らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:桂三枝

gnf1107120506001-n1


昨夜、ビッグニュースが飛び込んできました。
桂三枝師が六代目桂文枝を襲名すると言う事です。
詳しくは今朝のサンスポから・・・

五代目桂文枝(当時は小文枝)に入門直後からタレントとして活躍し、テレビや舞台でも名声を築いてきた三枝が、さらなる高みをめざすため、決意を固めた。

 今年3月。先代の七回忌法要をきっかけに、一門内から「文枝という大名跡をこのまま空けておくのは、上方落語界にとってマイナス」といった意見が相次ぎ、一番弟子である三枝の襲名への機運が高まっていた。

 「桂文枝」は上方落語界で歴史のある大名跡の一つ。明治時代初頭に初代が人気を博し、十八番の演目「三十石」を質入れしたことが話題になった。五代目は笑福亭松鶴(故人)、桂米朝(85)、桂春團治(81)と並び、「上方落語四天王」と呼ばれ、華やかで陽気な人柄と上品な芸風で落語ファンを虜にした。

 関係者によると、三枝はすでに米朝や春團治だけでなく、春風亭小朝(56)ら東京の落語家にも報告を済ませているという。また、襲名後の「三枝」については、「しばらくは、ふさわしい弟子が育つまで誰にも継がせる気はない」と一門内で公言。後継者の出現に期待を寄せており、今年3月に弟子入りした世界のナベアツ改め桂三度(41)にも十分チャンスはありそうだ。

 自身の69歳の誕生日となる来年7月16日に「文枝」を正式に襲名。同日から大阪・なんばグランド花月を皮切りに2、3年かけて全国で行うお披露目興行では、海外での実施も検討されている。かつて、本紙取材に「落語界に恩返ししたい」と話していた通り、大名跡の看板を背負って落語界をさらに盛り上げてくれそうだ。

以上サンスポより転載

私としてはもう桂三枝の名は充分な大看板だと思うのですが、決断したものですねえ。
七代目圓生襲名騒動の時圓丈師等は「60過ぎて襲名は難しい」と話していましたね。
頑張って欲しいものです。
まずは報告まで。続きを読む

何とか体調は回復傾向にありまして、
インフルでは無かったみたいです。
でも39度と言うのは久しぶりだったので、少し驚きました。

昨日わが家に東京かわら版2月号が来たので、そこから少し・・・

まず表紙は菊之丞さんです。着物姿で梅の木の枝を愛でています。
多分、湯島天神じゃないだろか?
巻頭エセーは田畑智子さんで、映画「落語物語」の事を書いてます。
これを読んで絶対見に行こうと思いました。

インタビューは菊之丞さんです。技術的な事から色々と話しています。
すこし飛ばして、堀井ちゃんのコナーではトリネタの時間についてです。
其の中で、「浅草は座れない事があるので、余り行かない」と
書いてありました。
どうりでね、あれだけ行ってるのに一度しか見てないしね。

少し驚いたのが来月2月上席の池袋演芸場の夜席です。
出演者を書いてみます。
右太楼/初花
甚五楼
アサダ二世
歌之介
白酒
紫文
玉の輔
仲入り
菊之丞
一朝
二楽
三三
です。良いメンツでしょう。ねえ行きたくなりますよね。
ま、浅草も中席は夜のトリはさん喬師なんで、楽しみですが。
落語ファンとしては、東京に住んでいる事はメリットは大きいですね。
欠点としては上方落語に余り接する機会が少ない事ですか、
コレも昔に比べれば雲泥の差ですがね。
贅沢を言ってはいけませんね。

で、今日は上方創作落語の大御所、桂三枝師をうpしてみました。
演目は「夢いちもんめ/真珠王御木本幸吉物語」です
期限は何時ものように、一週間です。

http://firestorage.jp/download/9d1d5925cb0873fd5c7c53e2de8aa503d0adc786

このページのトップヘ