はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:噺家

 今日は「噺の解説」は一休みして普段、思ってる事を書いて見たいと思います。  それでお前の考えは間違ってるとか、勘違いしてるなどご意見がありましたらコメントを戴けると嬉しいです。    ブログには書かなくなりましたが、普段から寄席や落語会に行っています。芸協…
>>続きを読む

え〜今年に入って更新出来ずにすいません。 今回は思ったより色々と忙しくて、すべてに於いて儘なりません。 先日、toshiさんから紹介された、『なぜ小三治の落語は面白いのか?』広瀬和生著を図書館で借りることが出来ました。今読み始めたところです。読み終わりましたら…
>>続きを読む

今日は噺家さんの名前について書いてみたいと思います。 え〜、その一門によって違いはあると思いますが、大体は師匠の名前から一字取って付けられる事が多いですね。 其の中でも、六代目圓生一門は、二つ目までは、生の字がつく名前で、真打になると圓の字が付く名前にな…
>>続きを読む

長い間寄席に通っていると、色々と面白いことがあります。 特に噺家さんの成長等はその最たるもので、前座さんの頃はそんなに高座に上がらないので分かりにくいのですが、二ツ目になると、あちらこちらの寄席(個人的な会も含む)に出る様になります。 そんな時に寄席で見…
>>続きを読む

20日は浅草演芸ホールに行って来ました。昼席は真打昇進披露興行でしたが、行ったのは夜席で、千秋楽でした。 あいかわらず良くお客さんが入っており、落語人気を伺わせます。最近はホント若い人や若い女性が多いんですよ。以前なら考えられないですよ。 トリは橘家円蔵さ…
>>続きを読む