はじめのブログ

落語好きの中年オヤジが書いてる落語日記

三遊亭百生

三十石夢の通い路と言う噺

09031705-thumbやっと目の状態も回復して来ましたので、ボチボチと更新して行きたいと思います。
 世間の話題は昨日の小保方さんの記者会見で持ちきりですが、私は昨日の会見は弁護士の作戦通りだったのでは無いかと思いました。感情が高ぶって涙を流したのは本当なのでしょうが、全体としては弁護士の立てた作戦の通りにしたのだと思いました。
 後感じたのは、彼女の陰に誰か別の研究者の存在が見えた感じがしました。だから、具体的な事はあそこでは一切言えなかっただと思います。(これも弁護士の作戦かも知れませんが)

 という訳で今日は全く関係無く「三十石」です。
 この噺は上方落語の「東の旅」の最後の噺で、、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描いています。
正式には「三十石夢乃通路」と言います。
明治初期の初代文枝師が前座噺を大ネタにまで仕上げ、その後、2代目小文枝師や5代目松鶴師が得意とたそうです。
その後、6代目松鶴師や、5代目文枝師、米朝師、枝雀師なども得意としました。
東京では六代目圓生師が得意にして演じていました。圓生師は5代目松鶴師に教えを請うたとそうです。

あらすじは他愛無い船の道中の出来事です。
主人公二人が京からの帰途、伏見街道を下り、寺田屋の浜から夜舟に乗り、大坂へ帰るまでを描きます。
前半は宿の描写、船が出る時のにぎわい、美人が乗ると思い込んだ好色な男の妄想等が描かれます。

旅の道中に出会ういろいろなものに触れての軽妙な会話、船頭の物まね、などが続きます。
後半では船中で五十両の金が盗まれる騒動が起きるが、船頭の機転で盗んだ男がつかまり、噺はめでたく結ばれる。
本来のサゲは、その船頭が、礼金を貰い、泥棒は骨折り損だったので、「権兵衛ごんにゃく船頭(辛労)が利」と言う地口オチでしたが、現在では使われていません。
現在のサゲは、ろくろ首のくだりで、薬を飲むと長〜く苦しむ、となっていますが、ここまでもやらず。
単に船頭の舟歌のあとで、「三十石は夢の通い路でござます」と切る事が多いです。

圓生師によると、この船頭の唄は3つとも調子が違うので演じる時に唄の調子から噺の口調に戻る時が難しいそうです。続きを読む

前半と後半が一致しない噺

non103_1今日は「貝の村」です。
「貝野村」とも書きますし、「貝之村」とも書くようです。

後半部分が独立したのが、『手水廻し』で、通してやると、『貝野村』という演題となるようです。
1814年(文化11)の十返舎一九の『木曽街道膝栗毛にも似たような逸話があります。
また、この噺を東京の噺家が演じると「海野村」と表記するようです。

大阪船場の若旦那、丹波貝野村から来た女中のおもよさんがお気に入りです。
商用で出掛けた間におもよさんが母の病気で家へ帰ったと聞き、若旦那は彼女恋しさに病になり床について仕舞います。いわゆる恋煩いですねえ。
早速に、おもよどんを世話いたしました、甚兵衛さんを呼びまして、貝野村へ使いを出すとおもよの方でも恋煩い、
実は、おもよどん、女中奉公といえども、お家は、丹波で、二・三ヶ村の庄屋をしていようというような、立派なお家の、娘さんなのです。そこに甚兵衛さんが駆け込みまして、かくかくしかじかと話ます。
おもよさんは、若旦那の病を聞くやいなや 、ムックと起き上がり、二挺(ちょう)の駕籠を誂えまして、大勢の人足で、大阪へ。
そしてとうとう二人は結ばれるという噺です。
ここまでが前半ですね。ちょっと「崇徳院」の様な感じもしますね。
後半は・・・
貝野村で婿入りの儀式をした翌朝、縁側で若旦那はちょうずを廻すよう頼みます。
料理場の喜助は分からず、寺の和尚に相談、「ちょうず」は「長い頭」だと思い、5尺の手拭いで頬かむりができない市助が呼び出され、庭先で頭をぐるぐる回して倒れる始末。
おもよさんは恥ずかしさに若旦那を急かして大阪へ帰ってしまうのでした。

おもよさんの父は、「ちょうず」を知らぬは村の恥と、喜助と共に大阪へ出て宿に泊まると、
翌朝、縁側で「ちょうず」を求めます。
湯の入った桶と塩や楊枝が用意されると、桶の湯に出てきたものを混ぜて、二人で残らず飲んでしまう。
そこへもう一人前届いた。
「またちょうずを持ってきた? いやもう結構。あとの一人前は昼から頂戴しましょう」

上方ではそれこそ、蒼々たる師匠が高座を務めています。
東京では、百生や小南師が演じ、最近の噺家も演じる様です。

後半は「勘定板」等と共通のモノを感じさせますね。全く違う噺を無理やりくっつけた感がありますね。
そこの処はどうなんでしょうね。
でも私は正直嫌いな噺ではなくむしろ好きな噺ですね(^^)続きを読む

夏の暑〜い時分のお噺です

knd_fbk今日は「船弁慶」です。
上方落語を取り上げないのは、ブログ主が上方落語を知らないと言う事もありますが、
実際、東京では聴くのは大変です。
一時よりはこちらで口演してくれる噺家さんも増えましたが、日常、ふらっと行って聴ける上方落語と言うと鶴光さんぐらいで、後はそのお弟子さん達ですね。

私が若い頃は露の五郎兵衛師が夏になると、鈴本でトリを取ってまして、必ず聴きに行きました。
実際の高座を見た経験が少ないと言うのは、取り上げるのには気が引けますね。
この演目は鈴本で昔、聴きました。ほとんど忘れてますけどww

ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがてら大川で舟遊びをしよう」と誘いに来ます。
いつも人の金でおごってもらっているので「弁慶」と馬鹿にされるとこぼす喜六ですが、今日は参加費の三分を立て替えてやると言われ、折しも帰ってきた女房のお松に喧嘩の仲裁で行くと嘘をついて、いそいそと出かけて行きます。

その道中、女房に頭の上がらない喜六は、清八に喜六はお松の恐ろしさについて色々と話し出します。

《焼き豆腐を買ってくるように言われて家を出たものの,こともあろうに二度も違うものを買ってしまう。お松は猫名撫で声で「ああ、御苦労はん。ちょっとあんさんに話あるよってこっちおいはなれ。」と言うなり喜六を引っ立てると井戸端に引きずって行く。怖がってしまった喜六は「なにするねん。」と叫ぶが、お松は怒り心頭。「何いうてねん。人がちょっと甘い顔したらつけ上がりくさって、ど性骨入れ替えてるんじゃ。」と井戸の水を頭からザボ…。喜六が「カカ冷たいワイ!!」というと、「冷たいンならこないたる。こっち来さらせ。」今度は縁側に引きずっていかれ、大量のお灸をすえられて「熱い!!」「熱いンならこないしたる!」と、また井戸水…。これを何度も繰り返され、熱いと冷たいで焼き豆腐を思い出した》

これを聞いた清八も唖然となってしまいます

大川に到着。喜六は遊山船に乗り込む。周囲の人が『弁慶』と言うのを待ち構えていたが、清八が先回りして口止めしていたため断念、芸子と散々飲み食いして清八と「源平踊りや。」と褌一丁で踊り出します。

一方のお松も、幼馴染に連れられて難波橋に涼みにやって来ます。
友人に言われ、ふと覗いた川面に旦那が遊ぶ船を発見します。
「まあ。いややの。あれうちの人やないか。嘘吐きさらしよったな。きい〜!くやしい〜。」

頭にきたお松は、ものすごい勢いで川原まで駆けていくと停泊していた船に乗り、夫の遊ぶ船に突っ込んでいき、喜六の顔を引っ掻く。喜六もぎょっとするがそこは友達の手前、「何さらすんじゃ。」と酒の勢いもあってお松を川の中へ突き落としてしまう。幸い川は浅く、お松はすぐに立ち上がってきたのだがなんか様子が変なのです。
流れてきた竹ざおをつかむや「そもそもーこれーはー、平知盛ー幽霊なり…」と狂い出す。

周囲が呆然とする中、一人落ち着いていた喜六。やおら手ぬぐいを取り上げると、それで数珠を作って祈りだし。「その時喜六は少しも騒がず、数珠をさらさら押し揉んで。東方大威徳、・・・」と「船弁慶」の知盛と弁慶の俄を始めます。

当然、こんな騒ぎが人目につかない訳が無いので、いつしか橋の上には人だかりが出来て
「もうし、あれ何だすねん。」「知らんのかいな。弁慶やってんのが幇間。川ン中立ってのが仲居でんな。『船弁慶』の俄やってのや。こら褒めたらなあきまへんで。」「ああ、そうでっか。ようよう、川の知盛はんも秀逸なら、船の上の弁慶はんも秀逸。よう!よう!船の上の弁慶はん!弁慶はん!」
等と大騒ぎ。それを聞いた喜六は

「何ィ!弁慶やと。今日は三分の割り前じゃい!」

この演目は五代目松鶴師の十八番だったそうです。
それを文枝師(五代目)が若い頃教わり、10年以上寝かせて高座に掛けたそうです。

演題は能楽の「船弁慶」から取り入れたのでしょうが、詳しく知らなくても楽しい噺で、
夏の舟遊びの雰囲気が楽しめます。
続きを読む

お彼岸は四天王寺にお詣り・・・

oosaka05今日はお彼岸も近いので、上方落語ですが「天王寺詣 り」を取り上げてみたいと思います。
この噺は、笑福亭一門のお家芸の一つで、代々の松鶴師が得意としてきました。
お彼岸の四天王寺境内のにぎわいをスケッチした点に特色があるので、私の様な東京の者でも楽しく聴けます。

舞台になる四天王寺は、大阪市天王寺区にある聖徳太子(厩戸皇子)ゆかりの寺院で「天王寺さん」と大阪市民に親しまれています。
毎年春、秋の彼岸には多くの善男善女が、祖先の戒名を書いた経木(薄い木の札)を亀の池に流し引導鐘をついて供養するために参詣するそうで、このときは普段静かな境内は露店が出るなど大そうな賑わいだそうです。

不注意から愛犬を死なせてしまった喜六、知り合いの甚兵衛に「今日は彼岸やさかいに」と言われ、犬の供養のため二人で四天王寺に行く。境内は露店が店を並べ賑わっている。境内のあちこちを見学し、引導鐘(インドガネ=境内にある鐘で、気持ちをこめてつくと死者が成仏するという)をついてもらうと、何と犬の唸り声が聞こえてきた。喜六は「坊さん! 引導鐘三遍までと聞いてんねん。三遍目、わたいに突かせておくんはなれ!」と頼み、心をこめてつくと「クワーン!」と犬の鳴き声。「ああ。無下性(ムゲッショウ=乱暴)にはどつけんもんや」

百生師はこのサゲが東京では判らないので、阿保陀羅経を演じるくだりをやらず「馬鹿馬鹿しい天王寺詣りでした」とさげています。



続きを読む

三遊亭百生師の「舟弁慶」

今日は、三遊亭百生師の「舟弁慶」です。
昨日書きましたねw

大阪の夏の舟遊びを描いた噺ですね。
この前「遊山船」が生放送で掛かっていました。
私の所は遅れていてサゲまでいきませんでした。
六代目松鶴師で以前聞きました(ニコで)

百生師は面白いですねえ。
聞けば聴くほどなじんできます。
もっと音源探してみよう・・・
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ