はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

古今亭志ん輔

「尻餅」について

4f640bb0本当は暮れにやる噺ですが、お許し下さい。
『尻餅』
今日は「尻餅」と言う本当に季節限定の噺です。今でも暮れになると寄席でもこの噺がかかかります。ちょっと色っぽい噺でもあります。

【原話】
享和2年(1802年)に出版された笑話本「臍くり金」の一遍である『もちつき』とされています。

【ストーリー】
大晦日だというのに、餠屋も頼めない貧乏所帯での会話です。
女房が、せめて近所の手前、音だけでもさせてほしいと文句を言う。
これは、少しでも金を都合してきてくれという心なのだが、能天気な亭主、これを間に受けて、
自作自演で景気よく餠屋に餠をつかせている芝居をしようと言いだす。

夜、子供が寝たのを見計らい、そっと外に出て、聞こえよがしに大声で
「えー、毎度ありがとうございます」と叫び、子供にお世辞を言ったりする場面も一人二役で大奮闘します。

ところが、餅を搗く段になると、 いやがるかみさんに着物をまくらせ、手に水をつけて尻をペッタン、ペッタンとやりだします。
だんだん尻は真っ赤になって来ます。
かみさんはしばらくがまんしていたが、とうとうこらえ切れなり、
「あの、餠屋さん、あと、幾臼あるの?」
「へい、あと二臼です」
「おまえさん、後生だから餠屋さんに頼んで、あとの二臼はおこわにしてもらっとくれ」

【演者】
今でも色々な噺家さんが演じます。暮れのこの時期ならではの噺ですので皆さんも寄席に行ってこの噺を聴いてみて下さい。

【注目点】
演者のお餅をつく音をどのようにして出してるか? ですね。それこそ演者によって違ったりします。そこも注目点ですね。

『能書』
上方では、「白蒸(しろむし)でたべとくれ」でサゲます。
白蒸は、もち米を蒸して、まだ搗いていない状態のもので、なるほど、「もう叩かないどくれ」
という意味では、こちらの方が分かりやすいと言われてます。

『ネタ』
江戸時代は、餅つきは12月26日から始まりました。
これを餅つき始といい、この日から大晦日まで、「引摺り」といって、
餅屋が何人かで道具を持ち、得意先を回って歩いたそうです。

噺の中で、亭主が女房の尻に見とれる描写がありますが、今はいざ知らず、当時は夫婦といえども、
後ろからナニと言う行為はタブーとされていて、しかも明るいうちからまじまじと見る事は無かったので、
つい見とれてしまったのでしょうね。
正直、聴いていると、何となくサディスティクな気分になるような・・・・・・おかみさん可哀想ですよね。

寄席で聴きたい 古今亭志ん輔師

 shinsuke2今日は志ん朝師匠のお弟子さんで、寄席に良く出ている古今亭志ん輔師匠です。
1972年3月に3代目古今亭志ん朝に入門、前座名は朝助。
1977年3月に二つ目に昇進。師匠志ん朝の前名古今亭朝太に改名。
1985年9月に真打に昇進して志ん輔を襲名
 早くから将来を嘱望されていました。
出囃子 は「越後獅子」です。

【芸風】
 師匠の志ん朝師の芸風を良く受け継いでいます。単に受け継いでいるだけではなく、自分の個性を加味しているのは言う間でもありません。明るく陽気で、少し惚けた芸風が寄席の空気を明るいものに変えてくれます。

【得意演目】
 師匠同様幅広いですが、寄席でよく演じるのは「紙入れ」「替り目」「犬の災難」
 「豊竹屋」「夕立勘五郎」他多数

【エピソード】
 若手の育成に力を入れていて、自身でも「たまごの会」という会を作り協会に関係無く門戸を開いている。また神田に「連雀亭」という二つ目専門の寄席を拵え(協力者あり)これも広く開放している。(運営は二つ目に任せている)

【健二のネタ】
弟子になった頃はそれだけで目的が達した様な気分になり、あらゆる面で師匠の真似ばかりしていたそうです。
その時は何も言われなかったが、真打になって色々な事を言われる様になり。大変ありがたかったと……
弟子を持って判る事は如何に自分に弟子に伝えられる事が無いかを実感したことだそうです。
もう、師匠は亡くなってるから恩返しがしたくても出来無いので、その分噺を一つ一つ完成させて行く事だと
思いそして後輩達に自分が出来るかぎりの事をして恩返しをしたいと語っていました。

また、以前の事ですが、寄席や落語会で噺をしていると、突然、師匠の志ん朝師が降りて来たりしたそうです。

「神田連雀亭」と「夕立勘五郎」

741ddcf7昨日から、神田須田町に古今亭志ん輔師のプロデュースによる「神田連雀亭」と言う二つ目専門の寄席が出来ましたね。
 少し画像が小さいかも知れませんが拡大して見て下さい。場所が少し分かり難くい場所ですが神田藪の傍みたいですね。私も今度行ってみたいと思います。協会に関係なく出演出来るので、圓楽党や立川流の噺家さん達も楽しみです。

で話は「夕立勘五郎」です。
場末の寄席に登場する訛りの強い浪曲師が「夕立勘五郎」の一席をやるという一席です。
オリジナル?はもちろん志ん生師で初代馬の助師もやったそうです。
現役では談志師と志ん輔師が演じています。
志ん輔師は私も寄席で二回ほど見たことがあります。
とぼけた感じが何ともいいんですねえ〜

よく、こう言う噺を聴いて田舎モノを馬鹿にしていると言う方がいますが、
それは違いますね。
田舎者を馬鹿にしているのではなく、野暮な俗人に田舎言葉を喋らせて、
面白がっているのです。
だから、何処の地方だか判らない言葉なのです。

まあ、この浪曲師はかなりぶっ跳んでいますが(^^)
お断りしておきますが、講談の方ではちゃんと、侠客の夕立勘五郎を描いた話があります。

粗筋はわざわざ書くほどの事も無いのですが、
田舎浪曲師が、浪曲「夕立勘五郎」を演ると、ひどい訛りに客がクレームをつけると言うだけのことなんです。
でもこれがなんか可笑しいんですよね。
志ん生師が講談の方にいらした時に作ったのでしょうか?
面白いですねえ(^^)


続きを読む

浅草演芸ホール3月上席千秋楽昼の部

4cca5763久しぶりに寄席のレポートを……
朝から行こうと思っていたのですが、用事が重なり昼過ぎになってしまいました。
おまけに夜も用事があるので昼席のみとなって仕舞いました。

2時半頃に行くと正楽師が高座に出ていまして、注文に応じて切っていました。
「ミッキーマウス」「烏賊釣り」「土俵入り」と切っていました。

吉窓さんが次に上がり、「動物園」でした。この演目も必ず掛かりますね。多くの噺家さんがやりますので、
自分の個性を出すのが難しいですね。

次が仲入りでこぶ蔵で「読書の時間」でした。
全く正蔵という名が泣きます。最近結構彼の高座に出会いますが、これか「ハンカチ」のみ。
古典落語に出会った事がないです。
時間の関係かと思いましたが、今日なんて長々と「松村」ネタで時間を潰しています。
今日は前と違い声もかからず、拍手もまばらでした。
この事をもっと考えて欲しいです。
名前返上しろ! と思いました。

食いつくきは天どんさんで、「TVショッピング」でした。彼は圓丈師に何か似て来ましたね。

次が、ひびきわたるさんで、変わった漫談でキセルとフルートを演奏しました。

その次が問題の三平です。
もうひどい、聴いているのが辛い!
漫談ですが父親の完全に劣化コピーです。
存在価値もないと思います。
小朝師があんなに稽古したのが完全に無駄になっています。
名前は返さなくても良いから廃業して欲しいです。

次は一朝師の代わりに小燕枝師でした。演目はやはりこの人は判っています「長屋の花見」でした。
いい出来でした。やっとまともな古典落語が聴けました。

仙三郎車中の太神楽が、アッという間に終わり圓丈師の途上ですが、今日はひどかった!
演目は「ランゴランゴ」でしたが、前に聴いた時よりひどい、もう今日はよれよれでした。
トチリもあり言い直しもあり、今日は最低の出来でした。
お客も呆れていて、下げを言っても拍手すら無い状態でした。
九割ぐらいは埋まっていたのですがね。

ここで私も帰りました。用事が無くてもこの酷さなら聴き続ける気が無くなっていたでしょうね。
落語はあきらかに劣化していますね。
一部の噺家さんはレベルを保っていますが、今日の様な状態ならお客は去っていくと思います。
と言う訳で……続きを読む

残り物には福がある?〜宿屋の富〜

6c02bdb2b408fc34006bbab4ada114c1今日は文化の日ですね。それとは関係なく「宿屋の富」です。

葛飾は今日から区長選と区議会議員選が公示されまして、いや〜朝から煩いのなんの……絶対こんな奴には投票しないぞ!と決意を新たにしたのです(^^)

この噺は上方落語では『高津の富』と呼ばれています。3代目小さん師が東京に移植しました。

馬喰町の、あるはやらない宿屋。
そこに飛び込んできた客が、家には奉公人が五百人いて、あちこちの大名に二万両、三万両と貸しているの、
漬物に千両箱を十乗せて沢庵石にしている等と好き放題に言うのを宿屋の主人はすっかり信じてしまいます。
そこで、自分は富くじを売っているのだが、最後の一枚が売れないので買ってくれとせがみます。

さっきの手前、断る事もできず、泣けなしの一分で富くじを買ってしまいます。
どうせ、当たらないと思い,当たったら半分あげる等と約束してしまいます。
「あれだけ大きなことを吹いたから、当分宿賃の催促はねえだろう。飲むだけ呑んで食うだけ食ったら逃げちゃおう」と開き直ります。

次の日、男は出かけますが、行く宛もありません。宿の女将には、「二万両返しにくる大名があるので、断ってくる」と言って宿をでました。なんとなく湯島天神の方に足が向来ます。

そこでは、丁度、富くじの突き富の日です。
境内では一攫千金を夢見る輩が、ああだこうだと勝手な熱を吹いています。

ある男は、自分は昨夜夢枕に立った神様と交渉して、二番富に当たることになっているので
「当たったら一反の財布を作って、五百両を細かくして入れ、吉原へ行くんだ」
と、なじみみの女郎を口説いて、大散財し、女郎を身請けするんだと言う始末。
「それでおまえさん、当たらなかったらどうすんの」
「うどん食って寝ちまう・・・」

そのうち、いよいよ寺社奉行立ち会いの上富の抽選開始です。
二番富が当たると言っていた男ですが、肝心の二番富野番号が「辰の2347」で、男の番号が「辰の2341」という具合で、一番違いそれも「いち、と、しち」の違いなので、ひっくり返って仕舞いました。

男も皆が帰った後ブラブラとやってきましたが、当たり番号をみて、
「オレのが子の千三百六十五番。少しの違いだな・・・・・ん?」
「うーん、子の、三百六十五番……三百六十五……うわっ、当たったッ、ウーン」
ショックで寒気がし、そのまま宿へ帰ると、二階で蒲団かぶってブルブル震えてる始末です。

旅籠のおやじも、後から会場に来て番号を見て、当たりなので大喜び。
早速宿に帰り、「あたあた、ああたの富、千両、当たりましたッ」
「うるせえなあ、貧乏人は。千両ばかりで、こんなにガタガタ……おまえ、座敷ィ下駄履いて上がってきやがったな。情けないやつだね」
「えー、お客さま、下で祝いの支度ができております。一杯おあがんなさい」
「いいよォ、千両っぱかりで」
「そんなこと言わずに」
と、ぱっと蒲団をめくると、客は草履をはいたままでした・・・

柳家は、椙森(すぎのもり)神社、古今亭は湯島神社で演じています。
上方では宿屋は北船場大川町(江戸は日本橋馬喰町)で、神社は大阪市中央区にある高津神社となっています。ここは「高倉狐」「崇徳院」の舞台にもなりました。
又、古くから大坂の人々の文化の中心として賑わっていたそうです。

話芸として優れているなぁ〜と感じるのは、二番富の抽選の時の口調ですねえ。
「おんとみ〜子の〜」と言う場面で、実際はああもユックリでは無いのに、
志ん生師の優れた口調によりその男の心境になってしまう事ですね。
最後の七番と一番の違いまでこちらを惹きつけてやみません。(^^)

実際、千両富と言うのは余り無かった様で、有っても札の額が高いので、
職人やひとり商人は高額すぎて買えず、10枚、20枚と分割して売り出す者も居たそうです。
後はお金を出しあって共同購入とか、盛んだった様ですね。
今もそうですね。共同で買って、当たったら山分けとかね。(^^)

また、噺では期限まで待てば全額貰えると言っていますが、実際は寄付として一割は取られたそうです。
また、次回の札を五両位は買わされたとか。
ウマイ話はそうそう無いと言う落ちでした。(^^)

続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ