はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:古今亭志ん輔

本当は暮れにやる噺ですが、お許し下さい。 『尻餅』 今日は「尻餅」と言う本当に季節限定の噺です。今でも暮れになると寄席でもこの噺がかかかります。ちょっと色っぽい噺でもあります。 【原話】 享和2年(1802年)に出版された笑話本「臍くり金」の一遍である『もちつき』…
>>続きを読む

 今日は志ん朝師匠のお弟子さんで、寄席に良く出ている古今亭志ん輔師匠です。 1972年3月に3代目古今亭志ん朝に入門、前座名は朝助。 1977年3月に二つ目に昇進。師匠志ん朝の前名古今亭朝太に改名。 1985年9月に真打に昇進して志ん輔を襲名  早くから将来を嘱望されていま…
>>続きを読む

昨日から、神田須田町に古今亭志ん輔師のプロデュースによる「神田連雀亭」と言う二つ目専門の寄席が出来ましたね。  少し画像が小さいかも知れませんが拡大して見て下さい。場所が少し分かり難くい場所ですが神田藪の傍みたいですね。私も今度行ってみたいと思います。協会…
>>続きを読む

久しぶりに寄席のレポートを…… 朝から行こうと思っていたのですが、用事が重なり昼過ぎになってしまいました。 おまけに夜も用事があるので昼席のみとなって仕舞いました。 2時半頃に行くと正楽師が高座に出ていまして、注文に応じて切っていました。 「ミッキーマウス」…
>>続きを読む

今日は文化の日ですね。それとは関係なく「宿屋の富」です。 葛飾は今日から区長選と区議会議員選が公示されまして、いや〜朝から煩いのなんの……絶対こんな奴には投票しないぞ!と決意を新たにしたのです(^^) この噺は上方落語では『高津の富』と呼ばれています。3代…
>>続きを読む