はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:柳家小袁治

今日5日は地元で「あやめ寄席」が開かれるので、招待券を戴いたので行って来ました。  この寄席は我街の噺家、柳家小袁治師匠が地元の読売新聞販売所の協力を得て開催している落語会です。 今回で31回目になります。 今日の出演者と演目と感想を…… 開口一番 前座 三遊…
>>続きを読む

今日は夕方から、小袁治師がメインで長年やっている「堀切あやめ寄席」へ行ってきました。 ・開口一番 柳家いっぽん 「子ほめ」 なんか、覚えたてなのかもしれませんが、普段は演じない箇所まで丁寧に演じていました。 後で小袁治師が、恐怖の子…
>>続きを読む

今日は珍しい噺で「五月幟」です。 この噺は落語関係の本でも載っていない事があるそうです。 柳家一門に伝わっている噺なのか、小さん一門のj噺家さんがたまにやります。 季節がかなり限定されてる噺ですね。 あらすじも他愛ないもので、酒癖の悪い熊さんは、金があるとみ…
>>続きを読む

今日は、我が街の師匠、柳家小袁治師匠の「不動坊」です。 この演目は元は上方ですが、最近はよく東京でも演じられていますね。 三代目の小さん師が東京に移しました。 よく柳家の噺家さんが演じていますね。 最初に聴いたのは柳家小三治師だったかな? もう兎に角面白…
>>続きを読む

今日は八代目の柳枝師の「王子の狐」を上げました。 以前上げていたのですが、あまりの再生数の少なさに需要なしと見て 削除してしまいました。 先日馬生師の「王子の狐」を上げた処、 評判が良かったので再うpしました。 この噺はこの師匠が十八番にしていました。 …
>>続きを読む