はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:春風亭柳好

『野晒し(のざらし)』 昨日今日は少し涼しくなりました。明後日あたりからは更に涼しくなるとか?  ま、秋の噺はちょっと感じが出ないのですが、今日はこの噺です。 【原話】  中国明の時代の「笑府」の中の「学様」と言う話を元に二代目林家正蔵師(沢善の正蔵)が作っ…
>>続きを読む

『ガマの油』 今日はこの噺です。暫く更新できないかも知れません。 【原話】 「両国八景」の一部が独立して噺として成立しました。 上方では「東の旅」の一部です。 【ストーリー】  大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」 黒羽二重の紋付き袴姿で、さあさ、…
>>続きを読む

『野晒し(のざらし)』 【原話】  中国明の時代の「笑府」の中の「学様」と言う話を元に二代目林家正蔵師(沢善の正蔵)が作ったと言われています。この二代目の正蔵師は本職のお坊さんでもありまして、他に「蒟蒻問答」と言う噺も作っています。  さらに、この噺を明治…
>>続きを読む

今日は柳好師のことです。好きな噺家さんの一人ですね。 【三代目春風亭柳好】1887年4月24日 – 1956年3月14日 今日は少し古いですが(私も生の高座は見たことがありません。なんせ生まれる前なので)当時大人気を博したと言われている噺家さんです。 ・「出囃子」  『梅…
>>続きを読む

今日は「穴泥」です。 原話は、嘉永年間(1848年~1854年)に出版された笑話本・「今年はなし」の一遍である『どろ棒』です。 上方だと「子盗人」というタイトルですね。 この噺は、圓朝作品ではありませんが、速記が残っており、圓朝全集にも収録されています。 三両の金策が…
>>続きを読む