らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:古今亭志ん生

3b4b189e『今戸の狐 』
コロナウイルスが全世界に広まっているようですが、寄席は平常営業ですね。
という訳で今日はこの噺です。

【原話】
江戸中期の名人・乾坤坊良斎(1769〜1860)が、自らの若いころの失敗話を弟子に聞かせたものをもとに創作したとされます。
良斎は神田松枝町で貸本屋を営んでいましたが、初代三笑亭可楽門下の噺家になり、のち講釈師に転じた人で、
本業の落語より創作に優れ、「白子屋政談」(髪結新三)等のの世話講談をものしました。

【ストーリー】
安政のころ。乾坤坊(けんこんぼう)良斎というの噺家の弟子で、良輔という男。
どう考えても作者では食っていけないので、一つ噺家に転向しようと、大看板で、三題噺の名人とうたわれている初代・可楽に無理に頼み込み、弟子にしてもらいました。

ところが、修行は厳しいし、場末の寄席にしか出してもらえないので、食う物も食わず、これでは作者の方がましだったという体たらく。
内職をしたいが、師匠がやかましく、見つかればたちまちクビです。
もうこのままでは餓死しかねないありさまだから、背に腹は代えられなく内職を始めます。
「今戸焼」と言う素焼きの土器や人形の本場なので、器用な処で、今戸焼きの、狐の泥人形の彩色を、
こっそりアルバイトで始め、何とか糊口をしのいでいました。
良輔の家の筋向かいに、背負い小間物屋の家があり、そこのかみさんは千住(通称骨=コツ)の女郎上がりだが、なかなかの働き者で、これも何か手内職でもして家計の足しにしたいと考えていた矢先、
偶然、良輔が狐に色づけしているところを見て、外にしゃべられたくなければあたしにも教えてくれ
と強談判してきました。仕方がないので、紹介し一生懸命やるうちにかみさんの腕も上がり、けっこう仕事が来るようになりました。
 一方、可楽の家では、師匠の供をして夜遅く帰宅した前座の乃楽が、夜中に寄席でクジを売って貰った金を、楽しみに勘定していると、軒下に雨宿りに飛び込んできたのが、グズ虎という遊び人です。博打に負けてすってんてんにされ、腐ってると、前座の金を数える音が聞こえてきたので、これはてっきりバクチを開帳していると思い込み、これは金になると思い込みます。
 翌朝、可楽のところに押しかけ、お宅では夜遅く狐チョボイチをなさっているようだが、
しゃべられたくなかったら金を少々お借り申したいと、強請ます。
 これを聞いていた乃楽、虎があまりキツネキツネというので勘違いし、
「家ではそんなものはない、狐ができているのは今戸の良輔という兄弟子のところ」
 だと教える。
 乃楽から道を聞き出し、今戸までやって来た虎、早速、良輔に談じ込むが、どうも話がかみ合わない。
「どうでえ。オレにいくらかこしらえてもらいてえんだが」
「まとまっていないと、どうも」
「けっこうだねえ。どこでできてんだ?」
「戸棚ん中です」
 ガラリと開けると、中に泥の狐がズラリ。
「なんだ、こりゃあ?」
「狐でござんす」
「間抜けめっ、オレが探してんのは、骨の寨だっ」
「コツ(千住)の妻なら、お向こうのおかみさんです」


【演者】
明治期の初代三遊亭円遊の速記が残りますが、戦後は五代目志ん生師しか演じ手がなかったそうです。
その後、馬生師と志ん朝師が継承して手掛けていたため、現在でもこの一門を中心に聴かれます。

【注目点】
狐チョボイチとは、寨を三つ使い、一個が金を張った目と一致すれば掛け金が戻り、二個一致すれば倍、
三個全て一致すれば四倍となるという、ギャンブル性の強いバクチです。

『ネタ』
江戸時代の寄席では、中入りの時、
前座がアルバイトで十五、六文のくじを売りにきたもので、
前座の貴重な収入源でした。
明治になり圓朝師が前座に定給を与える事にして、この制度を辞めさせました。
ちなみにクジがあったのは東京だけで、上方はボリと言うシステムがありました。
ボリとは、噺家が普段の噺とは違い、特別な噺をするので別にお客から少額の金額を募る制度です。
生半可な腕では客はソッポを向いてしまうので、噺家にとっては真剣だった様です。
どうしてもお金が入用な時等にやったそうです。

ph_01『らくだ』
今日は「らくだ」です。この噺は春の噺になるのだそうです。ラスト近くで二人がらくだを落としてしまい代わりに願人坊主を担ぐのですが、春なので寝ていられたと言う説から来ています。それにフグを食べたというところですね。
昔はフグは主に味噌汁にして食べたそうです。だから冒頭にそんなシーンがあるのですね。

【原話】
もとは上方落語の「らくだの葬礼」言う噺です。
三代目小さん師が東京に移植したものです。

【ストーリー】
乱暴者で町内の鼻つまみ者のらくだの馬がフグに当たってあえない最期を遂げた。
兄弟分の、これまた似たような男がらくだの死体を発見し、葬式を出してやろうというわけで、らくだの家にあった一切合切の物を売り飛ばして早桶代にすることに決めた。
そこに通りかかった紙屑屋を呼び込んで買わせようとしたが、一文にもならないと言われる。

そこで、長屋の連中に香典を出させようと思い立ち、紙屑屋を脅し、月番のところへ行かせた。
みんならくだが死んだと聞いて万々歳だが、香典を出さないとなると、らくだに輪をかけたような凶暴な男のこと、何をするかわからないのでしぶしぶ、赤飯でも炊いたつもりでいくらか包む。

それに味をしめた兄弟分、いやがる紙屑屋を、今度は大家のところに、
今夜通夜をするから、酒と肴と飯を出してくれと言いに行かせたが、
「店賃を一度も払わなかったあんなゴクツブシの通夜に、そんなものは出せねえ」
と突っぱねられる。
「嫌だと言ったら、
らくだの死骸にかんかんのうを踊らせに来るそうです」と言っても
「ぜひ一度見てえもんだ」と、大家は一向に動じない。

紙屑屋の報告を聞いて怒った男、それじゃあというので、紙屑屋にむりやり死骸を背負わせ、
大家の家に運び込んだので、さすがにけちな大家も降参し、酒と飯を出す。

横町の漬物屋を同じ手口で脅迫し、早桶代わりに営業用の四斗樽をぶんどってくると、
紙屑屋、もうご用済だろうと期待するが、なかなか帰してくれない。
酒をのんでいけと言う。
女房子供が待っているから帰してくれと頼んでも、俺の酒がのめねえかと、すごむ。

モウ一杯、モウ一杯とのまされるうち、だんだん紙屑屋の目がすわってきて、逆に、
「やい注げ、注がねえとぬかしゃァ」と酒乱の気が出たので、さしものらくだの兄弟分もビビりだし、
立場は完全に逆転。

完全に酒が回った紙屑屋が「らくだの死骸をこのままにしておくのは心持ちが悪いから、
俺の知り合いの落合の安公に焼いてもらいに行こうじゃねえか。
その後は田んぼへでも骨をおっぽり込んでくればいい」

相談がまとまり、死骸の髪を引っこ抜いて丸めた上、樽に押し込んで、
二人差しにないで高田馬場を経て落合の火葬場へ。

いざ火葬場に着くと、死骸がない。
どこかへ落としたのかともと来た道をよろよろと引き返す。
途中で、願人坊主が一人、酔って寝込んでいたから、死骸と間違えて桶に入れ、
焼き場で火を付けると、坊主が目を覚ました。
「アツツツ、ここはどこだ」
「ここは火屋(ひや)だ」
「冷酒(ひや)でいいから、もう一杯くれ」

【演者】
三笑亭可楽師や古今亭志ん生師、三遊亭圓生師が有名ですね。

【注目点】
上方版では登場人物に名前がちゃんとあり、死人は「らくだの卯之助」、兄弟分は「脳天熊」です。
屑屋さんは名前は久六だそうです。(教えて戴きました)
大抵は前半の屑屋さんが酒を飲んで、立場が逆転する処で切ります。

『能書』
噺の中に登場する、”かんかんのう”は「かんかん踊り」ともいい、清国のわらべ唄「九連環」が元唄です。
九連環は「知恵の輪」のこと。
文政3年(1820)から翌年にかけ、江戸と大坂で大流行。
飴屋が面白おかしく町内を踊り歩き、禁止令が出たほどです。

『ネタ』
上方では何と言っても松鶴師でしょうね。志ん朝師と談志師が若い頃、松鶴師の「らくだ」を見て、
あまりの凄さに絶句したという有名な事がありました。
ちなみに、終盤に登場する火屋(火葬場)の所在地は、江戸では落合、上方では千日前となっています。
落合の博善社の火葬場には皇室専用の所もあります。

137465806_FztxOmpI_vNGi9wpEKFGhyXfV4xJxXBdC-iQU3o650E『蜆売り』
きょうからまた噺の話に戻ります。そのうちまた戯言を書きますのでその時はまた宜しくお願い致します。そこで冬の噺としてこの噺です。

【原話】
幕末から明治にかけての世話講談の名手で、盗賊ものが得意なところから、異名を泥棒伯円と言った二代目松林(しょうりん)伯円が、鼠小僧次郎吉の伝説をもとに創作した白浪講談の一部を落語化したものです。

【ストーリー】
ご存じ、義賊の鼠小僧次郎吉。表向きの顔は、茅場町の和泉屋次郎吉という魚屋を名乗っています。
ある年の暮れバクチでスッテンテンにむしられて、外に出ると大雪。
なじみの伊豆屋という船宿で、一杯やって冷えた体を温めていると、年のころはやっと十ばかりの男の子が、
汚い手拭いの頬かぶり、ボロボロの印半纏、素足に草鞋ばきで、赤ぎれで真っ赤になった小さな手に笊を持ち、
蜆を売りにやってきました。

誰も買ってやらず、あちこちで邪魔にされているので、次郎吉が全部買ってやり、蜆を川に放してやれと言います。
卵焼きを進めると、母と姉への土産にしたいと言うのを聞いて、代金とは別に五両を渡したが、いらないと言いますので、訳を聞くと・・・
 三年前、新橋芸者だった姉が若旦那と駆け落ちして、箱根でイカサマ碁に引掛り、ある人が助けてくれた。
そこで五十両をもらったが、この金には刻印があり近くの屋敷から盗まれたものだった。
くれた人の名を明かせば放免されるが、恩を仇で返す訳にはいかないから拾ったと嘘をついた為に、若旦那は牢に、姉さんは江戸に帰されて家主預けとなったが、若旦那を心配するあまり、ノイローゼになったとのこと。
 話を聞いて、次郎吉は愕然となります。その金を恵んだ男は自分で、幼い子供が雪の中、しじみを売って歩かなければならないのも、元はと言えばすべて自分のせい。親切心が仇となり、人を不幸に陥れたと聞いては、うっちゃってはおかれねえと、それからすぐに、兇状持ちの素走りの熊を身代わりに、おおそれながらと名乗って出て、若旦那を自由の身にしたという、鼠小僧侠気の一席。


【演者】
この噺は志ん生師が得意にしました。
ほかに上方演出で、大阪から東京に移住した小文治師が音曲入りで演じました。
大阪のやり方は、「親のシジメ(しじみ=死に目)に会いたい」
と地口(=ダジャレ)で落とします。また、小南師は主人公を鼠小僧でなく、市村三五郎という大坂の侠客で演じていました。

【注目点】
実際の次郎吉は、天保3年(1832)旧暦5月8日、浜町の松平宮内少輔さまのお屋敷で「仕事」中、持病の喘息の発作が起きてついに悪運尽き、北町奉行・榊原主計頭さまのお手下に御用となりました。
 両国の回向院に墓があります。何でも博打にご利益が有るとかで、墓石を削っていく人が多いので、最近は削れるようになっているとか?

『ネタ』
と、書きましたが、本当の事を書きます。
回向院の鼠小僧の墓は、むろん本物でなく、供養墓です。
明治9年6月、市川団升なる小芝居の役者が、鼠小僧の狂言が当った御礼に、永代供養料十円を添え、「次郎太夫墳墓」の碑銘で建立したものです。
磔の重罪人は屍骸取捨てが当たり前で、まともな墓など、建てられる訳が無いと言う事ですね。

d2d5c115皆様には色々とご心配をおかけして申し訳ありません。何とか更新してみました。そこで今日は「お化け長屋」です。
「原話」
江戸後期の滑稽本作者、滝亭鯉丈が文政6年(1823)に出版した「和合人」初編の一部をもとにして、自ら作った噺とされます。
上方落語では、「借家怪談」として親しまれ、初代小南師が東京に移したともいわれますが、
すでに明治40年には、四代目橘家円蔵の速記もあり、そのへんははっきりしません。

【ストーリー】
 長屋にある一軒の空き家。そこを長屋の連中は物置に使っていると、大家から家賃を払うか荷物をどかせと言われます。そこで、長屋の古株、通称古狸の杢兵衛さんが一計を案じます。
 借り手が訪ねてきたら、家主は遠方に住んでいるので自分が長屋の差配をまかされているといって杢兵衛の家へ来させて、借り手をおどして空き家に借り手がつくのを防ごうという算段を立てます。
 早速、借り手がやってきますが、お化けが出るとか、ある事無い事を言って脅かして、返してしまうのですが
あまつさえ忘れた財布を手に入れて、鮨(弥助)を食べに行こうと言う算段まで立てます。
 次にやって来た男は一向に恐がらず、話の間にちょっかいを入れる始末で、
困った杢兵衛さんは、濡れ雑巾で男の顔をひと撫でしようとすると、男に雑巾をぶん取られ、逆に顔中を叩かれこすられてしまいます。
男はすぐに引越して来るから掃除をしておけといい帰ってしまう。
先ほど置いてった財布も持っていかれて仕舞います。

とここまでが上で、最近はほとんどここで演者は切っています。
この先の下はその男を仲間が脅かすと言う筋なのですが、あまり演じられていません。
下のあらすじは以下の様になります。

 この男、早速明くる日に荷車をガラガラ押して引っ越して来ます。男が湯に行っている間に現れたのが職人仲間五人。日ごろから男が強がりばかり言い、今度はよりによって幽霊の出る長屋に引っ越したというので、本当に度胸があるかどうか試してやろうと、一人が仏壇に隠れて、折りを見て鉦をチーンと鳴らし、二人が細引きで障子を引っ張ってスッと開け、天井裏に上がった一人がほうきで顔をサッ。仕上げは金槌で額をゴーンというひどいもの。
 作戦はまんまと成功し、口ほどにもなく男は親方の家に逃げ込みました。
 長屋では、今に友達か何かを連れて戻ってくるだろうから、もう一つ脅かしてやろうと、表を通った按摩(あんま)に、家の中で寝ていて、野郎が帰ったら「モモンガア」と目を剥いてくれと頼み、五人は蒲団の裾に潜って、大入道に見せかける。
 ところが男が親方を連れて引き返してきたので、これはまずいと五人は退散。按摩だけが残され「モモンガア」。
「みろ。てめえがあんまり強がりを言やあがるから、仲間に一杯食わされたんだ。それにしても、頼んだやつもいくじがねえ。えっ。腰抜けめ。尻腰がねえやつらだ」
「腰の方は、さっき逃げてしまいました」

【演者】
 圓生師や金馬師などの録音が残っています。特に「下」は志ん生師の録音もあります。その他小三治師や志ん朝師を初め多くの噺家さんが演じています。

【注目点】
オチの前の「尻腰がねえ」は、東京の言葉で「いくじがない」という意味だそうですが、
昭和初期でさえ、もう通じなくなっていたようです。

『能書』
この噺に登場する長屋は、落語によく出る九尺二間、六畳一間の貧乏長屋ではなく、
それより一ランク上で、もう一間、三畳間と小庭が付いた上、造作(畳、流し、戸棚などの建具)も完備した結構な物件だったようです。

『ネタ』
 噺の中の「弥助」とは寿司のことです。八代目正蔵師も噺の中で語っていましたね。
 ちなみに上方で、稲荷寿司の事を信太寿司と言うそうです。

b365a4dc『紙入れ』
 え〜令和最初の噺がバレ噺という、何とも落語らしいブログですね。

【原話】
原話は安永三年の「豆談義」に収録されている「かみいれ」で昔からこの手の話はあると言う言う事ですね。

【ストーリー】
貸本屋の新吉は出入り先のおかみさんに誘惑され、旦那の留守中にせまられていた。
そんな時にいきなり旦那がご帰宅、慌てた新吉はおかみさんの計らいで辛うじて脱出に成功する。
もうやめようと決意する新吉だったが、旦那からもらった紙入れを、現場に忘れてきた事に気づく。
しかも、紙入れの中にはおかみさん直筆の『遊びにいらっしゃい』という手紙が入っている――絶体絶命である。
焦った新吉は逃亡を決意するが、ともかく先方の様子を探ろうと、翌朝再び旦那のところを訪れる。
出てきた旦那は何故か落ち着き払っている。変に思った新吉は、「他の家の出来事」と称して昨夜の出来事を語ってみるが、旦那はまるで無反応。ますます混乱した新吉が考え込んでいると、そこへ浮気相手のおかみさんが出て来る。
旦那が新吉の失敗を話すと、おかみさんは「浮気するような抜け目のない女だよ、そんな紙入れが落ちていれば、旦那が気づく前にしまっちゃうよ」と新吉を安堵させる。
旦那が笑いながら続けて「ま、たとえ紙入れに気づいたって、女房を取られるような馬鹿だ。そこまでは気が付くまい」

もう一つサゲがありまして、
おかみさんが「その阿呆の顔を見てみたい」と言うと、旦那が自分の顔を指差して「ほらこれだ!」
上方の型の様ですね。最近は東京でもたまに見れれますね。
【演者】
歴代の師匠では志ん生師、圓生師が良かったと思います。
特に圓生師の旦那が「でも、人のものだけは止しなよ!」とビシッと言った時はシビレましたね。
志ん生師で笑ったのは新吉の心情が「浴衣ァ着て湯にへえっているような」と言う処ですね。これは、さすが志ん生師だと思いました。
圓生師は女将さん、志ん生師は新吉がいいですね。

【注目点】
「風呂敷」「包丁」と並び落語界三大不貞噺だと言った方も居ます。
噺の中でも語っていますが、事がバレて示談にする時は七両二分と相場が決まっていたと言う……ホントかウソかはわかりませんが、今でも語り伝えられています。
本当は、現場を押さえれば、亭主は間男を殺してしまっても罪に問われなかったそうですが、これは武士の間での話でしょうね。その後日本橋の袂に晒されて、品川あたりに売り飛ばされたそうです。
本当の処は如何だったかというと、結構盛んだったそうです。江戸時代は明治以後と違い、性に関しては大変大らかだった様です。殆どは内密に始末を付けていた様です。

『能書』
帝国憲法下では「姦通罪」懲役二年以下の処罰だったそうですが、親告罪だったそうです

『ネタ』
フランスや中国の艶笑噺には間男ものが実に多いそうです。洋の東西を問わず皆好きなんですね。

このページのトップヘ