らくご はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:古今亭志ん生

149b7046『水屋の富』
梅雨に入り各地で大雨のニュースが流れています。特に九州地方では大変なことになっています。心よりお見舞い申し上げます。という所でこの噺です

【原話】
原話は明和5年刊の笑話本「軽口片頬笑」中の「了簡違」、安永3年刊「仕形噺」中の「ぬす人」、
さらに文政10年刊「百成瓢」中の「富の札」などで、いくつかの小咄をつなぎあわせてできた噺です。

【ストーリー】
ある水屋、独り者で身寄りはなし、わずらったら世話をしてくれる人間もないから、
どうかまとまった金が欲しいと思っている矢先に、千両富が当ります。
小判を、腹巻と両袖にいっぱい入れてもまだ持ちきれないので、股引きを脱いで先を結び、
両股へ残りをつっ込んで背負うと、勇んでわが家へ帰ります。
しかし商売の辛い処、休む訳には行きません。
 そこで床下に金を隠して出かけるのですが、泥棒が入ったらどうしようとか、
畳を一畳上げて根太板をはがし、丸太が一本通っているのに五寸釘を打ち込み、先を曲げて金包みを引っかけます。これで一安心と商売に出たものの、まだ疑心暗鬼は治まりません。
 すれ違った野郎が実は泥棒で、自分の家に行くのではないかと跡をつけてみたり、
一時も気が休まりません。
夜は夜で、毎晩、強盗に入られてブッスリやられる夢を見てうなされる始末です。
 隣の遊び人が博打でスッテンテンになり、手も足も出ないので、金が欲しいとぼやいていると、水屋が毎朝竿を縁の下に突っ込み、帰るとまた同じことをするのに気がつきます。
なにかあると、留守に忍び込んで根太をはがすと、案の定金包み。取り上げるとずっしり重い。しめたと狂喜して、そっくり盗んでずらかります。
 一方水屋、いつものように、帰って竹竿(たけざお)で縁の下をかき回すと、感触がありません。根太をはがしてみると、金は影も形もない。
「ああ!これで苦労がなくなった」

【演者】
三代目小さん師の十八番でしたが、戦後は志ん生師の独壇場でした。
息子の馬生師や志ん朝師も演じていました。

【注目点】
如何にも落語らしい噺ですが、十代目馬生師は「文七」や「鰍沢」以上の難しい噺だと語っていたそうです。
苦労の割にはウケない損な噺だとか。

『能書』
水屋さんとは、昔江戸では井戸等を掘っても海水等が交じった水しか出ない地域がかなりありました。
江戸市中は水道井戸がありましたが、水道の届いていない地域もありました。
そんな地域に飲み水を売って歩いたのが、水屋さんでした。
また、白玉等を入れて甘く冷やしたモノ等も売ったそうです。

水道を桝(ます)という取水口からくみ取って販売して歩いたそうです。
毎日市中を歩き重い桶を前後2桶で1荷(か)と数えていたそうですが、
これでわずかの4 文。当時かけ蕎麦が16 文ですからねえ、如何に安かったか。

今から考えたらこんな仕事はだれやもらないと思いますが、
それでもお得意がいて、どこの家の水がめにはこのぐらいの水がまだあるか分かっていて、独り者の家などは留守にしても、水がめのふたの上に小銭を置いておけば
そこへ水屋さんが寄って水を補給してくれたそうです。

『ネタ』
この噺には、運命をありのままに受け入れる哲学を説き、江戸庶民に広く普及していた、石田梅岩の
石門心学の影響が見られると云われているそうですが、そこまで大げさに考えるのもねえ……。

個人的に……某噺家さんで聴いたのですが、「これ同じ噺?」と感じるほど全く志ん生師のテイストが活かされていませんでした。そうあの噺家さんです!

17a522e1『元犬』
 今日はこの噺です
楽しい噺で、今でもよく寄席に掛かります。

『原話』
原話は、文化年間に出版された笑話本「写本落噺桂の花」の一編である「白犬の祈誓」だそうです。

『演者』
志ん生師を始め色々な噺家さんが演じます

『ストーリー』
蔵前八幡の境内に1匹の純白の野良犬が参詣客に大変可愛がられていました。
 参拝客の一人から「しろ、おまえのような純白な犬は人間に近いという。次の世には人間になるのだぞ」と言われ続けていた。
しろも考えて、人間に御利益があるのなら、この俺にだって叶うはずと、三・七、21日の裸足参り。満願の日風が吹いてくると、体中の毛が抜けて人間になったのですが、素っ裸で立っていると、上総屋の吉兵衛さんに出会い、話をして羽織を着せて貰い店まで連れていって貰います。
 部屋に上がれと言えば、汚い足で上がろうとし、雑巾で足を拭いてからと言えば、口にくわえて振り回すし、女房を紹介すれば、「知ってます。こないだ台所に来たら、水をぶっかけられた」。女房と相談して、とぼけた人が良いという、ご隠居に紹介することにしました。そこで、着物も着込んで出掛けようとすれば、履き物を四つ足に履いてしまう始末。お隠居の所に着いて、待たせている彼を呼ぶと、玄関の敷居に顎を乗せて寝ちゃているので、大慌て、何とか紹介して、吉兵衛さんはさっさと帰って仕舞います。そこで御隠居、「生まれは?」
「蔵前の掃き溜めの裏で生まれた」
「え!・・そうか、卑下をして言うとは偉い」
「両親は?」
「両親て何ですか」
「男親は?」
「あー、オスですか」
「オイオイ」
「鼻ずらの色が似ているからムクと違うかと思います」
「女親は?」
「メスは毛並みが良いと、横浜から連れられて、外国に行っちゃいました」
「ご兄弟は?」
「三匹です。一匹は踏みつぶされてしまいました。もう一匹は咬む癖があるので、警察に持って行かれました」
「お前さんの歳は?」
「三つです」
「そうか、二十三位だろうナ」
「名前は?」
「しろ、です」
「白〇〇と有るだろう」
「いえ、只のしろです」
「そうか、只四郎か、イイ名前だ」
「お前がいると、夜も気強い」
「夜は寝ません。泥棒が来たら、向こうずねを食らいついてやります」
「気に入った。居て貰おう。ところで、のどが渇いたから、お茶にしよう。チンチン沸いている鉄瓶の蓋を取ってくれ、・・・早く」
「ここでチンチンするとは思わなかった」
 と犬の時のチンチンをします。
「用が足りないな。ほうじ茶が好きだから、そこの茶ほうじを取ってくれ。茶ほうじダ」「?」
「茶ほうじが分からなければ、ほい炉。ホイロ」「うー〜」
「ホイロ!」
「ワン」
「やだね。(女中の)おもと〜、おもとは居ないか、もとはいぬか?」
「今朝ほど人間になりました」


【注目点】
志ん生師は上総屋の旦那が、しろを犬だとは知らない設定ですが、戦後この噺をよく高座に掛けた八代目柳枝師は、全て旦那が知ってる設定でした。
だから、上総屋の旦那のハラハラがこちらにも伝わってきました。
今は殆ど、知らない方ばかりが高座に掛かりますね。誰かやらないかな?

『能書』
現代では「焙炉」が既に判らなくなっていますので演者は結構苦労するようです。
「炮烙」と言い換えたりしてるようですね。

『ネタ』
あんまり難しい事は知らないのですが、この噺は、仏教の輪廻転生を少しもじった感じがします。
普通は悪い事をした人間が畜生に転生させられるという話が多いですが、これは逆ですね。
これは凄い発想だと思います。

b08d313b『千両みかん』
今日は「千両みかん」と言う噺です。まさに夏の噺ですね

【原話】
松富久亭松竹の作と言われています。ですので純粋な上方噺です。
東京に入って来たのは戦後だそうです。

【ストーリー】
 大店の若旦那が病に倒れます。聞いてみると「みかんを食べたい」と言う。
大旦那からみかんを探せと命じられた番頭が、江戸中を探しますが、夏にみかんを売っている店はありません。
 ようやく、神田の「万惣」で一個みつけたが、千両だという値。毎年毎年、店の名に掛けて蔵一杯のみかんを保管している中の一個だからそれだけの価値があると。
店に帰って報告すると、「千両で息子の命が買えるなら安い」と言いすぐ千両の金を番頭にもたせます。
大旦那様から千両を預かり、みかん一個を買って若旦那に持って帰ります。
 若旦那は喜んでみかんを食べて元気になり、十袋のうち三袋を残した。番頭を呼んで、おとっつあんとおっかさんに一袋渡して欲しい、苦労を掛けたから番頭さんも一袋食ってくれと、みかん三袋を番頭に渡した。
 番頭は預かったみかんを持って考えた。来年暖簾分けでご祝儀をもらっても、四十両か五十両だが、ここに三百両ある。
考えた挙句、番頭はみかんを持って何処かに・・・・・・

【演者】
八代目正蔵師を始め、志ん生師などが有名です
【注目点】
上方からの輸入ですが、商人が絡んでる噺なので、あちらの方が理論的にしっかりした処があります。
上方では、最初は商人のプライドに掛けて只でも良いと言うのです。
それがこじれて千両になるのですが、そのくだりが自然で納得出来るのですね。
こちらの千両の話も分かりますが、ちょっと苦しいかなぁ〜と。
商人の心意気が強調された上方版と黄表紙などに出てきそうな粋な面を強調した江戸版と言う感じでしょうか。
米朝師匠のを聞いた事がありますが、
天満の青物市場の番頭さんと店の番頭さんの上方商人の意地が
ぶつかり合って、それは良いモノでした。
そう聞いてみると、この噺はやはり上方噺なのだなと思いましたね。

『能書』
志ん生師は神田多町の青物問屋としか言いませんが、
他の師匠ですと、神田の「万惣」に番頭さんが行きます。
わりとあっさりと千両の値が付きます。

今では真夏でも簡単に蜜柑は手に入りますが、昔は季節のものしか手に入りませんでした。
現代人はその辺の感覚が鈍っていると思います。
 私の祖母から聴いた話ですが、祖母の姉が結核にかかり、痩せ細った時に真冬なのに「西瓜が食べたい」と言ったそうです。方々探したのですが見つからなかったのですが、知人が「あそこなら」と買いに行ったのがこの「万惣」だったそうです。結局、高価でしたが買うことが出来、祖母の姉は西瓜を美味しそうに食べて其の後亡くなりました。ですので個人的には納得できる噺でもあります。

『ネタ』
今でも、秋葉原から万世橋を渡り、須田町に入ると
神田方面に向かって左側に「万惣」はあります。
フルーツパーラーになっています。
子供の頃一度入って、パフェを食べた記憶があります。
昔はこの辺は布地屋さんが多かったんですよ。
母親が布地を買いに来た時だったのかな?
時代が違いますが、立花亭もこの辺にありました。

33301574『大工調べ』
今日はこの噺です。

【原話】
元は講談の「大岡政談」でそれを落語化したものです。
講談では宝永6年には登場していました。

【ストーリー】
頭はちょっと弱いが腕の良い大工の与太郎を、棟梁の政五郎は何かと面倒をみていました。
「でっけえ仕事が入ったから道具箱を出せ」と言うと、溜めた店賃一両二分八百(一両八百の演者もいる)のカタに大家に持っていかれてないと言います。
八百足りないが手持ちの一両二分を持たせて大家のところへ行かせたのですが、金が足りないと追い返されて来ます。
 棟梁が出向いて頭を下げるが「タカが八百」との言い種が気に入らないと口論となり、
ついに政五郎は大家に啖呵を切ります。ついでに与太郎も締まらない啖呵を切ります。

時間の関係でここで「大工調べの上(じょ)でございます」と切る場合が多いですが・・・

遂には奉行所へ訴える騒ぎになります。お白州での奉行の裁きは、与太郎は不足分八百を支払い、大家は直ちに道具箱を返すこと、日延べ猶予は相成らぬ。とのお裁き。
泣く泣く政五郎は大家に八百を払います。
これで終わりかと思ったら、「ところで、大家は質株を持っておろうの?」
「ございません」
「何と質株を持たずして、他人の物品を預かり置くはご法度、罪に代えて二十日間の手間賃を与太郎に支払え」と、沙汰した後で
奉行は正五郎に
「ちと儲かったか、さすが、大工は棟梁」
政五郎「へえ、調べを御覧じろ」

【演者】
これは志ん生師や小さん師を始め色々な噺家さんが演じています。

【注目点】
この噺を志ん生師は「棟梁が啖呵を切りたかった噺」と要約しました。
歴史的な事を書くと、三代目小さん師のやり方を継承した七代目可楽師から習った五代目小さん師が、師匠の四代目小さん師のやり方や、自身の工夫も加えて、落ちまで通して演じ、十八番としていました。
 同じく得意にしていた志ん生師は、傾倒した四代目圓喬師のやり方を参考にしていたと言う説があり、
三代目小さん師の演じ方で、棟梁が大家の処へ行く処から与太郎の啖呵までをよく演じました。

『ネタ』
ここで大家が払った手間賃は200匁と言いますから、時代によりますが、おおよそ3〜4両でして、これはかなり儲かったですねえ。
江戸時代は、質屋に対する統制はかなり厳しかった様です
質物には盗品やご禁制の品が紛れ込みやすく、犯罪の温床になるのでまあ、当然ですね。
元禄5年(1692)には惣代会所へ登録が義務付けられ、享保の改革時には奉行所への帳面の提出が求められました。
だから、大家さんがお奉行に怒られるのも当然なのです。
明和年間(1764-72)には株を買うか、譲渡されないと業界への新規参入はできなくなっていました。

三枚起請『三枚起請』
今日は「三枚起請」です。

【原話】
元々は上方落語で、初代三遊亭円右師が舞台を吉原遊郭に直して東京に持ち込んだと言われています。
1861年の桂松光師のネタ帳に「三まいぎしょう 但シわたしやからすとむこずらじや」とあるそうです。

【ストーリー】
棟梁が猪之さんを呼び付けて、女遊びをたしなめると、猪之さんは、遊びじゃないと言い張ります。
「年季が明けたら夫婦になる」と記した起請文を見せるのですが、
 これを見た棟梁は、この喜瀬川って花魁は、小太りで黒子があると言い当てます。驚く猪之さんに、実は、棟梁も同じ起請を持っていた事を告白します。
 通りかかった清公が首を突っ込んで来ましたが、二十両の金を工面した結果として、やはり同じ起請を持っていることが分かります。
 嘘つき花魁を懲らしめようと、三人で吉原のお茶屋に行き、猪之さんは押入れに、清公は衝立の裏に隠れて、棟梁が一人で花魁を待つ事にします。
「起請文? 棟梁にしか差し上げていませんよ。他の人には…」
「建具屋の半七には?」
「半七? どちらの…知ってますわよ、そんなに睨まないで。確かにお知り合いではありますけど、起請を送った事は在りませんわ。あんな『水瓶に落ちたおマンマ粒』みたいに太った…」
「『水瓶に落ちたおマンマ粒』、出といで…」
 納戸の中から半七が登場します。
「アララ、いらっしゃったの…?」
「こいつだけじゃねぇだろ。三河屋の新之助にも…」
「知らないよ。あんな『日陰の桃の木』みたいな奴…」
「『日陰の桃の木』、こちらにご出張願います」
「やいっ、誰が『日陰の桃の木』だ」
「アアラ、ちょいと、新さん、様子がいいねえ」
「調子に乗るんじゃねえ」
 言い逃れできなくなった喜瀬川ですが、このまま引き下がっては、花魁の名が廃るとばかりに・・・
「ふん! 大の男が三人も寄って、こんな事しか出来ないのかい。はばかりながら、女郎は客をだますのが商売さ。騙される方が馬鹿なんだよ」
「何だとこの野郎!!」
「嫌で起請を書くと熊野で烏が三羽死ぬと言うんだぞ!」
「そうかい、わたしゃ、嫌な起請をどっさり書いて、世界中の烏を殺してやりたいね」
「烏を殺してどうする」
「ゆっくり朝寝がしてみたい」


【演者】
志ん生師を始め色々な噺家さんが演じています。

『能書き』
「起請」とは、神仏に固く誓うこと。その誓いを文書に記したものが「起請文」で、熊野権現が発行する護符の裏に記すのが通例とされていました。(画像右、この裏に起請の文を書きます)
歴史は古く、平安時代にはすでにあり、「平家物語」にも記されています。
偽りの起請文を書く者は神仏の罰を受けるとされ、また熊野権現の使いである烏が三羽死ぬと言い伝えられました。
一般社会ではとうに目にしなくなったものですが、遊廓にはその慣習が残り、男女が添い遂げることを固く誓う文書として使われた様です。
花魁にとっては客商売の小道具にすぎないものですが、これを貰った男たちはすっかりアツくなって騙されていますね。騙された男たちの人物像が三者三様で違うのも面白い処です。

『注目点』
この噺はこの起請文と言うモノが判ってないとサゲも面白く無いのですが、この噺もゆくゆくはサゲが変えられるかな?
そうなったら、寂しいですね。

ネタ』
この噺のオチですが、これは都々逸の「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」から来ています。ここに来られる方はご存知でしょうが、中には知らない方もいるかも知れないので、ここに書いておきます。

このページのトップヘ