はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:宮戸川

 仕事が繁盛期に入っていましてなかなか更新が出来ません。何とか更新してみました。コメントの返事が遅れるかも知れません。その場合は申し訳ありません。 『宮戸川』 それにしても暑いですね〜 一気に夏が来た感じです。そこで、少し早いですが、夏らしい噺の「宮戸川」…
>>続きを読む

『宮戸川』 暑いですね〜 一気に夏が来た感じです。そこで、少し早いですが、夏らしい噺の「宮戸川」です。 【原話】 芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じ…
>>続きを読む

『宮戸川』 今日は夏らしい噺の「宮戸川」です。 【原話】 芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。 芝居噺…
>>続きを読む

今日は夏の噺「宮戸川」です。 芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。 芝居噺が廃れると、次第に後半部…
>>続きを読む

今日は夏の噺「宮戸川」です。 芝居噺が得意だった初代三遊亭円生の作といわれています。明治中期までは、初代円右師や三代目柳枝師などが、芝居噺になる後半までを通して、長講で演じることがあり、柳枝師の通しの速記も残されています。 芝居噺が廃れると、次第に後半部…
>>続きを読む