らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:孝行糖

ameuri『孝行糖』
今日は与太郎噺のこの噺です。

【原話】
明治初期に作られた上方落語の「新作」といわれますが、作者は未詳です。
三代目圓馬師が東京に移植、戦後は三代目金馬師の十八番として知られ、
四代目金馬も演じています。
「本場」の大阪では、一時は演じ手がなかったのですが、最近は結構演じる人が出て来ています。かっては5代目桂文枝師が演じていました。今は桂九雀さんや、youtubeには笑福亭生寿さんが上がっていますね。

【ストーリー】
親孝行が認められてお上から青ざし五貫匁という褒美を頂いた与太郎に長屋の連中は大喜び。
この金を元手に与太郎に商売をさせようということになり、親孝行の功で褒美を頂いたことから「孝行糖」という名で流しの飴屋をやることに。
親孝行の徳、この飴を食べると子どもが親孝行になるというので、孝行糖は大人気。
ある日いつものように文句を唱えながら飴を売り歩いていると大名屋敷前で鳴り物を止めよと咎められる。
しかし、のんきな与太郎は叱りつける侍の言葉にあわせて「ちゃんちきちん、すけてん」などと歌うものだから、捕らえられてしまう。
偶然通りかかった人が門番に事情を説明して与太郎を助け出し、道の端へ与太郎を連れて行きこう言った。
「打ち首にされてもおかしく無いが親孝行の徳でお前は助かったんだ。どれ、何処を殴られたか言ってみろ」
すると与太郎。泣きながら体を指差して
「こぉこぉとぉこぉこぉとぉ(こことここと)」

【演者】
かなりの噺家さんが演じています。個人的には金馬師も良いですが、志ん朝師と柳朝師が好きです。

【注目点】
孝行糖売りは明治初期、大阪にいたという説がありますが、実はその以前、弘化3年(1846)2月ごろにはこの噺の与太郎と同じような格好をした飴売りが居たという情報もあります。

『ネタ』
水戸さまの屋敷前と言うのは今の後楽園の所ですね。
いまでは車が引きも切りませんが、当時は街外れで寂しかったんですね。

『能書』
飴は記紀の時代からあったようですが、今の様に甘く菓子として扱われるようになったのは平安時代だそうです。

ameuri 今日は「孝行糖」です。

明治初期に作られた上方落語の「新作」といわれますが、作者は未詳です。
三代目円馬師が東京に移植、戦後は三代目金馬師の十八番として知られ、
四代目金馬も演じています。
「本場」の大阪では、現在は演じ手がないと言う事だそうです。

孝行糖売りは明治初期、大阪にいたという説がありますが、実はその以前、
弘化3年(1846)2月ごろから藍鼠色の霜降に筍を描いた半纏を着て、
この噺と同じ唄をうたいながら江戸の町を売り歩いていた飴屋がいたことが
幕末の政商・藤岡屋由蔵の「見聞日記」に記されています。
まず、当人に間違いありません! いたんですよ!与太郎!

親孝行が認められてお上から青ざし五貫匁という褒美を頂いた与太郎に長屋の連中は大喜び。
この金を元手に与太郎に商売をさせようということになり、親孝行の功で褒美を頂いたことから「孝行糖」という名で流しの飴屋をやることに。
親孝行の徳、この飴を食べると子どもが親孝行になるというので、孝行糖は大人気。
ある日いつものように文句を唱えながら飴を売り歩いていると大名屋敷前で鳴り物を止めよと咎められる。
しかし、のんきな与太郎は叱りつける侍の言葉にあわせて「ちゃんちきちん、すけてん」などと歌うものだから、捕らえられてしまう。
偶然通りかかった人が門番に事情を説明して与太郎を助け出し、道の端へ与太郎を連れて行きこう言った。
「打ち首にされてもおかしく無いが親孝行の徳でお前は助かったんだ。どれ、何処を殴られたか言ってみろ」
すると与太郎。泣きながら体を指差して
「こぉこぉとぉこぉこぉとぉ(こことここと)」

結局はただのダジャレなんですが、そこがまた良いですね〜(^^)

水戸さまの屋敷前と言うのは今の後楽園の処ですね。
いまでは車が引きも切りませんが、当時は町外れで寂しかったんですね。
続きを読む

ameuri今日は三代目金馬師で有名な「孝行糖」です。

明治初期に作られた上方落語の「新作」といわれますが、作者は未詳です。
三代目円馬師が東京に移植、戦後は三代目金馬師の十八番として知られ、
四代目金馬も演じています。
「本場」の大阪では、現在は演じ手がないと言う事だそうです。

孝行糖売りは明治初期、大阪にいたという説がありますが、実はその以前、
弘化3年(1846)2月ごろから藍鼠色の霜降に筍を描いた半纏を着て、
この噺と同じ唄をうたいながら江戸の町を売り歩いていた飴屋がいたことが
幕末の政商・藤岡屋由蔵の「見聞日記」に記されています。
まず、当人に間違いありません! いたんですよ!与太郎!

親孝行が認められてお上から青ざし五貫匁という褒美を頂いた与太郎に長屋の連中は大喜び。
この金を元手に与太郎に商売をさせようということになり、親孝行の功で褒美を頂いたことから「孝行糖」という名で流しの飴屋をやることに。
親孝行の徳、この飴を食べると子どもが親孝行になるというので、孝行糖は大人気。
ある日いつものように文句を唱えながら飴を売り歩いていると大名屋敷前で鳴り物を止めよと咎められる。
しかし、のんきな与太郎は叱りつける侍の言葉にあわせて「ちゃんちきちん、すけてん」などと歌うものだから、捕らえられてしまう。
偶然通りかかった人が門番に事情を説明して与太郎を助け出し、道の端へ与太郎を連れて行きこう言った。
「打ち首にされてもおかしく無いが親孝行の徳でお前は助かったんだ。どれ、何処を殴られたか言ってみろ」
すると与太郎。泣きながら体を指差して
「こぉこぉとぉこぉこぉとぉ(こことここと)」

結局はただのダジャレなんですが、そこがまた良いですね〜(^^)

水戸さまの屋敷前と言うのは今の後楽園の処ですね。
いまでは車が引きも切りませんが、当時は町外れで寂しかったんですね。

続きを読む

e8039a2c31a42cddb13a-LL昨日は志ん五師の命日でしたので、一日遅いですが記事にしました。

志ん五師は寄席以外でも随分聴きました。我街の師匠の小袁治師が開いてる「あやめ寄席
という会に随分出てくれました。
この会は小袁治師の同期が話す場所を求めて、造った落語会で、他には一朝師、小金馬師、歌司師、八朝師等がレギュラーでした。

師匠方はいつもより一生懸命に高座に臨んでいました。
寄席とは明らかに力の入れ具合が違う感じでしたね。
芸と商売ですか、志ん生師ではないけど、そんな事も考える位皆良い出来でした。

歯切れの良い高座が思いだされます。

本名:篠崎 進、、1949年5月30日 - 2010年9月28日、東京都台東区浅草生まれです。
出囃子は『ゲイシャワルツ』又は『藤娘』
本当は志ん生師に弟子入りしたのですが、志ん生師はもう弟子を取らないので志ん朝師の弟子になりました。
しかし、志ん朝師が忙しかったので、志ん生師に預けられました。
ですので、志ん生最後の弟子で志ん朝の総領弟子なのです。
これが、1966年8月31日のことで、名前が高助。

1971年11月 - 二ツ目に昇進し、改メ古今亭志ん三
1973年 - 志ん生死去に伴い、志ん朝門に正式復帰
1982年11月 - 真打昇進を期に、改メ古今亭志ん五
この昇進の時ですが、当時落語協会には、真打昇進試験、という無粋な制度がありまして、
試験官の幹部の前で一席演じて、合否を伺うというモノでした。
この試験に何と前座噺「味噌豆」で合格したのが、こぶ蔵で、試験管の小三治師も「見事な味噌豆だった」と言ったんですよねえ。
そうとしか言い様が無かったのか、実にいい加減な試験で、かの右朝師は落とされています。
すると、四件の席亭が異議を唱え、「志ん八(当時の名)が落ちるなら今後一切、落語協会の真打は認めない」と声明を出しました。
当時抜群の上手さで評判だった右朝師が落とされる試験に価値は無いとしたのです。
結局この事が原因で試験制度は崩壊します。

志ん五師は「あたしの芸はお足を頂く芸だから・・・」と言って試験を拒否しました。

志ん五師というと、なんて言っても「与太郎噺」ですね。
あれだけは誰も真似できませんでしたね。
「あん〜ちゃん!」と云うセリフで始まる楽しい噺の数々でした。続きを読む

このページのトップヘ