はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

宮戸川

宮戸川と言う噺

00014『宮戸川』
暑いですね〜 一気に夏が来た感じです。そこで、少し早いですが、夏らしい噺の「宮戸川」です。

【原話】
芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。
芝居噺が廃れると、次第に後半部は忘れ去られ、今ではほとんど演じられなくなりました。

【ストーリー】
将棋で帰りが遅くなって締め出しを食った小網町の半七は、霊岸島の叔父さんのところに泊めて貰おうと思っていると、お花もカルタで遅くなり同じように閉め出されてしまいます。お花は叔父さんの所に一晩泊めて貰えないかと頼むが、早合点の叔父さんだから嫌だと断ります。
駆けだしていると、お花も直ぐ脇を走って追い越して、一緒に叔父さんの所に着きます。
飲み込みの良すぎる叔父さんは、案の定お花と半七をいい仲と勘違いして、2階に上げてしまいます。
しかたなく背中合わせで寝ることにしましたが、背中を向け合っていたのですが、折からの激しい落雷が近くに落ちたので、驚いてお花はが半七に抱きつきます。
思わず半七は理性を忘れて・・・・この先は本が破れてわかりません・・・
と現在の噺家さんは演じていますが、この先もあります。
現在、たまにしか演じられませんが、やはり芝居噺掛かりとなります。

簡単に筋を書きますと……。
翌朝、事態を完全に飲み込んだ叔父さんは二人に聴き、一緒になりたいとの事なので、
自分の兄の半七の父親に掛け合いますが、承知しません。
それならと、半七を養子にして二人を一緒にさせます。

それから四年ほどたった夏、お花が浅草へ用足しに行き、帰りに観音さまに参詣して、雷門まで来ると夕立に逢います。
傘を忘れたので定吉に傘を取りにやるのですが、その時、突然の雷鳴で、お花は気絶してしまいます。
それを見ていた、ならず者三人組、いい女なのでなぐさみものにしてやろうと、気を失ったお花をさらって、
いずこかに消えてしまいます。

女房が行方知れずになり、半七は泣く泣く葬式を出しますが、一周忌に菩提寺に参詣の帰り、
山谷堀から舟を雇うと、もう一人の酔っ払った船頭が乗せてくれと頼みこみます。
承知して、二人で船中でのんでいると、その船頭が酒の勢いで、一年前お花に酷い事をしたことを話します。
船頭もグルとわかり、ここで、と芝居掛かりになります。
「これで様子がガラリと知れた」
三人の渡りゼリフで、
「亭主というはうぬであったか」
「ハテよいところで」
「悪いところで」
「逢ったよなァ」
……というところで起こされます。
お花がそこにいるのを見て、ああ夢かと一安心。
小僧が、お内儀さんを待たせて傘を取りに帰ったと言うので、
「夢は小僧の使い(=五臓の疲れ)だわえ」
という地口オチになっています。

【演者】
この噺は多くの噺家さんが演じています。特に前半部分しか語られないことが多いので、若い噺家さんもよく演じます。逆に若さがモノを言う噺かも知れません。

【注目点】
際どい描写をどの程度まで演じるか? だと思います。明るく出来れば良いのではないでしょうか

『能書』
最近は後半も色々な噺家さんが演じるようになって来ました。NHKの「日本の話芸」で先日亡くなった三代目三遊亭圓歌師がやっています。新作派の師が演じたのは正直驚きましたが……。
後半に関しては後味の良い部分だけではありませんが、芝居噺とはどうようなものかを知るには良いと思います。

『ネタ』
宮戸川とは、墨田川の下流・浅草川の旧名で、地域でいえば山谷堀から駒形あたりまでの流域を指します。
「宮戸」は、三社権現の参道入口を流れていたことから、この名がついたとか。

「宮戸川」という噺

00014『宮戸川』
今日は夏らしい噺の「宮戸川」です。

【原話】
芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。
芝居噺が廃れると、次第に後半部は忘れ去られ、今ではほとんど演じられなくなりました。

【ストーリー】
将棋で帰りが遅くなって締め出しを食った小網町の半七は、霊岸島の叔父さんのところに泊めて貰おうと思っていると、お花もカルタで遅くなり同じように閉め出されてしまいます。お花は叔父さんの所に一晩泊めて貰えないかと頼むが、早合点の叔父さんだから嫌だと断ります。
駆けだしていると、お花も直ぐ脇を走って追い越して、一緒に叔父さんの所に着きます。
飲み込みの良すぎる叔父さんは、案の定お花と半七をいい仲と勘違いして、2階に上げてしまいます。
しかたなく背中合わせで寝ることにしましたが、背中を向け合っていたのですが、折からの激しい落雷が近くに落ちたので、驚いてお花はが半七に抱きつきます。
思わず半七は理性を忘れて・・・・この先は本が破れてわかりません・・・
と現在の噺家さんは演じていますが、この先もあります。
現在、たまにしか演じられませんが、やはり芝居噺掛かりとなります。

簡単に筋を書きますと・・・
翌朝、事態を完全に飲み込んだ叔父さんは二人に聴き、一緒になりたいとの事なので、
自分の兄の半七の父親に掛け合いますが、承知しません。
それならと、半七を養子にして二人を一緒にさせます。

それから四年ほどたった夏、お花が浅草へ用足しに行き、帰りに観音さまに参詣して、雷門まで来ると夕立に逢います。
傘を忘れたので定吉に傘を取りにやるのですが、その時、突然の雷鳴で、お花は気絶してしまいます。
それを見ていた、ならず者三人組、いい女なのでなぐさみものにしてやろうと、気を失ったお花をさらって、
いずこかに消えてしまいます。

女房が行方知れずになり、半七は泣く泣く葬式を出しますが、一周忌に菩提寺に参詣の帰り、
山谷堀から舟を雇うと、もう一人の酔っ払った船頭が乗せてくれと頼みこみます。
承知して、二人で船中でのんでいると、その船頭が酒の勢いで、一年前お花に酷い事をしたことを話します。
船頭もグルとわかり、ここで、と芝居掛かりになります。
「これで様子がガラリと知れた」
三人の渡りゼリフで、
「亭主というはうぬであったか」
「ハテよいところで」
「悪いところで」
「逢ったよなァ」
・・・・というところで起こされます。
お花がそこにいるのを見て、ああ夢かと一安心。
小僧が、お内儀さんを待たせて傘を取りに帰ったと言うので、
「夢は小僧の使い(=五臓の疲れ)だわえ」
という地口オチになっています。

【演者】
この噺は多くの噺家さんが演じています。特に前半部分しか語られないことが多いので、若い噺家さんもよく演じます。逆に若さがモノを言う噺かも知れません。

【注目点】
際どい描写をどの程度まで演じるか? だと思います。明るく出来れば良いのではないでしょうか

『能書』
最近は後半も色々な噺家さんが演じるようになって来ました。NHKの「日本の話芸」で三代目三遊亭圓歌師がやっています。新作派の師が演じたのは正直驚きましたが……。
後半に関しては後味の良い部分だけではありませんが、芝居噺とはどうようなものかを知るには良いと思います。

『ネタ』
宮戸川とは、墨田川の下流・浅草川の旧名で、地域でいえば山谷堀から駒形あたりまでの流域を指します。
「宮戸」は、三社権現の参道入口を流れていたことから、この名がついたとか。

宮戸川とは隅田川のことなり

img_1018206_31400879_0今日は夏の噺「宮戸川」です。

芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。

芝居噺が廃れると、次第に後半部は忘れ去られ、今ではほとんど演じられなくなりました。

将棋で帰りが遅くなって締め出しを食った小網町の半七は、霊岸島の叔父さんのところに泊めて貰おうと思っていると、お花もカルタで遅くなり同じように閉め出されてしまいます。お花は叔父さんの所に一晩泊めて貰えないかと頼むが、早合点の叔父さんだから嫌だと断ります。
駆けだしていると、お花も直ぐ脇を走って追い越して、一緒に叔父さんの所に着きます。
飲み込みの良すぎる叔父さんは、案の定お花と半七をいい仲と勘違いして、2階に上げてしまいます。
しかたなく背中合わせで寝ることにしましたが、背中を向け合っていたのですが、折からの激しい落雷が近くに落ちたので、驚いてお花はが半七に抱きつきます。
思わず半七は理性を忘れて・・・・この先は本が破れてわかりません・・・
と現在の噺家さんは演じていますが、この先もあります。
現在、たまにしか演じられませんが、やはり芝居噺掛かりとなります。

簡単に筋を書きますと・・・
翌朝、事態を完全に飲み込んだ叔父さんは二人に聴き、一緒になりたいとの事なので、
自分の兄の半七の父親に掛け合いますが、承知しません。
それならと、半七を養子にして二人を一緒にさせます。

それから四年ほどたった夏、お花が浅草へ用足しに行き、帰りに観音さまに参詣して、雷門まで来ると夕立に逢います。
傘を忘れたので定吉に傘を取りにやるのですが、その時、突然の雷鳴で、お花は気絶してしまいます。
それを見ていた、ならず者三人組、いい女なのでなぐさみものにしてやろうと、気を失ったお花をさらって、
いずこかに消えてしまいます。

女房が行方知れずになり、半七は泣く泣く葬式を出しますが、一周忌に菩提寺に参詣の帰り、
山谷堀から舟を雇うと、もう一人の酔っ払った船頭が乗せてくれと頼みこみます。
承知して、二人で船中でのんでいると、その船頭が酒の勢いで、一年前お花に酷い事をしたことを話します。
船頭もグルとわかり、ここで、と芝居掛かりになります。
「これで様子がガラリと知れた」
三人の渡りゼリフで、
「亭主というはうぬであったか」
「ハテよいところで」
「悪いところで」
「逢ったよなァ」
・・・・というところで起こされます。
お花がそこにいるのを見て、ああ夢かと一安心。
小僧が、お内儀さんを待たせて傘を取りに帰ったと言うので、
「夢は小僧の使い(=五臓の疲れ)だわえ」
という地口オチになっています。

宮戸川とは、墨田川の下流・浅草川の旧名で、地域でいえば山谷堀から駒形あたりまでの流域を指します。
「宮戸」は、三社権現の参道入口を流れていたことから、この名がついたとか。
続きを読む

宮戸川とは隅田川のことなり

miyadogawa001-1今日は夏の噺「宮戸川」です。

芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。

芝居噺が廃れると、次第に後半部は忘れ去られ、今ではほとんど演じられなくなりました。

将棋で帰りが遅くなって締め出しを食った小網町の半七は、霊岸島の叔父さんのところに泊めて貰おうと思っていると、お花もカルタで遅くなり同じように閉め出されてしまいます。お花は叔父さんの所に一晩泊めて貰えないかと頼むが、早合点の叔父さんだから嫌だと断ります。
駆けだしていると、お花も直ぐ脇を走って追い越して、一緒に叔父さんの所に着きます。
飲み込みの良すぎる叔父さんは、案の定お花と半七をいい仲と勘違いして、2階に上げてしまいます。
しかたなく背中合わせで寝ることにしましたが、背中を向け合っていたのですが、折からの激しい落雷が近くに落ちたので、驚いてお花はが半七に抱きつきます。
思わず半七は理性を忘れて・・・・この先は本が破れてわかりません・・・
と現在の噺家さんは演じていますが、この先もあります。
現在、たまにしか演じられませんが、やはり芝居噺掛かりとなります。

簡単に筋を書きますと・・・
翌朝、事態を完全に飲み込んだ叔父さんは二人に聴き、一緒になりたいとの事なので、
自分の兄の半七の父親に掛け合いますが、承知しません。
それならと、半七を養子にして二人を一緒にさせます。

それから四年ほどたった夏、お花が浅草へ用足しに行き、帰りに観音さまに参詣して、雷門まで来ると夕立に逢います。
傘を忘れたので定吉に傘を取りにやるのですが、その時、突然の雷鳴で、お花は気絶してしまいます。
それを見ていた、ならず者三人組、いい女なのでなぐさみものにしてやろうと、気を失ったお花をさらって、
いずこかに消えてしまいます。

女房が行方知れずになり、半七は泣く泣く葬式を出しますが、一周忌に菩提寺に参詣の帰り、
山谷堀から舟を雇うと、もう一人の酔っ払った船頭が乗せてくれと頼みこみます。
承知して、二人で船中でのんでいると、その船頭が酒の勢いで、一年前お花に酷い事をしたことを話します。
船頭もグルとわかり、ここで、と芝居掛かりになります。
「これで様子がガラリと知れた」
三人の渡りゼリフで、
「亭主というはうぬであったか」
「ハテよいところで」
「悪いところで」
「逢ったよなァ」
・・・・というところで起こされます。
お花がそこにいるのを見て、ああ夢かと一安心。
小僧が、お内儀さんを待たせて傘を取りに帰ったと言うので、
「夢は小僧の使い(=五臓の疲れ)だわえ」
という地口オチになっています。

宮戸川とは、墨田川の下流・浅草川の旧名で、地域でいえば山谷堀から駒形あたりまでの流域を指します。
「宮戸」は、三社権現の参道入口を流れていたことから、この名がついたとか。

続きを読む

宮戸川の半ちゃんになりたい?

o0640042710528835641


今日はここの処、仕事に追われて、落語の放送も録音し忘れてるくらいのテイタラクなので、落語の記事を書きます。
落語成分が体から失われて逝きます・・・・www

前半に関しては大抵の方が一度は聴いた事があると思います。
将棋で帰りが遅くなって締め出しを食った小網町の半七は、霊岸島の叔父さんのところに泊めて貰おうと思っていると、お花もカルタで遅くなり同じように閉め出されてしまいます。お花は叔父さんの所に一晩泊めて貰えないかと頼むが、早合点の叔父さんだから嫌だと断ります。
駆けだしていると、お花も直ぐ脇を走って追い越して、一緒に叔父さんの所に着きます。
飲み込みの良すぎる叔父さんは、案の定お花と半七をいい仲と勘違いして、2階に上げてしまいます。
そして・・・・・・二人は嬉しい仲になります。
これまでが上ですね。

要はお花が半七を逆ナンするという話で・・・ん違う? そう?
だって、夜遅く、半七の帰ってくるのを待ちぶせして・・って違う!偶然一緒になっただけ?
でもそれはお花の証言しか無いわけでwwって
何はともあれ、男だったら一度位は逆ナンされるのも悪くはありません。
ん、ホントだよwww

下はあまり演じませんが、芝居掛かりになって逝きます。
上から四年ほどたった夏、お花が浅草へ用足しに行き、
帰りに観音さまに参詣して、雷門まで来ると夕立に逢う。
傘を忘れたので定吉に傘を取りにやります。
その時、突然の雷鳴で、お花は気絶してしまいます。
それを見ていた、ならず者三人組、
いい女なのでなぐさみものにしてやろうと、気を失ったお花をさらって、
いずこかに消えてしまいます。

女房が行方知れずになり、半七は泣く泣く葬式を出すが、
その一周忌に菩提寺に参詣の帰り、山谷堀から舟を雇うと、
もう一人の酔っ払った船頭が乗せてくれと頼む。
承知して、二人で船中でのんでいると、その船頭が
酒の勢いで、一年前お花に酷い事をしたことを話します。
船頭もグルとわかり、
ここで、と芝居掛かりになります。
そして・・・・・

宮戸川とは、墨田川の下流・浅草川の旧名で、地域でいえば山谷堀から駒形あたりまでの流域を指します。
「宮戸」は、三社権現の参道入口を流れていたことから、この名がついたとか。

芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。

前半は各師匠個性的な名演があります。
テンポよく、艶ぽい志ん朝師やさらっとしていて粋な助六師や色っぽさでは群を抜いてた志ん生師。
小朝師も任に合っていて良かったですね。
続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ