はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:志ん朝

『夢金』 大寒に入り寒さも峠ですが、今日は真冬の寒さが身にしみるようなお噺です。 【原話】 安永2年(1773年)に出版された笑話本・「出頬題」の一遍である『七福神』。別題として「欲の熊蔵」「錦嚢」などがあります。 【ストーリー】 欲深い船頭の熊は、今夜も二階で「…
>>続きを読む

『雛鍔』  まだ寒いですが、お雛様も近いのでこの噺です。 【原話】 原話は、享保18年(1733年)に出版された笑話本「軽口独機嫌」の一遍である「全盛の太夫さま」で、 後に上方落語にも導入され、「お太刀の鍔」という演目で演じられるようになりました。 上方版では、金を…
>>続きを読む

『付き馬』 今日は「付き馬」です。これは江戸弁で「つきんま」と言うそうです 【原話】 原話は元禄5年(1692年)に出版された笑話本・「噺かのこ」の第四巻、「薬屋にて人参を騙りし事」です。又の題を「早桶屋」とも云い、圓生師はこの名で演じていました。 【ストーリー】…
>>続きを読む

昨日の続きなのですが、 親子リレー落語「富久」ですが、以前ニコにうpしたのですが、 コメントが酷かったので削除して仕舞いました。 聞いたりDLした方も居るでしょうが、 未だ聞いた事の無い方がいましたら、と思い いつもの処にうpしました。 いつも通り期限は一…
>>続きを読む

落語者の市馬師の回をうpしました。 よろしかったらDLして下さい。 期限は一週間です。 https://www.webfile.jp/dl.php?i=674361&s=524adbbdee21cd4917a1 今日は二の午ですね。 初午って節分過ぎの最初の午の日なのかと思ってました。 普通は今頃が初午なんですけ…
>>続きを読む