はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:柳家小満ん

672c3419今日は初代圓遊師が作った新作「金魚の芸者」です。
『金魚の芸者』
 実に面白く不思議な噺です。
テーマは「金魚の恩返し」ですかね。

【原話】
「鼻の円遊」の新作で、明治26(1893)年6月、初代三遊亭円遊が
「錦魚の御拝謁(おめみえ)」の題で速記が残っています。

【ストーリー】
本所で金魚屋を営む六左衛門という男。
ある日金魚の会の道すがら、小石川の武嶋町辺を通りかかると、
子供らが池で魚をつかんでいる。
見ると、池から小さな金魚が飛び出してピンピン跳ねた。
どうやら、丸っ子といって、泳ぎ方が変わっているので珍重される品種みたい。
それを子供が素手でつかんで持って行こうとするので、慌てて、
「そんなことをしたら手の熱で死んでしまう」
と注意して、五銭銀貨一枚やって買い取り、珍品なので、太刀葵と名付け、家の泉水で大切に飼育した。
その後、大きな良い金魚に育ち、品評会等でも好評なので気をよくしていると、
ある夜、金魚が夢枕に立った。そして
「私は武嶋町であなたに助けられましたから、何か恩返しをと思っています所へ、
あなたが今日、もし私が人間に育って、芸者にでもなったら売れっ子になるだろうとおっしゃるのを聞きました。どうぞ私を芸者にして恩を返させてください。明日の朝、人間の姿で伺いますから、決してお疑いのないよう」
と言ったかと思うと、スーッと消えてしまった。
不思議なこともあるものと、夫婦で話していると、
「ごめんくださいまし」
と、女の声。
誰かと思い、出てみると、
「私、金魚のお丸でございます」
と言うではないか。よく見ると顔は丸いが、なかなかの美人。
まさかと思って池の中を見ると、金魚がいない。これは本物と、六左衛門喜んだ。
お丸が、今日からでも柳橋から芸者に出たい、柏手を三つ打ってくれれば金魚の姿になるから、手桶に入れて置屋に連れて行ってくれればよい
というので、試してみると、お丸の言う通りになった。
そう言えば、柳橋の吉田屋の主人が芸者を一人欲しがっていたので、早速連れて行き、また柏手を打つと不思議や、お丸はまた女の姿に。
吉田屋の主は、一目でお丸が気に入って、
「この人は、お前さんの娘かい?」
「いえ、実は拾い子で」
「どこで拾いなすった」
「どぶの中で」
「ひどい親があるもんだ。兄弟はありますか?」
「ウジャウジャいますが、黒田さまへ一人、宮さま方にも二、三人」
「どんな物が好きだい?」
「そりゃあボーフラ、もとい、麩が好きなんで。飯粒はいけません。目が飛び出しますから」
等と変な答えだが、最後に、のどを聞かせてほしいとだんなが言うので、
お丸、三味線を手に取って、器用に清元を一段語った。
「あー、いい声(鯉)だ」
「いえ、実は金魚です」

【演者】
五代目古今亭志ん生が、マクラの小咄程度に演じていましたが今は柳家小満ん師が専門に演じています。

【注目点】
やはり金魚の可愛さと女性の色気を出す事が出来るかでしょうね。意外と難しい気がします。
『能書』
金魚が中国から最初に移植されたのは、文亀2(1502)年のことらしいです。
江戸になると盛んに品種改良が行われるようになりました。武士の副業としても盛んだったそうです。

『ネタ』
小満ん師は噺を再構成しているそうです。もとの噺では主人公が金魚屋であったのを魚屋に改訂。そのほかにも独自の工夫で、繊細な味わいです。後半はいよいよ「金魚の芸者」が登場。言葉遊びでおおいに笑いを誘うが、それよりも人間になった「丸っ子」のかわいらしさ、女っぽさに主眼がおかれている。魚屋の夫婦が金魚の変身をまるで疑わないというのも独特のタッチでいいですねえ〜

o0800049910500027970今日は、「おせつ徳三郎」の上である「花見小僧」です。
後半の「刀屋」に比べて笑いの多い噺です。

幕末に活躍した初代春風亭柳枝師の作の人情噺です。
長い噺なので、古くから上下または上中下に分けて演じられることが多く、
小僧の定吉(長松とも)が白状し、徳三郎が暇を出されるくだりまでが「上」で、
別題を「花見小僧」と言います。
後半の刀屋の部分以後が「下」で、これは人情噺風に「刀屋」と題して独立して演じられています。

「花見小僧」は小さん師が演じていますし、「刀屋」は志ん朝師や圓生師等が演じています。
志ん生師は「おせつ徳三郎」で演じています。

る大店の一人娘の”おせつ”が何回見合いをしてもいい返事をしません。
それは”おせつ”と”徳三郎”という店の若い者と深い仲になっているらしいと御注進。
本人や婆やさんに聞いても話はしないだろうから。主人は花見の時期に娘と徳三郎にお供をした小僧から二人の様子を聞き出そうとします。
しかし小僧も利口者で簡単には口を開きません。
「子供の物忘れはお灸が一番」と足を出させ、宿りを年2回から毎月やるし、小遣いを増やしてやるからと、少しずつ口を開かせました。

 去年の春のことで忘れたと言いながら、白状するには、「婆やさんと四人で柳橋の船宿に行きました。
お嬢さんと徳どんは二階に上がり、徳どんは見違えるような良い着物を着ていました。
船に乗って隅田川を上り、向島・三囲(みめぐり)の土手に上がりました。その先は忘れました」
「そんなこと言うとお灸だ」 
 「それじゃ〜・・・、 花見をしながら植半で食事をしました。
会席料理で同じお膳が四つでました。みんなからクワイをもらってお腹がイッパイになったところに、『散歩しておいで』と婆やさんに言われましたが、お腹が苦しくて動けませんと言いました。
そしたら、お嬢さんにも怒られ、おとつぁんのお土産に『長命寺の前の山本で桜餅を買っておいで!』と言われました。
帰ってくると酔った婆やさんだけで二人は居ません。
『お嬢さんは”しゃく”が起きたので奥の座敷でお休みになっている』と言うので、行こうとすると『お前は行かなくても良い、お嬢さんのしゃくは徳どんに限るんだよ。本当に気が利かないんだから』
と言われ、『はは〜ぁ、そうかと』と、ピーンときました。

それから外に出て庭にいると、二人が離れから出てきました。お嬢さんは『徳や、いつもはお嬢様、お嬢様と言っているが、今日からは”おせつ”と言っておくれ』そうすると徳どんは『そんなこと言われても、お嬢様はお嬢様、そのように言わせてもらいます』、『おせつですよ』、『お嬢様ですよ』
なんて、じゃれあっていました」と、顛末を全てしゃべってしまいました。

 ご主人はカンカンに怒って、おしゃべり小僧には約束の休みも小遣いも与えず、徳三郎には暇が出て、叔父さんの所に預けられます。

ここまでが「花見小僧」でこの後、徳三郎がどうするかが「刀屋」になります。
で、「刀屋」は明日と言う事で・・・・(^^)続きを読む

imagekingyo04今日は、珍らしい噺「金魚の芸者」です。
これは初代圓遊師(鼻の)の新作を、柳家小満ん師が復活させた噺です。その時の題は「錦魚の御拝謁(おめみえ)」だったそうです。

とある魚屋の主は庭の泉水に飼っている金魚が大好き。「更紗の丸っ子」と名付け、いつも可愛がっている。
あまりのネツのあげかたに、女房などは「わたしと別れて金魚と一緒になったら」などと言い出す始末。
この金魚、もとはといえば三年前、路上の水溜まりで跳ねていたところを魚屋が救ってやり、井戸水で蘇生させたもの。
もともと丈夫なたちだったのか、三年のうちに見事に美しくなり、いまは三つ尾を悠々となびかせている。
ある日のこと。評判を聞いた金魚道楽の男に「丸っ子」を見せてやると「これだけ美しい金魚をこのままで終わらすのは惜しい。芸者にでもすればたちまち売れっ子になって、あなたは左団扇ですよ」と言って帰って行く。
泉水の中でそれを聞いた「丸っ子」ははたと思いつき、その晩、魚屋の夢枕に立つ。その翌日、玄関先に現れたのはひとりの美しい芸者・・・。
「私、金魚のお丸でございます」顔は丸いが、なかなかいい女。
まさかと思って池の中を見ると、金魚がいない。これは本物と、六左衛門大喜び。
お丸が、今日からでも柳橋から芸者に出たい、柏手を三つ打ってくれれば金魚の姿になるから、手桶に入れて置屋に連れて行ってくれればよいというので、試してみると、お丸の言う通り。
柳橋の吉田屋の主人が芸者を一人欲しがっていたので、早速連れて行き、また柏手を打つと不思議や、お丸はまた女の姿に。
吉田屋のだんな、一目でお丸が気に入って、色んな事をきくのですが、本当の事はまさか話せないので,トンチンカンなやり取りに・・・
最後に、のどを聞かせてほしいとだんなが言うので、お丸、三味線を手に取って、器用に清元を一段語った。
「あー、いい声(鯉)だ」
「いえ、実は金魚です」

小満ん師は噺を再構成しているそうです。もとの噺では主人公が金魚屋であったのを魚屋に改訂。そのほかにも独自の工夫で、繊細な味わいです。後半はいよいよ「金魚の芸者」が登場。言葉遊びでおおいに笑いを誘うが、それよりも人間になった「丸っ子」のかわいらしさ、女っぽさに主眼がおかれている。魚屋の夫婦が金魚の変身をまるで疑わないというのも独特のタッチでいいですねえ〜

続きを読む

o0640042710528835641


今日はここの処、仕事に追われて、落語の放送も録音し忘れてるくらいのテイタラクなので、落語の記事を書きます。
落語成分が体から失われて逝きます・・・・www

前半に関しては大抵の方が一度は聴いた事があると思います。
将棋で帰りが遅くなって締め出しを食った小網町の半七は、霊岸島の叔父さんのところに泊めて貰おうと思っていると、お花もカルタで遅くなり同じように閉め出されてしまいます。お花は叔父さんの所に一晩泊めて貰えないかと頼むが、早合点の叔父さんだから嫌だと断ります。
駆けだしていると、お花も直ぐ脇を走って追い越して、一緒に叔父さんの所に着きます。
飲み込みの良すぎる叔父さんは、案の定お花と半七をいい仲と勘違いして、2階に上げてしまいます。
そして・・・・・・二人は嬉しい仲になります。
これまでが上ですね。

要はお花が半七を逆ナンするという話で・・・ん違う? そう?
だって、夜遅く、半七の帰ってくるのを待ちぶせして・・って違う!偶然一緒になっただけ?
でもそれはお花の証言しか無いわけでwwって
何はともあれ、男だったら一度位は逆ナンされるのも悪くはありません。
ん、ホントだよwww

下はあまり演じませんが、芝居掛かりになって逝きます。
上から四年ほどたった夏、お花が浅草へ用足しに行き、
帰りに観音さまに参詣して、雷門まで来ると夕立に逢う。
傘を忘れたので定吉に傘を取りにやります。
その時、突然の雷鳴で、お花は気絶してしまいます。
それを見ていた、ならず者三人組、
いい女なのでなぐさみものにしてやろうと、気を失ったお花をさらって、
いずこかに消えてしまいます。

女房が行方知れずになり、半七は泣く泣く葬式を出すが、
その一周忌に菩提寺に参詣の帰り、山谷堀から舟を雇うと、
もう一人の酔っ払った船頭が乗せてくれと頼む。
承知して、二人で船中でのんでいると、その船頭が
酒の勢いで、一年前お花に酷い事をしたことを話します。
船頭もグルとわかり、
ここで、と芝居掛かりになります。
そして・・・・・

宮戸川とは、墨田川の下流・浅草川の旧名で、地域でいえば山谷堀から駒形あたりまでの流域を指します。
「宮戸」は、三社権現の参道入口を流れていたことから、この名がついたとか。

芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。

前半は各師匠個性的な名演があります。
テンポよく、艶ぽい志ん朝師やさらっとしていて粋な助六師や色っぽさでは群を抜いてた志ん生師。
小朝師も任に合っていて良かったですね。
続きを読む

55689656.jpghanashi












まず始めに、昨日コント55号で活躍された坂上二郎さんがお亡くなりに
なられました。謹んでご冥福をお祈り致します。
子供の頃から随分楽しませて貰いました。
安らかにお休み下さい。

落語ブームに乗り落語関係の書籍が随分刊行されています。
中には先日私が読んだ本のように噺家さんを紹介する本も沢山出ています。
それらの中には寄席に出ている噺家さんを詳しく紹介した本が少ないと思います。
昨日の記事に書いた本は最初は寄席に行ってはイケナイ様な書き方がされていました。
そこで私はこのブログで本には載らないけど、この人がプログラムに出ていたら、見に行っても損は無いと言う噺家さんを紹介して行きたいと思います。

まず、柳家小満ん師匠・・・変幻自在の燻し銀
もう、落語通の間では当代屈指の噺家さんですが、一般的には余り知られていません。春風亭昇太さんは知っていても小満ん師匠は知りませんね。
知っていても寄席によく出る地味な噺家さん。
古典を昔通りにやる噺家さんと言ったイメージでしょう。
実は違うんです!古典をやらせてもお客に合った演じ方をします。
その様な変幻自在な一面もあるんです。
本寸法に演じれば燻し銀。受けないとみるや、「時そば」を喬太郎師のやり方にあっさりと変え、あまつさえ本人より上手く演じてしまうと言う
離れ業もある師匠なのです。
今が旬と言っても良いくらいです!

三笑亭茶楽師匠・・・寄席の粋なおじさん
茶楽師匠は先代可楽師の弟子で、芸協の幹部です。
当然出番は深い処です。でも芸は深く無い!
とっても粋で、鯔背な芸なのです。
例えば「宮戸川」、この噺は大体若い噺家さんのネタですが、
師匠が演じてもとっても素敵なのです。
特に素敵なのが半七の叔父さんで霊岸島の叔父さん。
師匠はこの人を中心に噺を進めて行きます。
この叔父さんがとても粋なんですよ。
出来れば噺の中に入って、叔父さんとイッパイやりたいくらいです。w
他にも「紙入れ」なんか艶ぽくてイイですよ〜。
芸協の芝居で師匠が出てくると、元は完全に取れたなと思います(^^)
ここの処浅草の夜席に出ないので、チョット寂しいです。

このページのトップヘ