はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

桂三木助

「崇徳院」について

karuta崇徳院様と言えば百人一首の歌「瀬をはやみ」で有名ですが、これが落語だとかなり面白い噺になって来ます。楽しい噺ですね。

【原話】
この作品は初代桂文治の作といわれ、上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになりました。

【ストーリー】
若旦那が寝込んでしまったので、旦那様に頼まれて、幼なじみの熊さんが訊いてみると、上野の清水堂で出会ったお嬢さんが忘れられないと言う……つまり恋煩いだったのです。
大旦那は熊さんに、そのお嬢さんを見つけてくれれば住んでいる三軒長屋をくれると言います。そこで熊さんはそのお嬢様を探しに出掛けます。腰に草鞋をぶら下げてもう一生懸命です。
手掛かりは短冊に書かれた崇徳院の和歌で、
「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の 割れても末に 逢わんとぞ思う」と言う歌のみです。
かみさんに教えられた通り、往来の真ん中、湯屋、床屋など、人が集まるところで上の句を詠むが、なかなか見つかりません。
熊さんがなんと三十七軒目の床屋で休んでいると、鳶頭が駆け込んできて、出入り先のお嬢様が恋煩いで寝込んでいると言うお嬢様の話を始めました。
清水院で出会った若旦那に会いたいというのです。手掛かりは、短冊に書かれた崇徳院の和歌だと言います。ついに出会ったのです!
お互いに見つけたと、互いにこっちに来いと揉合いになり、床屋の鏡を割って仕舞います。
でも床屋の親方、心配するな。
「割れても末に買わんとぞ思う」

【演者】
三代目 桂三木助師が有名ですね。個人的には三代目 古今亭志ん朝師が好きですね。若旦那と熊さんのやり取りがいいです!

【注目点】
上方では見初める所が高津神社となっています。
又、女性の方の頭に下さる御礼が300両と具体的になっています。
「あんたのとこの若旦那は仁徳のある方ですなあ」と感心する床屋に、「仁徳があるはずや、見初めたんが高津さんや」とするサゲもあるそうです。

『能書』
最近では上方ではサゲをつけないやり方が多くなって来ているという事ですが、人気者だった二代目桂枝雀師が取っ組み合いのシーンを演じたあとサゲを付けずに「めでたく一対の夫婦が出来上がります。崇徳院というおめでたいおうわさでした」などと言って終える演出を取り入れましたが、やはり落とし噺ですのできちんとサゲを言って欲しいです。

若旦那が寝込む噺は他に「千両みかん」などもありますが、この噺は最後がハッピーエンドで終わっているので後味が良いですね。これは重要なことで、トリでこの噺をやればお客さんは気分よく家に帰れる訳です。寄席の最後に出て来る噺家はそんなことも注意して演目を選ぶそうです。
 いい出来の噺を聴いて帰るときは何だか懐が暖かいですね〜

忘れられない噺家さん達  2 三代目桂三木助

c0135543_2035086【三代目桂三木助】、1902年3月28日 – 1961年1月16日
 今回は三代目三木助師です。
.「出囃子」
「つくま」

.「芸風」
日本芸術協会所属(今の芸協)でしたが、当時の芸協は新作派が多く古典をやる噺家は肩身の狭さを感じていたそうです。その為、最晩年に落語協会に移籍しました。
圓朝作と云われる「芝浜」を独自に作り上げました。以降、芝浜は夫婦の情愛や明け方の描写を入れて名作落語として認識され、一気に名前が売れました。今でもこの型で、多くの噺家が口演しています。
粋で鯔背な噺家の代表とまで言われました。また落語評論家の安藤鶴夫氏に随分可愛がられたそうです。

.「芸歴」
1918年頃 – 柳枝の元に弟子入りするが断られ仕方なく春風亭柏枝に入門し、柏葉を名乗る。
1921年9月 – 二つ目昇進し、春風亭小柳と改名。
1926年 – 大阪の二代目桂三木助門下に移り、桂三木男と改名。
1927年10月 – 東京に戻り春風亭橋之助、真打昇進で四代目春風亭柳昇と改名。
1932年5月 – 五代目春風亭小柳枝と改名。
1937年 – 落語家から舞踊家に転向。花柳太兵衛を名乗る。
1943年10月 – 弟子を抱えるほど舞踊で名取りになったが戦争の激化により落語家に復帰、
二代目橘ノ圓と改名。
1950年4月 – 三代目桂三木助を襲名。

.「エピソード」
大変な食通で、毎日食べるものを買う店が決まっていたそうです。人形町まで弟子に買いに行かせた話は有名です。
五代目小さん師とは同姓で、義兄弟の杯を交わしたほどの大親友でした。この縁で、最晩年に生まれた長男の名前に小さん師の本名と同じ盛夫と名付けました。
後年、長男は小さん師に入門し、四代目桂三木助を襲名しました。
また若い頃は博打打ちもやっていたそうで「隼の七」の異名もあったそうです。
.「得意演目」
芝浜、火事息子、へっつい幽霊、ざこ八、味噌蔵、崇徳院、三井の大黒、ねずみ、宿屋の仇討、御神酒徳利、さんま火事、蛇含草、近日息子、加賀の千代、化物使い、巻き返し、他

「猫忠」と言う噺

kitune_tadanobu今日は「猫忠」と言う噺です。
これは上方では「猫の忠信」といいます。東京では詰めて「猫忠」

古い上方落語で、大阪の笑福亭系の祖とされる、松富久亭松竹師の創作といわれてきましたが、
よく調べると、文政12(1829)年江戸板の初代林屋(家)正蔵著「たいこの林」中の「千本桜」とほとんど同じです。

この松竹と言う師匠ですが、今の映画や歌舞伎の松竹とは関係無いと思われます。
色々な噺をこさえており、「初天神」「松竹梅」「千両みかん」「たちぎれ」など、ほとんど現在でも、東西でよく演じられる噺ばかりです。

浄瑠璃に通っている次郎吉は、師匠のお静さんといい仲にならないかと妄想しています。
が、六さんの情報によるとお静さんには既に相手がいて、それは友達の常吉だとのこと。
今、稽古屋に寄って来て、ぼそぼそ話し声がするから、障子の破れ目から覗いてみたら、中で常吉とお静さんがベタベタしていたのだと言う半信半疑で次郎吉が稽古屋に行ってみると、本当にそれらしきものが見えます。

常吉の嫁さんのところに行ってその話をしてみると、常吉は今奥で寝ているという。
いや、確かに稽古屋で見たともめているうちに、常吉が目を覚まして起きてきました。

それで常吉ではないとわかったのですが、あまりにも似ているのでちょっと一緒に見に来てくれと、次郎吉が常吉の女房を連れて稽古屋に行きます。

稽古屋に着いて、また破れ目から中を覗くと、女房でさえ常吉と思うほどのそっくりの男が師匠と口移しで飲んだり食べたりしています。
そこに常吉もやってきて、こんなに似ているのは狐狸妖怪ではないかと取りおさえます。
取り押さえた男を問いただすと、ネコが化けていたという。自分の両親の皮を使った三味線がこの家にあることを知り、常吉の姿を借りてこの家に忍びこんできたのだとか。

すると、次郎吉が「これで今度お披露目する浄瑠璃の成功は間違いなしだ。
次の出し物の「義経千本桜」の義経が常吉、次郎が次郎吉、六郎が六兵衛、狐の忠信が猫のただ飲む、静御前が師匠のお静さん」と言います
師匠は「私みたいなお多福に、静御前が似合うものかね」するとネコが「にあう〜」

芝居噺の名手だった、六代目文治師が明治中期に上方の型を東京に移植しました。
初めは「猫の忠信」の題で演じられましたが、東京ではのちに縮まって「猫忠」とされ、
それが現代では定着しました。
東京では六代目圓生師が有名ですね。

この噺は歌舞伎・浄瑠璃の『義経千本桜四段目』のパロディなので、それがわかんないと聴いていても
面白さは半減ですね。
『義経千本桜四段目』と言うのは超簡単に云うと、
源義経が、妻・静御前に預けた初音の鼓が、宮廷の重宝で、雨乞いの時千年の却を経た雌雄の狐の皮で作られ、その鼓の皮の子が、佐藤忠信に化けた狐であった。と言う芝居です。続きを読む

「味噌蔵」と言う噺

ef2b762d今日は「味噌蔵」です。
少し時期が早いかもしれませんが、冬の噺なので・・・

驚異的なしみったれで名高い、味噌屋の主人の吝嗇(しわい)屋ケチ兵衛さん。
嫁などもらって、まして子供ができれば経費がかかってしかたがないと、いまだに独り身。

心配した親類一同が、どうしてもお内儀さんを持たないなら、今後一切付き合いを断る、商売の取引もしない
と脅したので、泣く泣く嫁を取りました。
赤ん坊ができるのが嫌さに、婚礼の晩から新妻を二階に上げっぱなしで、自分は冬の最中だというのに、
薄っぺらい掛け蒲団一枚で震えながら寝ります。
が、どうにもがまんできなくなり、二階の嫁さんのところに温まりに通ったのが運の尽き。
たちまち腹の中に、その温まりの塊ができてしまいました。

 妊娠した嫁を里に返し、出産費用を節約する等をして節約します。
やがて男の子が生まれ、嫁の里に行くことになりました。
火の始末にはくれぐれも注意し、貰い火を受けたら味噌で目張りをしてでも、財産の味噌蔵だけは
守るようにと言い残して出掛けます。

旦那が泊まりの隙に、帳簿をごまかして宴会をやろうと皆で番頭に言って、刺身や寿司などを取り寄せます。
近所の豆腐屋には、冷めると不味いから、焼けた順に少しずつ持って来るように味噌焼き田楽を注文します。

 宴たけなわの所へ、旦那が戻って来たからたまりません。カンカンに怒り、全員生涯無給で奉公させると言い、酔っ払いを寝かせます。
 そこへドンドンと戸を叩く音。外から「焼けて来ました」の声。「え、火事だよ、どこだい」「横町の豆腐屋です四、五丁焼けましたが、あとどんどん参ります」驚いて旦那が戸を開けると、プーンと味噌の焼ける匂い。
「こりゃいかん、味噌蔵に火が入った」

田楽 は、中世の田楽法師が、サオの上で踊る形に似ているところから。
武士が大小を差した姿を「田楽串」、槍でくし刺しになるのを「田楽刺し」といいました。
どちらもその形状からです。
室町時代からあったといわれ、朝廷では、大晦日のすす払いの日に田楽を酒の肴にする習慣がありました。
「寄合酒」(ん回し)にも登場しますね。でもあちらは冷めてると思いますが・・・

この噺は三代目三木助師が有名ですね。噺の中に現代的なクスグリを入れて、受けました
噺の中で、火事の時、味噌で蔵に目塗りをすると言う下りですが、非常時には実際あったそうです。
最も後でそれを剥がしてオカズにする事は無かったそうですが・・・当たり前ですね。(^^)

口うるさい上司にその言うことを聞かなければならない部下という風に設定を置き換えて聞けば、身にしみて感じる人も多いかも知れませんね。
日頃の鬱憤を晴らす部下の抵抗は、どの時代にでもあったと言う事ですね。
続きを読む

もう一つのさんまの噺

7916fc279e7206cff787acec1a055cb1もう皆さん、今年の新秋刀魚は食べましたjか? 油が乗っていて美味しいですねえ。

今日は三木助師の「さんま火事」です。大正時代に作られた新作だそうです。
あらすじは・・・・
長屋の連中が大家さんのところに相談にきます。
何の相談かと思っていると、町内の油屋の仕打ちに我慢ならないので、仕返しの相談に乗ってくれと言居ます。
なんだと、訳を聴いてみると、油屋のあまりのケチぶりにいつもいいようにやられているというのです。
薬売りの入れ物の件から炭をだまし取られた事やら、騙されて空き地の草取りをさせれた事を聴いて
大家さんはある計略を思いつきます。
それは、長屋36件皆で秋刀魚を焼いて火事だと思わせようと言う魂胆です。
当日、物凄い煙りに油屋では番頭はじめ主人もびっくりです。
なんたって、油屋ですから火事は禁物です。驚いて番頭が表に出てみると、火事では無く秋刀魚を焼いてる処だと知り、旦那に報告します。
丁度飯時だった油屋では、旦那が表に出て、秋刀魚と確認すると、
「うん、秋刀魚だ、さあ、おかずはいらないよ、この香りでめしを食べよう」

この噺の油屋さんは相当のケチぶりです。
油屋の旦那のほうが一枚上手ですね。鰻ならいざしらず、秋刀魚の煙の匂いでご飯は食べられるのか?
出来る人だから財産を貯めたのでしょうね。

三代目の三木助師匠がよく演じていた様です。と言うより他にやり手の無かった噺ですね。
今では三木助師の弟子だった、扇橋師やその一門の噺家さんが高座に掛けます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ