はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

御慶

「御慶」について考える

2106eafe『御慶』
今日はこの噺です。大晦日から元旦にかけての噺なので年末にもよく掛かります。
非常におめでたい噺なので、お正月やおめでたい席で演じられます。

【原話】
江戸時代から伝わる非常に古い噺ですが「御慶」の題名が使われるようになったのは昭和になってからだそうです。

【ストーリー】
富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五番の札を買おうとして、女房の着物を脱がして質に入れて買いに行ったが売り切れだった。
 帰り道で易者に見て貰うと梯子は下から上に昇るものだから、八四五ではなく逆に鶴一四五八番を買いなさいと教えられる。
 買って見るとなんとこれが千両の大当たり。現金だと二百両割引かれるが二月までは待てないので、その場で八百両を身に着けて家に戻った。
 たまっていた店賃を払って、正月には裃を着て年始回りに出掛けることにした。長い口上は覚えられないので、短い年始の言葉を大家に教えてもらった。「おめでとうございます」には「御慶」と答え「どうぞお上がりなさい」と誘われたら「永日」と断る。
 正月になって、得意になって行く先々で御慶と永日の挨拶を続けるが、辰っつあんが外出から帰って来たところで「御慶」と言ったら「なんと言ったか分からねぇ」と言われ
「ぎょけぇったんだ」「恵方参りの帰りだ」

【演者】
個人的には五代目柳家小さん師が抜群ですね。それと古今亭志ん生、志ん朝師親子もいいです。

【注目点】
恵方詣りとは、その年の干支に基いて定めた吉の方角に当たる神社に参拝することです。

『能書』
昔は、子供のしつけとして、七、八歳になると、親の名代として近所に年始参りに行かせる習慣がありました。
その頃では家の格に従って着るものも変わっていたそうです。町内でも一番上等の家の主人は、黒羽二重紋付小袖、麻裃、白足袋、雪駄、小刀といった装束で挨拶に回ったそうです。

『ネタ』
富くじが二ヶ月待てば全額貰えたと噺の中では言ってますが、実際は寄付金を取られ、次回の富くじを大量に買わされ、2〜3割は減らされたそうです。世の中旨い話はそうは無いと言う事ですね。

御慶という噺

gyokei001
多分、この記事が今年の最後になるかも知れないので、今日は「御慶」を取り上げます。

 富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五番の札を買おうとして、女房の着物を脱がして質に入れて買いに行ったが売り切れだった。
 帰り道で易者に見て貰うと梯子は下から上に昇るものだから、八四五ではなく逆に鶴一四五八番を買いなさいと教えられる。
 買って見るとなんとこれが千両の大当たり。現金だと二百両割引かれるが二月までは待てないので、その場で八百両を身に着けて家に戻った。
 たまっていた店賃を払って、正月には裃を着て年始回りに出掛けることにした。長い口上は覚えられないので、短い年始の言葉を大家に教えてもらった。「おめでとうございます」には「御慶」と答え「どうぞお上がりなさい」と誘われたら「永日」と断る。
 正月になって、得意になって行く先々で御慶と永日の挨拶を続けるが、辰っつあんが外出から帰って来たところで「御慶」と言ったら「なんと言ったか分からねぇ」と言われ
「ぎょけぇったんだ」「恵方参りの帰りだ」

暮れから正月にかけて話が通じているのはこの噺だけですね。
それだけ珍しいとも言えます。
但し、思った程高座には掛けられない噺だそうで、噺家さんいわく「儲からない噺」だそうです。
CD等では小さん師や志ん朝師が有名でいい出来ですが、私は断然この噺は小さん師だと思っています。
なんたって、最後の「御慶」三連発が屈指なのですが、思えばこの部分は小さん師らしからぬ部分だと思っています。普段やらない人がやると可笑しさが何倍にもなるという事ですね。素晴らしいですね。それを判っていたのか志ん朝師は易者との梯子のやり取りに変化をつけて違った面白さを追求しています。
私の勝手な思いでは、小さん師のこの部分は屈指だと思います。

富くじが二ヶ月待てば全額貰えたと噺の中では言ってますが、実際は寄付金を取られ、次回の富くじを大量に買わされ、2〜3割は減らされたそうです。世の中旨い話はそうは無いと言う事ですね。

続きを読む

あけましておめでとうございます

06-101あけましておめでとうございます。
旧年中は沢山御訪問下さり大変ありがとうございました(^^)
 本年も相変わりませず、宜しくお願い致します。

 昨日の元旦は穏やかで、暖かかったですね。
 今年一年、このように暮らして行きたいものですね。

続きを読む

御慶!御慶!御慶!

gyokei001今日は「御慶」です。
今日は今年の最後なので、それにふさわしい噺「御慶」です。

 富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五番の札を買おうとして、女房の着物を脱がして質に入れて買いに行ったが売り切れだった。
 帰り道で易者に見て貰うと梯子は下から上に昇るものだから、八四五ではなく逆に鶴一四五八番を買いなさいと教えられる。
 買って見るとなんとこれが千両の大当たり。現金だと二百両割引かれるが二月までは待てないので、その場で八百両を身に着けて家に戻った。
 たまっていた店賃を払って、正月には裃を着て年始回りに出掛けることにした。長い口上は覚えられないので、短い年始の言葉を大家に教えてもらった。「おめでとうございます」には「御慶」と答え「どうぞお上がりなさい」と誘われたら「永日」と断る。
 正月になって、得意になって行く先々で御慶と永日の挨拶を続けるが、辰っつあんが外出から帰って来たところで「御慶」と言ったら「なんと言ったか分からねぇ」と言われ
「ぎょけぇったんだ」「恵方参りの帰りだ」

暮れから正月にかけて話が通じているのはこの噺だけですね。
それだけ珍しいとも言えます。
但し、思った程高座には掛けられない噺だそうで、噺家さんいわく「儲からない噺」だそうです。
CD等では小さん師や志ん朝師が有名でいい出来ですが、私は断然この噺は小さん師だと思っています。
なんたって、最後の「御慶」三連発が可笑しいです。
個人的には小さん師のくすぐりでも屈指だと思います。

富くじが二ヶ月待てば全額貰えたと噺の中では言ってますが、実際は寄付金を取られ、次回の富くじを大量に買わされ、2〜3割は減らされたそうです。世の中旨い話はそうは無いと言う事ですね。
続きを読む

人間何が幸いするかわかりません梯は昇るモノ降りるモノ?

gyokei001今日は今年の最後なので、それにふさわしい噺「御慶」です。

 富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五番の札を買おうとして、女房の着物を脱がして質に入れて買いに行ったが売り切れだった。
 帰り道で易者に見て貰うと梯子は下から上に昇るものだから、八四五ではなく逆に鶴一四五八番を買いなさいと教えられる。
 買って見るとなんとこれが千両の大当たり。現金だと二百両割引かれるが二月までは待てないので、その場で八百両を身に着けて家に戻った。
 たまっていた店賃を払って、正月には裃を着て年始回りに出掛けることにした。長い口上は覚えられないので、短い年始の言葉を大家に教えてもらった。「おめでとうございます」には「御慶」と答え「どうぞお上がりなさい」と誘われたら「永日」と断る。
 正月になって、得意になって行く先々で御慶と永日の挨拶を続けるが、辰っつあんが外出から帰って来たところで「御慶」と言ったら「なんと言ったか分からねぇ」と言われ
「ぎょけぇったんだ」「恵方参りの帰りだ」

暮れから正月にかけて話が通じているのはこの噺だけですね。
それだけ珍しいとも言えます。
但し、思った程高座には掛けられない噺だそうで、噺家さんいわく「儲からない噺」だそうです。
CD等では小さん師や志ん朝師が有名でいい出来ですが、私は断然この噺は小さん師だと思っています。
なんたって、最後の「御慶」三連発が可笑しいです。
個人的には小さん師のくすぐりでも屈指だと思います。

富くじが二ヶ月待てば全額貰えたと噺の中では言ってますが、実際は寄付金を取られ、次回の富くじを大量に買わされ、2〜3割は減らされたそうです。世の中旨い話はそうは無いと言う事ですね。

皆さんは今日の抽選の年末ジャンボは買いましたか?
さて結果はどうでしたか?
あたらなかった方にせめて初夢はいい夢を見られます様に、七福神の画像を貼り付けました。
これをプリントアウトして、枕の下にひいて寝てください。
夢の世界だけでも思うがままとか(^^)
sitifukujin


本年もご贔屓に預かり、大変有難うございました。
今年は1月に一日だけ更新を休みましたが、それ以外は毎日更新しました。
年内は休まずに更新しようと言う目標を2月ごろに立て、一応達成することが出来ました。
来年もなるべく更新していく所存ですが、至らぬ所がありましたらコメント等戴ければ幸いです。
来年こそ皆様に善き事がありますように・・・・hajime
続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ