はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

柳家小さん

「御慶」について考える

2106eafe『御慶』
今日はこの噺です。大晦日から元旦にかけての噺なので年末にもよく掛かります。
非常におめでたい噺なので、お正月やおめでたい席で演じられます。

【原話】
江戸時代から伝わる非常に古い噺ですが「御慶」の題名が使われるようになったのは昭和になってからだそうです。

【ストーリー】
富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五番の札を買おうとして、女房の着物を脱がして質に入れて買いに行ったが売り切れだった。
 帰り道で易者に見て貰うと梯子は下から上に昇るものだから、八四五ではなく逆に鶴一四五八番を買いなさいと教えられる。
 買って見るとなんとこれが千両の大当たり。現金だと二百両割引かれるが二月までは待てないので、その場で八百両を身に着けて家に戻った。
 たまっていた店賃を払って、正月には裃を着て年始回りに出掛けることにした。長い口上は覚えられないので、短い年始の言葉を大家に教えてもらった。「おめでとうございます」には「御慶」と答え「どうぞお上がりなさい」と誘われたら「永日」と断る。
 正月になって、得意になって行く先々で御慶と永日の挨拶を続けるが、辰っつあんが外出から帰って来たところで「御慶」と言ったら「なんと言ったか分からねぇ」と言われ
「ぎょけぇったんだ」「恵方参りの帰りだ」

【演者】
個人的には五代目柳家小さん師が抜群ですね。それと古今亭志ん生、志ん朝師親子もいいです。

【注目点】
恵方詣りとは、その年の干支に基いて定めた吉の方角に当たる神社に参拝することです。

『能書』
昔は、子供のしつけとして、七、八歳になると、親の名代として近所に年始参りに行かせる習慣がありました。
その頃では家の格に従って着るものも変わっていたそうです。町内でも一番上等の家の主人は、黒羽二重紋付小袖、麻裃、白足袋、雪駄、小刀といった装束で挨拶に回ったそうです。

『ネタ』
富くじが二ヶ月待てば全額貰えたと噺の中では言ってますが、実際は寄付金を取られ、次回の富くじを大量に買わされ、2〜3割は減らされたそうです。世の中旨い話はそうは無いと言う事ですね。

御慶という噺

gyokei001
多分、この記事が今年の最後になるかも知れないので、今日は「御慶」を取り上げます。

 富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五番の札を買おうとして、女房の着物を脱がして質に入れて買いに行ったが売り切れだった。
 帰り道で易者に見て貰うと梯子は下から上に昇るものだから、八四五ではなく逆に鶴一四五八番を買いなさいと教えられる。
 買って見るとなんとこれが千両の大当たり。現金だと二百両割引かれるが二月までは待てないので、その場で八百両を身に着けて家に戻った。
 たまっていた店賃を払って、正月には裃を着て年始回りに出掛けることにした。長い口上は覚えられないので、短い年始の言葉を大家に教えてもらった。「おめでとうございます」には「御慶」と答え「どうぞお上がりなさい」と誘われたら「永日」と断る。
 正月になって、得意になって行く先々で御慶と永日の挨拶を続けるが、辰っつあんが外出から帰って来たところで「御慶」と言ったら「なんと言ったか分からねぇ」と言われ
「ぎょけぇったんだ」「恵方参りの帰りだ」

暮れから正月にかけて話が通じているのはこの噺だけですね。
それだけ珍しいとも言えます。
但し、思った程高座には掛けられない噺だそうで、噺家さんいわく「儲からない噺」だそうです。
CD等では小さん師や志ん朝師が有名でいい出来ですが、私は断然この噺は小さん師だと思っています。
なんたって、最後の「御慶」三連発が屈指なのですが、思えばこの部分は小さん師らしからぬ部分だと思っています。普段やらない人がやると可笑しさが何倍にもなるという事ですね。素晴らしいですね。それを判っていたのか志ん朝師は易者との梯子のやり取りに変化をつけて違った面白さを追求しています。
私の勝手な思いでは、小さん師のこの部分は屈指だと思います。

富くじが二ヶ月待てば全額貰えたと噺の中では言ってますが、実際は寄付金を取られ、次回の富くじを大量に買わされ、2〜3割は減らされたそうです。世の中旨い話はそうは無いと言う事ですね。

続きを読む

「碁泥」という話

igo今日は「碁泥」です。

上方落語の「碁打ち盗人」を三代目小さん師が、大阪の桂文吾師に教わり、大正2年ごろ、東京に移しました。
小さん師は、初め「芝居道楽」などのマクラとして演じ、後に独立させ一席の噺としました。
門弟の四代目小さん、孫弟子の五代目小さんと継承され、代々の小さん、柳派伝統の噺となりました。
柳家以外では6代目柳橋師、それに馬生師や志ん朝師の高座がありますね。
上方では現在はあまり演じられない様です。

碁仇のだんな二人。
両方とも、それ以上に好きなのが煙草で、毎晩のように夜遅くまでスパスパやりながら熱戦を展開するうち、
畳に焼け焦げを作っても、いっこうにに気づきません。

火の用心が悪いと、かみさんから苦情が出たので、どうせ二人ともザル碁だし、一局に十五分くらいしかかからないのだから、碁は火の気のない座敷で打って、終わるごとに別室で頭がクラクラするほどのんでのんでのみまくろう、と話を決めます。

ところが、いざ盤を囲んでみると、夢中になってそんな約束はどこへやら。
「マッチがないぞ」「たばこを持ってこい」

閉口した女将さんは、一計を案じ、煙草盆に紅生姜を入れて出します。
二人とも全く気がづかないので、かみさんは安心して湯に出かけます
そうとは知らぬ二人、碁に夢中である。煙草をつけようとしても紅生姜だから点きません。
「あれ!?おかしいなあ。つかねえ」と言いながらも、碁盤ばかり見つめています。。

そのすきに入り込んだのが、この二人に輪をかけて碁狂いの泥棒。
誰もいないようなので安心してひと仕事済ませ、大きな風呂敷包みを背負って失礼しようとすると、
聞こえてきたのがパチリパチリと碁石を打つ音がします。
矢も楯もたまらくなり、音のする奥の座敷の方に忍び足。
風呂敷包みを背負ったまま中に入り込むと、見ているだけでは物足らず、いつしか口出しを始めます。

「うーん、ふっくりしたいい碁石だな。互先ですな。
こうっと、ここは切れ目と、あーた、その黒はあぶない。それは継ぐ一手だ」
「うるさいな。傍目八目助言はご無用、と。
おや、あんまり見たことのない人だ、と。
大きな包みを背負ってますねッと」
「おまは誰だい、と、一つ打ってみろ」
「それでは私も、おまえは誰だい、と」
「へえ、泥棒で、と」
「ふーん、泥棒。泥棒さん、よくおいでだねッ、と」

碁とか将棋とか云うのは、凝ると「親の死に目に会えない」等といわれた位の中毒性のあるゲームですね。
私は将棋はてんで駄目ですが、囲碁は昔務めていた職場が全員囲碁好きでして、覚えました。
やってみると中々面白く、「こりや夢中になるのも無理は無い」と思いました。
そう云った事は昔から沢山あったのでしょうね。続きを読む

将棋の殿様

4f8fa4f1今日は「将棋の殿様」です。

この噺は古く、初代可楽師が11代家斉候の前で演じたと言う逸話も残っています。
元々は講釈ネタで大久保彦左衛門の逸話がもとになったといわれています。(そりゃ古い訳だw)

ある藩の殿様が、突然将棋に凝りだした。家来一同が相手を務める事になるが、殿様が権力を盾にしたハチャメチャな差し方をするためまともな勝負になりません。
当然のことながら殿様が連戦連勝することになり、つまらなくなった殿様は『敗者の頭を勝者が鉄扇でひっぱたく』というとんでもないルールを考案します。

家来は「これで殿様に一矢を報える」と喜んだが、やはり殿様有利に勝負が進むため結局家来が負けてしまった。喜んだ殿様は家来の頭を鉄扇でゴチン!
家来一同コブだらけになった頃、病気で長期療養をしていた家老の田中三太夫が久しぶりに登城して来ます。

話を聞いた三太夫は、皆の仇討をしてやろうと言って殿様に勝負を申し込みます。
「控えろ。その歩を取ってはならぬ!」
勝負を始めて数刻。早速殿様のわがままが始まったが、三太夫はそれを許さない。
「敵の指図で戦を進める者はおりません。たとえこの場で打首になろうとも、この歩だけは断じて動かすわけには…」

冷静に、正論を用いて追い詰めてゆく三太夫に、殿様はあっという間に負けてしまいます。
「では、鉄扇を拝借いたしまして、この爺が殿の頭をはたかせていただきたいと思います」
実はこの人、家中で一番の剣の達人。殿様は鉄扇を軽く振る三太夫を見て震えあがったが、約束は約束なので素直に頭を差し出した。

「では、失礼して…」
まさか頭をはたく訳にもいかないので、三太夫は殿様の膝を思いっきりひっぱたく。
「アタタ…。皆の者、この将棋盤を片付け…いや、焼き捨てろ! これからは家中で将棋を指すものには切腹を申しつける!!」

と言う筋としては他愛無い噺ですが、三太夫さんが次第に追い詰めていく過程が最大の聴かせ場ですね。
実は古くはこの後もあり、武藤禎夫氏の「定本 落語三百題」によると、

将棋の次は落語に凝ってしまった殿様。またもや家来一同が拝聴するが、全然面白くなくて笑えない。
しかし、ここで笑わないとまたもや鉄扇で叩かれかねないので、無理して笑っていると殿様のしゃべりが厄払いの口上になってしまった。
「東方朔は九千歳、浦島太郎は八千歳、この厄払いがひっとらえ…」
家来一同「笑いましょ、笑いましょ…」
サゲは厄払いの掛け声に引っ掛けたものですが、最近では解り難いためここまで演じないと言う事です。
私も聴いた事ありません。
但し、落語に凝ったと言う噺がある、とは聴いていました。

現在では、喜多八師や市馬師等一門の噺家さんの録音が有ります。
また入船亭扇遊さんが演じた記録も有る様です。

私見ですが、この噺の殿様と「蕎麦の殿様」は同じ人物の様な気がします。
「盃の殿様」や「ねぎまの殿様」とは違う気がします。続きを読む

あけましておめでとうございます

06-101あけましておめでとうございます。
旧年中は沢山御訪問下さり大変ありがとうございました(^^)
 本年も相変わりませず、宜しくお願い致します。

 昨日の元旦は穏やかで、暖かかったですね。
 今年一年、このように暮らして行きたいものですね。

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ