はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

古今亭右朝

右朝師匠のこと

img001-2【古今亭右朝】1948年11月2日 – 2001年4月29日
今日は個人的に好きだった右朝師です。
本当に素敵な噺家さんでした。声が良くて、様子が良くて、噺がウマイ!
何拍子も整っていました。寄席でも時間が在るときはたっぷりと、無いときでもきっちりと古典を演じてくれました。「軽妙洒脱」とも言うのですかね、
談志家元に習った噺を翌日には見事に覚えていたと言う逸話が有るように、天才肌でありながら、人一倍の研究熱心さで、将来の古今亭を背負って立つことが大いに期待されていました。
仲の良かった、川柳川柳師の話によると志ん朝の襲名の話もあったそうです。
志ん朝と言うとてつもない大看板を、背負って行ける逸材と思われていたのですね。

・「出囃子」 『小鍛冶』

・「芸風」
粋な噺家の見本のような存在でした。
タレントで作家の高田文夫さんの大学時の同級生で日大の落研でも活躍したそうです。

・「芸歴」
1975年11月 – 3代目古今亭志ん朝に入門し「志ん八」を名乗る。
1980年6月 – 二つ目昇進。
1988年6月 – 真打昇進と同時に「古今亭右朝」を名乗る。(落語協会の真打としては100人目で昭和最後の真打)
2001年4月29日 – 肺癌により死去
.「エピソード」
唯一の悪い処が酒癖だったそうです。
でもこれは我々落語ファンには関係ありませんね。
ネタ帳に残されてる持ちネタが二百二席という事からも解る様に古典ならば殆どこなせたのではないでしょうか。
適当なマクラを振るとサツと噺に入り、自身の美学?にそった演出でお客を楽しませてくれました。

ある時、食いつき(仲入りの直後でザワザワしているので難しい)で師匠が上がったのですが、食いつきのざわざわした雰囲気を物ともせずに話始めると、場内は静まり返り皆噺に聴き入って仕舞いました。

・「得意演目」
「居残り佐平次」「品川心中」「文七元結」「宿屋の富」「船徳」「目黒のさんま」
「小言幸兵衛」「道灌」「文違い」「三方一両損」「星野屋」「百川」他多数!


※ 本業多忙の為、返コメが遅れますがご容赦下さい。m(_ _)m

右朝師匠の「幇間腹」

86286f9d3月になったと言うのに寒い日々が続いていますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか? 季節の変わり目ですのでお体には気をつけて戴きたいと思っております。

 今日は先日「ラジオ寄席」でも流されました古今亭右朝師の「幇間腹」を聴いてみたいと思います。
 この話は安永9年(1780年)年に出版された笑話本『初登』の一編である「針医」だそうです。元々は上方落語の演目で、主な演者には2代目柳家小さんや5代目古今亭志ん生師等がいます。
 そのせいか古今亭一門と柳家一門の噺家さんが多く掛ける様です。

 あらすじは、あらゆる遊びをやりつくした若旦那が思いつた究極の遊びがなんと針治療の遊び!
さて、相手がいない・・・どうしよう、猫や壁、枕じゃ物足りない、人にやってみたいなあ〜と考え
思いついたのが、幇間の一八。
思いつかれた方はたまりません。一旦は断るのですが、針一本につき祝儀を弾むと言う。
おまけに羽織もこさえてくれると言う条件にしぶしぶ了解しますが、これが大変な事に・・・・

エピソードとしては、その昔黒門町がこの演目を取り入れ様として甚五郎を名乗っていた志ん生師の処に随分稽古に通ったそうですが、なかなかモノにならないのでついに諦めたとか。
でも黒門町の「幇間腹」聴いてみたかったですね。

 この針を打つシーンをやりすぎるとお客が引いてしまうので、加減が難しいそうです。

今回の右朝師の聴きどころは、一八が若旦那の今回の遊びが「針」だと知って「いよ〜!」と手を叩いて感嘆する場面です。都合三回やいますが、その都度声が段々上がって来ています。そこも注目してみて下さい。続きを読む

片棒という噺

お祭り今日は「片棒」です。

原話は宝永2年に出版された、「軽口あられ酒」の一遍である『気ままな親仁』だそうです。

石町の赤螺屋吝兵衛さんは一代で身代を築いた方ですが、大変なケチでもあります。
最近の悩みはこの築き上げた身代を誰に譲るか?なのです。
番頭に相談すると、「このお店の一大事に、若旦那方三人がどのようなお金の使い方をするか聞いてみたらどうでしょうか?」という答え。
ならば、自分が死んだら、どうゆう葬式をするかを、息子三人に聞いて見ることにしました。

先ずは長男・・・
通夜は二晩行い、できるだけお金を掛けた葬式をやりたい。と言います。
お寺もわが菩提寺では小さいですから本願寺あたりを借りて行い
精進落としは黒塗り金蒔絵の重箱に、一段目は練り物、二段目は煮物とか焼き物、三段目らはご飯を仕込んだ三つ重ねで、丹後縮緬なんかで作った特注の風呂敷で包みます。
お酒をおのみになる方もいるでしょうから、灘の生一本を用意しておきます。
黒筋のついた封筒に三万円ばかり入れまして、【御お車代 赤螺屋】としたためます。
それからお香典返しには、金銀の延べ棒を用意します。
これを三日間行い、万事派手にやりたいと言います。
吝兵衛さんは頭に来て「何があってもお前だけには身代を渡さないからな!」「ばかー死んじまえ!」
と大層な剣幕です。

続いて次男は・・・
葬式の歴史に残る様な葬式をしたい、と言い出します。
「葬式に紅白の幕を飾った上、盛大な行列を仕立てて練り歩きます。先頭は鳶の木遣り、芸者の手古舞に、お父さんそっくりの生き人形をすえた山車や神輿を繰り出してワッショイワッショイ。神輿に骨を乗せて担ぎだす。一同そろってバンザーイ」
「ふざけるな、それじゃ弔いだかお祭りだかわかりゃしねえ、七生まで勘当だっ!!」

呆れて次の三男は・・・・
「死ぬとは『無に帰す』ことですし、どう転んでもすべて燃えちまうんですからお葬式は質素に、極限まで簡素にして行います。死骸は鳥につつかせて自然消滅。これが一番」

「お…おい…」

「とは行きませんから、とりあえずお通夜を出しましょう。出棺は11時と知らせておいて…本当は八時に出してしまえば会葬者の食事はいらないし、持ってきた香典だけこっちのものにすることができます。早桶は菜漬けの樽で十分。抹香はかんな屑で代用し、樽には荒縄を掛けて天秤棒で差しにないにします。運ぶには人手が必要…ですが、これだとお金がかかりますから片棒は僕が担ぎます。でも、僕一人では担げませんから、やっぱり一人は雇ったほうが…」

「なに、心配するな。片棒は私が出て担ぐ」

この噺のクライマックスは次男の処での神田囃子の下りでしょうね。
ここの処は抱腹絶倒です。
次男による葬式に山車が出て算盤を持った人形が登場する条は三遊亭銀馬師によってとりいれられ、これを三代目金馬師が完成させたそうです。

兄弟の名前は色々ありまして、「金・銀・鉄」にちなんでつけたり、「松竹梅」でやる演者さんもいます。

実際はこの兄弟の性格がバランスよく配分された人物が一番経営者に相応しいのでしょうね。
長男の社交性、次男の独創性、三男の堅実性と言った処でしょうか。
続きを読む

木枯らしが吹くと思い出す噺

1115今日は寒くなってきて木枯らしも吹き始めたのでこの噺「鼠穴」です。

江戸の兄を頼って、越後から弟が職探しに来ました。兄は、商いの元にと銭をくれたが、開けてみると三文しか入っていないません。
 馬鹿にするなと、一旦は腹を立てますが、思い留まり、これでさんだらぼっちを買ってサシを作って売り、
その利益で草鞋を作り、昼も夜も働き詰めで、十年後には店を構えるまでになりました。
三文の礼を言うために兄の元を訪れ、十年目の事を言うと、実は・・・・と訳を知り、二人で苦労話で盛り上がり、泊まることになりました。
 深夜、店が火事だとの知らせで慌てて帰ると、店が焼けています。
せめて蔵が残ってくれればと念じていたが、鼠穴から火が入ってすっかり焼けてしまいました。
兄にお金を借りに行きますが、相手にしてくれません。
「やはり兄は人の皮を被った鬼だ・・・」
 一文なしになった親に、娘のお花が「あたいを吉原に売って金を作れ」という。涙を流しながら金を借りたが、家に帰る途中掏摸にあって、持ち金をすっかり取られてしまった。
 途方に暮れて木の枝に帯をかけて自殺しようと・・・・・
「武、武、うなされてどうした」
「あ、夢か、おら鼠穴が気になって」
「無理もねえ、夢は土蔵(五臓)の疲れだ」

「夢は五臓の疲れ」と言うのは、五臓は心・肝・肺・腎・脾。
陰陽五行説で、万物をすべて木・火・土・金・水の五性に分類する思想の名残です。
「夢は五臓のわずらい」ともいい、これが疲れてくると夢を見ると思われていました。

三戸前とは・・・
「戸前」は、土蔵の入口の戸を立てる場所の事で、蔵の数を数える数詞になりました。
「三戸前(みとまえ)」は蔵を三つ持つこと。蔵の数は金持ちの証でした。

大正から昭和にかけての名人・三代目円馬師からぜん馬師、六代目円生師と継承されました。
最近では圓生師が有名ですね。それから談志師のこの噺も記憶に残りますね。

演じていていつも思うのは、兄の性格でしょうねえ。
三文しか弟に貸しませんでしたが、本当はどうだったのか?
それから、夢の中で借金を断ると言う事。
このあたりをどう表現するかで変わってきますね。
私は、三文のことはそのまま弟が納得してしまうこと等から思うに、かっては本当にそう云う事を平気でしていた人だったのだと思います。
借金を申し込まれても絶対に応じなかったのだと思います。
志の輔師等は、「自分はお前にいくら渡すべきか迷いに迷った。気がついたら3文渡していた」と言わせていて、
かなり迷った様な演出をしています。
大方は、「文句を言って来たら・・・」となっていますが、ここに嘘があるかも知れません。

圓生師のを聴いてると完全な腹黒に感じます。
談志師のは、そこまでは行かなくて、焦点が弟に合わされていることもあり、かなり情が有るように感じます。
そんな処も聴きどころです。続きを読む

貴方ならどうする?

120916_0920~01今日は「片棒」です。

何故?というと、今日まで我が街が本祭りだったので、お祭りの噺というと近いのがこれかな?
と思った次第です。

原話は宝永2年に出版された、「軽口あられ酒」の一遍である『気ままな親仁』だそうです。

石町の赤螺屋吝兵衛さんは一代で身代を築いた方ですが、大変なケチでもあります。
最近の悩みはこの築き上げた身代を誰に譲るか?なのです。
番頭に相談すると、「このお店の一大事に、若旦那方三人がどのようなお金の使い方をするか聞いてみたらどうでしょうか?」という答え。
ならば、自分が死んだら、どうゆう葬式をするかを、息子三人に聞いて見ることにしました。

先ずは長男・・・
通夜は二晩行い、できるだけお金を掛けた葬式をやりたい。と言います。
お寺もわが菩提寺では小さいですから本願寺あたりを借りて行い
精進落としは黒塗り金蒔絵の重箱に、一段目は練り物、二段目は煮物とか焼き物、三段目らはご飯を仕込んだ三つ重ねで、丹後縮緬なんかで作った特注の風呂敷で包みます。
お酒をおのみになる方もいるでしょうから、灘の生一本を用意しておきます。
黒筋のついた封筒に三万円ばかり入れまして、【御お車代 赤螺屋】としたためます。
それからお香典返しには、金銀の延べ棒を用意します。
これを三日間行い、万事派手にやりたいと言います。
吝兵衛さんは頭に来て「何があってもお前だけには身代を渡さないからな!」「ばかー死んじまえ!」
と大層な剣幕です。

続いて次男は・・・
葬式の歴史に残る様な葬式をしたい、と言い出します。
「葬式に紅白の幕を飾った上、盛大な行列を仕立てて練り歩きます。先頭は鳶の木遣り、芸者の手古舞に、お父さんそっくりの生き人形をすえた山車や神輿を繰り出してワッショイワッショイ。神輿に骨を乗せて担ぎだす。一同そろってバンザーイ」
「ふざけるな、それじゃ弔いだかお祭りだかわかりゃしねえ、七生まで勘当だっ!!」

呆れて次の三男は・・・・
「死ぬとは『無に帰す』ことですし、どう転んでもすべて燃えちまうんですからお葬式は質素に、極限まで簡素にして行います。死骸は鳥につつかせて自然消滅。これが一番」

「お…おい…」

「とは行きませんから、とりあえずお通夜を出しましょう。出棺は11時と知らせておいて…本当は八時に出してしまえば会葬者の食事はいらないし、持ってきた香典だけこっちのものにすることができます。早桶は菜漬けの樽で十分。抹香はかんな屑で代用し、樽には荒縄を掛けて天秤棒で差しにないにします。運ぶには人手が必要…ですが、これだとお金がかかりますから片棒は僕が担ぎます。でも、僕一人では担げませんから、やっぱり一人は雇ったほうが…」

「なに、心配するな。片棒は私が出て担ぐ」

この噺のクライマックスは次男の処での神田囃子の下りでしょうね。
ここの処は抱腹絶倒です。
次男による葬式に山車が出て算盤を持った人形が登場する条は三遊亭銀馬師によってとりいれられ、これを三代目金馬師が完成させたそうです。

兄弟の名前は色々ありまして、「金・銀・鉄」にちなんでつけたり、「松竹梅」でやる演者さんもいます。

実際はこの兄弟の性格がバランスよく配分された人物が一番経営者に相応しいのでしょうね。
長男の社交性、次男の独創性、三男の堅実性と言った処でしょうか。





続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ