はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

林家正蔵

サンマ苦いかしょっぱいか?

img2007090800101-sanma今年はサンマが何故か高いのですが、皆さんはもう食べられましたでしょうか?
私は先日、やっと食べました。高かったけど美味しかったです。

そこで今日は「目黒の秋刀魚」です。

と言う屁理屈を付けて、もう9月ですのでこの噺と言う事になります。
かなり古くから語られている噺で、生粋の江戸落語です。大体、武士が出て来る噺は江戸が多いですね。

江戸城に居る上様が不意に野駆に出かけると言い出し、さっさと馬に乗り出かけて仕舞います。
中目黒あたり迄来たのですが、弁当を持ってこなかったので、昼時になると腹が減ってしかたありません。
その時どこからか、魚を焼くいい匂いがします。聞くと秋刀魚と言う魚だと言う。

供は「この魚は下衆庶民の食べる下衆魚、決して上様のお口に合う物ではございません」と言う。
上様は「こんなときにそんなことを言っていられるか」と言い、供にさんまを持ってこさせた。これはサンマを直接炭火に突っ込んで焼かれた「隠亡焼き」と呼ばれるもので、上様の口に入れるようなものであるはずがない。
とはいえ食べてみると非常に美味しく、上様はさんまという魚の存在を初めて知り、かつ大好きになります。

それ以来、寝ても覚めても秋刀魚の事ばかりが頭に浮かびます。
ある日、御三家が揃っている処で、上様は秋刀魚の事を聞きますと、水戸様が「我が領地は秋刀魚の産地です」と答えるのを聴いて、「ではさる重陽の節句の時に皆に馳走してくれ」と頼みます。
当日、城内は秋刀魚の山ばかり、これを焼いたものだから、凄い煙が火事だと思い、火消しが来る始末です。
思い通りに秋刀魚を食べた、上様ですが・・・
「これが水戸の本場か?」と訪ねます。
「はい、御意にございます」
「いや〜秋刀魚は目黒に限る」

この筋は、正蔵師のパターンです。他の噺家さんとは違っています。
普通の筋はhttp://blog.livedoor.jp/isogaihajime/archives/1529208.html#more

目黒に限らず、江戸の郊外は将軍家の御鷹狩の場所でした。
ですので、鷹狩と言うと大げさになるので、お忍びでの野駆けと言うのが本当の処でしょうね。

上様が食べた秋刀魚ですが、江戸時代には目黒は芋の産地で行商が盛んに行われていたそうです。
「目黒のいも」の大需要地が、東海道品川宿と、大きな魚市場が当時存在していた芝であったので、
目黒を朝早く出て両地にて芋を売り、その代金で「芝のサンマ」を買って、昼過ぎに歩いて目黒に帰るのが行商人のパターンの一つだったという事です。
ですから、昼過ぎには間に合ったのですね。

秋刀魚は当時は、保存の為、産地(銚子等)で塩を軽く振り、鮮度の維持に努めました。その後船で一昼夜かけて、日本橋に運び込まれたので、一般の人々が食べる頃は、塩味が付いていて、
そのまま焼いても美味しかったそうです。続きを読む

柳の馬場

images今日は「柳の馬場」です。
中国・明代の笑話集「應諧録」中の小咄が原型とみられますが、詳しいことは判っていません。
明治期は四代目橘家円喬の名演が、いまだに語り草になっています。
幼時に見た六代目圓生師が語るには、円喬は座って演じているのに、杢市が枝にぶら下がった足先に、
本当に千尋の谷底が黒々と広がって見えたとか。
そのせいか、圓生師は、生涯この噺を手掛けませんでした。
また、初代圓左師が得意としたそうですが圓左師のは、ぶら下がった足先が直ぐに地面で、
お殿様がからかってる感じがよく出ていたそうです。どちらを取るかでしょうねえ。
一朝老人から正蔵師へ伝わりました。

治療の腕より口が達者な按摩の杢市ですが、ある旗本の殿さまのごひいきに預かり、
足げく揉み療治に通っているのですが、ある日、いつものように療治が終わってからのよもやま話で、
目の見えない人間をいじめる輩への怒りを訴えたところから口が滑って、自分はいささか武道の心得がある、
と、ホラを吹いてしまいました。
殿さまが感心したのでつい図に乗って、剣術は一刀流免許皆伝、柔術は起倒流免許皆伝、
槍術は宝蔵院流免許皆伝、薙刀は静流免許皆伝と、つい図に乗って仕舞います。
弓術は日置流免許皆伝と言ったら、殿様が「的も見えないそちが弓の名手とはちと腑に落ちんぞ」
と文句を言うと、そこは心眼で、とごまかします。

調子に乗り、ご当家は三河以来の馬術のお家柄なのに、りっぱな馬場がありながら馬がいないというのは惜しい、自分は馬術の免許皆伝もあるので、もし馬がいればどんな荒馬でも乗りこなしてみせるのに残念だ。
と言ったからさあ大変。
「実はこの間、友人の中根が『当家に馬がないのは御先祖にも申し訳あるまい。
拙者が見込んだ馬を連れてきてやろう』と言っていたが、
その馬が荒馬で、達人の中根自身も振り落とされてしまった。
きさまが免許皆伝であるのは幸い。一鞍責めてくれ」
こう言われてしまいました。

しかたなく、今のは全部うそで、講釈場で「免許皆伝」と流儀の名前だけを仕入れたことを薄情。
しかし、殿さまは
「身供に術を盗まれるのを心配してさようなことを申すのであろう」
と、全然取りあってくれない。
若侍たちにむりやり抱えられ、鞍の上に乗せられてしまいました。

馬場に向かって尻に鞭をピシッと当てられたからたまらず、馬はいきり立って杢市を振り落とそうとします。
半泣きになりながら必死にぶるさがって、馬場を半周ほどしたところに柳の葉が目に入ります。
この枝に慌てて飛びつくと、馬は杢市を残して走っていってしまいました。

「杢市、しっかとつかまって手を離すでない。その下は谷底じゃ。落ちれば助からん」
「ひえッ、助けてください」
「助けてやろう。明日の昼間までには足場が組めるだろう」

冗談じゃない。もう腕が抜けそうだ。

「長年のよしみ、妻子老母は当屋敷で養ってつかわす。心置きなく、いさぎよく死ね」
耐えきれなくなり「南無阿弥陀仏」と手を離すと、
地面と、足先ががたった三寸。

按摩と言う職業は揉み療治、鍼灸などを業とし、座頭の位がもらえて初めて営業を許されました。
盲人だけでなく、目が見える者も多く、その場合は座頭の資格ではなく、頭を丸めて医者と名乗っていたそうです。続きを読む

正蔵師が作った「二つ面」と言う噺

nuenokai(omote)今日は「二つ面」と言う噺です。
これは八代目正蔵師の作です。
最もこの噺には前段とも云うべき噺がありまして、「生きている小平次」と言う怪談噺ですが、この小平次と言うのが、「小幡小平次」と言う人物で、山東京伝の『復讐奇談安積沼』や鶴屋南北の『彩入御伽草』などの江戸時代の怪談話に登場する架空の歌舞伎役者と言う事です。
で、この噺にも登場します。
幽霊なのに誠に人間臭く出てきます。

初席の四日目の事、怪談噺を得意とする噺家の柳亭西柳が高座を済ませ、弟子の佐太郎と近頃の客について話ながら帰っていると、追いはぎが突然金を出せと声をかけます。

佐太郎は驚いて、今日の割を盗られてはなるまいと逃げていってしまいます。
残された西柳は、追いはぎも初仕事ということであふれては縁起が悪いので、何か差し上げたいと、羽織と財布の中の銭を渡そうとします。
ところが、追いはぎはギャーと言う声を上げて逃げてい来ました。

師匠という声がするので見ると、西柳が売り物にしている怪談噺の主人公小幡小平次の幽霊が現れます。
丁寧に挨拶をし、深川の寄席に師匠の噺を聞きに来たというのです。
松島町に部屋があるので来るように誘われ、肩につかまり目をつむると一瞬にして到着しました。

この家は恨みのあった多九郎の子孫のもので、恨みを遂げると、今度はその子孫の守り神になると言います。
寿司をご馳走になり話をし、その中で、怪談話で最近の客は笑うが、それは強がってのこと。
師匠の面の作りはいいが、一つだから客が笑う。後ろにも面があれば客はぎょっとする、二つ面にすれば笑わないと教わります。

幽霊と別れた後、二つ面については忘れていたのですが、秋口になって、風邪を引いたのが長引きます。
その間、弟子の佐太郎が寄席で怪談噺をやっています。
それを知った西柳は二代目柳亭左柳の名を継ぐように勧め、小平次の幽霊から教わった二つ面について伝授します。

その後、佐太郎は師匠の好物の寿司を買いに出かけます。
その時、再び小平次の幽霊が現れ、守り神として箔がつき、極楽へ行くことになり当分会えないので来たとい居ます。
そして、極楽に行った幽霊が娑婆に残した寿命が積もり積もって三百年あるので師匠にやると言って消えてしまいます。
その後、佐太郎が帰って来て、小平次の幽霊とのやり取りを話すと
「へえ〜、師匠結構で」
「何が結構なことがあるものか。怪談噺をやるよりか、ほか能のない人間で、おまけにひどい貧乏人が三百年も生きたら世間の人が笑うだろう」
「笑う?ああ、笑う人には二つ面をお見せなさい」

これは、正直、怖くありません。
むしろ面白いと形容したほうが良い噺です。実は私は好きな噺の一つです。
噺家の世界も垣間見れるので、楽しいですね。
「生きている小平次」では、多九郎が「小平次は生き返る」と語っているので、この噺に続くのでしょうね。
こちらの方はかなり怖いです。
続きを読む

九段目と言う噺

133116567160513107061今日は「九段目」です。

忠臣蔵を題材にした噺ですが、圓生師と正蔵師以外は恐らく演じていない噺だと思われます。
あらすじとしては単純で、噺的な面白さはあまりありません。

筋も主に九段目の芝居のあらすじを語っている様な噺で、おまけにサゲも判り難く、
仕込みも必要なので、今では演じる方が居るかどうかです。

素人芝居の九段目で、本蔵役の者が病気になり、越してきたばかりの男を代役にしたが、
下手な上に血止めに煙草を使う始末・・と言う筋で、実際に聴いて貰った方が早いと思います。

でもこの噺ですが頼まれる方もいい加減ですが、頼む方も素人芝居と言う事で
いい加減極まり無いですね。

12月になりましてそろそろ仕事が忙しくなりますので、今月と来月は更新が不定期になるかも知れません。
なるべく更新しようと思いますが、おやすみの時はお許し下さい。

続きを読む

育ての親でも・・・・・

023今日は、平岩弓枝作『笠と赤い風車』です。

いわゆる新作人情噺とも言える噺で、昭和40年芸術祭奨励賞を受賞しています。

 浅草馬道にお豆腐屋さんの嘉吉(かきち)という店があり、夫婦の間に男の子が産まれたのですが、女将さんは産後の肥立ちが悪く、亡くなって仕舞いました。
途方にくれていたら、亡くなった女将さんの妹でおせんが何くれと細やかに赤子の面倒を見てくれたので、
大家さんを始め周りの者も推め、それに従って後添いとし暮らしていました。

その子常吉が、多感な十五歳の時に、周りの輩が有る事無い事吹き込んでしまい、それが原因で根性が曲がってしまいます。
二十歳の頃には手の付けられない悪になってしまい、父親はそれを苦に亡くなります。
母親のおせんが何をやっても、悪く悪く取って始末に負えなかった。所帯を持たせば落ち着くだろうと、遠縁の器量好しで気立ての良いお花を迎えたが、それにも難癖を付ける始末。

の頃町内でも有名な縛連崩れの悪女、おぎんと言う女が常吉に付いた。常吉は知らないが、おぎんには仙太というヒモが付いていました。
 大家が訪ねてきて、無尽が満期になったお金と、生前嘉吉が預けておいた金、合わせて15両がある。6月10日法華講が身延に参詣に行くので、一緒に行こう、と誘われた。嘉吉の遺骨を収めに行きたい、と話はまとまり、大家が15両預かってくれた。
 この話がおぎんの耳に入り、仙太と悪い相談が決まった。おぎんの口から常吉に伝え、親孝行の真似をしてお金を巻き上げろと悪知恵を与えた。親孝行の真似事をしていると、おせんもほだされ15両の一件を話し、身延に行く事を了承して欲しいと頼むと、遠いし大変だから自分が行くと言い出した。おせんも快く了承し、大家も最近の行いを見ていたので同行を許した。

 10日が近づくと、おせんは15両を胴巻きに縫い込み、あれこれと旅立ちの用意をした。当日、菅笠には実の母親からの形見の赤い風車を縫い付けておいた。この赤い風車も母親だと思って、身延に収めて欲しいと持たせた。金が欲しいだけの常吉は気ィ良く持って出た。

 一行は東海道の道を取り、初日、戸塚泊まり。常吉は一緒の宿には泊まらず、おぎんと逢って別の宿に投宿した。翌日二人は歩き始めたが赤い風車が気になったが、しっかり縫い付けられていたので取れず、茶店で置き忘れたように捨てた。小田原に宿を求めると、赤い風車が付いた笠が届いていた。茶店のお婆さんが届けたという。翌日、歩き始めてドブに笠を捨ててしまった。箱根にさしかかり、茶屋に腰を下ろすと、赤い風車を付けた笠が届いていた。品の良い2人の婦人が届けたという。さすがの常吉もゾーッとした。

箱根で宿を取ったが、酒を飲んでも気が晴れない。散歩をしようと宿の下駄を引っかけ真っ暗闇の中歩いていると、後ろから思いっ切り突き飛ばされて、谷川に転落。突き飛ばしたのはヒモの仙太で、金を懐におぎんと二人は箱根越えを始めた。
 常吉は気が付いたら箱根の宿であった。聞くと、炭焼きが赤い物を見付け、谷川を下りると、川の中に倒れていた。笠が常吉を支えるようにして、水も飲まず怪我もせず助かった。笠はぐっしょり濡れて、その時の状況が見えるようだった。笠の中に母親の姿をだぶらせたが、その母親は継母のおせんの事であった。居ても立っても居られず、とって返して我が家に。

 線香の煙の中、おせんは横たわっていた。お花が言うには、毎日手を合わせていたが、昨夜気が付くと、両手を上につきだして重いものを支えるような恰好で、水につかったようにぐっしょりと濡れて息絶えていた。
 「おっ母さん、おっかさ〜ん」と子供のように泣きじゃくる常吉の背中で、風車が風もないのに回りました。クルクル、クルクル、クルクル。

これとか、「二つ面」(ふたつめん)、「すててこ誕生」等もいいですね。
それから、文芸物で長谷川伸の「旅の里扶持」、村上元三の「五月雨坊主」、「あんま」、浜本浩の「めだか」なども正蔵師は口演しています。
続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ