・う・で…なら、ゆっくり頂きます」

とまあ皮肉なオチですが、昔は素人でも調理できたのでかなり中毒が多かったそうです。
で、上方では「鉄砲」とも言いまして、当たったら死ぬ、と言う事だそうです。

この度ふぐ免許が無くてもふぐを飲食店で販売できる様になりました(東京都)
これは講習会を受けて、届けが必要です。
しかも捌いたのを購入して加工販売するだけです。

最も江戸時代、ふぐは刺身じゃなく鍋で食べられていました。
しかも味噌仕立てが多かったそうです。
続きを読む

未だありますかな、この商売

hf10ojisan今日は上方落語の「いかけや」です。

春團治師一門のお家芸でもあるそうです。東京では小南師が得意としていました。

いかけ屋が道端で火を起こして店を出そうとするところに、近所の悪ガキが声をあげてやってきます。
毎度悪さをするので、いかけ屋は気が気ではありません。

案の定、子供たちはいかけ屋を取り囲み、次々と下らない質問してきては、いかけ屋の反応を楽しんでいます。
「どうぞ、たのむからあっち行ってくれ。おっちゃん、仕事でけへん。」と言っても去るどころか、ますます調子に乗ってなぶりに掛かります。

そこへ悪ガキの大将と称するのが来て、悪口雑言。
流石にいかけ屋も切れて「言い方気イつけよ。もっとおっちゃんとか、オッタンとか可愛らしゅう言えんのか。アホンダラ。」とやり込めるのですが、、「何ぬかしやがんねん。このヘタ。」と平気なものです。

「何の用やねん。」聞けば石ほじくるさかい金槌貸せという。「アホンダラ。そんなものに貸せるかい。貸すから、家帰って、おのれの鍋や釜に穴開けて来い!」「そんなことしたら、おっ母さんこわいがな。」「何言うか。それくらのことできんで、一人前の悪さになれるかい。おっちゃん、おまえらのころ、よう鍋釜、ボーン、ボーン金槌でいわして穴開けとったわい。」「ははあ、そンで大きゅうなって直しに回ってんのやな。」と完全に一本取られる始末です。

「貸せ。貸せ言うとんのじゃい。貸さんかったら火イ消すぞ。」「おっちゃんが苦労しておこした火どう消すねん。」「…へへへ。小便で消したろか。」「何。やれるもんならやってみ。」「ああ。何でもないこっちゃ。おい、市松ちゃんに、虎ちゃんに、みな来い。みな来い。」ジャジャージャアジャア。
「あああ…ホンマに消しよった!…こらあ〜。」

いかけ屋の嘆きをあとに悪ガキたちは次に鰻屋で散々悪さをするのです。

もともとは「山上詣り」という噺でしたが、前半部だけが残され今日の「いかけ屋」となったそうです。

「いかけ(鋳掛):鍋・釜など金物の壊れた部分を修理すること」とある。この噺でも見られるように、道端で火を熾しての商売ですから、いかけ屋にとって子供達は邪魔な存在です。
子供達にしてみれば、そうした事を知っているので、いたずらを仕掛けていく訳ですね。

初代桂春団治が十八番にした噺で、二代目、当代と伝わった噺ですね。

この後の筋書きは、このあと、山伏が鰻屋に現れ「あなたが君の持っているのは何ですか」と尋ねてきます。
「これは団扇です」と答えると、「何、団扇?ここは外だから、ソトワいうのでは?」とやり込められます。
それを悔しがっていると、鰻屋の友人が「ならば仕返しをしてやれ、お前山伏だろ?山伏なら、町を歩くな。山を歩け」と教えてくれたので、早速山伏を追っかけて、その通りに言うと「わしは山伏ではない。山上詣りだ」
「ああ、ごきげんようお参り」とサゲると言う筋です。
続きを読む

菊江の仏壇は、傑作か駄作か?

cc4597_4今日は上方落語の大作と言われる「菊江の仏壇」です。

原話は文化 (元号)5(1808)年に刊行された『浪花みやげ』の中の一遍である『幽霊』という話です。
、5代目松鶴師や、5代目文枝師、米朝師等で有名ですが、明治初頭に東京にも移植され、初代三圓右師や10代馬生師が『白ざつま』 の題で演じており、現役では、桂歌丸が演じています。最も歌丸師は「菊江の仏壇」でCDも出していますが・・・・

ある大店の旦那ですが、奉公人にはろくなものも食わせないほどケチなくせに、信心だけには金を使うというお方。
その反動か、せがれの若旦那は、お花という貞淑な新妻がいるというのに、外に菊江という芸者を囲い、
ほとんど家に居つきません。
そのせいか、気を病んだお花は重病になり、実家に帰って仕舞いました。

そのお花がいよいよ危ないという知らせが来たので、旦那は若だんなを見舞いに行かせようとし、
今までの不始末をさんざんに攻めるが、若旦那は「わたいの女道楽は大旦那の信心と変われへんもんでっせ」と反省の色すらも見せません。
おまけに番頭に、もしお花がその場で死にでもしたら、若だんなが矢面に立たされて責められると意見され、
嫌々ながらも、自分が出かけていく事になります。

実は、これは番頭の策略で、ケチなだんながいないうちに、たまには奉公人一同にうまいものでもくわしてやり、
気晴らしにぱっと騒ごうという訳なのです。

若旦那は、親父にまんまと嫌な役を押しつけたので、早速、菊江のところに行こうとすると番頭が止めます。
大旦那を嫁の病気の見舞いにやっておいて、若旦那をそのすきに囲い物のところへ行かせたと知れたら、
あたしの立場がありません、どうせなら、相手は芸者で三味線のひとつもやれるんだから、家に呼びなさいと言います。

それもご趣向だと若だんなも賛成して、店ではのめや歌えのドンチャン騒ぎが始まります。
そこへ丁稚の定吉が菊江を引っ張ってくるが、夕方、髪を洗っている最中に呼びに来られたので、
散らし髪に白薩摩の単衣という、幽霊のような様子です。

菊江の三味線で場が盛り上がったころ、突然だんなが戻ってきたので、一同大あわて。
取りあえず、菊江を、この間、旦那が二百円という大金を出して作らせた、馬鹿でかい仏壇に隠します。

旦那、「とうとうお花はダメだったと言い、かわいそうに、せがれのような不実な奴でも生涯連れ添う夫と思えば、
一目会うまでは死に切れずにいたものを、会いに来たのが親父とわかって、にわかにがっくりしてそのままだ。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」
と、番頭が止めるのも聞かず、例の仏壇の扉をパッと開けたとたん、白薩摩でザンバラ髪の女が目に入ります。

「それを見ろ、言わないこっちゃない。お花や、せがれも私も出家してわびるから、どうか浮かんどくれ消えておくれ、
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」
すると仏壇の菊江が
「旦那様、私も消えとうございます」

白薩摩というのは菊江が着ていた着物ですが、本来は「薩摩がすり」と言い、琉球(沖縄)産です。
薄い木綿織物で、白地のものは夏の浴衣などに用いられます。
「佃祭」の次郎兵衛もこれを着ていたのが原因で、幽霊に見違えられました。

死人の経帷子(きょうかたびら)は、普通、絹もしくは麻で作るので材質は違いますが、
同じ単衣で白地ということ、その上ザンバラ髪なので、幽霊と見間違えるのは無理もありません。

この若旦那ですが、父親のケチと信心ぶりに反発して遊ぶのは構いませんが、
その為に自分の女房を不幸にし、病気にさせてしまい、あまつさへ亡くしてしまうのは、
男として最低だと思いますね。

この店の番頭も、旦那の留守に良いものを食べて羽を伸ばすのは構いませんが、
馬鹿な若旦那の側に立ち過ぎですね。
この店は遅かれ早かれ潰れますね。ホント・・・

この噺、皆さんはどう思われますか・・・・

昨日、名古屋の大須演芸場を拠点に活動していた雷門小福師がお亡くなりになられました。
謹んでご冥福をお祈り致します。続きを読む

小南師匠の思いで

今日は桂小南師匠の命日です。
今年で亡くなってから15年ですか・・・早いものですね。
konan

初めて小南師の噺を聴いたのは、NHKーTVでの落語の番組でした。
小学生の時でしたね。
演目が何だったのかはハッキリ覚えて居ないのですが、
長屋の衆だか、村の衆が大家さんか庄屋さんの所に次々に訪れる所が面白かったので、そのシーンだけ良く覚えています。
「こんちは〜」「「こんちは〜」と口々にするのですが、その話し方や声のトーンが一人一人違っていて、
「なんて面白い噺家さんだろう!」と感じました。

それから放送があると必ず見たり聴いたりしていました。
「鋳掛屋」は上方では春団治師のネタだそうですが、
私にとっては小南師が一番でした。
悪ガキが散々鋳掛屋さんをからかって、鰻屋に行ってさらにいたずらをする。
何時も聴くたびに大笑いさせて貰いました。

「菜刀息子」は吉朝師の「弱法師」が有名ですが、小南師のは吉朝師より父親が厳しいんですよね。
季節の移り変わり等も物売りの口上で表現したり、忘れられない演目の一つです。
今は小南治さんが舞台を江戸に移して演じていますね。





続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ