はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:富久

 本当に寒くなって来ました。皆様も健康には充分ご注意下さいね。と言う訳で今回からはこの噺を取り上げてみたいと思います。 ・『富久』 江戸時代の実話をもとに、円朝師が創作したといわれる噺ですが、速記もなく、詳しいことは分かりません。 ・【ストーリー】  久蔵は…
>>続きを読む

『富久』  年末になるとジャンボ宝くじが売り出されますね。皆さんはお買いになられたでしょうか? 世の中には当たった方がいらっしゃるですよね。羨ましいような……。一攫千金を願うのはいつの時代も変わらぬようで、今日は「富久」です。 【原話】 江戸時代の実話をも…
>>続きを読む

 すっかり寒くなって参りました。皆さんも季節の替り目ですので健康には充分ご注意下さいね。と言う訳で今回からは冬の噺を取り上げて行きたいと思います。  で初回はこの噺 ・『富久』 江戸時代の実話をもとに、円朝師が創作したといわれる噺ですが、速記もなく、詳しいこ…
>>続きを読む

今日は12月の28日ですね。 我が家では暮れの内にやって置かなければならない事があります。 しかも、家長(もう使っていない言葉ですし、戦後日本では家長制度は廃止されました)が行わなければならない事がかなりあるのです。 今日は、そんなお話…… 今朝は、朝早く起きて…
>>続きを読む

今日は「富久」です。 江戸時代の実話をもとに、円朝師が創作したといわれる噺ですが、速記もなく、詳しいことは分かりません。 もうこれは、沢山の噺家さんが演じていますが、有名なのは文楽師と志ん生師でしょうね。 特に文楽師は「落語研究会」に予告しておきながら、「練…
>>続きを読む