はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

柳家喬太郎

柳家喬太郎師を考察する!

01今日は恐らく日本でもかなり売れている噺家さんです。落語会のチケットの入手の困難さでは一番かも?
【柳家喬太郎】
1963年〈昭和38年〉11月30日 – 東京都世田谷区生まれ
1989年(平成元年)10月 – 柳家さん喬に入門、前座名「さん坊」
1993年(平成5年)5月 – 二つ目昇進、現在の「喬太郎」に改名
2000年3月 – 真打昇進(12人抜き)

【芸風】
古典も新作も両方共演じることが出来る人です。
古典落語は、エンターテイメント性に富む語り口ながら、古典の味わいをそこなうことなく、円熟した落語を聴かせてくれます。滑稽噺はもとより、師のさん喬師ゆずりの人情噺も演じています。

【得意演目】
新作
「午後の保健室」「純情日記池袋篇」「純情日記渋谷篇」
「純情日記中山篇」「純情日記横浜篇」「巣鴨の中心で愛を叫ぶ」
「寿司屋水滸伝」「すみれ荘二〇一号」
「諜報員メアリー」「バイオレンスチワワ」「白日の約束」「派出所ビーナス」
「八月下旬」「母恋いくらげ」「ハワイの雪」「ハンバーグができるまで」
「不二家残酷物語」「冬のそなた」「彫師マリリン」「ほんとのこというと」
「孫帰る」「夜の慣用句」「路地裏の伝説「ウルトラのつる」

古典
「時そば」「死神」「蛇含草」「擬宝珠」や「綿医者」「にゅう」他多数

【エピソード】
さん喬に弟子入りした当初、師匠に「嫌いなものはあるかい?」と聞かれた喬太郎が「納豆がダメです」と答えたところ、翌日「よし、昼メシに買いに行こう」と言われた言う。さん喬いわく「これから噺家としてやっていくなら、お客様や先輩方とのお付き合いもある。そんなときに、あれ食えない、これ食えないじゃ、話にならないよ」と言う意味だったそうな

【ネタ】
師の「時そば」は別名「コロッケ蕎麦」と異名を取る程の爆笑噺になっています。
古典の価値観さえ変えてしまうほどの出来です。

【私的考察】
古典でもその古典落語の風情をギリギリの線で保ちながら己の世界を構築することに成功しています。
その為、古典派、新作派の両方から注目を浴びています。
この先が、どう変わって行くのか大いに注目されていますね。

浅草演芸ホール九月上席八日目夜の部

4cca5763今日は、休みなので、用事を済まして浅草に直行しました。お目当ては喬太郎師です。七割程埋まった客席に座って聴き始めました。

喬之助 ……寄合酒  肴の種類を変えて上手く纏めていました。この人はフラがあるのでいいですね。
ホームラン……漫才
栄枝   ……自分の趣味を混ぜた漫談 この人は古典上手いのに最近は余りやりませんね。惜しいです。
ぺぺ桜井……ギター漫談 いつものように絶好調でした!
左龍  ……普段の袴  いい出来でした! ちょっと稲荷町を思い出しました!
文楽  ……替り目   珍しく気合が入っていました。やれば出来るじゃないですか師匠! いつもお願いします。
圓丈  ……金明竹 名古屋編 最近ハズレばかりだったのですが、 今日は良かったです。もう場内大爆笑で、
お腹を抱えて笑っていました。久々師匠の本気見ました!

   仲入り

丈二  ……漫談 もう少し頑張りましょう! それに病弱ネタは辞めましょうね。
にゃん子金魚……漫才  今日は頭にお月見の道具を載せて頑張っていました。何時も凄いと思うけど特にワイルドでした。
志ん橋(志ん輔代演) ……出来心、前の高座がハイスピードだったので、あえてゆっくり目に演じ、間抜けぶりが際立っていました。
ダーク広和  ……マジック
一朝 ……芝居の喧嘩 場内をどっかんどっかん沸かしていました。拍手が凄かったです。
小菊…… 俗曲 色っぽい都々逸を沢山聴かせて戴きました。

喬太郎……「孫帰る」
 
 凄かったです。この日の喬太郎師は本当に凄かった。二五分あった時間のうち一五分近くはマクラに宛てていました。夏休みやお盆、人情噺などのキーワードを発していたので、もしかしたら「孫帰る」かな? と思っていました。
 マクラの大半はウルトラマンやそのガチャポンの噺で、半分ほど居た若い女性(多分ファンでしょう)が特に喜んで受けていました。
 噺に入っても前半はドッカンドッカン受けていましたが、祖父の一言の後は場内水を打ったように鎮まりました。
そして、圧巻だったのは祖父の無念さを喬太郎師は無言で、一分以上に及ぶ仕草と目線の動きで表現しました。勿論若い女性は殆ど泣いています。この「孫帰る」はそれだけインパクトのある噺です。
 今日の喬太郎師は噺をかなり膨らませていました。
 私の稚拙な表現では表わせませんが、長く記憶に残る高座でした。勿論ダントツで今年一番です。

続きを読む

小言を言う事を生き甲斐にしている人.・・・実は親切?

f7973dcb今日は「小言幸兵衛」です。
この噺は六代目圓生師が得意にしていました。最も他の師匠方も演じていました。
志ん生師は「搗屋幸兵衛」と言う方を演じていました。これは、「小言幸兵衛」の前段と一応されています。
麻布の古川に住む大家の田中幸兵衛さんで、一応同じ人物となっていますが、今では完全な別バージョンと考えた方が良いのでは無いでしょうか。
元々は、『借家借り』という上方落語の演目でしたが、かなり古くから江戸でも演じられていました。

麻布の古川に住む田中幸兵衛さんと言う人、朝、長屋を一回りして、小言を言って来ないと気が済まない気性で、親切心からつい小言が出るのだが、その度が過ぎるきらいがあり、中々店子が長続きしません。
しかし、造作が良いので、借りたい者は次から次へとやって来ます。
今日も豆腐屋さんが来たのですが、口の効き方が気に食わない事から始まって、色々と言います。
ついに豆腐屋さん切れて、啖呵を切って出て行って仕舞います。
次に来たのが仕立屋さんですが、始めは良く、上機嫌で話していたのですが、息子さんの事になると一変。
貸せないと言い出します。
理由を聴くと、「長屋に心中がでるから」と言う事。訳を聴いてみると・・・・

自分の所から心中なぞ出ようモノなら、大家さんの責任になりますので、うっかりとは貸せないのですがね。
大家さんは、普通は地主に雇われた家作(長屋を含む借家)の管理人ですが、
町役を兼ねていたので、絶大な権限を持っていました。
万一の場合、店子の連帯責任を負わされますからその選択に神経質になるのは当たり前で、
幸兵衛さんの猜疑心は、異常でも何でもなかったわけです。

こうやって考えると、幸兵衛さんは、親切で責任感の強い、イザとなったら頼りになる人物とも思えますね。
でもそれじゃ噺にならないので、少しエキセントリックにそして妄想癖がある様に描いていますね。

落語に出て来る大家さんでも「髪結新三」に出て来る大家さんは少し”ワル”で、新三が無宿者と知ってても、
店を貸しています。噺の中でも新三に向かって「江戸中で無宿人に貸す大家がいると思っているのか・・・」
の様な台詞を言っています。知ってて貸している”ワル”なんでしょうね。
幸兵衛さんだったら、絶対貸さないでしょうね。続きを読む

落語時代の収録

img105今日は時代劇CHの落語番組の収録の落語会に行ってきました。連れ合いは落語会初体験の妻です。
出演者はご覧の通りです。
img104-1
少し小さいですが、クリックして拡大して見て下さい。

・開口一番 柳家さん坊 「つる」
いや〜硬かったですねえ。もう一杯一杯の感じで、上がってるのが判りましたね。
寄席ではまあ、前座さんとしては普通レベルですが、この様な会場だと勝手が違うのでしょうかねえ。
ま、頑張って欲しいですね。

・二席目 古今亭文菊 「七段目」
文菊さんの古典口調と噺がかみ合って、いい出来でしたね。会場のお客が普段から時代劇を見てる人なので、歌舞伎のセリフに対しても反応が良いので、演者も乗っていましたね。
この日の一番の高座でした。
この講座を見てると文菊さんがしっかりと勉強jしているのが判りますね。

・三席目 柳家喬太郎 「次郎長外伝〜小政の生い立ち〜」
これは元々は講談ネタですね。時代劇CHと言う事で意識したのか。
「俺たちはなぁ、『商売往来』に載ってねぇ家業をしてるんだ」
と言う次郎長のセリフがよかったですねえ。
でも石松はちょっとエキセントリックでしたね。
普段は色々なパロディを入れるらしいのですが、この日は結構真面目にやりましたね。
まあ、メタな処は出してましたが・・・

お仲入り

・食いつき 質問コーナ、対談

喬太郎師に視聴者からの質問が用意され、それに喬太郎師が答えるもの。
「時代劇ならどんな役が良いか」「必殺仕事人ならどういう殺し方が良いか」と言うものでした。
もう一つは忘れました。

対談は、品川隆二さんと喬太郎師の対談でした。
色々話していましたが、印象に残った2つを・
1.品川氏はあの「花山大吉」や「月影兵庫」の焼津の半次役はキライだったそうです。
本来ああゆうコメディ系の役はキライなんだそうです。以外でした。
2.志ん生師と競演した時のエピソードで、志ん生師はご飯を食べなくて、弟子に嘗味噌の入った壷を持たせ、
それを爪楊枝ですくって舐め、酒をキューツと引っ掛けて撮影に臨んだそうです。
それでいて、全く酔っていなかったとか。一日一升呑み終わるとその日の撮影は終了だったそうです。
話が盛り上がって時間をかなりオーバーしてしまいました。

・膝前 古今亭志ん陽 「熊の皮」
時間が押してるので、マクラが無いと断って噺に入りました。
その性か、ややテンポに乗れない感じで、要所要所で笑いは取っていましたが、ちょっと辛かったですね。
ただ、甚兵衛さんお描写はよかったので、惜しかったですね。

・膝替り 柳家小菊 「 俗曲」
「両国八景」から始まる寄席のいつものパターンから始まり、後半は都々逸をかなり長く弾いていました。
ちゃんと曲の節目で拍手がくるので、「寄席だと終わりました」と云うんですよ」と笑いを取っていました。

・トリ 柳家喬太郎 「抜け雀」
マクラも短く噺に入りました。ややメタな処を随所に入れて噺を進行させていくのですが、
処々でエキセントリックな声を入れるのは如何なものかな?と言う感想ですね。
基本は師匠さん喬師の型ですが落ち着いた人物の描写がよかっただけに(絵師の父親とか)
少し残念でしたね。
最も、この日見に来ていた客の喬太郎ファンは満足だったのでしょうね。
それでも最後は泣かせに掛かりまして、かなりの人が目を拭っていましたね。

これで終了です。おみやげを貰って帰宅しました。
痛風で足が痛かったのですが、行った甲斐がありました。
妻は文菊さんが気に入った様です。盛んに「面白かった」と言っていました。
それでも少し空席があったのが以外でした。

この模様は新年の元旦と2日に時代劇CHで放送予定だそうです。
観客席の私も写ってるかな?(撮影はされてましたw)
続きを読む

寄席の落語

123623739439716404272今日は、「うどん屋」を例に上げて、寄席の落語について語ってみたいと思います。

寄席と落語会等と一番違うのが演者の持ち時間で、落語会では一人あたりの時間も長く、きちんと決まっています。
演者はその時間に合わせて、噺を演じますが、あらかじめ演題を出している場合がほとんどなので、
それにあった時間と言う事になりますね。

そこへ行くと寄席はスケで浅草や末広亭だと15分前後で時間が押してればさらに縮みます。
それに加えて当日まで演題が決められない事が多いですね。
最近はトリの噺家さんが10日間演題を公表する場合もありますが、特殊ですね。

ですので短い噺や、途中で切る事が多いですね。いわゆる「冗談落ち」と言うヤツですね。
これは噺の途中で、くすぐりえお言った後に「冗談言っちゃイケねえ」と下げを言って降りるやり方です。
ある時の寄席で続けて噺家が「冗談言っちゃイケねえ」と下げと続けたので、お客が怒って
「冗談言っちゃイケねえ」と言ったとか・・・

一席、ちゃんと出来るのがトリか仲入りの時ですね。
それでも20分前後しか無い時もあります。
こんな時噺家は、落語会で演じる時よりも短く演じます。
噺の中を抜くのですが、どこをどう抜いたかが別る様では一流とはいえませんね。
以前、扇橋師が「心眼」を7分で演じ驚きましたが、どこを抜いたか判りませんでした。

噺がクサイと評判?のさん喬師も寄席でトリの時はクサクく無いですね。
無駄なく、きちっと演じています。やれば出来るじゃん!

今日聴いてもらう、喬太郎師の「うどん屋」ですが、賞味20分ありません。
出囃子、マクラも含めて20分と言う処です。
この噺は小さん師が得意ですが、それでも30分はかかっています。
小三治師はもっとですね。
普段は喬太郎師もこの噺は30分は掛けています。
その辺をどうしてるか、お聴きください。

ちなみに「うどん屋」のあらすじを簡単に書いておきます。

江戸の夜、市中を流して歩いていた、うどん屋を呼び止めたのはしたたかに酔った男。
「仕立屋の太兵衛を知っているか?」と言い出し、うどんやが知らないと答えると、問わず語りに昼間の出来事を話し出す。

友達の太兵衛のひとり娘、みい坊が祝言を挙げた。あんなに小さかったみい坊が花嫁衣装に身を包み、立派な挨拶をしたので胸がいっぱいになった・・・。うどんやが相づちを打つのをいいことに、酔客は同じ話を繰り返すと、水だけ飲んでどこかに行ってしまう。
ただで水だけ飲まれたうどんや、気を取り直して再び町を流すと、今度は家の中から声が掛かるが、
「赤ん坊が寝たところだから静かにして」
 でかい声はだめだ、番頭さんが内緒で店の衆に御馳走してやるってんで、
ヒソヒソ声で注文するのが大口になるんだと思った矢先、
ヒソヒソ声で、鍋焼きの注文。
こりゃ当たりだなと、ヒソヒソ声で「さぁどうぞ」客が食べ終わって、勘定のときに
「うどん屋さんも風邪ひいたのかい」続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ