はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:春風亭一朝

『片棒』  今日はこの噺です。季節的にはこれからの感じがします。 【原話】 原話は宝永2年に出版された、「軽口あられ酒」の一遍である『気ままな親仁』だそうです。 【ストーリー】 石町の赤螺屋吝兵衛さんは一代で身代を築いた方ですが、大変なケチでもあります。 最近…
>>続きを読む

今回からは寄席によく出演していて、寄席ならではの芸を見せてくれる噺家さんを取り上げたいと思います。 まずは春風亭一朝師です。 【春風亭一朝】 1950年12月10日生まれ ・1968年3月 五代目春風亭柳朝に入門。 ・1970年4月 前座になる。名は朝太郎。 1973年9月 二つ目昇進…
>>続きを読む

今日は「祇園祭」です。この噺昔は「祇園会」と言ったのですが、いつの間に変わったのだろう? 原話は、天保年間に出版された笑話本・「如是我聞」の一遍である『都人』。別題は『京見物』です。 昔はこの噺は八代目文治師の十八番で、他に演じる噺家さんも余りいなかったそ…
>>続きを読む

今日は春風亭一朝師について書いてみたいと思います。 1950年東京足立区生梅田まれ。 私の所のすぐ側です。 1968年3月に 入門しました。五代目柳朝師の一番弟子です。 1970年4月 前座になる。名は朝太郎。 1973年9月 二つ目昇進し、一朝に改名しました。 出囃子は「菖蒲浴衣…
>>続きを読む

今日は、昨日「東京かわら版」9月号がきたので、そこから・・・ 巻頭エッセーは五味太郎さんです。 インタビューは、春風亭一朝師です。横笛の名手として知られていますが、子供の頃のお祭りのお囃子が最初で、 なり手がいなかったので、やる様になったとか。また好きな事…
>>続きを読む