はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

広沢虎造

石松さんは◯◯じゃ無かったよね?

img_785584_63344820_0今日は久しぶりに浪曲を取り上げました。演目は「石松三十石船道中」です。
ほとんどの日本人なら知ってるだろう、と言う噺ですね。

筋としては、次郎長に金比羅さんへの代参を頼まれた石松が讃岐の金毘羅宮に行き、その帰りに大阪から伏見行きの三十石船に乗って、その船中での噺です。
有名な「江戸っ子だってねえ〜鮨くいねえ」は余りにも有名ですね。
なんだかんだと言って、この自称江戸っ子、押鮨をあらかた食べてしまった様ですね。

もう一つ石松っあんで有名なフレーズが「馬鹿は死ななきゃ直らない」ですね。
これも余りにも有名ですね。

なんでこんな事をくどく書くのかといいますと・・・・
人様の悪口は言いたく無いのですが、忠告と言う事で書きます。
ここの所、TV局の取材の申し込みがかなり有りまして、その応対をしていたのですが、
TVの自称ディレクターと云う方達の常識とモノを知らない事の酷さですね。
これではTVがつまらない番組ばかり、と言うのもうなずけましたね。
まず、口のききかたを知らない。敬語を一応使ってる感覚なのかもしれませんが、なってないですね。
あたしゃ、あんたのダチじゃ無いんだよ!
まあ、この点でNHKは少しマシでしたね。慇懃無礼と言う四文字熟語が頭をよぎりましたがw
取材しにくるのに、何の調べもしてこないと言う事実ですね。

以前のTVのディレクターはこうではありませんでした。
質が下がったと言う事と下請けプロダクションなんですね。TV局の人間じゃ無いんですよね。
一応「◯◯TVです」と名乗ってますが、名刺には何処にもそのTV局の名前やロゴマークはありません。
未だにTV局といえば、物事が通る様な感覚がありますね。
「写してやるからいいだろう!」そう顔に書いてある気がします。
私共のお客さんにもインタビューを断られていましたね。ショックだった様ですが・・・

まあ、これで益々TVから遠ざかる事になりそうです。
で、私が聴いていたのが虎造師の次郎長シリーズです。お分かりですね(^^)続きを読む

今日は二代目広沢虎造師の誕生日

今日18日は二代目広沢虎造師の誕生日です。
03


え〜虎造先生を知らない方がいると困るので(話しが進まないのでw)
簡単に経歴を・・・・
東京府東京市芝区白金生まれ
少年時代から浪花節が好きで、「東川春燕」と名乗り街の人気者となります。
19歳で上方の浪曲師二代目広沢虎吉に弟子入りし23歳で二代目広沢虎造を襲名。
関東節の張りと関西節の低音の節回しの良さを取り入れた上に他の追随を許さぬ威勢の良い啖呵の語りは聴く者を魅了し「虎造節」として戦前から戦後にかけて一世を風靡しました。
私が子供の頃でも誰でも口ずさんでいましたね。(^^)

持ちネタは、国定忠治、雷電爲右エ門、祐天吉松など多岐に渡るが、中でも人気を博したのが、講談師三代目神田伯山の弟子の「ろ山」から学んだ清水次郎長伝で、とりわけ森の石松を題材にした「石松三十石船道中」は人気が高く、「寿司食いねえ」 「馬鹿は死ななきゃなおらない」などの文句は、ラジオ放送の普及も味方して多くの国民が知るところとなり、口真似をするほどだったそうです。

まず、声がいいですねえ〜
色気がある。私なんかが聴いてもぞくぞくしますね。(^^)
特に有名なのはこの「三十石船道中」ですが、他にも次郎長伝の他にも国定忠治もいいです。
映画やドラマにもなりましたしね。
落語は当時は受け入れられない地方があったそうですが、浪曲は日本全国はもちろん満州や南方方面でも抜群の人気を博したそうです。
今は浅草の木馬館で細々と興行してますが、あそこに行くと結構人気ですよ。(^^)

晩年は脳溢血で倒れ、口が不自由になられたそうです。
昭和38年に引退興行をして引退しました。翌年の39年に亡くなりました。享年65歳、今なら若かったですねえ。

今でも人気はあり、私が以前ニコ動にいくつかUPしましたが、結構見られています。続きを読む

「清水次郎長伝 〜清水の三下奴」 広沢虎造

今日は落語ではなく浪曲を上げました。
RAKUGO1さんが沢山上げてくれたので、私は良いかな?
そう思い浪曲にしました。
広沢虎造師で「清水次郎長伝〜清水の三下奴」です。
一応順番に上げてみたのですが、調べるとこの他にもエピソードが
有るらしいのですが、タイトルだけ違うとかも、有るらしいですね。
そこら辺突っ込まれると苦しいのでコメントを貰ってもスルーしますw

落語、浪曲、講談と比べると、落語が一番柔軟性があると思いますね。
今はいずれも新作が有り、時代性を取り込むのは同じですが、
落語にはマクラがありますね。ここが他の話芸と大きく違います。
いずれも体験してしまえば面白いのですが、取っ掛かりが落語の方が
し易いと思います。そこが復活した点ではないでしょうか?

そして落語の本題は人間の心理や気持ちの揺れ動きに、焦点が充てられて
いますし、笑いがうまくカバーしているのでは無いかと。

しかし古い録音を聞いていて、マクラであまりにも時代を取り入れてしまうと、後で聞いていると「さすがに古いな」と思う事もあります。
それは、噺家さん達に、高座はその時その時の一期一会だから、
消えてしまうモノである。との考えが有るからでしょうね。

志ん生師のくすぐり等、当時は爆弾級の笑いだったのでしょうね。
あの時代にあのくすぐりを取り入れたのは凄いと思いますね。
一部では三語楼師の受け売りだとの批判も有った様ですが、
それを完全に自分のモノに出来他のは、志ん生師だけでは無いのでしょうか、それを今聞いて居られる我々は幸せですね。

と言う訳で、明日は「ふたなり」でも上げようかな。


志ん生師の「元犬」と清水次郎長伝

昨夜コミュでリクエストされていた「元犬」をあげました。
この噺は上総屋の旦那がシロ事を知っているパターンと知らないパターン
があります。まあ噺に大勢はないのですが。
八代目の柳枝師なんかは知っているパターンでしたね。
今でも寄席でよく掛かる噺ですが、ニコにはあまり無かったんですね。

ここの処、動画を上げてくれる方がいますので、とても楽しいですね。
最近は動画でも緩やかになったのかな?
なんにしろ有り難いです。

そんな訳で、今日は広沢虎造師の「清水次郎長伝」をまたあげました。
動画の説明でも書いたのですが、この前の前段の噺です。
エピソードの発端の所なので、ここを聞いておかないと
噺が分からないので上げました。
でも浪曲の好きな方は熱い方が多いですね。
落語に比べると再生数の割にはコメントが多いかなと思いますね。
これから、少し浪曲も上げる事にしました。
落語程詳しくないので、トンチンカンに上げるでしょうがね。
もうコミュ動画には入れない方が良いかな?
メインは落語ですからね。
色物が多くなっては本末転倒かな。

小三治師の「馬の田楽」と広沢虎造師の「追分宿の仇討ち」

今日は、今日は予報通り暖かくなりましたね。うれしい
昨夜、小三治師の「馬の田楽」を上げました。
東京落語会600回記念の高座です。
この噺は志ん生師や柳朝師が上がっていましたね。
歴代の名人を初め,多くの噺家さんが演じていますね。
小三治師も力みの無い良い高座だと思います。

今日になって、二代目 広沢虎造師の「追分宿の仇討ち」(清水次郎長伝)
を上げました。以前「石松の最後」まで上げたので、せめて仇討ちまではと
思いうpしました。虎造さんも少し上げようかな。
有名な、「清水次郎長伝」の他にも国定忠治等も有るようです。
チョット聞いてみたいかなと・・・

昨日の生放送で流れた小さん師の「試し酒」は良かったですねえ。
昨年の暮れに権太楼師で見たのですが、
正直ライブとPCの映像と言うハンデがあるにも関わらず、
飲んでいる酒が見えた言う事実には驚かされました。
もちろん権太楼師も熱演で素晴らしかったですが、
ライブで見えるならともかくねえ。
「うどん屋」以来だな、全く参りました。
明日から、小さん師を少し上げようかな。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ