はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

文楽

「厩火事」という噺

85562fa5『厩火事』
今日はこの噺です。噺の中にトウモロコシが出て来るので夏の噺としました!(笑
題名はネタになっている孔子の故事からです。

【原話】
1807年の喜久亭壽暁のネタ帳「滑稽集」に「唐の家事」とありこれが元です。
生粋の江戸落語です。

【ストーリー】
髪結いで生計を立てているお崎の亭主は文字通り「髪結いの亭主」で、怠け者。
昼間から遊び酒ばかり呑んでいる年下の亭主とは口喧嘩が絶えません。
しかし本当に愛想が尽き果てたわけではなく、亭主の心持ちが分からないと仲人のところに相談にやって来ます。。
話を聞いた仲人は、孔子が弟子の不手際で秘蔵の白馬を火災で失ったが、そのことを咎めず弟子たちの体を心配し弟子たちの信奉を得たと話と、瀬戸物を大事にするあまり家庭が壊れた麹町の猿(武家)の話しをします。
そして目の前で夫の大事な瀬戸物を割り、どのように言うかで身の振り方を考えたらどうかとアドバイスをします。
帰った彼女は早速実施、結果夫は彼女の方を心配します。
感動したお崎が「そんなにあたしのことが大事かい?」と質問すると、
「当たり前だ、お前が怪我したら明日から遊んで酒が呑めねえ」


【演者】
三代目小さん師、そして何と言っても八代目文楽師、そして志ん生師などが有名です。
現役では小三治師でしょうか。

【注目点】
やはりお崎さんを可愛く演じられるかでしょうね。
このお崎さん、可愛い女性ですねえ。こんな女房なら”髪結いの亭主”になってみたいですね。

『能書』
文楽師匠の演出を「ちょっと説教クサイ」と言う評論家のかたもいますが、
仲人は本気で心配しているので、あれぐらいで良いと私は思います。
気をつけなくてはならないのは、亭主が体を心配するシーンで、お涙ちょうだいのあざとい演出にしている噺家さんがいる事ですね。
ここをクサクすると、サゲのからっとした笑いが消えると私は思うのですが・・・如何でしょう?

この後もこの二人は何とかやって行くんでしょうね。(^^)

『ネタ』
女髪結ですが、寛政の始めの頃に、
日本橋三光新道(桃川のあれです)の下駄屋お政さんが、臨時として頼まれ始めたのが最初と言われています。
後年の文化年間から急速に普及しましたが、風紀が乱れると言われ、天保の改革の頃まで幾度か禁制となったそうです。

※これから仕事が繁盛期になるので更新が途絶えがちになります

落語者の市馬師

落語者の市馬師の回をうpしました。
よろしかったらDLして下さい。
期限は一週間です。
https://www.webfile.jp/dl.php?i=674361&s=524adbbdee21cd4917a1

今日は二の午ですね。

初午って節分過ぎの最初の午の日なのかと思ってました。
普通は今頃が初午なんですけどね。
兎に角東京は寒いです。雪もチラついてるしね。
今日初午祭をやるお稲荷さんは多いでしょうね。
初午と言えば「明烏」ですな、最もこんなに寒いんじゃ
時次郎も出掛けなかったでしょうね。

「明烏」と言えば八代目文楽師ですかね。
私らの世代では志ん朝師ですけどね。
私の亡くなった親父は、大変な演芸好きだったので
文楽師の高座は沢山見たそうです。
それによると、志ん朝師と文楽師の「明烏」には大きな違いが有る。
そう言ってました。
曰く、「文楽の噺はちゃんと戦前の吉原になっているが、志ん朝の噺には
大切な事が抜けてるんだよ。だから俺には戦後の赤線にしか聞こえない」
そう言ってました。
私は「そんなのは、年寄りの懐古趣味だ」と当時は思っていました。
その違いを、中々親父は教えてくれずに極楽亭に行ってしまいました。
きっと、大好きだった三代目柳好師や文楽師を堪能しているんでしょう。
あれから何回も両者の音源を聴き比べたのですが、
未だに分かりません。
遊郭の部屋の様子だったのかな?

初心者の方の古典落語の聞き方

昨日は、仕事上で懸案がありまして、その処理に一日中追われまして、
落語を楽しむ暇もありませんでした。なんとかなりそうなので、
ホット一息です。
お席亭は帰京にも係わらず生放送を行った様ですねえ・・・頭がさがりますね、私なら絶対にやらない・・・だろう。

よく、「落語それも古典落語を聞きたいんだけれど、聞き方とか順番なんかあるの?」と言う事を聞かれます。
「自分の好きな様に聞けば良いんじゃないの」と答えるのですが、それでも聞いて来る人が大勢います。
マニュアルなんか無いのですが、私なりに答えの一例を考えてみました。あくまでも私見ですので反論大歓迎です。
東京編です、上方はうんちくを垂れる程詳しくないので。

落語はライブが一番です。東京近郊の方なら寄席に行ってみれば、そのうちに贔屓の噺家さんが出来ます。
そんな事は出来ない方は、CDやDVDを聞いたり見る事になりますが、
現役の人なら今は、小三治師、喬太郎師、志の輔師、権太楼師、さん喬師、談春師等が良いと思いますね。
これらの師匠の噺は簡単に手に入ります。
気にいれば範囲を広げて行けば良いと思われます。
談志家元などは特殊なので、あえて今回は外しました。

それから、昭和の名人では、志ん朝師、圓生師、あたりが最初に聞くには
適していると思います。
特に圓生師は判りやすく奥が深いですし、何回でも聞けます。
志ん朝師もこの上なく楽しい高座を聞かせてくれます。
それから、金馬、文楽師や可楽、正蔵、三木助師等有名な師匠に行けば良いと思います。
志ん生師だけは最初に聞かないで下さい。少し聞き取りにくかったり、
取っ付き難い処もあるので、ある程度聞きこんでから聞いて下さい。
志ん生師の本当の凄さはある程度聞き込んでから聞くと、
怖ろしい位判りますし、楽しめます。

それから小三治師はCDやDVDも結構ですが、絶対ライブを見て下さい。もう、まるで違いますしその絶対的な空間を体験すれは、この師匠が
当代一の師匠である事がお分かり戴けると思います。

簡単ですが、一応こんなとこで、でもホントは自分の好きな様に聞けば
良いんですよ・・・・それが一番!

もうすぐ休みます

先日、生放送中にお席亭に、一月程休む事を伝えました。
この時季は遊んでられません!しっかりと仕事をしないと。
 
リクエストにも答えられないので、「鰻の幇間」を三人まとめてうp。
志ん朝師、文楽師、柳好師の三人でした。
通称「うなたい」で通っている噺ですが、この噺を有名にしたのは、やはり
文楽師でしょう。圓生師も若い頃から演じていたそうですが、文楽師のが有名になってからはやらなかったそうです。「圓生百席」に収録されていますが、出来は普通でししたね。師匠特有の”何か”があるわけでは無かったです。そこで柳好師をうpしました。この様な幇間の噺はいいですね。はまってるというか。ちゃんと羊羹の下りまで入っていますから、完璧でしたね。
志ん朝師のは一部音が飛んでいました。最初CDの不調で、読み込ま無かったので焦りましたが、その影響ですね。まあ、勘弁して。
 立川藤志楼こと高田文夫氏の噺が削除されまして、他の該当作品は自分で削除する様にと運営からメールが来まして、残り2作品を泣く泣く削除しました。こんなんで月日は過ぎていきます。

私の店の情報ページです
http://itp.ne.jp/aa/0336910339/index.html
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ