はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:春風亭柳橋

『青菜』  え〜ゴールデンウイークに入りましたので、やっぱり「青菜」をやらないと駄目な気がします。 【原話】 1778年の「当世話」からです。元は上方落語。それを三代目 小さん師が東京に輸入しました。 【ストーリー】 さるお屋敷で仕事中の植木屋、一休みで主人から…
>>続きを読む

今日から数回に渡って「懐かしい噺家さん」を特集致します。 名人と呼ばれた訳ではないが、多くのお客さんに愛された噺家さんを取り上げて行きたいと思います。まずはこの師匠 ・【六代目 春風亭柳橋】明治32年(1899年)10月15日 – 昭和54年(1979年)5月16日 ・「出囃子…
>>続きを読む

 暫く更新をサボっていて申し訳ありません。 今日は「青菜」を取り上げてみたいと思います。 るお屋敷で仕事中の植木屋、一休みで主人から「酒は好きか」と聞かれます。 もとより酒なら浴びるほうの口。そこでごちそうになったのが、上方の柳陰という「銘酒」だが、これは…
>>続きを読む

今日はちょっと真面目? な話を……  今月号の「かわら版」を見た方はご存知だと思いますが、今月号の「東京かわら版」の「落語と私、私と落語」のコーナーでエッセイストの酒井順子さんが面白い事を書いていらっしゃったので紹介してみたいと思います。  酒井さんは落語…
>>続きを読む

昨日は仕事がお休みでしたので、浅草の夜席に行きました。 本当は昼席に行きたかった! だって茶楽師が出るからですが、色々と用事が重なりまして、断念! それで夜席になりました。 夜席に開場(招待券の人が入れる時間)よりわずかに遅くなってしまいました。 昨日は2階席…
>>続きを読む