らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:春風亭小朝

sitidanme『七段目』
 もうすぐ討ち入りの日なのでこの噺です。

【原話】
原話は、初代林屋正蔵師が1819年(文政2年)に出版した笑話本『たいこのはやし』の一遍の「芝居好」だそうです。元々は上方落語だそうですが、いつごろ東京に移植されたかはわかっていません。
「忠臣蔵」の演目としては人気演目といって良いでしょうね。

【ストーリー】
常軌を逸した芝居マニアの若旦那は、家業そっちのけで芝居に夢中。
私生活もすっかり歌舞伎一色に染まってしまい、何をやっても芝居のセリフになってしまうのです。
例えば、人力車を停めようとするだけでもつい芝居がかってしまい、車の前に飛び出して「そのくるまァ、やァらァぬゥー」となる塩梅。

その日も、若旦那が出て行ったっきり帰ってこないので、頭に来た旦那が小言を言ってやろうと待ち構えていると、そこへ何も知らない若旦那が帰ってきます。
「遅いじゃないか!?」「遅なわりしは、拙者が不調法」]「いい加減にしろ!」とつい殴ってしまい、慌てて謝ると「こりゃこのおとこの、生きィづらァをー」となる始末です。
あきれた旦那が若旦那を2階へ追い払うと、「とざい、とーざーい」と物凄い声を張り上げます。
閉口した旦那は、小僧の定吉に止めてこいと命じる。2階に上がった定吉なんですが、これが若旦那同様の芝居好き。
ですから、これが逆効果で、若旦那は仲間ができたと大喜び。一緒に芝居をやろうと言い出します。
 結局、そのまま2人で芝居をやろうということになり、選ばれたのは忠臣蔵の『七段目・「祇園一力の場」』。
定吉がお軽、若旦那が平右衛門をやることにし、定吉を赤い長襦袢と帯のしごき、手拭いの姉さんかぶりで女装させたのはいいが「平右衛門の自分が、丸腰というのは変だ。そうだ定吉、床の間にある日本刀を持っておいで」「え!?」定吉が逃げ出しそうになったので、刀の鯉口をコヨリで結び、下げ緒でグルグル巻きにする若旦那。
 芝居を開始するも、「その、頼みという…はな…」だんだんと目が据わってきた若旦那に、嫌な予感を覚える定吉。「妹、こんたの命ァ、兄がもらったッ」コヨリと下げ緒をあっという間にぶっちぎた若旦那が、抜き身を振りかざして定吉に襲い掛かってきた。慌てて逃げ出した定吉は、足を踏み外して階段から転げ落ちてしまう。そこに旦那が駆けつけます。
「おい、定吉、しっかりしろ!」「ハア、私には勘平さんという夫のある身…」「馬鹿野郎。丁稚に夫がいてたまるものか。また芝居の真似事か。さては2階であの馬鹿と芝居ごっこをして、てっぺんから落ちたか」
「いいえ、七段目。」

【演者】
先代三遊亭円歌師、先代雷門助六師などが軽妙に演じ、現役では、小朝師、正雀師ほか多くの演者が演じています。

【注目点】
最後のオチですが、古い型では「七段目から落ちたか」「いえ、てっぺんから」
と逆で、米朝師はこの型でサゲています。

『能書』
若旦那や定吉のセリフが歌舞伎の演目の名セリフのパロディになっていて、それも楽しみの一つです。
ですから、歌舞伎を知ってる方は一層楽しい演目です。
当時は、江戸、大坂のような都市部の人々なら、特にこの若旦那のような芝居狂でなくとも、芝居の「忠臣蔵」のセリフや登場人物くらいは隅々まで頭に入っていて、日常会話の一部にさえなっていました。

『ネタ』
題名の由来は、中盤で歌舞伎の演目『仮名手本忠臣蔵』の七段目「祇園一力茶屋の場」にあたる場面が取り上げられているからだそうです。これは、密書を読まれて仇討ちの計画を知った遊女お軽を、身請けしてから殺そうという大星由良助の腹を察した寺岡平右衛門が、妹であるお軽を自ら手に掛けた手柄によって、敵討の同志に加えてもらおうとする見せ場であるとされています。

0d84826d「大相撲」が始まりましたね。と言う訳で、今日は「寛政力士伝」より「小田原相撲」です。

江戸の相撲取りで人格、技量ともに優れた力士に横綱谷風梶之助がいました。
温厚でまず怒った事がなかったが、人生でただ一回だけ怒った事があったのです。

 伊豆の下田に大巌(おおいわ)大五郎という素人だが強い相撲を取る男がいました。
ところがこいつ、取り口も汚く相手を負かし、人を殺めた事もあったのですが、バックに地のヤクザが付いていたので手出しが出来ません。

有頂天になった大巌は「江戸の相撲取りと一番やりたいが、恐くて箱根を越えられないだろう」とうそぶいていた。この声を谷風が聞いて、小田原で3日興行を打って対戦する事になりました。

当日の賑やかな事、初日は頭突きの鯱(しゃちほこ)清五郎をあてます。
頭突きでは敵う者が居位という強者でしたが、その二人が対戦し大巌の胸に頭付きを食らわしました。
普通の人間だったら血反吐を吐いて倒れる所ですが、さすがの大巌受け止めます。
行司に見えないように指で目つぶしを食らわし鯱、もう一度頭突きを掛けたが、見透かされ体を変わして投げ飛ばされて、沼津まで飛んでいったと言う・・・

 これを見ていた谷風、これほど強いとは思わず、宿に帰って思案していると、親子連れが入ってきました。母親が言うには、亭主は奉納相撲で大巌に汚い相撲で投げ殺されたので、その遺恨を晴らして欲しいという嘆願。
年端もいかない息子も家の鶏が産んだ卵50個あるから必ず勝ってよと置いていきました。
この頃の卵は貴重品です。
 それを襖越しに聞いていた雷電が、ものの順番として私が取りましょうと言います。
谷風からOKが出ると、この卵は私のものですよね、といって丼に割り込んで飲み込んでしまった。

 2日目木村庄之助が呼び上げます、大巌、こなた雷電。雷電は197cm、169kg有ったという、大巌はそれより一回り大きかった。軍配を上げると、誰しもぶつかると思っていたが、雷電両手を上げてバンザイの形になります。
大巌驚かず二本差してガブリ寄りに、さしもの雷電も土俵際まで追いつめらましたが、ここで両の腕を下ろして、カンヌキの形になりました。
大巌の両の腕が内側に曲がり、血の気が失せてブルブルと震え始めます。
その時「ブキッ」と異様な音がして、続けてもう一度響きます。
雷電両腕を上げると大巌の腕がブラリと垂れ下がっていて、後々の事があると言うので、雷電張り手で大巌の顔面を張ります。
後年雷電の張り手は禁じ手になったほどスゴかったのですが、それを左右連続で張ったからたまりません。顔が3倍にも膨れあがってしまいました。
後は廻しと肩を持って投げ飛ばした。場内割れんばかりの大歓声です。
 谷風、雷電の師弟が親子のあだを討ったという、小田原相撲の一席。

「寛政力士伝」と言うのは講談や浪曲の演目で、このエピソード以外にも多くの噺があります。
・横綱谷風の品格を物語るエピソード「谷風七善根」
・親不孝の若者を改心させる「出羽屋幸吉」
・谷風の土俵入りを邪魔したため放り投げられたのがきっかけで、人望を失った侠客を兄弟分となって救う「橋場の長吉」
・病気の親の看病のため不振に陥った力士と対戦して勝ちを譲る「佐野山権平・情け相撲」等の噺があります。

谷風も雷電もご存知の通り実在の力士です。それぞれの力士については今日は書きませんが、検索していただくと、沢山出てきます。
まあ噺は創作だと思いますがね。(^^)
でも聴いていて楽しいし、いい話ばかりですね。
当時、力士は庶民から見れば、スーパーマンの様な感じだったのでしょうね。続きを読む

217b4919弘法大師とは、空海上人とも呼ばれ、日本に真言宗を広めた偉いお坊さんですね。
知らない人は居ないと思いますが・・・・

空海上人22歳の時、武蔵の国・橘郡(たちばなごおり)平間村、今の神奈川県川崎に来た時、名主の源左衛門宅に宿をとって布教しました。
美しく学徳もあり、若い空海に信者も増えていきます。
宿の娘”おもよ”さんは村きっての絶世の美人でしたが、最近、そのおもよさんが痩せてきたと言う。
婆やさんが話を聞いてみると、「御上人様のことが好きで・・・」と恋の病をうち明けます。
ご主人源左衛門が上人に掛け合って当家に入って欲しいと懇願したが、仏道の修行中の身と言って断られてしまいます。
この事を娘に言う訳にもゆかないので、おもよさんに「若い僧なので今夜綺麗に化粧して彼の寝床に忍び込んできなさい」とけしかけた。

 おもよさんが寝室に忍び込んでみると、 部屋の中はもぬけの殻で、布団に手を入れると餅つきの杵(きね)が置いてあった。これは上人が残した何かのナゾではないかと思います。
一人娘と出家の身だから「想い杵(キレ)」と言うのかしら、はたまた「ついてこい、付いて来い」と言っているのか解りませんが、惚れた弱み、上人を追いかけます。

 六郷の渡しに来てみると一刻(とき)前に上人を渡したと船頭から聞き、今の時間で2時間前では女の身では追いつく事も出来ません。
悲観のあまり多摩川に身を投げてしまいます。上人は変な胸騒ぎがするので引き返してみると、夜も白々と明ける頃、村人に囲まれた冷たいおもよさんの骸(むくろ)に対面します。
その死を悲しみ、名主の源左衛門宅に戻り、おもよさんの菩提を毎日弔りました。
近隣の人がそれを見て庵を造り、その名を「おもよ堂」。それが徐々に大きくなって、今の川崎大師になりました。伝説では、大師堂の奥には今も「弘法身代わりの杵」が安置されていると言う事です。

 小朝師がその真偽を確かめに川崎大師で尋ねると、「その話は臼(うす)だ!」。

弘法大師の生涯には、二十代の若き日に謎の空白期があるとされ、その時期の恋物語を無責任に想像したのがこの噺で。噺の舞台が落語にはめずらしく川崎になっているのは、言うまでもなく川崎大師からの連想だと思います。

川崎大師は、川崎大師のHPから引用しますと・・・・
今を去る880余年前、崇徳天皇の御代、平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が、無実の罪により生国尾張を追われ、諸国を流浪したあげく、 ようやくこの川崎の地に住みつき、漁猟をなりわいとして、貧しい暮らしを立てていました。兼乗は深く仏法に帰依し、とくに弘法大師を崇信していましたが、 わが身の不運な回り合せをかえりみ、また当時42歳の厄年に当たりましたので、 日夜厄除けの祈願をつづけていました。

 ある夜、ひとりの高僧が、兼乗の夢まくらに立ち、「我むかし唐に在りしころ、わが像を刻み、 海上に放ちしことあり。已来未(いらいいま)だ有縁の人を得ず。いま、汝速かに網し、これを供養し、功徳を諸人に及ぼさば、汝が災厄変じて福徳となり、諸願もまた満足すべし」と告げられました。

兼乗は海に出て、光り輝いている場所に網を投じますと一躰の木像が引き揚げられました。

それは、大師の尊いお像でした。 兼乗は随喜してこのお像を浄め、ささやかな草庵をむすんで、朝夕香花を捧げ、供養を怠りませんでした。

 その頃、高野山の尊賢上人が諸国遊化の途上たまたま兼乗のもとに立ち寄られ、尊いお像と、これにまつわる霊験奇瑞に感泣し、兼乗と力をあわせ、ここに、大治3年(1128)一寺を建立しました。そして、兼乗の姓・平間をもって平間寺(へいけんじ)と号し、御本尊を厄除弘法大師と称し奉りました。これが、今日の大本山川崎大師平間寺のおこりであります。

 法灯をかかげて、悠久ここに880余年、御本尊のご誓願宣揚と正法興隆を目指す根本道場として、川崎大師平間寺は、今、十方信徒の心からなる 帰依をあつめています。

となっています。噺はみんな”ウス”でした。(^^)続きを読む

132632494760713130915今日は「辰巳の辻占」です。

辰巳とは深川の事ですね。実にサゲが粋な噺です。

元話は、宝永2年(1705)刊の初代露の五郎兵衛師が書いた「露休置土産」中の「心中の大筈者」と言う話です。
これが「辻占茶屋」と言う上方落語になりまして、明治の頃に東京に移されまして「辰巳の辻占」となりました。
歴代の名手に、4代目圓喬師、3代目三木助師や10代目馬生師等がいます。上方では文枝師が良かったですね。

道楽者の猪之助が、おじさんのところに金の無心に来ます。
辰巳(深川)の静という女郎に首ったけで、どうしても身請けをして女房にしたいが、三百円の金が要るという。

つい今し方猪之助の母親が来て、さんざん泣いて帰ったばかりなので、その手前、説教はしてみたものの、
このおじさん、若いころ少しはその道に覚えのある身で、言って聞かせても当人がのぼせていて、
どうにもならないと見て取ると、金を出す前に女の料簡を試してみろと、一計を授けます。

翌日、猪之助がいやに深刻な顔で見世に現れます。
「どうしたの」
「実は借金が返せねえので、
おじさんの判をちょろまかして金を融通したのがバレて、
赤い着物を着なくちゃならねえ。
この上は、死ぬよりほかないので、別れに来た」
「まあ、おまはんが死ぬなら、あたしも一緒に」
行きがかり上、そう言うしかしかたがない。
「それでいつ?」
「今晩」
「あら、ちょいと早過ぎるワ。日延べはできないの」
「できない」

……しまったと思ってももう遅く、
その夜二人で大川にドカンボコンと身を投げることになってしまいました。
吾妻橋まで来て、二人でやりあっても拉致があきません。
静の方はいやいやながらなので、南無阿弥陀仏ひい〜のふう〜のみと数えても飛び込みません。
少し離れた処で、南無阿弥陀仏と声だけはやたら大きく、身代わりに石を川へドボーン。

男の方は、
その音を聞いててっきり静が飛び込んだと思い込み、大変なことをしでかしたと青くなる。
どのみち、オレは泳げねえ、ぢいいち仕組んだおじさんが全部悪いんだから
……どうしようかと迷ううち、こちらも石があるのに気が付いて、
「……えい、そうだ。静、オレも行くからな……。悪く思うなよ」
やっぱり同じように身代わりに、石をドボーン。

静はこれを聞いて、「あーら、飛び込んだわ。あの馬鹿が。あー寒い。帰ろうっと」

両方がそろそろっと、寒さに震えながら戻ってくると、
見世の看板の行燈の前で、バッタリ。

「あっ、てめえ、静」
「あーら、猪之はん。ご機嫌よう、お久しぶり、
「何が『お久しぶり』だ!」
だって〜娑婆(しゃば)で会って以来じゃないか」


噺の設定で、猪之が無人に当たり、大金が入ったので、静がその金をよこす様に云う設定もあります。
相方の名は「お玉」とも「紅梅」とも替ります。

辻占とは、「辻占菓子」の事で、せんべい、饅頭などの中に、恋占いのおみくじを入れたもので、
遊里の茶屋などのサービス品でした。
今だとフォーチュンクッキーですね。

辰巳とは深川の事です。江戸の辰巳の方角(東南)にあたるので、こう呼ばれました。

オチの言葉は遊里の里言葉で、「久しぶり」の意味があります。
世間を娑婆に見立てての言葉です。続きを読む

20100503193027c1a今日は「巌流島」です。

原典は中国の古典「呂氏春秋・察今篇」という逸話集からです。
安永2年(1773)刊の「坐笑産」中の小ばなし「むだ」を始め、さまざまな笑話本に脚色されていますが、
その後上方落語「桑名舟」として口演されたものを東京に移す際、佐々木小次郎の逸話をもとにした講談の
「佐々木巌流」の一節が加味され、この名がついたものです。

そのせいか、もとは若侍を岸に揚げた後、老人が、昔佐々木巌流(小次郎)がしつこく立ち会いを挑む相手を小島に揚げて舟を返し、勝負をしなかったという伝説を物語る場面がありました。
この説明がなければ、「巌流」といっても何のことかわからず、むしろ「岸流島」の演題が正しいと言われています。

六代目円生師、八代目正蔵師、三代目小円朝師などの大看板が手掛けましたが、何と言っても
志ん生師のが絶品です。
時にこれは貴重な映像も残っています。
上方では、東海道・桑名の渡し場を舞台にしています。

浅草の御廐河岸から渡し船に乗り込んだ、年のころは三十二、三の色の浅黒い侍。
船縁で一服つけようとして、煙管をポンとたたくと、罹宇(らお)が緩んでいたと見え、雁首が取れて、川の中に落ちてしまいました。
船頭に聞くと、ここは深くてもう取ることはできないと言われ、無念そうにブツブツ言ってる処に
屑屋が、早速商売っ気をだして不要になった吸い口を買い上げたいと持ちかけたので
「黙れっ、武士を愚弄いたすか。今拙者が落とした雁首と、きさまの雁首を引き換えにいたしてくれるから、そこへ直れっ」ときたから紙屑屋は仰天してし舞います。

いくら這いつくばって謝っても、若侍は聞き入れません。
あわれ、首と胴とが泣き別れと思ったその時、中間に槍を持たせた七十過ぎの侍が
「お腹立ちでもござろうが、取るに足らぬ町人をお手討ちになったところで貴公の恥。ことに御主名が出ること、乗合いたししたる一同も迷惑いたしますから、どうぞご勘弁を」
と詫びたが、かえって火に油で「ならば貴殿が代わりに相手をしろ」と云う始末。

「それではやむを得ずお相手するが、ここは船中、たってとあれば広き場所で」
「これは面白い。船頭、船を向こう岸にやれ」
さあ、船の中は大騒ぎになります。

対岸近くなると、若侍は勢いこんで飛び上がり、桟橋にヒラリと下り立ちます。
すると、老人は槍の石突きでトーンと杭を突きます。
反動で船が後戻りしていき、見る見るうちに岸から離れて仕舞います。

悔しがる若い方の侍。
何を思ったか裸になると、大小を背負い、海にざんぶと飛び込びます。
こりゃあ、離されて悔しいから、腹いせに船底に穴を開けて沈めちまおうてえ料簡らしいと、一同慌てるが、
老人少しも騒がず、船縁でじっと待っていると、若侍がブクブクと浮き上がってきた。

「これ、その方はそれがしにたばかられたのを遺恨に思い、船底に穴を開けに参ったか」
「なーに、落ちた雁首を探しにきた」

この若侍は本当は老人に一泡吹かせようと狙っていた・・・とは考えられませんかねえ・・考え過ぎですかね。
続きを読む

このページのトップヘ