はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭遊雀

寄席で聴きたい  三遊亭遊雀師

mmwae4000026092008_3_0_e4落語協会の噺家さんが続きましたので、今回は落語芸術協会の噺家さんです
かって権太楼師の弟子だった遊雀師です。

【三遊亭遊雀】
1988年2月 - 落語協会の3代目柳家権太楼の下に入門。前座名「さん太」。
1991年10月 - 二つ目に昇進。「三太楼」に改名。
平成7年「NHK新人演芸大賞」落語部門大賞を受賞(演目:『反対俥』)。
2001年9月 - 真打昇進。
2006年 - 平成17年度彩の国落語大賞を受賞(演目:『初天神』
 とここまでは前途有望でその将来を嘱望されていたのですが、先日紹介した権太楼師と意見の食い違いが表面化して、一門を離れました。
 その後、笑点でおなじみの三遊亭小遊三師の一門に移籍します。
2006年10月 - 落語芸術協会の三遊亭小遊三門下に移籍。「遊雀」と改名。

出囃子  『粟餅』

【芸風】
 移籍する前は地味でしたが本格派で、玄人受けする噺家さんでしたが、移籍後は一皮むけて、狂気すら感じさせる芸風に変わりました。
 兎に角楽しい高座です。
【得意演目】
 『強情灸』『熊の皮』『堪忍袋』『真田小僧』『反対俥』他多数
【エピソード】
あくまでも噂ですが、本来、」かなり酒癖が良くないそうです。酒乱の傾向もあるとか?
酔っ払って灰皿で権太楼師匠の頭を殴ったとか言う話です。
移籍後に和解したのか、権太楼師の会にゲストで出演しましたね。
その辺も面白いです。

【ネタ】
その復帰のことですが、昇太師の会で復帰しました。その時の昇太師の口上です。
「私は落語芸術協会監事という重職を務めているのですが、最近、我が落語芸術協会にとっても嬉しいことがありました」と、“本日のスペシャル・ゲスト”遊雀を紹介。「ほんとはこんなに早い復帰は異例なんです。ところが彼に対しては落語協会もこちらの協会も、少しでも早く復帰させてやろうと、みんなが尽力したんですね。それは彼の芸が落語界に必要だと、みんなが認めているということなんです。そこで、今日、彼の三遊亭遊雀としての初高座を、僕の会でやってもらうことにしました」

それだけの人材だったと言う事ですね。是非、寄席でその狂気の高座を体験して下さい!

やり過ぎは体に良くないという見本・・・

お灸6A此処の処腰が痛く、針の治療をしてもらっているのですが、そこでお灸もやっていて、そこで思いついてこの噺にしました。「強情灸」です。

元々は上方落語の『やいと丁稚』と言う演目です。

通りかかった知り合いが唸っているので、気になった男、家に招き寄せる。
聞けば何でも体がだるいので、峰の灸に灸を据えてもらいに行ったらしい。
 
峰の灸は熱いことで有名で、一つ据えただけで悲鳴をあげるが、良く効くのでいつも長蛇の列。
順番札が「への36番」だったが、前のほうの美人が怖がって換えてくれというから喜んで取り換えた。
 
店に入ると「うちの灸は熱いですよ」なんて言いやがるから、まとめて全部やってくれと見栄を張ったら、
三十二箇所に火を点けやがった。
一つで飛び上がるって灸を三十二箇所だ、熱いの熱くねぇのって我慢してたら、この人は凄いねとか、
さっきの美人なんかは、嫁に行くならこういう人なんて思ったかな。
 
これを聞いていた男も強情張り。
たかが灸くらいのことで何だと、腕の上に艾を山盛りにして火を点けた。
煙が上がり浅間山のよう。灸くらいで威張るな、石川五右衛門は油で揚げられて辞世の句を読んだし、
八百屋お七なんて十五で火あぶりだぞ、う、う、う。
とうとう我慢できなくなったか、払い落とした。
「何だって、石川五右衛門がどうしたって?」
「う、う、う、五右衛門はさぞ熱かったろうなぁ〜」

この噺は江戸っ子の痩せ我慢の噺ですが、上方版の「やいと丁稚」は違いまして、
商家の主人が丁稚にやいと(灸)をすえ、泣き叫ぶので自分ですえてみせますが
あまり熱いので、「辛抱でけんかったら、こうやって払い落としたらええのや」
とポンポンとはたく仕種でサゲになるもので、子供の手前強がってみせるだけで
結局我慢も何もしませんから、強情噺でも何でもありません。
この辺も違いがあり、面白いですね。

この噺は何と言っても志ん生師と小さん師ですが、両者では実は違いがあるのです。
古今亭はお灸を据える時に腕の向きが下で柳家は上を向かせるそうです。
この辺の仕草でどの系統の噺家さんから稽古を付けてもらったか判るそうです。

今はもう無いのでしょうが、私の子供の頃は悪さをしたりすると良くお灸をすえられました。
今でも跡が残っています。(私の家だけだったのかな?)
と言う訳で子供の頃は注射よりお灸の方が怖かったですね。(^^)
続きを読む

熊の毛皮を触って思い出すのは・・・・・

1005今日は肩のこらない艶笑噺です。
「熊の皮」という噺で、他愛の無い噺ですね。

女房の尻に敷かれっぱなしの亭主が仕事から帰ってくると、早速水を汲めだとか、洗濯をしろだとか、あれこれと言いつけられる。
用事を済ませ、ご飯代わりに出されたのはお赤飯。何でも近所の医者からもらったそうで、食べたら今度はそのお礼に行ってくれと言われてしまう。
そこで女房からお礼の文句を習うも、亭主は相変わらず要領を得ない。
やっとのことで教わって、最後に「あたし(女房)がよろしく」というのを忘れずにと念を押されるも、いざ、医者の家を訪れると何とかお礼は済ませられたが、最後のひと言を忘れてしまった。
そこに出てきたのが熊の皮の敷物で、「敷物とは何です?」などと尋ねると、詳細な返事が返ってきた。
その熊の皮を撫でていると、やっとのことで女房の頼まれごとを思い出す・・・・「あっ、先生、女房がよろしく申しました」

落語に出てくる夫婦というと、大抵、亭主はだらしがなくて、その反対に女房がしっかりしているというのが相場なのですが、この夫婦もその例に漏れません。
出掛ける時に「忘れそうになったら、向こう脛の毛を引っ張れ。痛いと感じたら、思い出すだろう」と女房に言われ、医者の家にやって来て、敷物の熊の毛を引っ張って、「あ、女房がよろしく」といってサゲる演じ方もあります。続きを読む

浅草下席8日目(後半3日目)

mmwae4000026092008_3_0_e4

え〜こないだに続きまた、浅草に行きました。
今回お目当ては遊雀さん。
芸協は浅草では5日間で番組が替わるので、こないだとはトリも出演する噺家さんもかなり替ります。
変わらない噺家さんもいますが・・・

到着した時は六時少し前でコントD51さんがコント中。本来出番じゃ無いので代演でしょう。
続いて柳好さんで「子ほめ」でしたが、少し急ぎ過ぎで、乱暴な持って行き方でした。
この方はフラがあるので、普通に話してるだけで、面白いのに残念です。

とん馬さんで「小言念仏」で喜多八師と同じ型でした。
マグナム小林さんの後は桃太郎さんで「裕次郎物語」
これ寄席向きの噺ですね。CD持ってるけどCDで聴く噺じゃ無い。
仲入りで食いつきが代演で、遊馬さん。
これは嬉しい代演です。演目は「手紙無筆」でしたが、良くなって来ましたね。
この兄貴と弟分のやり取りも良かったですね。
小天華さんのマジックの後は遊史郎さんで「悋気の独楽」
お次も代演でしたが、南なんさん登場!これはめっけものです。
「夏泥」をたっぷりと演じてくれました。
wモアモアの漫才の後は楽輔さんで「鰻屋」
そして私は初めてみたのですが、膝代わりが、翁家喜楽さんで太神楽で、初めて見る芸も多かったですね。
芸の由来も紹介してくれました。
傘で色んなモノを廻す芸ですが、金の輪っかはお客さんの「金回りが良くなる様に」
枡を廻すのは「益々繁盛」と言う意味で芸をするのだそうです。

そしてトリはお待ちかねの遊雀師です。
普通は夜席のトリと言うと、大物の噺家さんでないと、大帰る方が結構いるのですが、昨夜はほとんどの方が帰りません。そして出囃子に乗って登場した瞬間、寄席全体の空気が一瞬重くなった様な感じで期待が一心に遊雀さんに向けられるのが判りました。空気が一瞬熱くなるとでも言うのでしょうか。
小三治師がトリの時と同じ様な感じでしたね。
沢山の「待ってました!」の掛け声が飛び交います。
演目は「宿屋の仇討」で、余り無駄な事は言わず噺に入っていきました。
これが、五代目柳朝師の型をベースに柳家の型を合わせた様な感じで、
江戸っ子三人連れの描写は陽気でそそっかしいと言う設定で、万事世話九郎はちょっとシニカルな感じでした。
噺そのものが面白い処に遊雀さんの独自のくすぐりでさらに爆笑編に仕上がっていました。
緞帳が完全に降りる迄、満員の客が誰一人として立とうとはしませんでした。
これだけでも、昨日の高座が如何に良かったかが判ると思います。

遊雀さんはこのまま行くと、芸協の大きな柱になるでしょうね。
遊雀さん目当ての客も現れて居るような気がします。続きを読む

お台場寄席の遊雀さん

627eac60.jpg昨日公開の「お台場寄席」は皆さんもう聴きましたか?
中々良かったですねえ。
演目は「四段目」上方だと「蔵丁稚」ですね。
遊雀さんは芸協に移ってからいい意味で弾けましたね。
三太楼時代は寄席だと、何か鬱屈した処があって、
いい時は物凄く良いのだけど、
玉に高座を投げる時もありました。
当時の師匠、権太楼師と何が有ったのかは知るよしもありませんが、
芸協に移ってからは、吹っ切れたと言うか、
芸に大胆さが出てきましたね。
塚チャンも言ってましたが、どんな演目も爆笑編に替えてしまう実力を
兼ね備えてきましたね。

ある時、仲入りで桃太郎師が出ていた時の事、
「今日はまともに噺をしているやつは、遊雀と俺だけだな!」
と言って笑いを取っていました。
当然芸協の幹部にも認められてるんですね。

この演目では、歌舞伎の舞台が解る様な台詞も入れて、定吉に喋らせて
いますね。ここが芸が細かいですね。
定吉の描き方も重要ですが、旦那の人物の描き方も大切ですね。
口では厳しい事を言っても、人情のある旦那として描かれていますね。
中々結構な音源でした。
この演目では志ん朝師匠のもおすすめです。
確かyoutubeにあったハズなので見てみて下さい。
これもいいです。オーソドックスですが、実に間がいいですね。(^^)
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ