はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:林家彦六

今日は八代目正蔵師の命日です。 他には四代目志ん生師の命日でもありますね。 四代目志ん生は鶴本の志ん生とも言いますね。 四代目志ん生師の事はよく知らないので、八代目正蔵師について。 子供の何回かは高座を見ました。正直当時は聴き難い師匠だと 思っていまし…
>>続きを読む

今日は八代目林家正蔵師の「耳なし芳一」です。 この噺は怪談噺ではなく師匠得意の文芸物に入るのだそうで、 余り聴かれませんでしたね。 噺そのものは、小泉八雲の「怪談」と同じ筋です。 私たちが子供の頃からさんざん聞いた話ですね。 昨日上げた談志師匠の動画に…
>>続きを読む

昨日は彦六師の命日だったので、沢山の噺があがりましたね。 私なんか聞く一方なので嬉しいです。 特に「ステテコ誕生」は、あらすじとタイトルは知っていましたが 聞いたのは初めてなので、嬉しかったですね。 噺の中で噺家達が圓朝師の家に抗議に行く処がありますが…
>>続きを読む

二日ばかり更新を休んでしまいました。すいません。 昨日は、SP版の音源を上げました。 志ん生「亭主関白」 彦六「チップ一万両」の二本 それと、馬生師で「干物箱」です。 志ん生師のSP版は資料によると二枚しかないそうで、 戦前あまり売れなかったので、吹…
>>続きを読む

今日は春風亭小朝師と桂文朝師、それに彦六師の三本をあげました。 小朝師の「星野屋」の録音ミスのお詫びで、「目薬」」等を・・・ また、福郎師はにこにこ側の変換ミスで、最後のオチが切れてしまいました。 今後、最後がぎりぎりの音源は、気をつけなければ。 三本目…
>>続きを読む