はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:志ん生

『藁人形』 今日はこの噺です。暑いのでね、涼しくなる噺をやりましょう。 【原話】 1773年の「挫楽産」の「神木」だそうです。 【ストーリー】 舞台は四宿の一つ千住です。  乞食坊主の西念に女郎のお熊が身の上話をします。 「実家は糠問屋で大事に育てられたが、実家は…
>>続きを読む

今日は夢の話を・・・ 先日、極楽亭よりD・Mが届きまして、封を切って読んでみますと、 いつもご贔屓下さいまして有り難う御座います。(ハテ、贔屓にした覚えは無いのだが) 当席も会場500週年を迎えまして、この度全面改装し、リ・ニューアル致しました。 そこで連日、新…
>>続きを読む

昨日の続きなのですが、 親子リレー落語「富久」ですが、以前ニコにうpしたのですが、 コメントが酷かったので削除して仕舞いました。 聞いたりDLした方も居るでしょうが、 未だ聞いた事の無い方がいましたら、と思い いつもの処にうpしました。 いつも通り期限は一…
>>続きを読む

今日は、昨夜の生放送で話題になった、柳橋師の「支那そば屋」と 以前リクがあって保留していた志ん生師の「蜆売り」の二本を上げました。 寒くなって来たので良かろうと思い上げました。 「支那そば屋」は「うどん屋」のパロディですね、改作とも言いますが。 なにか古…
>>続きを読む

今日は一本だけ、志ん朝・志ん生親子リレー落語「大工調べ」です。 今でも出ていますが、ポニーから出ている志ん生師の48枚のCDが最初に 出た時に、おまけとして出たCDからです。 私の住んでる葛飾区の図書館に以前は48枚揃っていまして、 その頃、私は「オレはま…
>>続きを読む