はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

タグ:三遊亭金馬

『小言念仏』 今日はこの噺です。 【原話】 源話は不明で、上方落語で「淀川」や「宗論」の枕に使われていたものが「世帯念仏」となりこれを、明治の頃に東京に移したものですが詳しいことは判っていません。 【ストーリー】 毎朝念仏を日課としている爺さんは、信心深いが…
>>続きを読む

『片棒』  今日はこの噺です。季節的にはこれからの感じがします。 【原話】 原話は宝永2年に出版された、「軽口あられ酒」の一遍である『気ままな親仁』だそうです。 【ストーリー】 石町の赤螺屋吝兵衛さんは一代で身代を築いた方ですが、大変なケチでもあります。 最近…
>>続きを読む

『三人旅』 今日は旅の噺です。春の噺だと思うのですが……。 【原話】 上方落語の「東の旅」「西の旅」シリーズに相当する、江戸っ子の「三人旅」シリーズです。 記録的には十返舎一九の「東海道中膝栗毛」が出た後から、旅ものの滑稽噺が語られるようになったそうです。上…
>>続きを読む

『転失気』 今日はこの噺。秋の噺の確証はありませんが、なんとなくそんな雰囲気がしますので。 【原話】 かなり古くから演じられている前座噺です。成立はよく判っていません。 【ストーリー】 あるお寺の和尚さんが具合が悪いので医者を呼びます。診察した後で医者が 「…
>>続きを読む

『佃祭』 昨日更新したばかりですが、今日も更新します。お盆に入ると更新出来ないと思うので。タイトルの通り、佃島のお祭りに絡んだお噺です。 【原話】 中国の故事からとか、1814年の「耳袋」根岸鎮衛著からとも言われています。 【ストーリー】 神田お玉が池の小間物屋…
>>続きを読む