らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:春風亭一之輔

wYB61QGwO7vTxsyRKCgwiWEk9ZdLIl8InpOjAO03rrXUFzpnFXGzSLVZsv5IE1an「春風亭一之輔師の落語の生配信を考える」

 春風亭一之輔師が21日からyoutubeで落語の生配信をやっています。初日は「初天神」とみせかけ「団子屋政談」でした。
 正直、演目としてこの方が創作(改作)したものがあるとは知っていましたが、聴いたのは初めてでした。
 前半は普通の「初天神」ですが団子屋が登場するあたりから変わって来ます。師も
「ただの『初天神』だと思ったでしょう」
 などと語っていました。内容に関しては、ハッキリ言ってどうでも良い内容と言い切ります。古典落語ファンが聴くものでは無いですね。
 但し、落語を知らない初心者には良いかも知れません。そのレベルですね。それにこの日は師は明らかに意気込んでいましたね。それを悟らせずにやろうとしていたみたいですが、判りましたね。
 二日目は「粗忽の釘」でした。この日のテンションは普通だったと思います。内容は大師匠の柳朝師の型でしたね。夫婦で行水をする話が出て来るパターンですね。出来は普通でしたね。でもyoutubeは生配信の時はコメントがリアルタイムで書き込めるので結構色々な事が書かれていたのですが師は怒っていましたね。でもネットをした場合は仕方ないですね。
 昨日の三日目は「百川」でした。配信を見ている人の殆どがこの演目が六代目圓生師の演目だった事(自家薬籠中の物)だった事を知りませんでしたね。中には「さん喬師が良いですね」などとコメントしている人もいました。
 この日は明らかにテンションが下がっていました。本人も
「10日もやるなんて言わなければよかった」
 などと冗談を言ってましたが配信の難しさが判って来た感じですね。出来は最後を除けばまあ良かったですが、最後を変えていました。これがねえ……。
 普通の「たった二つだ」の後に本当の四神剣の交渉人が登場してその人物が百兵衛さんと同じような人物で
「同じような人が一人増えちゃった」
 で落としていました。
 これをどう評価するかですが、三日間通してですが一之輔師、変えすぎですね。それも余り良い変え方では無い気がします。寄席などではきっちりと演じてくれていますので、この配信は、自分のやりたいようにやってるのか、初心者向けにやってるか、あるいは新しい可能性を考えているのかのどれかだと思います。
 残り七日ありますので楽しみにしていましょう。
 時間は毎日三十日まで二十時十分から二十一時前後です。URLは
https://www.youtube.com/channel/UC2ROW2uDlhb-9rXzY2tqV3Q
です。配信後や時間に関係なくそれまでの高座を見ることが出来ます。
 興味のある方は是非!

追記……5日目は「青菜」でした。同じ年頃の時の小三治師には遠く及びませんでしたが、割合マトモでした。この日から投げ銭システムが採用されました。金額が本当なら30万近く行ったみたいです。仕組みがわからず。出来ませんでした。

雷門今日は休みなので浅草にいきました。
正直、出先だと例の「RS計画」の再生数が気になって何回も確認してしまいました。
追い上げられています。皆様宜しくお願い致しますm(_ _)m
「RS計画」

さて、前座さんは、つる子さんで「たらちね」でした。恐らく教わった通りに演じていましたね。頑張って欲しいです。

朝也さんが「子ほめ」でした。サゲは「半分だ」でしたね。個人的には「只だ」の方が好きです。
そして柳朝さんでした。元気になられて良かったです。演目は「転失気」でした。次が小菊さんで、その次が圓丈師でした。白鳥師の「シンデレラ伝説」でしたね。何か得した気分です。
お次がさん喬師でしたが時間の関係か「替り目」を短くやりました。10分掛からなかったと思います。正楽師の紙切りの後は、市馬師で「長屋の花見」でしたがきっちりとやりましたね。さん喬師が時間を譲ったのかも知れません。
会長、HPの件考え直してください!

そして志ん輔師で「紙入れ」でしたが思い入れたっぷりに演じました。のいる順子師の漫才の後は仲入りでこぶ蔵でした。「新聞記事」でしたが。ひどかった……間が……悪いものを見てしまいました。

喰い付きは馬石師で「花色木綿」でした。さすが古今亭一門です!
夢葉さんのお笑いマジックの後は文楽師で「六尺棒」でした。いい出来でしたね!
次が百栄師で「道具屋」でした。これも無難でした。
膝前が圓太郎師で「権助芝居」でした。時期はずれのこの噺をよく演じていましたね。
仙三郎社中の後はトリの一之輔師で「茶の湯」でした。この噺は先代柳朝師が三代目金馬師から受け継いだ噺ですが今日の一之輔師は若い女性客が多かったので大胆にアレンジしていました。まるで喬太郎師の感じでしたね。あの地味な噺を爆笑に変えていました。寄席ならありだと思いました・
 満員のお客さんが入っていて、誰もが全力で演じていたと思います。
 HPの事はさておき、こうした高座を続けて欲しいと思いました。

4cca5763今日は仕事が休みなので浅草に一之輔さんを聴きに行きました。
 実は先週も芸協の芝居を見に行ったのですが、特に書くこともありませんでした。楽しかったですけど、顔ぶれから見るとこれぐらいはして貰わねばと思いました。

前座さんから書いて行きます。
前座は今月から前座になった一朝師のお弟子さんで一花さんです。可愛い娘でした。演目は「転失気」でした。これは女流の方が多くやる演目ですね。やりやすいのでしょうね。同じ一門なのでぴっかりさんと似ていました。

次が、同じ一朝師の一門で一蔵さんでした。「猫と金魚」でしたが、何か具合が悪いような感じでした。
次が三語楼さんで「幇間腹」でした。可もなく不可もなしでしたね。
 そして、とんぼ、まさみの上方の漫才の次が今月から二つ目に昇進して柳家フラワーから花飛(かっとび)と名を改めた花飛くんです。「出来心」でしたが良い出来でした。噺にセンスの良さを感じました。
 次はいよいよ川柳師でおなじみの「ガーコン」でした。さすがにお歳を感じさせますが、何時迄も元気で居て欲しいです。
 ぺぺ桜井さんのギター漫談の後は代演で志ん橋師で「無精床」でした。
その次は白鳥さんで高座で急遽「ネタを変えました」と言って「「戦え、おばさん部隊」を演じてくれました。面白かったですこのネタは。
 世津子さんの手品の後は仲入りで一朝師で季節のネタ「尻餅」でした。ぺったんぺったんいい音が高座に響きました。

くいつきは柳朝師でしたが、やはり痩せていましたね。元々細い人でしたが、体が薄くなった気がします。演目は元気に「宗論」で色々なシーンを追加してかなり長い噺になっていました。
 その後は林家あずみさんで三味線漫談です、この方見るの二回目です。頑張って欲しいですね。
 そして、いよいよ本日のお目当ての一人三三師です。演目は「浮世床」から「洒落将棋」のくだりを丁寧にやって笑いを取っていました。やっぱり良いですね。この人は……

 次が文楽師で「替り目」でした。この半年何回か文楽師の高座を見ていますが、「替り目」が多いです。もう三回連続です。でも、今日のは良かったです。いい出来でした。これぐらい出来れば文楽の名は重くないと思いました。それぐらい良かったのです。恐らく師匠も「今日はよく出来た」と思っているでしょう。

 そして、あした順子さんと昭和のいるさんの漫才でした。のいるさんがボケでなくツッコミという珍しい漫才でした。でも順子師匠お元気です。
 その次が小里ん師で「手紙無筆」でした。先代の小さん師を思わせる出来でした。益々似てきましたね。
 鏡仙三郎社中の太神楽の後はいよいよお目当ての一之輔さんです。演目は「明烏」でした。

 この日の「明烏」はいい出来でしたね。源兵衛と多助が生き生きと描写されていて、一之輔師がこの噺をこの二人を中心に描くことにより、吉原を知らない世代や、女郎買いの噺を女性にも納得させるものに仕上げていました。私の中では文楽、志ん朝、に次ぐ「明烏」でした。真打昇進からこの人が大きく前進したことが本当に良く判る高座でした。
 生憎の雨模様でしたが、この日の噺家さん達は皆、一生懸命にやってくれたと思います。八割ほどの入りでしたが、お客は皆満足して帰ったと思います。
 こんな日もあるから寄席通いは止められませんね(^^)
 
 続きを読む

img_1529166_32283524_0今日は「猫久」です。

原話は不詳で、幕末の嘉永年間ごろから口演されてきた、古い江戸落語で、明治中期の二代目小さん師が完成させた噺で、それ以来代々小さん師が工夫を重ね現代まで伝わってきました。

 長屋の熊さんの向かいに住んでいる久六は、いつもおとなしく、猫の久六と呼ばれている。
その猫久が、ある日、血相を変えて家に帰ってきて、刀を出せと女房に言いつける、あわてて止めると思いの外、
女房は刀を三度押し戴いてから亭主に渡し、猫久は駆けだして行った。

向かいで一部始終を見ていた熊さんは、床屋に行って、大声で親方にその話しをします。
それを、たまたま奥で聞いていた侍が、それは天晴れ、女の鑑であると感心して、
「よおっく承れ。日ごろ猫とあだ名されるほど人柄のよい男が、血相を変えてわが家に立ち寄り、剣を出せとはよくよく逃れざる場合。また日ごろ妻なる者は夫の心中をよくはかり、これを神前に三ベンいただいてつかわしたるは、
先方にけがのなきよう、夫にけがのなきよう神に祈り夫を思う心底。
見共にも二十五になるせがれがあるが、ゆくゆくはさような女をめとらしてやりたい。
後世おそるべし。貞女なり孝女なり烈女なり賢女なり、あっぱれあっぱれ」
と言われますが、その実よく分かりません。いただく方が本物なんだと感心して、家に帰ります。

すると、かみさんが、イワシイワシとがなり立てるので、さっきの侍の真似をしてやろうと思います。
「オレが何か持ってこいって言ったら、てめえなんざ、いただいて持ってこれめえ」
「そんなこと、わけないよ」
等と言い合っているうち、イワシを本物の猫がくわえていってしまいます。

「ちくしょう、おっかあ、そのその摺粉木でいいから、早く持って来いッ。張り倒してやるから」
「待っといでよう。今あたしゃいただいてるところだ」

この噺のキモは途中で出て来る侍です。
侍の怖さを感じさせないと、この噺は面白くありません。
侍が怖いので熊さんは何だか良く判らないのに、納得したフリをしてしまうのです。
武士と町人は、身分が違ったので、普通は身分が違うから、もとよりふつうに話ができるものではないのですが、江戸時代とはそう云う世界だったという事ですね。

二尺以下なら町人でも護身用に刀を持つことが出来ました。
続きを読む

img114今日は昨日来た「東京かわら版」2月号を紹介したいと思います。

表紙は小燕枝師で、メガネを掛けていますね。

・落語と私 小島よしおさんですね。好楽師について「平林」をやった話ですね。

・インタビューは 表紙の小燕枝師ですね。この師匠は、いぶし銀の様な噺家さんですね。
小さん師の教えとか。話しています。
曰く「道灌」ではねられる様になったら一人前だそうです。
若いころの無茶ぶりなんか面白いですね。

演芸クイズの答えが載っています。

・兼好師のコラムも絶好調で、今年の節分で厄を抜けるそうです。やれやれですね。

・若手の紹介は 柳屋さん若さんで入門が三四歳というのはある意味凄い!

・本日のお題は 「雲霧仁左衛門」です。これなんか、池波正太郎センセイを思い出します。
元は講談だそうです。

・柳家小ゑん師が自宅を改造して天体望遠鏡を設置して天井が開く仕掛けを作ったそうです。

・堀井ちゃんのコーナーはよく聞くネタ7個で誰を一番聞いたかというデーター
「子ほめ」遊三、「時そば」昇太、「初天神」一之輔、「替り目」談春。、「粗忽の釘」燕路
「たらちね」ほたる、「金明竹」談笑となりました。

今月はこんな処で・・・・続きを読む

このページのトップヘ