はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

明烏

「明烏」について

oomon今回は八代目文楽師の十八番「明烏」です。
これは凄いです。そして楽しいお噺です!

【原話】
実際の心中事件から題を得て作られた、新内の「明烏夢淡雪」から人物だけを借りて作られた噺で、
滝亭鯉丈と為永春水が「明烏後正夢」と題して人情本という、今でいう艶本小説として刊行。第二次ブームに火をつけると、これに落語家が目をつけて同題の長編人情噺に仕立てました。
その発端が現行の「明烏」です。

【ストーリー】
日向屋の若旦那である時次郎は、一部屋にこもって難解な本ばかり読んでいるような頭の固い若者で、息子の時次郎の将来を心配した親父さんが、町内の源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。
日帰りのお参りではなくお篭もりするようにと、お賽銭として、銭も沢山持たせます。

吉原の大門を鳥居だと言い、巫女さんの家だと偽って女郎屋に連れ込むのですが、そこは店に入るととうとうバレてしまいました。
こんなところにはいられないからと、若旦那が一人で帰るというのを、吉原の決まりとして大門で通行が記録されているので、三人連れで入って一人で出ると怪しまれて大門で止められると嘘で説得して、無理矢理に一晩つきあわせます。
翌朝になって、若旦那が起きてこないので、源兵衛と多助花魁は若旦那の部屋に起こしに行きます。
「若旦那良かったでしょう? さあ帰りましょう」
そう言っても起きてきません。仕方なく花魁に頼むと、
「花魁は口じゃ起きろ起きろというが足で押さえている」
と布団の中でのろけているので馬鹿馬鹿しくなった二人が先に帰ろうと言うと、
若旦那は
「先に帰れるものなら帰りなさい、大門で止められます」

【演者】
もうこれは文楽師が一番と言っても良いですが、文楽師亡き後、色々な噺家さんが演じていますが、極め付きは志ん朝師でしょうね。
文楽師は寄席では初日にこの噺を多く掛けたそうです。

【注目点】
文楽師は寄席でトリを取ると初日は必ずと言って良い程この噺を掛けたそうです。
源兵衛が甘納豆を食べる場面では、寄席の売店で甘納豆が売り切れたというエピソードが残っています。

『能書』
志ん朝師も晩年を除き、この甘納豆のシーンはやりませんでした。代わりに梅干しのシーンに替えていました。それぐらい文楽師の仕草が見事だったという事です。

私なんか正直、志ん朝師の方が文楽師より良いぐらいですが、古い落語ファンの方に云わせると
「文楽の方が遥かにいい!」そうです。何でも決定的な事が志ん朝師の噺には抜けているそうです。ですから、実際の吉原を知らないのは辛いですねえ……これにつては反論出来ませんね。
それだけもう遊郭というものが遠いものになってしまったという事なんですね。(何でも西の方には未だ残ってるということですが……)

明烏を聞いて当時の若者はどうしたのだろう?

oomon今日は文楽師の十八番「明烏」です。

実際の心中事件から題を得て作られた、新内の「明烏夢淡雪」から人物だけを借りて作られた噺で、
滝亭鯉丈と為永春水が「明烏後正夢」と題して人情本という、今でいう艶本小説として刊行。第二次ブームに火をつけると、これに落語家が目をつけて同題の長編人情噺に仕立てました。
その発端が現行の「明烏」です。

文楽師は寄席でトリを取ると初日は必ずと言って良い程この噺を掛けたそうです。
源兵衛が甘納豆を食べる場面では、寄席の売店で甘納豆が売り切れたというエピソードが残っています。

日向屋の若旦那である時次郎は、一部屋にこもって難解な本ばかり読んでいるような頭の固い若者で、
息子の時次郎の将来を心配した親父さんが、源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。
日帰りのお参りではなくお篭もりするようにと、お賽銭として、銭も沢山持たせます。
 
吉原の大門を鳥居だと言い、巫女さんの家だと偽って女郎屋に連れ込むが、そこは店に入るととうとうバレてしまいました。
こんなところにはいられないからと、若旦那が一人で帰るというのを、吉原の決まりとして大門で通行が記録されているので、三人連れで入って一人で出ると怪しまれて大門で止められると嘘で説得して、無理矢理に一晩つきあわせます。
 翌朝になって、若旦那が起きてこない。花魁は口じゃ起きろ起きろというが足で押さえていると、布団の中でのろけている。ばかばかしくなった二人が先に帰ろうと言うと、先に帰れるものなら帰りなさい。
「大門で止められます」

文楽師亡き後、色々な噺家さんが演じていますが、極め付きは志ん朝師でしょうね。
私なんか正直、志ん朝師の方が文楽師より良いぐらいですが、古い落語ファンの方に云わせると
「文楽の方が遥かにいい!」そうです。
実際の吉原を知らないのは辛いですねえ・・・反論出来ませんね。

続きを読む

寄席に咲いた一輪の白百合って誰だか知ってます?

bunchou今日は故桂文朝師の命日なので、師匠について少し書いてみたいと思います。

1942年3月31日:東京生まれ。本名・田上孝明。
1952年7月:山遊亭金太郎(二代目桂小南)に入門、山遊亭タア坊。
1955年:山遊亭金時と改名。
1959年1月:桂小西と改名、二つ目に昇進。
1970年4月: 真打昇進、桂文朝に(推定三代目)。
1975年:文化庁芸術祭優秀賞受賞。
1978年:放送演芸大賞落語部門賞を受賞。
1985年1月:桂南喬、桂文生とともに、落語芸術協会から落語協会に移籍。
2005年4月18日没。享年63。

大西信行氏が師匠について「落語無頼語録」の中で次のように書いています。
-----「文朝のどこがいいのかともうひとつ突っ込んで聞くと、だれもはっきりした返事はきかしてくれない。
漠然と素直であかるくていいという。(中略)それでは少しも褒めたことにはならない」

嫌な処の無い噺家さんと云うべきなのか、私に云わせれば究極のバランスのとれた芸とも言え、
その完成度は半端なかったと思います。
南喬師が入門したとき、師匠の金馬師は、「噺は小西に教わんな」と言ったそうです。(小西=文朝)
二つ目でそれほど師匠に認められていたと言う事ですね。

また、ただ大人しく古典を演じていただけではなく、新しいくすぐりも沢山入れています。
特に、「明烏」で見返り柳を「ご神木」、大門を「大鳥居」、歌舞音曲を「祝詞」と言い換えるのは文朝師が初めてです。

実生活では、大変に物静かな方で神経質な面もあった様です。
「三人の会」をやっていて、仲の良かった小三治師と扇橋師が文朝師の家に遊びに行った時の事ですが、
廊下といわず、柱、玄関まで鏡の様にピッカピッカに磨き上げられていて、
もちろんチリ一つ落ちていなかったそうです。
そして家の中はシーンと静まり返っていて、不気味ですらあったそうです
あまりの心地悪さに、小三治、扇橋両師はあまり長居をせずに、帰ったそうです。

又、入門希望者が数多くいたのに、弟子は決して取りませんでした。
小三治師に言わせると「あれは弟子は取れないよ。」
「きっと他人が家の中に入るなんて考えられないだろう」
但し、稽古は若手によく付けていたそうです。

私はホント好きでした。寄席に出ていると良く見に行きました。
忘れられない演目や高座もあります。
鈴本で聴いた「悋気の独楽」や「文違い」
寄席で良く聴いた「初天神」などもっと多くの思い出があります。
芸協の志ん朝とも呼ばれた時もありましたね。
移籍後、柳昇師は移籍した三人を「許さない」と言ってましたね。
歌丸師の著書で「移らない方が良かった。芸協だから光っていたので、落協なら目立たなくなる」と書いていますね。
でもいいんですよ、目立たなくても。
その噺や高座は好きな方には判るし落語ファンならその素晴らしさに気がつくハズですから・・・・(^^)続きを読む

吉原のガイドの様な噺

oomon今日は文楽師の十八番の中でもさらに得意とされていた噺「明烏」です。
文楽師は寄席でトリを取ると初日は必ずと言って良い程この噺を掛けたそうです。
源兵衛が甘納豆を食べる場面では、寄席の売店で甘納豆が売り切れたというエピソードが残っています。

日向屋の若旦那である時次郎は、一部屋にこもって難解な本ばかり読んでいるような頭の固い若者で、
息子の時次郎の将来を心配した親父さんが、源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。
日帰りのお参りではなくお篭もりするようにと、お賽銭として、銭も沢山持たせます。
 
吉原の大門を鳥居だと言い、巫女さんの家だと偽って女郎屋に連れ込むが、そこは店に入るととうとうバレてしまいました。
こんなところにはいられないからと、若旦那が一人で帰るというのを、吉原の決まりとして大門で通行が記録されているので、三人連れで入って一人で出ると怪しまれて大門で止められると嘘で説得して、無理矢理に一晩つきあわせます。
 翌朝になって、若旦那が起きてこない。花魁は口じゃ起きろ起きろというが足で押さえていると、布団の中でのろけている。ばかばかしくなった二人が先に帰ろうと言うと、先に帰れるものなら帰りなさい。
「大門で止められます」

実際の心中事件から題を得て作られた、新内の「明烏夢淡雪」から人物だけを借りて作られた噺で、
滝亭鯉丈と為永春水が「明烏後正夢」と題して人情本という、今でいう艶本小説として刊行。第二次ブームに火をつけると、これに落語家が目をつけて同題の長編人情噺に仕立てました。
その発端が現行の「明烏」です。

文楽師亡き後、色々な噺家さんが演じていますが、極め付きは志ん朝師でしょうね。
私なんか正直、志ん朝師の方が文楽師より良いぐらいですが、古い落語ファンの方に云わせると
「文楽の方が遥かにいい!」そうです。
見ていないのは辛いですねえ・・・反論出来ないorz


続きを読む

落語者の市馬師

落語者の市馬師の回をうpしました。
よろしかったらDLして下さい。
期限は一週間です。
https://www.webfile.jp/dl.php?i=674361&s=524adbbdee21cd4917a1

今日は二の午ですね。

初午って節分過ぎの最初の午の日なのかと思ってました。
普通は今頃が初午なんですけどね。
兎に角東京は寒いです。雪もチラついてるしね。
今日初午祭をやるお稲荷さんは多いでしょうね。
初午と言えば「明烏」ですな、最もこんなに寒いんじゃ
時次郎も出掛けなかったでしょうね。

「明烏」と言えば八代目文楽師ですかね。
私らの世代では志ん朝師ですけどね。
私の亡くなった親父は、大変な演芸好きだったので
文楽師の高座は沢山見たそうです。
それによると、志ん朝師と文楽師の「明烏」には大きな違いが有る。
そう言ってました。
曰く、「文楽の噺はちゃんと戦前の吉原になっているが、志ん朝の噺には
大切な事が抜けてるんだよ。だから俺には戦後の赤線にしか聞こえない」
そう言ってました。
私は「そんなのは、年寄りの懐古趣味だ」と当時は思っていました。
その違いを、中々親父は教えてくれずに極楽亭に行ってしまいました。
きっと、大好きだった三代目柳好師や文楽師を堪能しているんでしょう。
あれから何回も両者の音源を聴き比べたのですが、
未だに分かりません。
遊郭の部屋の様子だったのかな?

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ