はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

春風亭一朝

寄席で聴きたい 春風亭一朝師

40175967f970c1b3bace0339e6f34c15今回からは寄席によく出演していて、寄席ならではの芸を見せてくれる噺家さんを取り上げたいと思います。
まずは春風亭一朝師です。

【春風亭一朝】 1950年12月10日生まれ
・1968年3月 五代目春風亭柳朝に入門。
・1970年4月 前座になる。名は朝太郎。
1973年9月 二つ目昇進し、一朝に改名。
この名前は大師匠正蔵が、若い頃に世話になった三遊亭一朝の名前を与えたもので、最初は正蔵の所にに入門志願に来たのを当時更に弟子を取る余裕が無かった為、一番弟子の柳朝を世話したから、自分が世話になり、また晩年は逆に世話をした一朝の名前を与えたそうです。
・1980年3月 弟弟子春風亭小朝が一朝よりも先に真打昇進する。この時はかなりショックだったみたいですね。
・1982年12月 真打昇進。師匠柳朝師が脳梗塞に倒れる。このため真打昇進披露に師匠の柳朝師は出席出来ませんでした。

【芸風】
何と言っても、江戸前の噺をする本格派です。それでいて、笑いの多い噺も得意です。安心して聴いていられる噺家さんの一人です。

【得意演目】
片棒、二番煎じ、花見の仇討、大山詣り、青菜、目黒のさんま、尻餅 他多数

【エピソード】
弟子の育成には定評があり、一番弟子は六代目柳朝を襲名しています。また二番弟子は今や将来を嘱望されている一之輔師です。

【ネタ】
柳朝師の「江戸前」の芸風を見事に受け継いでいます。啖呵を切る威勢の良さは天下一品、「江戸っ子」を演じたらこれほど似合う噺家も珍しいですね。まさに「粋でいなせな江戸落語」の典型だと思います。これを見ると、芸と言うものが確実に弟子に受け継がれて行くものだと実感出来ます。

暑い夏の京都の噺

OSK201207170209今日は「祇園祭」です。この噺昔は「祇園会」と言ったのですが、いつの間に変わったのだろう?

原話は、天保年間に出版された笑話本・「如是我聞」の一遍である『都人』。別題は『京見物』です。
昔はこの噺は八代目文治師の十八番で、他に演じる噺家さんも余りいなかったそうです。
特に三都の言葉を完璧にあやっつたそうで、凄いですね。
転機になったのは、五代目柳朝師の弟子正朝師がNHKの新人落語コンクールで演じてからです。
師匠は正朝さんに「コンクールだから短くやるのは仕方がないが、前半の江戸者三人が京都につく迄のダレ場をきちんとやらないと駄目だぞ」とアドバイスしたそうです。
正朝さんは12分にまとめて、最優秀賞を取りました。
それからは多くの噺家さんが高座に掛ける様になりました。

一応「三人旅」の最後と言われていますが、この説に疑問を持つ噺家さんも居る様で、権太楼師や市馬師も、
本来は違う噺ではないか?と述べています。

江戸っ子三人が連れ立って伊勢参りを済ませた後、京見物にやって来たが、金を使い過ぎてしまった二人は先に江戸に帰り、六条に叔父のいる男だけが京に残る。祇園祭の当日、茶屋に上がって一人で飲んでいると、いつしか京都と江戸の自慢話がはじまる。ところが相手になった男は、伏見の酒や京の町筋、祇園祭と、全てを「王城の地だから、日本一の土地柄だ」と自慢するばかりで、以前に訪れたことのある江戸を「武蔵の国の江戸」ならぬ「むさい国のヘド」とまで言い出す始末。江戸を散々馬鹿にされ、我慢ができなくなった江戸っ子が、今度は京都の町の面白くないところを上げて反論していくと、江戸と京都の祭りのどっちがいいかという話になり、二人の興奮はとどまる処を知りません・・・

この先は実際に聴いて戴いた方が良いと思います。
字で読んでも面白く無いと思うのです。

当時の江戸っ子が夢に見た一つがお伊勢参りで、今のように気軽に国内旅行が楽しめる時代とは異なり、
旅支度からして大変だった時代なので、伊勢を回って京都へと来る様な事になれば、気分は最高だったのでしょうね。

今はあまりやりませんが、この後というかこの場に「およく」という芸者が登場して、何でも欲しがる欲深な人物として登場します。
少しサゲを書きますと、そのような性格だから注意しろとアドバイスを受けたので、江戸っ子は、・・・
「江戸はん、あんた商売は何どす?」
「聞いて驚くな。オレは死人を焼く商売だ!」
「そうどすか。おんぼうはんにご無心がおます。」
「おんぼうに無心とは何だ?」
「私が死んだら、タダで焼いておくれやす。」
とやり込められて仕舞います。
これも楽しい噺です。続きを読む

鯔背な噺家、春風亭一朝師

40175967f970c1b3bace0339e6f34c15今日は春風亭一朝師について書いてみたいと思います。

1950年東京足立区生梅田まれ。
私の所のすぐ側です。
1968年3月に 入門しました。五代目柳朝師の一番弟子です。
1970年4月 前座になる。名は朝太郎。
1973年9月 二つ目昇進し、一朝に改名しました。
出囃子は「菖蒲浴衣」ですが、あのこぶ蔵とは違う処を使っています。(こぶ蔵はやく出囃子を変えなさい!)
この時、師弟で大師匠、正蔵師宅に挨拶に行った時に、正蔵師が若い頃に稽古をつけて貰っていた三遊一朝師の「一朝」の名を貰っています。
この時師匠柳朝が「ホントなら俺が欲しかった」と言ったとか・・・
これは、最初正蔵師に処に弟子入りをお願いしたのですが、すでに前座が二人いるので、一番弟子の柳朝師を紹介された事を踏まえて、送られたと思います。
1982年12月 真打昇進

趣味とする笛は、歌舞伎や落語での囃子を担当する程の名手で、実際歌舞伎でお囃子を担当していました。
私も師匠の笛の演奏を生で聴いた事がありますが、音楽オンチの私でさえ感動しましたね。

前座時代のエピソードですが、その時に楽屋では三遊亭円生師匠等大師匠がいました。
すっかり舞い上がってしまった朝太郎さん(一朝師匠の前座名)は、ついお茶が通るという声を掛けるのを忘れて仕舞います。
間が悪いことに師匠のひとりがヒョイと立ち上がり、お盆にドーン。
乗せた茶碗をひっくり返してしまったのです。お茶が柳朝師匠の着物にバシャッと掛かりました。
脂性の人は手を洗ってからでなければ触るなというくらい着物は噺家にとって大切な商売道具です。
それを、ダメにしてしまいまって、その場で師匠に『声を掛けて通れと何回も教えたはずだ』とはり倒されましたそうです。
半べそをかいていると、言い過ぎたと思ったのか、『まぁ、仕方がねえや』といった具合に一生懸命フォローしてくれたそうです。
その師匠の優しさが身に染みて、うれし涙を流したそうです。

弟弟子の小朝師に真打昇進を抜かれて仕舞いますが、腐らず地道に芸を磨いて、いまでは
落語界一の粋で鯔背な噺家さんになりましたね。
もちろん噺も江戸前で、この点は師匠の芸風を色濃く受継でいます。
NHKのドラマでは江戸弁の指導もしていましたね。

弟子には六代目柳朝さんや今、真打披露している一之輔さんをはじめ、朝也、一左、朝呂久さんと居ます。

続きを読む

東京かわら版9月号を読んで

40175967f970c1b3bace0339e6f34c15今日は、昨日「東京かわら版」9月号がきたので、そこから・・・

巻頭エッセーは五味太郎さんです。
インタビューは、春風亭一朝師です。横笛の名手として知られていますが、子供の頃のお祭りのお囃子が最初で、
なり手がいなかったので、やる様になったとか。また好きな事等は集中して覚えると殆ど一回で覚えてしまうそうです。なので噺の稽古でも皆一回で覚えてしまったとか。
入門は本当は正蔵師の所へ行ったのですが、「前座が二人もいるから、無理だ」「一番弟子の柳朝のところへ行きなさい」と言われて柳朝師の弟子になったそうですが、最初は内弟子だったそうですが、寝言がヒドイ?と言われ通いになったとか。
柳朝師は子供がいなかったので、非常に可愛がられたそうです。もう子供扱いだったとか。
楽屋に入る時も、「ウチの弟子をいじめたら承知しないからな!」と師匠が予め言って廻ったそうです。
それでも、いじめられると、他の前座が柳朝師のところへ御注進したそうで、それが正蔵師に伝わり、
「テメーかこのやろう、ウチの可愛いい孫をいじめたのは!」と乗り込んできたそうです。
林家一門としての誇りは弟子にも伝えているそうです。

二つ目の紹介コーナーは、鈴々舎馬るこさん、吉原で客引きをしていたそうです。
噺の紹介「本日のお題」は「皿屋敷」の解説でした。
堀井ちゃんのコーナーは「持参金」でした。元は「東海道中膝栗毛」だそうです。
話の冒頭に、「逆さまの葬礼」がそっくりあるそうです。

最後のページは、この前「禁演落語会」で解説してくれた、長井好弘さんのコーナーで、
今月は柳亭こみちさんです。曰く、数少い噺を聴いてると、落語家本人が消える噺家さんだそうです。
聴いたことあるけど・・・・どうだったかなぁ〜ww続きを読む

祇園祭は夏の噺

スナップショット 2 (2011-06-06 14-38)

なんかネットでも、週刊誌の見出しでも「総選挙」と言う言葉が目に入るので、
政局の話かと思ったら、AKB48の事でした。
最近では他にSKE48やNMB48、HKT48なるモノも有るようです。
SKE48は名古屋、NMB48は大阪難波、HKT48は福岡を本拠地とするグループだそうで、私の様なオジサンには、何がなんだかよく判りません。(^^)

芸協と落協の違いや立川流と円楽一門会はどうなる?なんてのは、得意なんですがね。

田中好子さんが亡くなって、youtubeでキャンディーズの動画を見ていたら、
℃-uteと言うグループが「暑中お見舞い申し上げます」を歌ってる事に今更ながら気がついてみたり、大分遅れていますね。ww
この子ら、動画を見てると、とても可愛い子や普通に可愛い子、そうでも無く可愛い子がいて、個性的ですね。只人数が多いので、焦点がややボケてる様な気がしますが・・・・
昨年、日本郵便とコラボしたのですね。なんか聴いた事ある気がした・・・

で、本題ですが今日は祇園祭と言う噺を簡単に。
江戸っ子三人が旅をして、京都まできまして、あちらあこちらと見物をしました。
三人の内二人は江戸に帰る事になり熊さんだけが残る事になります。
そうこうしている内に祇園祭りの時期になりました。
一度は見てみたいと思っていたので、叔父さんとその知り合いの案内で、
祇園のお茶屋の二階を借りて見物する事になりましたが・・・・

昔はこの噺は八代目文治師の十八番で、他に演じる噺家さんも余りいなかったそうです。
特に三都の言葉を完璧にあやっつたそうで、凄いですね。
転機になったのは、五代目柳朝師の弟子正朝師がNHKの新人落語コンクールで演じてからです。
師匠は正朝さんに「コンクールだから短くやるのは仕方がないが、前半の江戸者三人が京都につく迄のダレ場をきちんとやらないと駄目だぞ」とアドバイスしたそうです。
正朝さんは12分にまとめて、最優秀賞を取りました。
それからは多くの噺家さんが高座に掛ける様になりました。
これは正朝さんの功績ですね。
芸者が出て来る箇所を入れて「およく」と言う題で演じられる事もありますね。
何でも欲しがる芸者さんの噺で、これはこれで面白いです。

何と言っても、志ん生師匠の名演が光ます。

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ