はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:入船亭扇橋

 長い間、更新を休んでいました。申し訳ありませんでした。  そろそろ再会したいと思っていたら、なんと、入船亭扇橋師匠がお亡くなりになられました!  体調がすぐれず、高座を休んでいましたが、復帰なされるものと思っていました。 例えは悪いですが歌丸師のように、不…
>>続きを読む

え〜一昨日、「東京かわら版」が届きました。 表紙は扇橋師です。 巻頭の「落語と私」は”みひろ”さんです。「落語家Xの快楽」の流れですね。 桃月庵白酒師に教わったそうです。 インタビューは扇橋師です。師匠は若い頃は大変モテたそうです。 今でも島倉千代子さんとは…
>>続きを読む

昨日は、浅草の昼席を見に行きました。 午前中用事が重なった為、出掛けるのが 遅くなって仕舞いました。 演芸ホールに着いた時はもう二席終わってました。 丁度、喬太郎さんが終わった処でした。残念! 主な演者と演目は次の通り。 喬之助  金明竹 さん吉  (…
>>続きを読む

今朝は二本上げました。 三遊亭小圓朝師の「一目上がり」と入船亭扇橋師の「富久」を上げました。 両方共かなり古い音源です。 小圓朝師の「一目上がり」は元の音源にノイズが混入している事もあり あまり良い音ではありません。それで去年はあげませんでした。 扇橋師…
>>続きを読む

昨日は仕事が休みなので、浅草演芸ホールに行ってきました。 誰がお目当てと言う訳ではなかったのですが、上席に行くつもりが、 目のことがあり、遅れてしまったのです。 そして、気になる事がひとつ。入船亭扇橋師匠がなんかおかしいのです。 ここの処「声が段々小さく…
>>続きを読む