はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

柳家小袁治

第31回 「あやめ寄席」

416N50S9XTL今日5日は地元で「あやめ寄席」が開かれるので、招待券を戴いたので行って来ました。
 この寄席は我街の噺家、柳家小袁治師匠が地元の読売新聞販売所の協力を得て開催している落語会です。
今回で31回目になります。

今日の出演者と演目と感想を……

開口一番 前座 三遊亭ふう丈 「初天神」
 圓丈師の九番目のお弟子さんで三〇歳になるそうです。その為か破綻なくいかにも前座さんらしく元気の良い高座でした。結構笑いも取っていて、高座慣れしています。この方面も地元に住んでいるそうです。
金坊の演出が前座らしかならぬ上手さでした。

仲入り 二つ目 柳家かゑる 「たまげほう」
 なんだかよくわからない噺でした。実はこの噺聴くのは初めてでは無いのですが、何回聴いても理解不能で、
しかも、原作の上方の噺家さん(月亭太遊さん)より下手! 
タダだからいいですが……寄席に出られるレベルではないかと……これを浅草でやったら誰も聴いてくれないと思います。もっと頑張って欲しいですね。大師匠の名前を貰ったのですから……

お楽しみ抽選会……色紙とか配りました。私も当たりましたが今回は連れ(友人)に譲りました。

漫談  昭和こいる  
 まだ、こいるさんが高座に復帰出来ないので、漫談ですが調子が出ませんね。最後は自分の持ち歌「そんなもんだよ、しょうがない」高田文夫作詞 玉置浩二作曲 を歌ってくれました。いい声でしたよ〜

トリ 柳家小袁治 「尻餅」
 先日浅草で一朝師で聴きましたが、若干導入部が違いました。細かいところも若干違っていました。少しテンポが悪かった気がします。
 お尻を叩いて出す音も一朝師は膝を叩いていましたが、小袁治師は両手を叩いていました。正直一朝師の方がいい音でしたね。
 そんな訳で四席の高座が終わりました。今日の収穫はふう丈さんでしたね。将来が楽しみです。

第29回 堀切あやめ寄席

img108今日は夕方から、小袁治師がメインで長年やっている「堀切あやめ寄席」へ行ってきました。

・開口一番 柳家いっぽん 「子ほめ」

なんか、覚えたてなのかもしれませんが、普段は演じない箇所まで丁寧に演じていました。
後で小袁治師が、恐怖の子ほめ、と言っていました。

・落語 初音屋佐吉 「身投げ屋」

これも雲助師のコピーと思わせる高座で、物真似か?という感じです。
自分のものには未だ稽古が必要ですね。

・落語 古今亭志ん馬 「看板のピン」

やりなれた感があり安心して聴いていられました。
ただ全体的に軽い芸風なので、隠居の親分が貫禄が無かったですね。

・仲入り

・お楽しみ抽選会 会場に来ていたお客さんに出演者の色紙等があたり、皆さん喜んでいました。

・奇術 伊藤夢葉

会話で笑いを取りながらのマジックで結構人を食ったのがありました。

・真打 柳家小袁治 「宿屋の富」

結構な出来でしたが、柳家一門なのに、古今亭の型で演じてたのは何故でしょう。
完全に自分のモノにしていますが、元は志ん朝師かな。そう感じました。
もしかしたら、稽古を付けて貰ったのかも知れませんね。

以上で終了でした。200席ぐらい用意されてましたが、7割くらいの入でしたね。
それが残念でした。
続きを読む

五月幟という噺

com今日は珍しい噺で「五月幟」です。

この噺は落語関係の本でも載っていない事があるそうです。
柳家一門に伝わっている噺なのか、小さん一門のj噺家さんがたまにやります。
季節がかなり限定されてる噺ですね。

あらすじも他愛ないもので、酒癖の悪い熊さんは、金があるとみんな飲んでしまいます。
それじゃと、叔父さんが子供に人形でも買ってやれと5円をくれます。
子供のためなので当人もちゃんと買うつもりで出かけたのですが、途中「魚勝」の二階で仲間の喧嘩の手打ちが行われていて同席するよう誘われます。
「やぼ用」があると言いつつ勧められるがままに酒を呑み、終いには勘定を祝い金で支払ってしまいます。
悪いことは出来無いもので、家に帰って寝ていると、おじさんが来て「人形はどうした?」と聞かれます。
買っていないので、そのおじさんの小言を、洒落でかわすという噺です。

しょうもない男なのですが、演者によってはこの熊さんを憎めない男と感じます。
又、熊さんが結構仲間内からは信頼されてる描写もあります。
この辺が噺のキモなのでしょうね。
でも、この熊さんはアル中一歩手前かもしれませんね。
続きを読む

小袁治師匠の「不動坊」そしてこれでおやすみです!

a98d36ae.jpg今日は、我が街の師匠、柳家小袁治師匠の「不動坊」です。
この演目は元は上方ですが、最近はよく東京でも演じられていますね。
三代目の小さん師が東京に移しました。
よく柳家の噺家さんが演じていますね。
最初に聴いたのは柳家小三治師だったかな?
もう兎に角面白かったのを今でも覚えています。
上方では米朝やそして吉朝師もいいですねえ〜

この小袁治師の噺は少し違うんですよね。
細かい処が違うんです。どうでも良い処なんですがねw
それから、なんとお滝さんが話すんです!
ちゃんと台詞まであります。これは初めて!
師匠、自分で工夫したのかな?誰の型だろう?
そこも聴き物です。
昨年の横浜にぎわい座での高座です。

期限は何時ものように一週間です
https://www.webfile.jp/dl.php?i=864133&s=bb794598439a78c5405e

ところで、お知らせがあります。
このブログで、落語の音源や放送音源等をアップロードして来ましたが、
今日で、一旦休止したいと思います。
突然で申し訳ありません
音源を楽しみに来訪されて来た方には申し訳ありません。m(_ _)m

なおこれからも落語に関する記事は続けていきたいと思います。

柳枝師の「王子の狐」とあやめ寄席

98b6c511.jpgあやめ寄席
今日は八代目の柳枝師の「王子の狐」を上げました。
以前上げていたのですが、あまりの再生数の少なさに需要なしと見て
削除してしまいました。
先日馬生師の「王子の狐」を上げた処、
評判が良かったので再うpしました。
この噺はこの師匠が十八番にしていました。
聞いてみないとね。少し音質が悪いですが、お許しを。

夕べは地元で開かれた落語会に行って来ました。
定期的に開かれてる「あやめ寄席」と言う会です。
小袁治師が中心となってY新聞販売店の後援で開かれています。
以前は隔月で開かれていたのですが、今は年二回です。
まず、小袁治師の挨拶で始まり、
開口一番で前座のやえ馬さんが「金明竹」を演じました。
二番目は、漫才の笑組さんで、新ネタを披露。
次は一朝師で「幇間腹」をマクラもたっぷりと演じてくれました。
此処で仲入りで、その後は八朝、志ん馬、才賀、小袁治師による
大喜利で、外題は「がんばれジャイアンツ」でした。
そう、この面々は落語界屈指のジャイアンツ狂なのでした。
その後は抽選会で、色紙やらジャイアンツの豪華タオルやクッション
選手がホームランを打つと貰えるジャビット人形(本物)等が抽選で
配らられました。
私は今囘初めて当たりました。色紙を頂戴しました。
G党じゃないのでこちらが良かったです。
少し、やえ馬さんと話しをしました。
やはりこの様な席できちんと一席喋れるのは有り難いそうです。
今年で三年目、そろそろ二つ目かな?

昨日上げた、圓蔵師の「鰻の幇間」は削除されてしまいました。
同じ動画をMP4にエンコし直していつもの所にうpしました。
宜しかったらDLして下さい。
期限は一週間です。

https://www.webfile.jp/dl.php?i=685501&s=e009092782eefe85aba2
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ