らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:柳屋三三

entry_cover1305-thumb-188x360-1518今日は、今日届いた「東京かわら版」5月号より話題を拾ってみたいと思います。

表紙は、立川談修さんと芸協の真打昇進3人ですね。

・「落語と私 私と落語」は小説家の嶽本野ばらさんですね。
兎に角、桂ざこばさんを異常に愛する人だと言う事だけは判りました。
江戸落語は聞かなそうですね。残念!

・今月のインタビューは二本立てで、立川談修さんと、芸協の三笑亭世楽 、春風亭笑好 、雷門小助六 の
三人です。
談修さんは談志師が認めた最後の真打だそうです。早くから真打になれ、と言われていたそうですが、
迷ってるうちに師匠が亡くなってしまいました。
そこら辺の感慨を話しています。
・芸協の方は、色々な修行時代の思い出を語っています。個人的には小助六さんが有望だと思いますね。
世楽 さんは堅実ですがもう一つ華が欲しいですね。
笑好さんはこの人は意外といいですよ。寄席等では明るくて良く合いますね。

・若手の紹介は桂宮治さん。この人が早く真打になるのを見てみたいです。
それぐらい、芸協では期待の星ですね。

・ホリイの落語狂時代は「湯屋番」の分析が載っています。
これは文字には書けないので、どこかで立ち読みして下さいw

・今月のお題は 「塚原卜伝」です。
これは講談ですが、「無手勝流」のエピソードが「巌流島」の噺にも影響を与えているそうです。

・今月のお言葉は柳屋三三さん。
ただいま、全国無休独演会ツアーの真最中だそうです。
読売の長井好弘さんが大阪に出張のついでに西宮の独演会を見て来たそうです。
いつもの三三さんだったとか……場所によってはチケットが売れなくて悲惨な場所もあるそうです。


という訳で今月はこの辺で……
続きを読む

img119今日は、「東京かわら版」4月号より話題を拾っていたいと思います。

表紙はご覧のとおり、柳屋三三さんですね。
・落語と私は 小倉エージさんです。レコードのプロデューサーだそうです。
上方の京都や大阪、神戸の違いを語っています。
兎に角、枝雀師を愛してやまない、のだそうで・・・
「愛宕山」で関西人の違いを浮き彫りにしていたのが枝雀師だったそうです。
また、鶴瓶さんもこの違いを浮き彫りにしたいたそうですが地方や東京の人にはどこまでわかるか?
と言う事だそうです。

・インタビューは三三さんです。DVDも発売されるそうです。
47都道府県を47日で廻る独演会をやるのだとか・・・
それと、小三治一門は皆でスキーに1週間行くのだそうです。
やらない人は大変だろうなぁ・・・

・若手の紹介は翁家和助さんです。

・地域寄席の紹介は高円寺のHACOと言うスペースの紹介です。ここの所、商業ベースの店の紹介ばかりですね。それも不定期の・・・これでは紹介する理由が無いですね。

・堀井ちゃんのコーナーは、神保町の「らくごカフェ」で掛かった演目の一覧ですね。
ちなみに、一番掛かったのは「宮戸川」でした。以下、だくだく、天災、転宅と続きます。

・本日のお題は「宮本武蔵」ってこれは講談と浪曲ですね。

・ニュースのコーナーでは、きつつきさんが萬橘を襲名した話題ですね。
大きな名ですので頑張って欲しいですね。

後半は寄席演芸年間2013年版がついていまして、昨年の事等が載っています。

続きを読む

このページのトップヘ