はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

夏の医者

「夏の医者」は腹に障る?

ff0c420c『夏の医者』
今日は真夏に相応しいお噺です。
私なんか、これはもう圓生師以外考えられないのですが、上方の方は枝雀師なんでしょうね。残された動画を見ると、あのパワフルさは「夏の医者」とも思えぬ程ですね。

【原話】
原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・「軽口独狂言」の一遍である『蛇(うわばみ)の毒あたり』だそうです

【ストーリー】
ある暑い夏の日に、鹿島村の勘太もダウンしたのか、ご飯を茶碗に七、八杯しか食べることが出来ないと言う。「もう歳だから」と息子が心配していると、見舞いに来たおじさんが「隣の一本松村の玄伯先生に往診してもらえば」と言う。
それを聞いた息子はおじさんに留守を頼み、ばっちょう笠に襦袢一枚、山すそを回って六里の道を呼びに行った。

汗だくになって訪ねてみると、玄白先生は畑で草取りの真っ最中。早速頼み込み、息子が薬籠を背負って二人で村を出発した。
「山越えのほうが近道だべ」 先生がそう言うので、二人で山の中をテクテク。山頂に着いたときには二人とも汗びっしょりになっていた。
そこでしばらく休憩し、さぁでかけよう…とした所で、なぜかあたりが真っ暗になった。周囲はなぜか温かい、はておかしいと考えて…。
「こりゃいかねえ。この山には、年古く住むウワバミがいるてえことは聞いちゃいたが、こりゃ、飲まれたかな?」
「どうするだ、先生」
「どうするだっちって、こうしていると、じわじわ溶けていくべえ」
うっかり脇差を忘れてしまい、腹を裂いて出ることもできない。

どうしようかと考えている先生の頭に、あるひらめきが舞い降りた。
息子に預けた薬籠を渡してもらい、中から大黄の粉末を取り出すと、ウワバミの腹の中へパラパラ…。『初体験』の大黄に、ウワバミは七転八倒…ドターンバターン!
「薬が効いてきたな。向こうに灯が見えるべえ、あれが尻の穴だ」
ようやく二人は下されて、草の中に放り出された。

転がるように山を下り、先生、さっそく診察すると、ただの食あたりとわかった。
「なんぞ、えかく食ったじゃねえけ?」
「あ、そうだ。チシャの胡麻よごし食いました。とっつぁま、えかく好物だで」
「それはいかねえ。夏のチシャは腹へ障(さわ)ることあるだで」
薬を調合しようとすると、薬籠はうわばみの腹の中に忘れてきてない。

困った先生、もう一度飲まれて取ってこようと、再び山の上へ登っていく。

一方…こちらは山頂のウワバミさん。下剤のせいですっかりグロッキーになってしまい、松の大木に首をダランと掛けてあえいでいた。
「あんたに飲まれた医者だがな、腹ん中へ忘れ物をしたで、もういっぺん飲んでもれえてえがな」
ウワバミは首を横に振っていやいや。
「もういやだ。夏の医者は腹へ障る」

【演者】
個人的には六代目圓生師ですが、上方では枝雀師が有名ですね。
今では多くの噺家が演じています。
東京では、四代目橘家円蔵師から六代目三遊亭圓生師に直伝で継承されました。

【注目点】
やはり、田舎ののんびりとした風景を感じられれば良いと思います。

『能書』
「ちしゃ」と言う野菜が良く判らないのですが、「葉萵苣」と言う名前の野菜の事だそうで、西洋ではレタス、日本では小松菜が同族の品種だそうです。
「大黄」と言うのは今でも漢方薬に使われていますね。

『ネタ』
このお医者さんは、普段は農業をしていて、病人が出た時だけ医者として活動するのでしょうね。
患者の具合より、作物の出来が心配なくらいのお医者さんですから、きっと息子さんも、「たいした事は無いかもしれないが、一応見てもらおう。何でもなかったら安心だから」位の感覚だったのでしょうね。

うわばみの災難の日

121今日は「夏の医者」です。
私なんか、これはもう圓生師以外考えられないのですが、上方の方は枝雀師でしょうね。
あのパワフルな「夏の医者」とも思えぬ所作は凄いですね。

原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・「軽口独狂言」の一遍である『蛇(うわばみ)の毒あたり』だそうです。
ある暑い夏の日に、鹿島村の勘太もダウンしたのか、ご飯を茶碗に七、八杯しか食べることが出来ないと言う。「もう歳だから」と息子が心配していると、見舞いに来たおじさんが「隣の一本松村の玄伯先生に往診してもらえば」と言う。
それを聞いた息子はおじさんに留守を頼み、ばっちょう笠に襦袢一枚、山すそを回って六里の道を呼びに行った。

汗だくになって訪ねてみると、玄白先生は畑で草取りの真っ最中。早速頼み込み、息子が薬籠を背負って二人で村を出発した。
「山越えのほうが近道だべ」 先生がそう言うので、二人で山の中をテクテク。山頂に着いたときには二人とも汗びっしょりになっていた。
そこでしばらく休憩し、さぁでかけよう…とした所で、なぜかあたりが真っ暗になった。周囲はなぜか温かい、はておかしいと考えて…。
「こりゃいかねえ。この山には、年古く住むウワバミがいるてえことは聞いちゃいたが、こりゃ、飲まれたかな?」
「どうするだ、先生」
「どうするだっちって、こうしていると、じわじわ溶けていくべえ」
うっかり脇差を忘れてしまい、腹を裂いて出ることもできない。

どうしようかと考えている先生の頭に、あるひらめきが舞い降りた。
息子に預けた薬籠を渡してもらい、中から大黄の粉末を取り出すと、ウワバミの腹の中へパラパラ…。『初体験』の大黄に、ウワバミは七転八倒…ドターンバターン!
「薬が効いてきたな。向こうに灯が見えるべえ、あれが尻の穴だ」
ようやく二人は下されて、草の中に放り出された。

転がるように山を下り、先生、さっそく診察すると、ただの食あたりとわかった。
「なんぞ、えかく食ったじゃねえけ?」
「あ、そうだ。チシャの胡麻よごし食いました。とっつぁま、えかく好物だで」
「それはいかねえ。夏のチシャは腹へ障(さわ)ることあるだで」
薬を調合しようとすると、薬籠はうわばみの腹の中に忘れてきてない。

困った先生、もう一度飲まれて取ってこようと、再び山の上へ登っていく。

一方…こちらは山頂のウワバミさん。下剤のせいですっかりグロッキーになってしまい、松の大木に首をダランと掛けてあえいでいた。
「あんたに飲まれた医者だがな、腹ん中へ忘れ物をしたで、もういっぺん飲んでもれえてえがな」
ウワバミは首を横に振っていやいや。
「もういやだ。夏の医者は腹へ障る」

”ちしゃ”と言う野菜が良く判らないのですが、「葉萵苣」と言う名前の野菜の事だそうで、
西洋ではレタス、日本では小松菜が同族の品種だそうです。
「大黄」と言うのは今でも漢方薬に使われていますね。

東京では、四代目橘家円蔵から六代目三遊亭円生に直伝で継承されました。

このお医者さんは、普段は農業をしていて、病人が出た時だけ医者として活動するのでしょうね。
患者の具合より、作物の出来が心配なくらいのお医者さんですから、きっと息子さんも、「たいした事は無いかもしれないが、一応見てもらおう。何でもなかったら安心だから」位の感覚だったのでしょうね。

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ