はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:春風亭昇太

今日は「権助魚」です。 上方が発祥で、「お文さん」「万両」の題名で演じられる噺の発端が独立したものですが、 いつ、だれが東京に移したかは不明です。 ある商家のおかみさんが飯炊きの権助を呼び出して訊ねごと。 「近ごろ、旦那の様子がおかしい。よそに若い女でも出来たん…
>>続きを読む

今日は、「権助魚」です。 上方が発祥で、「お文さん」「万両」の題名で演じられる噺の発端が独立したものですが、 いつ、だれが東京に移したかは不明です。 ある商家のおかみさんが飯炊きの権助を呼び出して訊ねごと。 「近ごろ、旦那の様子がおかしい。よそに若い女でも出来…
>>続きを読む

え~先日記事にもしましたが、友人が末広亭の初席に行きまして、 その時真打昇進が無いと言うパンフレットを見せてもらったのですが、 その時昇太師の「時そば」が関西風で面白かったと言っていました。 「時そば」はもっていますが、それをうpするのも芸が無いので、 …
>>続きを読む

今日は、春風亭昇太師の「御神酒徳利」と先代昔昔亭桃太郎師の「お好み床」 の二本を上げました。 まあ、何て言う事は無いのですが、先代昔昔亭桃太郎師は、 読んでいる談志師匠の本に載っていましてね、 「そういや音源持っていたよなあ?」 そう思い出しまして上げた…
>>続きを読む

今日は、春風亭昇太師の「権助魚」を上げました。 2004年の録音ですね。昇太師は前座の頃師匠から古典を習ったそうですが、 古典の口調が身に付くのがいやで、真剣にはやらなかったそうです。 入門当時から新作がやりたかったそうですが、師匠から「うれない二ッ目の新…
>>続きを読む