らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:圓生

93d8e555『三年目』
今日は今日は夫婦の情愛を美しく描いたこれです(笑

『原話』
1803年の「遊子珍問学」の「孝子経曰人之畏不可不畏」が原作と言われています。

『演者』
この演目は名人と謳われた四代目圓喬師が得意にしていたそうです。だから志ん生師や圓生師等が演じました。志ん生師は亡くなった前妻を可愛く演じてました。圓生師は可憐な感じでしたね。弟子の圓楽師もよく演じていました。

『ストーリー』
病にふせった女房が、自分が亡き後夫の再婚相手の事を思うと死に切れないというので、旦那は「生涯独身でいる、もし再婚することになったら婚礼の晩に化けて出てくればいい」と約束をする。それを聞いた女房は安心したのか、すぐに亡くなってしまう。
女房に死なれた旦那は、最初は後の生涯を独身で通そうとしたものの、周りの薦めを断りきれずついに結婚することに。婚礼の晩、待てども待てども古女房の亡霊は出てこない。そのうち1月経ち、1年経ち、、三年経ったところで、死んだ女房のお墓参りに行った日に、ついに古女房の亡霊が出てくる。
何故、既に子供も生まれている今になってやっと出て来るんだと旦那が女房の亡霊を問い詰めると、納棺のときに髪に剃刀を当てられた女房はそんな姿で旦那の前に出るのが嫌で、髪が伸びるまで待っていた。

【注目点】
『日本の怪談』(安田孝明著)にこれとは逆の様な話があり、
事故で行方不明死となって正規に埋葬されなかった若い女の幽霊が、髪が残ったままでは成仏できないと言って僧侶に剃髪を求める話があります。
昔は成仏してお釈迦さまの弟子になるので頭の毛を剃ったそうです。
今は死者に化粧等をして綺麗にして送りますね。

『能書』
上方ですとちょっと様子が違って来ます。
演題も「茶漬幽霊」となります。
 サゲが違っていて、旦那が昼食の茶漬けを食べているところに先妻の幽霊が現われ、なぜ夜に出て来ない、と問われて、「夜は怖いから」という下げになっています。こちらの方が落語的な要素は強いですね。

『ネタ』
昔は納棺のときに仏様の髪の毛を剃っていたみたいですね。これがわからないとオチもよくわかりません

b2632bf3-s『なめる』
 今日は敢えてこの噺を取り上げました。季節的には夏では無い気がしますが……。
正直、あの圓生師が演じていて、十八番にも入っている噺なので今日まで残っていますが、後味は余り良くありません。。

『原話』
1691年の「露がはなし」の「疱瘡の養生」から

『演者』
四代目圓生、四代目圓蔵、四代目柳枝、初代三語楼や五代目小勝など錚々たる師匠が演じています。勿論、六代目圓生師も演じていました。落語研究会などでも演じています。、

『ストーリー』
 江戸時代、猿若町に中村座、市村座、河原崎座といういわゆる三座とよばれた芝居小屋が有りました頃のお噺で、、久しぶりに見物しようとやって来たある男。三座とも大入りで、どこも入れません。
 ようやく立見で入れてもらいましたが、何処かで座りたいので、若い衆に相談すると、前の升席に十八、九のきれいなお嬢さんが、二十五、六の年増女を連れて見物してるので、大変な音羽屋びいきなので、あそこで掛け声を掛けると良いかも知れないと教えられて、云われた通りに声を掛けていると、年増女が男に
「あなたは音羽屋びいきのようですが、うちのお嬢さまもそうなので、良かったら自分たちの升で音羽屋をほめてやってほしい」
 と、声をかけられました。願ってもないことと、ずうずうしく入り込み、弁当やお茶までごちそうになって喜んでいると、年増女が
「あなた、おいくつ」と、聞く。
 二十二と答えると、ちょうど良い年回りだ、と思わせぶりなことを言います。聞けば、お嬢さんは体の具合が悪く、目と鼻の先の先の業平の寮で養生中だという。
そこで自然に「お送りいたしましょう」「そう願えれば」
と話がまとまり、芝居がハネた後、期待に胸をふくらませてついていくと、
大店の娘らしく、大きな別宅だが、女中が五人しか付いていないとのことで、ガランと静か。お嬢さんと差し向かいで、酒になります。改めて見ると、その病み疲れた細面は青白く透き通り、ぞっとするような美しさ。
 そのうちお嬢さんがもじもじしながら、お願いがある、と言います。
ここだと思って、お嬢さんのためなら命はいらないと力むと、
「恥ずかしながら、私のお乳の下にあるおできをなめてほしい。
かなえてくだされば苦楽をともにいたします」という、妙な望み。
「苦楽ってえと夫婦に。よろしい。いくつでもなめます。お出しなさい」
 お嬢さんの着物の前をはだけると、紫色に腫れ上がり、膿が出てそれはものすごいものがひとつ。
「これはおできじゃなくて大できだ」
とためらったが、お嬢さんが無理に押しつけたから、否応なくもろになめてしまいました。
 その「見返り」と迫った途端、表でドンドンと戸をたたく音がします。
聞くと、本所表町の酒乱の伯父さんで、すぐ刃物を振り回して暴れるから、急いでお帰りになった方がいいと言うので、しかたなく、その夜は引き上げる事にします。
 翌日友達を連れて、うきうきして寮へ行ってみると、ぴったり閉まって人の気もありません。
隣の煙草屋の親父に尋ねると、笑いながら
「あのお嬢さんのおできが治らないので易者に聞くと、二十二の男になめさせれば治るとのこと。
そこで捜していたが、昨日芝居小屋で馬鹿野郎を生け捕り、色仕掛けでだましてなめさせた。
そいつが調子に乗って泊まっていく、と言うので、女中があたしのところに飛んできたから、
酒乱の伯父さんのふりをして追い出した。今ごろ店では全快祝いだろうが、あのおできの毒をなめたら七日はもたねえてえ話だ」
と言ったから、哀れ、男はウーンと気絶して仕舞います。
「おい、大丈夫か。ほら気付け薬の宝丹だ。なめろ」
「う〜ん、なめるのはもうこりごりだ」

【注目点】
この噺はその昔はおできの箇所が乳の下ではなく、もっと下の足の付け根あたりだったと言う事です。
つまりバレ噺の範疇だったと言う事ですね。

『能書』
宝丹と言うのは今もある、上野の守田治兵衛商店で販売する胃腸薬です。
今は粉薬ですが、昔は練り薬で舐めて使用したそうです。

『ネタ』
 この噺「なめる」は宝丹宣伝の為に創作された落語とも云われています。
又、「転宅」の元にもなったと言う説もあります。
別題を「重ね菊」とも言い、音羽屋(尾上菊五郎)の紋の一つで、同時にソノ方の意味も掛けているとか。
なめる動作では「薬缶なめ」もありますね。

7d7466f6『二人癖』
今日はこの噺です。別名「のめる」ですね。

【原話】
1701年の「百登瓢箪」の「癖はなおらぬ」です。

【ストーリー】
 人の顔を見ると、「つまらねぇ、つまらねぇ」と愚痴をこぼす癖がある熊さん。友達の八五郎から、その癖はやめた良いと忠告されます。ところがその八五郎には、何かあると、すぐに「一杯呑める」と言う癖があるのです。そこで、お互いに悪い癖を止めようと言う事になり、癖を出した方は、罰金として五十銭払う事になります。言い出しっぺの八五郎は、何とか、熊さんに「つまらねぇ」と言わせたくて、隠居の所へ相談に来ます。
それを聞いた隠居は知恵を八五郎授けます。果たして……。


【演者】
昔から色々な噺家さんが演じています。個人的には十代目馬生師が好きですね
円生師が「軽い噺で、二つ目程度が演る噺」と述べていますが、なかなかどうして、昭和初期から戦後ではその円生のほか、八代目柳枝師、ら多くの大看板が手掛けていて、現在もよく高座に掛けられます。

【注目点】
東京では、大阪の型で演じた、明治29年3月の三代目小さん師の速記があり、
同時代の三遊派の四代目円喬師も得意でした。SP版が残っていますね。
サゲは、円喬だけは変わっていて、
「一本歯の下駄を頼みに行くんだ」
「一本歯の下駄なら、(前に)のめるだろう」
「今ので差っ引きだ」
というものです。現在は、これを使う演者はないでしょうね。

『ネタ』
噺の後半では、隠居に教えられた八五郎が所沢の藤吉さんの考えた詰将棋が登場します。これ絶対に詰むことが出来ないのですが、そのあたりも面白いです。

4a77711b『突き落し』
今日は初めて取り上げる噺「突き落し」です。
(ウソでした。2011年に一度取り上げています。スイマセン。但し、タイトルが「突き落とし」でした)

【原話】
1807年の喜久亭壽暁のネタ帳「滑稽集」に「月たおす」とあります。これが元ですね。
これを初代小せん師が得意としていました。

【ストーリー】
町内の若い連中が集まって、仲へでも繰り出そうかなんて言ってますが、遊べる金など持っていません。
 すると熊さんが、タダで吉原で遊べる計画があると言います。他の連中はそれを聞いてその気になります。熊さんは
「俺を棟梁にして大見世でお前らを遊ばせるという触れ込みで仲へ繰り込む。若い衆が呼び込む小見世に上がり、一晩飲んで大騒ぎをして寝てしまう」と、計画の段取りを話します。
 熊さんは清ちゃんを羽左衛門に似ているとおだたて、重要な役割を頼む。頭をポカポカ殴られるのだが、人のいい清ちゃんは承知する。
遊ぶだけ、遊んで勘定は、となったら清ちゃんが「おかみさんから財布を与ろうとしたら、棟梁は酒を飲むと気が大きくなるから間違いがあっては大変だから、家まで取りにおいで」と言われましたと言うんだと話す。そうしたら若い衆を連れて外え出たところで連れションをするんだ。若い衆も付き合いなと言ってやってる所を後ろから突き落としてその間に逃げれば良い。と言います。一同感心して早速乗り込みます。
 全ては計画通りに進みます。そして若い衆を馬として連れて外に出ます。そして連れションをしている時に後ろから突き落します。
 作戦成功と一斉に逃げる連中ですが、清ちゃんがいない。若い衆と一緒にどぶにはまったのか、追いかけられて捕まってしまったのかと案じていると、ニコニコしながら後から駆けて来た。清ちゃんが言うのには 
「若い衆がいい煙草入れを下げていたので、惜しいと思って抜いて来た」
「うまく行ったな。次は品川でやろうか」
 と一応ここで落ちが着きますが、演者によっては
これに味をしめた連中、「つぎは品川」と調子に乗るが、そうは問屋が卸さず、しくじりとなる。と付け加える者もいます。

【演者】
戦後では六代目圓生師や五代目柳朝師や五代目小さん師、三代目三木助師が演じていました。三木助師以外の録音も残っています。

【注目点】
 評論家・飯島友治氏は「突き落とし」「居残り佐平次」「付き馬」を、「落語の三大悪人」と呼んでいますが、落語の世界の話ですからね。それほど目くじら立てなくても良いとは思います。 でも、五代目古今亭志ん生師は、この噺だけは「あんな、ひどい噺は演れないね」と言って生涯、手掛けませんでした。

『ネタ』
時代設定としては明治の終わりか大正時代に設定されているようです。
落語を取り上げるサイトやブログではこの噺を忌み嫌う方が多いようですが、個人的には嫌いな噺ではありませんので今回取り上げました。

8a709508『お血脈』
今日は地噺の「お血脈」です。

【原話】
善光寺由来に取材した地噺で、上方では「善光寺骨寄せ」とも言います。

【ストーリー】
長野善光寺にお血脈の御印と言うのがあり、これを押すとどんな罪も消え、極楽に往生出来ると言う。
これが有る為に地獄は暇になり寂れる一方になってしまいます。
困った閻魔大王は一同集めて相談を致します。
ある幹部の鬼が、「そのお血脈の御印」を盗みだしてしまえば、本来地獄に来る者が増えて良いのでは」と
提案致します。
さて、誰が良いか色々と選定した結果。石川五右衛門に白羽の矢が立ちます。
呼び出して命じると「そんな事は訳も無い事。すぐに盗みだしてみせましょう」と言って旅立ちます。
善光寺に来てみると未だ昼、何とか時間を潰して深夜になるのを待ちます。
さて深夜になり忍び込んで、間単に見つけ出します。
そのまま大人しく帰れば良かったのに、五右衛門、芝居ががった仕草が大好き。
「アァありがてえ、かっちけねえ。まんまと善光寺の奥殿へ忍び込み、奪い取ったるお血脈の印。これせえあれば大願成就、アァありがたや、かっちけなやァァ!」
と押し頂いたもんだから、自分が極楽へスーッ……


【演者】
色々な噺家さんが演じていますが個人的には十代目桂文治師ですね。寄席で本当に良く聴きました。六代目圓生師もよく演じていましたね。

【注目点】
「地噺」と言うのは、普通落語は会話で噺が進行しますが、そうではなく、地の文、つまり演者の説明により噺が展開していく噺を言います。代表的な噺に「源平盛衰記」「紀州」やこの「お血脈」等が有名です。

上方の「善光寺骨寄せ」では、地獄で責め苦にあって、バラバラになっていた五右衛門の骨を寄せ集め、元の身体に戻してから、善光寺に出発させる形を取ります。
こちらも面白いですね。小朝師は地獄めぐりならぬ極楽めぐりを噺の中に入れてます。

『ネタ』
まあ簡単に演じると10分掛からない噺なので、十代目文治師は「善光寺由来」を頭につけて演じていました。
これは私も良く聴きました。とにかく文治師の本多善光と仏様のやりとりが可笑しかったです。
善光寺由来と言うのは・・・
その昔、天竺から閻浮檀金(えんぶだごん)という一寸八分の仏様が日本にやってきたが、仏教に反対した守屋大臣(物部守屋)らの手によって、難波池に捨てられた。後の時代になり、ある秋の夜、その近くを通った本多善光がその仏を見つけ、現在の信州に連れて行き、お祭りしたところが、その名を取って「善光寺」となったと言う噺です。

このページのトップヘ