はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭金馬

「高田馬場」という噺

a5665f87『高田馬場』
今日はこの噺です。これ春の噺なんですね。

【原話】
1758年「江都百化物」の「敵討の化物」が源話です。
前半は「ガマの油」と同じですね。後半は一見敵討ちモノと思える様な展開ですが・・別名「仇討ち屋」とも言います。

【ストーリー】
浅草の境内でガマの油売りの口上を聞いていた老侍が、二十年前の古傷にも効くかと聞いて来ます。
昔、配下の奥方に懸想して、手込めにせんとしたところへ夫が戻り、これを切った。まずいと思って逃げたが、乳飲み子を抱いた奥方が投げた刀が背中に当たり、寒くなるとその古傷が痛む。名は岩淵伝内という。
これを聴いた蝦蟇の油売り、
「やあ、めずらしや岩淵伝内、その折の乳飲み子とは拙者のことなり、親の仇、尋常に勝!」
「いや、今は所要の帰り道、役目を果たして明日改めて討たれよう、場所は高田馬場、時は巳の刻に」
 ということで双方が納得で別れます。本物の敵討ちが見られるとの噂が噂を呼び、翌日には高田馬場に大勢の見物人が集まります。
待つ間に酒を飲む、甘味を食べる、茶を飲むと茶店は何処も大賑わい。大変な賑わい様。
しかし、いつまで待っても仇討ちが始まらないので、近くの店に入ると、昨日の仇の侍が酒を飲んでいるではありませんか。
訳を聞いたら、仇討ちは人を集める芝居で茶店から売上の一部を貰う商売をしている。ガマの油売りは息子だと言われます。
「そうやって楽う〜に暮らしておる」

【演者】
これは三代目金馬師にトドメを指すでしょうね。最近では志ん朝も良かったです。l

【注目点】
噺の舞台を浅草の浅草寺境内から高田馬場に移すあたりが秀逸ですね。
臨場感が高まります。

『能書』
高田馬場は、寛永13年に旗本達の馬術の練習をする為に作られました。
 享保年間(1716〜1753)には馬場の北側に松並木が造られ、8軒の茶屋が有ったと言われています。
土地の農民が人出の多いところを見て、茶屋を開いたものと。
また、ここは堀部安兵衛が叔父の菅野六郎左衛門の決闘の助太刀をしたとされるところで、水稲荷神社(西早稲田3−5−43)の境内には「堀部武庸加功遺跡之碑」が建っています。

『ネタ』
三代目金馬師は圓馬師とドサ回りに出た時、金沢の浅野川の橋の袂で、ガマの油売りの口上に出会いますが
あまりにも下手なので、代わりに口上をやり小遣いを貰ったそうです。
後で圓馬師に「そんな事をやってはいけない」と叱られたそうです。

「藪入り」という噺

b536272eえ〜正月沿早々、メインのPCが逝ってしまいまして、サブのノートを何とかメイン代わりに使えるように環境を構築してこの記事を書いております。(非力なので使い難いです)
でも、そろそろ時候の記事を上げないとならないと思い、今回は「藪入り」にしました。
(16日までは更新しないと暗に言ってるみたいですが(笑)
 時間があれば更新します。宜しくお願い致します!

『藪入り』
藪入りとは一月の十六日と七月の十六日に奉公人が休みを貰えて実家等に帰れる日の事で、古くは宿入りといい、商家の奉公人の特別休暇のことです。
奉公人だけはなく、お嫁さんも小遣いやおみやげを貰えて実家に帰れました。
最も近頃は近所に住んで、毎日帰ってる方が多い様ですが……。

【原話】
元々は「お釜様」と言うバレ噺だったのを、初代小せん師がバレの部分を取り、「鼠の懸賞」と言う題に替えました。それを三代目金馬師が練り直し人情味を加えて「藪入り」と言う噺に仕上げました。
演者には、金馬師を始め今輔師、五代目圓楽師、や小三治師等多くいます。

【ストーリー】
明日息子が藪入りで初めて帰ってくるというので、熊さんは気もそぞろ。鰻を食わせてやろう、御大師様へ連れて行こうと一睡もしないで帰りを待っていると入り口に人の気配。「めっきりお寒くなりまして……。お父ッつぁん、おッ嬶さんにもお変わりなく」という挨拶をしたのは、まだ子供だと思っていた亀坊。さっぱりして来なと風呂に行かせて荷を片付けると紙入れから十五円という大金が出てきます。
心配性のかみさんが、子供に十五円は大金で、そんな額をだんながくれるわけがないから、
ことによると魔がさして、お店の金でも……
と言いだしたので、気短で単純な熊は、帰ってきた亀を、いきなりポカポカ。
かみさんがなだめでわけを聞くと、このごろペストがはやるので、
鼠を獲って交番に持っていくと一匹十五円の懸賞に当たったものだと、わかる。

だんなが、子供が大金を持っているとよくないと預かり、今朝渡してくれたのだ、という。
へえ、うまくやりゃあがったな。この後ともにご主人を大切にしなよ。
これもやっぱりチュウ(=忠)のおかげだ」

【演者】
今では本当に多くの演者が高座に掛けますが、やはり三代目金馬師がいいですね〜 笑わせて最後はしっかりと泣かせてくれます。
先代圓楽師もやりましたし、最近は小三治師も演じますね。
【注目点】
やはり前半の熊さんの子供の亀ちゃんを思う親心ですが、これがやり過ぎで笑いを誘います。
一転して後半の人情噺の部分ではしっかりと泣かせてくれます。この泣き笑いのメリハリが大事だと思います。

『能書』
今では奉公等したこと無い方ばかりですが、それでも別れて暮らす親子の情愛は伝わると思います。
兎に角、前半の熊さんの妄想のおかしさと、後半のやり取りといい、味わい深い噺だと思います。

『ネタ』
その昔は奉公に出ると三年〜五年は家に帰して貰えませんでした。ですから、家に帰る事が許されて新品の着物一式や真新しい草履を履けて家に帰れる前の晩は、嬉しくて眠られ無かったそうです。
そんな時代のお噺ですが、子を思う親の気持ちは何時の時代でも同じだと思います。

「佃祭」という噺

photo_2『佃祭』
今日は、タイトルの通り、佃島のお祭りに絡んだお噺です。

【原話】
中国の故事からとか、1814年の「耳袋」根岸鎮衛著からとも言われています。

【ストーリー】
神田お玉が池の小間物屋の次郎兵衛さん。住吉神社の佃祭りを見物して終い船に乗ろうとすると、女に袖を引っ張られ引き留められる。
5年前に奉公先で5両の金をなくしてしまい吾妻橋から身投げをしようと途方にくれた処を助けられたと言う、
ややあって、それを思い出した次郎兵衛さんだったが、
終い船も出てしまい仕方がないので、女が嫁いだ船頭の家に行く。
やがて表が騒がしくなり、亭主が飛び込んで来て、船が転覆して全員おぼれて死んだという。
助けたつもりが助けられたと知り、安堵する次郎兵衛さん。
今夜は夫婦の勧めもあり、泊まることにする。

一方、家では大騒ぎ。終い船が転覆の報を受け、早桶や坊さんを頼み、くやみ客がぞろぞろ来る。
そんな事は知らない次郎兵衛さんは翌朝、女の亭主の船頭に送ってもらい帰ってくる。
その姿を見て皆、幽霊だとびっくりするが、次郎兵衛さんの話を聞き皆で大喜びする。
唯一、おかみさんだけがヤキモチを焼く。
これを一部始終聞いていたのが与太郎、止せば良いのに同じことをしたくて、5両のお金を貯めると日夜身投げを探して歩きます。ある時永代橋の袂で女性を見つけます。すわ身投げと喜んで止めにかかると、実は戸隠様に願をかけていただけだった。袂にあったのは身投げ用の石ではなく梨だった。(戸隠神社に願をかけて梨を収めること。当然梨絶ちをする)
【演者】
古くは、三代目金馬師の独壇場でした。また春風亭柳朝師も得意にしていました。勿論志ん朝師も録音を残しています。

【注目点】
途中「くやみ」に似た箇所もあり難しい噺ですし、オチが今では全く判らないので、マクラで説明が必要です。神様の病気の願掛けの事等を説明してから噺に入ります。
歯が痛いときは戸隠神社(信州)に梨を断って奉納すれば治癒すると言われていました。
ちなみに薬師様は目の病気に霊験あらたかだそうです。それぞれ神様によってお願いする病気も違っていたそうです。

『能書』
佃島は今では歩いて行かれますが昭和39年に佃大橋が出来るまでは築地と佃島の間には渡し船が通っていました。東京では公営の最後の渡しです。私設なら未だ各地にあります。
江戸時代には海を渡って行く場所だったので江戸の人は異国情緒を感じたそうです。
元々が家康が摂津の漁師を呼び寄せて住まわせたので、住民は故郷と同じように街を作ったそうです。それも、そんな感じを抱かせたのでしょう。
『健二のネタ』
佃島の住吉大社のお祭りは、3年に一度の本祭があり、期間も土日を含む4日間。
神輿を船に載せて氏子地域を廻る「船渡御」や八角神輿の渡御、獅子頭宮出しなどが行なわれるそうです。神輿ごと海に入って行く勇壮なお祭りで江戸時代から人気がありました。
日程は8月の始めの頃です。旧暦だと6月ですね。

この噺自体が諺の「情けは人の為ならず」を元に作られています。
この諺の意味は、情けを人にかけておけば、巡り巡って自分によい報いが来る。また、人に親切にしておけば、必ず後で良い報いがある。と言うことなのです。また、その施しをしたことを忘れるぐらいでないと、本当だと言えない。と言う意味でもあります。

道灌という噺

1850d4e8今日は柳家の噺家さんが最初に教わるという「道灌」です。

初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年刊)に原型が見られる。江戸発祥の落語です。
8代目桂文楽師匠が初めて高座で演じた噺だそうです。白梅亭という寄席での事だそう・・・・

八つぁんがご隠居の家に遊びに来ていて、ふと目に止まった絵を訪ねます。
 鷹狩りに出た太田持資公が、俄かの村雨に合い、雨具を借用したいと山中のあばら家を訪ねると、少女が盆の上に山吹の花を差し出した。
中村一馬が兼明親王の古歌「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだに無きぞ悲しき」で(実の)と(蓑)をかけ合わせた断りの意味でしょうと、解説すると、まだまだ自分は歌道に暗いと帰城した。
後に入道して大田道灌となり返歌をした。「急がずは濡れざらましを旅人の後より晴るる野地の村雨」
よし分かった、傘借りに来たとき雨具がねぇって歌だと勘違い。
相手がこの歌知らなかったら、その人は歌道に暗いって事だなと勝手な思い込み。
 家に帰ると、雨が降り知人が訪ねて来た。提灯を貸してくれというのを無理に雨具を貸せと言わせ、
件の歌を聞かせた。この歌知らねぇようじゃ歌道が暗いな。
「ああ、角が暗いから提灯借りに来た。」

都電荒川線「面影橋駅」の側に掛かる「面影橋」のたもとに、「山吹の里」の碑が建っています。
この辺から下流の江戸川橋までの一帯は昔「山吹の里」と呼ばれていた所だそうです。
噺の舞台は、きっとこの辺だったのでしょうね。
現にこのあたりには、落語に登場する話しと同じ様な逸話が残っています。

東京落語では、入門したての前座へのはじめての稽古を、この噺からはじめる一門が多い(特に柳家)ので、
そのため代表的な前座噺です。寄席等でも高い確率で聴けます。
古今亭は「からぬけ」ですね。

五代目小さん師等はこの演目で寄席などでトリの演目に掛けていましたが、これは小さん師ならではだと思います。
私は、同じ様なので六代目圓生師が「たらちね」をトリで演じたのを聴いていますが、それは見事なものでした。
でも他の噺家さんでは駄目だったでしょうね。
前座噺を見事に演じる事が出来たら名人とも言われています。
続きを読む

朝の日常の会話

どじょう今日は「小言念仏」です。

ここの処、夏風邪をこじらせてしまい、更新できませんでした。
夏らしい噺だと思うのですが……
源話は不明で、上方落語「世帯念仏」を、明治の頃に東京に移したものですが詳しいことは判っていません。

毎朝念仏を日課としている爺さんは、信心深いがすぐ小言をいってしまう性格です。
その日も朝早くから念仏を唱えていますが、、家人の動きが気になります。
すると、「なむあみだぶ、なむあぶだぶ、おばあさん仏壇そうじしなくちゃいけないよ。なむあみだぶ、なむあみだぶ…」と我慢できず小言をいってしまう。
そうなると、もう止まらなくなってしまい「なみあみだぶつ」の間に小言を入れる有様です。
子供を起こさないと学校に間に合わない、やかんのお湯が沸騰している、ご飯のこげたにおいがする、
赤ん坊が這ってきたら念仏の合間に「バァ。」、

様子がおかしいから家のものに見ておくような等思った小言を全ていってしまいます。
そんれから、家人が味噌汁の具を聞いてきたので、どじょう屋が家の前を通ったので、これに決め、大声で呼び止めます。
「鍋に酒ェ入れなさいとか、暴れてるか?蓋取ってみな、腹だしてくたばりゃあがった!?」
「ナムアミダブ、ナマンダブ、ざまァみゃがれ」

どじょうは当時、鰻にくらべて安価で、精のつくものとして、江戸時代は八つ目うなぎとともに好まれたそうです。
よく、やるのは、味噌汁等で茹でる時に豆腐を鍋に入れておいて、どじょうを入れて火に掛けると、
暑さでどじょうが皆豆腐に首を突っ込んで煮上がる。と言う方法ですね。続きを読む
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

hajime

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ