はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:崇徳院

『崇徳院』  崇徳院様と言えば百人一首の歌「瀬をはやみ」で有名ですが、これが落語になるとちょっと変わって来ます。 【原話】 この作品は初代桂文治の作といわれ、上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになりました。 【ストーリー】 若旦那が寝込んでしまった…
>>続きを読む

崇徳院様と言えば百人一首の歌「瀬をはやみ」で有名ですが、これが落語だとかなり面白い噺になって来ます。楽しい噺ですね。 【原話】 この作品は初代桂文治の作といわれ、上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになりました。 【ストーリー】 若旦那が寝込んでし…
>>続きを読む

そろそろ梅の花の便りも聞こえる様になりましたが、東京は大雪が降りました。早く暖かくなって欲しいものです。 で、今日は早く春が来る様に春の噺「崇徳院」です。 若旦那が寝込んでしまったので、旦那様に頼まれて熊さんが聞いてみると、 清水堂で出会ったお嬢さんが忘れ…
>>続きを読む

例年ですと、そろそろ梅の花の便りも聴けるのですが、今年は遅れていますね。早く暖かくなって欲しいものです。 で、今日は春の噺「崇徳院」です。 若旦那が寝込んでしまったので、旦那様に頼まれて熊さんが聞いてみると、 清水堂で出会ったお嬢さんが忘れられないと言う・…
>>続きを読む

え〜、節分も過ぎましたが、相変わらず寒いですね。今年は特に寒い! で、気持ちだけでも暖かくなろうと、春の噺をやります。そこで「崇徳院」です。  若旦那が寝込んでしまったので、旦那様に頼まれて熊さんが聞いてみると、 清水堂で出会ったお嬢さんが忘れられないと言…
>>続きを読む