はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:寄席案内

 寄席紹介の最後は国立演芸場です。ここは、千代田区隼町の国立劇場の一部として 1979年(昭和54年)に開場した国立の演芸場です。その為国立劇場の隣と言うか裏手にあり、最高裁判所は隣となります。およそ寄席らしくない環境です。  兼ねてから寄席演芸の関係者が陳情を…
>>続きを読む

今回は池袋の西口にある池袋演芸場です。昔からお客が入らない寄席として有名でした。平成5年に建て替えられて近代的なビルの地下になりましたが、それ以前は映画館の三階にあり、お客より出演者の方が多いと言う有様でした。  若き立川談志師が熱演していたのを思い出しま…
>>続きを読む

今日は浅草演芸ホールです。  東京都台東区浅草の通称「公園六区」と呼ばれる歓楽街の中心にある寄席です。 歴史 1951年(昭和26年)、東洋興業が、「三友館」跡地にストリップ劇場「フランス座」を開業した。 戦後長く、芸処・浅草に落語定席が無かった。日本芸術協会(…
>>続きを読む

第二回目の寄席案内は東京の西の西に住む落語ファンなら殆どの方が訪れる新宿末広亭です。 歴史 本来は広の字は旧字の廣を使うので正式には「末廣亭」と書きます。 明治の頃より今の場所とは違いますが浪曲の寄席で同じ名前の寄席がありましたが、新宿の大火で焼け、そして…
>>続きを読む

 今回から暫くは都内にある寄席(落語定席)を紹介したいと思います。何時か行かれる時の参考にして下さい。 ・上野鈴本演芸場  歴史 軍談席本牧亭が、江戸期・安政四年(1857年)に開設。 創業者は現席亭の祖先で、三代目本牧屋仙之助(またの名を龍助)という。明治維新…
>>続きを読む