はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:付き馬

『付き馬』 今日は「付き馬」です。これは江戸弁で「つきんま」と言うそうです 【原話】 原話は元禄5年(1692年)に出版された笑話本・「噺かのこ」の第四巻、「薬屋にて人参を騙りし事」です。又の題を「早桶屋」とも云い、圓生師はこの名で演じていました。 【ストーリー】…
>>続きを読む

今日は「付き馬」です。これはほんとうは江戸弁で「つきんま」と言うそうです。  原話は元禄5年(1692年)に出版された笑話本・「噺かのこ」の第四巻、「薬屋にて人参を騙りし事」です。又の題を「早桶屋」とも云い、圓生師はこの名で演じていました。  吉原で「今は持ち合…
>>続きを読む

今日は「付き馬」です 吉原で「今は持ち合わせがないが、お茶屋のツケを集金すれば金ができるので、明日払いで良けりゃ遊んでってやるよ」ということでどんちゃん騒を始めます。  翌朝、郭の中のお茶屋だから一緒に集金に行こうと、若い衆を連れ出し、ちょっと大門の外の空…
>>続きを読む

今日は「付き馬」です。 吉原で「今は持ち合わせがないが、お茶屋のツケを集金すれば金ができるので、明日払いで良けりゃ遊んでってやるよ」ということでどんちゃん騒を始めます。  翌朝、郭の中のお茶屋だから一緒に集金に行こうと、若い衆を連れ出し、ちょっと大門の外の…
>>続きを読む

え〜今日はこどもの日ですが、関係なく女郎買いの噺を。(^^) 付き馬と言う噺は簡単に言うと、金が無いのにいかにして騙して遊ぶかと言う噺で、 主人公の男のだましのテクニックを楽しむ噺ですね。 え、そうじゃ無い・・・そうかなww じゃ、あらすじを・・・  吉原で…
>>続きを読む